日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なくなっていくもの
毎朝の通勤で、ウォーキングに使わせていただいている
船場センタービル内には、ほぼ一定間隔でこんなのがあります。
2016100401.jpg

わかる人にはわかるでしょう。
というか、自分も想像で語るんだけど、
ここには公衆電話があったんだろうね。

勤務先のビルの1階エントランスにもあって、
今は清掃作業してくださるかたの
電動機器の充電台になってる(^^)
2016100402.jpg

携帯電話が普及して、公衆電話を利用する人が減って
そうなると設備も維持できないから撤去されるのはあたりまえ。

なんだけど、携帯電話が無い頃を思い出してみた。
・友達との待ち合わせ、一度自宅を出るともう相手に連絡する手段が無い。
・公衆電話利用のため、10円硬貨はいつも切れないよう用意していた。
・長電話になり、10円硬貨が無くなり、泣く泣く100円硬貨を入れると
 お釣りが出ないのでさらに泣いた。
・上記はテレホンカードの登場で解消された。
・ポケットベル(ページャ)は、当初はビジネス用途のみだった。
・営業社員時代に持たされたが、サボってるのがバレるので電源OFF。
・社に戻ると「電池が切れてた」「スイッチが勝手に切れてた」とイイワケ。
・数字が出るなど進化したページャはやがて女子高生を中心に大ブレイク。
・そして携帯電話の時代へ。

ティーンエイジャーの頃、好きな人の自宅に電話する時
「お父さん出たらどーしよ」などとドキドキしたのは
遠い過去の話ですね(^^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。