日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インソールとブーツ
これまた何年振りかでインソールとブーツをチェンジしました。

フィッティングをお願いするのはもちろん斉藤さん(SPORTS3110さん)です。
まずはスーパーフィートのインソールから。
通称「王様の椅子」に座って足をぶらーんとさせてチェックしてもらうと
右足だけが少し外向いて開いてるんです。(この写真ではわかりにくいけど)
斉藤さんに正面から撮ってもらった画像では一目瞭然でした。
この歪みを矯正するようにインソールを成型してもらいます。
2015121701.jpg

まずは踵側の成型。接着剤の付いたコルクを熱して...
2015121702.jpg

インソール底面に貼り付けて...
2015121703.jpg

足裏に合わせて仮固定します。
2015121704.jpg

さらに、靴下の親玉のようなビニール袋をかぶせ...
2015121705.jpg

真空状態にしてフィットさせます。
自分はシダスのインソールを過去に使ってましたが、
シダスとスーパーフィートの大きな違いはここ。
足裏に体重が掛からない自然な状態で、
土踏まずから踵をフィットさせるんです。
2015121706.jpg

ここでまず第一段階が終了。あ、銘柄は「カスタムコルク」で、
つま先まで全てコルクが入った所謂「フルコルク」です。
このあと、つま先側のフィッティングと最終仕上げがあるんですが、
つま先側フィッティングでは自分も両手使って身体を支えるため、
写真撮ってません(撮れません)
2015121707.jpg

完成したインソールをブーツに入れてまたフィット具合の確認。
ブーツはUPZのRC10、2015-2016モデルです。
2015121708.jpg

UPZはくるぶし下から足首に掛けてのホールドが抜群ですね。
FLOインナーは最初タイトに感じますが段々具合良くなっていきます。
あとは実際に滑りこんでからレポートします。
気になるところが出ればまた斉藤さんに診てもらいます。
2015121709.jpg

自宅にて。これまで履いていたG-STYLEブーツとの正面からの比較。
アッパーシェルの高さの違いが分かりますでしょうか?
右側G-STYLEのアッパーシェルに、フロントスポイラーが付いた状態で
UPZのシェルの高さと同じになります。
自分がここ数年違和感を感じていたのがここなんです。
おそらく、女性や一般的な体格の男性であれば、いい具合だと思います。
自分は無駄に(笑)身体がデカくて重いので合わなかっただけ。
誤解の無いように付け加えておきますが、
G-STYLEのブーツはとても良くできてますよ。さすがジャパンメイドです。
細かい作り込みや各パーツの精度やアイデアは素晴らしいです。
他社ブーツ使用者が、改造のためにG-STYLEパーツを使うのも頷けます。
2015121710.jpg

今季のUPZは昨季のものからいろんな点で改良されてます。
ブーツを脱ぎ履きするとき、バックルがガチャガチャして
それを外に広げなきゃいけなくてイラっとしたことないですか?
それが、この位置で止まってくれるんです。
2015121711.jpg

昨季までのタンは爪先側と第3バックル付け根の2か所固定でしたが、
今季は爪先側だけに変更。それによりタンが前にガバッと開くので、
足の出し入れやインナーの出し入れが凄く楽です。
加えて、第3バックルのキャッチがタンではなくロワーシェルに付いたので、
甲の締め付けが包み込むような感じになります。
2015121712.jpg

パワーベルトがぶらぶらしないように差し込むループも設定。
細かいとこだけどこういうのもありがたい。
2015121713.jpg

バインと共にセット。
まだ決定ではないけど、後ろ足にまた3度カント入れて試してみます。
暫定で前60度、後ろ55度、前カント0度、後ろカント3度、
トウリフト3ミリ、ヒールリフト17ミリ。
標準ではリフトパーツが1セットしかないのでそれを後ろに使用し、
前の3度カントを2枚合わせでトウリフトに使用するという苦肉の策。
やっぱトウ3ミリじゃ足りないかなぁ、素直にパーツ買うべきか(笑)
2015121714.jpg

スーパーフィートのインソール、UPZブーツ、F2バインディングは
全て斉藤さんとこで揃えてもらいました。
UPZブーツの良く出るサイズは既に品切れ状態なので、
考えてる方はお早めに、です。まぁ斉藤さんがなんとかしてくれるかも(^^)
2015121715.jpg

SPORTS3110
http://www.sports3110.com/
コメント
この記事へのコメント
非オレンジャー
カント二枚入れ、ボクもやってます。
一応エンジニア系の仕事なので、前と後ろのパーツのラインが
合わないのが”最初”は気になりましたが
レーサーの人もこうしてるのを見たことあるので
まぁこんなもんだろうと思ってます。
特に支障はありませんでしたし。

上げていくと、ネジが短くなったりしてTナットにかかる
長さが少なくなったりするので気をつけて下さい。
こちらはメトリック(ミリ)のボルトの種類が少ないので
普通の六角頭のボルトを使ってます。

あと、カント入れてリフトするとTナットが曲がります。
曲がってるものが一番割れやすいので2~3年で交換すると安心です。
ボクは一冬で2つ飛ばしました・・・

カフが黒いのは固いヤツでしょか?


2015/12/17(木) 12:40:18 | URL | カナブン #JBFGtPPo[ 編集]
カナブンさん>
カナブンさん、どーもです。
カント2枚重ねOKなんですね。
カナブンさんのパワーでOKなら全く心配なしです(^^)

ただ、やっぱりトウリフトが3ミリでは
今までのセッティングと大幅に変わってしまうので
(身体がボードの真ん中にいかないかも)
トウリフトももう少し入れることにしました。
さっき斉藤さんに問い合わせたら在庫をお持ちだったので、
今日の仕事帰りに立ち寄って入手の予定です。
それで足りなければ、
カナブンさん情報でカント2枚重ねを追加できるので安心です。

Tナットへの掛かりや曲がりには注意します。
アドバイス感謝です。
滑走中に前足外れたらと思うとゾッとしますし(過去に経験あり)
後ろが外れても怖いですけどね(>_<)

黒いのは、いちおう「ミディアム」ってことになってるようです。
自分にはこれで十分かなー。
室内で履いてるとちょっと柔く感じますが、
冷えた雪山ならちょうど良くなるかもです。
2015/12/17(木) 13:38:32 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
初滑りでこのイエロー履いてる人を見ましたが、かなり目立つ良い色で、蛍光色が雪に冴えます!!カッコイイ。

新しいバックルとタンとストラップは羨ましいですね。かなりの改良が加わった今年モデルなんで買い換えにはグッドタイミングだったのではないでしょうか?

私は8にデチューンですw
2015/12/17(木) 20:58:12 | URL | どら七 #uex3/g4E[ 編集]
どら七さん>
タイミングほんと良かったんですー。
実は前年モデルを買うという選択肢もあったんですが、
斉藤さんの「今年のにしとき」が決めてでした(^^)
本分に書いたこと以外にも、
インナーとかグッと良くなってるそうなんです。

あとは上手に滑れるか、だけです(笑)
どら七さんも再び10行きましょう(^^)
2015/12/18(金) 12:00:49 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
イエローでしたか!!

少し使用したんですけど、以前モデル同様にネジが緩みます。
点検して増し締めしないと、本気で無くなります。

納品後にバラして組み直したんですけどねぇ、2時間ほどでバックルキャッチャーのが緩みました。

バインのリフトパーツは何かしらストックありましたが、注文されたならOKですね。

今シーズンも、よろしくお願いします!
2015/12/18(金) 20:17:38 | URL | タニナカ #-[ 編集]
タニナカさん>
はいー、ヘソ曲がってないのでイエローです(笑)

ネジ緩むんですね。
毎回(日)滑走後は点検するように気をつけます。
昔、それを怠けて、
インテックのヒールアダプタが外れたことがありました(>_<)

バインは、トウアップも入れて
カントも両方入れました。
しかしF2バインは作りがしっかりしてる分、
カントやリフトのパーツの入れ替えが面倒ですね。
その点はG-StyleやSHRに軍配が上がります。

こちらこそ、今シーズンもよろしくお願いします(^^)
2015/12/19(土) 11:41:12 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。