日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の雪での一考察
何度か言ってますが、春の雪は嫌いじゃないんです。
但し、今年に関して言えば、4月11日のアサマでの滑り、
あれだけは自分の記憶からも友達の記憶からも抹殺したい(笑)
まぁプロでもあの雪は最悪だったって仰るんだからねぇ。
とはいえ上手く滑ってた人も居るのは事実なので、
それはまた改めて検証したいと思います。

春の雪を滑ってて気付いたこと、心掛けてること、
思うことを、自分の備忘録を兼ねて書いてみます。

人によっては「あたりまえじゃん何をイマサラ」だったり、
「ちげーよそれ、違う違う」かもしれませんが、
そんなの気にしてたら何も書けないんで気にしない(笑)

【1】STAY LOW
自分の場合、バーンのコンディションが悪かったり、
気持ちが後ろ向きになってるときほど
どういうワケだかポジションが高くなります。
荒れた雪面のからの突き上げや落ち込みに対応するため
まずは意識して、ヒザの可動域を確保すべく、低く低くね。
但し上体の折れ(腰折れ)がNGなのは言うまでもありません。

【2】板を雪面に押し付ける
雪面の凹凸をヒザで吸収、というのはよく言われますよね。
実際そうなんですが、吸収を意識しすぎて
ヒザの曲げ伸ばし「のみ」に捉われると、雪面への圧が抜けて、
緩斜はどうにかなっても急斜では暴走してしまいます。
板を雪面に適切な圧で押し付けてこそ、板は仕事してくれます(^^)
凸では「ヒザは曲げてくんだけど雪面には押し付ける」
凹では「へこみ具合を確かめるようにヒザを伸ばしつつそっちへ行く」
って感じなんだけど、言葉にしにくいよねぇ。
自分は滑りながら心の中で「んぺ・んぺ・んぺ」
とか言ってるんだけど、余計に変だね(笑)

【3】山回りの終わりから谷回りの入りへの板の走り
いわゆる切り替え部分の板の走りですが、
なんでここを走らせたいかってーと、「谷でたわみを作りたい」から。
谷回りで内力だけじゃ板はそんなにたわみませんよね、
だから外力使いたい。でも身体は谷に向かってて、板は山にある。
だから重力使えない。使えるのは遠心力(+雪面抵抗)
それを大きくするには速度を早く、ってことです。
まぁこれは春雪に限ったことじゃなくどんな雪のときも、なんですが、
春雪は失速しやすいので特に意識してます。

【4】山回りでたわみ解放
これも春雪に限ったことじゃないんですが、
ハイシーズンの雪ならある程度勝手に走ってくれますけど、
春雪はやはり意識しないと失速しちゃうから。
で、たわみの解放ですが、上に圧を抜くのは論外として、
板を後ろから送り出す動作も、自分は違うと思ってます。
板が進む方向へのたわみの解放なんだけど、
これも言葉にするの難しいな。
たわみの戻りに合わせながら自分が前に出て行く感じです

【5】切り替えからターンの意識(と、感じること)
足元に雪面の凹凸を感じつつ、
腰(骨盤)の下に板が戻ってきて通過して行って、
身体はそれを乗り越えて、板は山に、身体は谷に、
脚を張って板をたわませて...って感じ。
プレスか?と思われるかもですがプレスの意識は無く
意識してるのは、圧を感じつつのベンディングです。
但し、テク系の滑りでのダイナミックとはまた違います。
自分はそっちのダイナミック下手くそだし(笑)
ゲートでのベンディングの感じです。ゲートも下手だけどさ(爆)


そんな感じで春は滑ってました。
まぁ異論もあるかと思いますが、そんな目くじら立てないでよ(笑)
そうやって滑ってたら楽しかったんだもん(^^)

2015051301.jpg
コメント
この記事へのコメント
シーズン、お疲れさまでした!

いろいろな考察、なるほど勉強になります。

4番目についてなのですが、ボクもココに気を使ってます。
この前にお話しした、先落としなのですけど。
ターンでギューンと貯まってくるボードの圧を、落下(進行)方向にスコーンと向けてやる感じでやってます。
普通に滑れるなら、どれが正解とかってないんだろうけど・・・

こんなん見てると、感触を試したくなるのですが。
イメージトレーニングしながらの、長いオフシーズン始まりましたね!

2015/05/13(水) 19:09:38 | URL | タニナカ #JalddpaA[ 編集]
タニナカさん>
お疲れさまでしたー(^^)
タニナカさんが勉強されることなんて書いてないですよー(^^;
恐れ多いです(^^)

タニナカさんの滑りや理論は今まで自分の中になかったものなので、
アサマとかでお話いただいたことはホント興味深かったです。
そういうことを春に試せるのがまたよかったんですよ。
なので4番目も然りです。

タニナカさんも同じだと思うんですが、
春ボードって、そのシーズンの「消化試合」じゃないんですよね。
条件の悪い中でいろんなことを試して、課題を見つけて、
次のシーズンに繋げるっていう...

それがあるから、長いオフシーズンもいろいろ考えて楽しめますね(^^)
2015/05/14(木) 10:26:26 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
お利口。
自分はこういう論理が語れない類の人種です。
こういう風に自分を解析できたらもっと上手くなれた…
かもなのになぁと思います。

師匠もそうですが、こういう論理を話せる人は
凄いなぁとつくづく思います。

自分のやってることはビデオ解析のみです。

来期はうちの師匠の弟子入りしてですね、
野麦でいう「平野一門」の弟子仲間になりましょう♪

2015/05/19(火) 10:48:15 | URL | カナブン #JBFGtPPo[ 編集]
カナブンさん>
いえいえいえ、カナブンさん十二分に上級ライダーだし、
それに、これらはカナブンさんからの
アドバイスや情報共有を実践して、
それを思い出しながら理屈を後付けしてるだけなんですよ。
なので「おさらい」です(^^)

師匠は弟子にしてくれますかねぇ。
平野一門の門下生になれるのなら、まずは
「パンとコーヒー牛乳買ってこい!」
のパシリからでも始めますよ(笑)
2015/05/19(火) 12:34:17 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
度々すんません。
ボク、上級者なんですかね??
野麦ベースで考えると全くそんな気はしません笑。
人には「中級」とずっと言ってました。

弟子入りは教えて下さい。って言ったらいいだけです。
ただ、教えて下さいって言った限りは
頑張りが必要なだけです。
いやなくらいダメ出ししてもらって下さい笑。
師匠と酒飲みながらスノーボードのことを
アーダコーダ言うのおもしろいですよ。
2015/05/20(水) 12:42:00 | URL | カナブン #JBFGtPPo[ 編集]
カナブンさん>
上級者ですよー。野麦ベースで考えてももちろんそうです。
自分は野麦のチャンピオンやチャン2を流せるレベルになれば
上級を名乗りたいと思ってます(^^)
それまでは中級にも満たない「なんちゃって中級」名乗ります(笑)

では、次のシーズンインで師匠に弟子入り志願します。
もちろん頑張りますし、師匠からのダメ出しはとてもありがたいです。
さらに師匠と飲めるならもうサイコーですね(^^)
2015/05/20(水) 14:48:33 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。