日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凹む材料
これは記事にしようかどうか迷ったんだけど、
恥ずかしいことも身を削ってネタに、のお約束なので(笑)

先日、お友達に撮影してもらえたので、その中から抜粋。
お題は「私が私のヒールサイドを嫌う理由」(笑)

トウサイドから切り替えてヒールサイドの入り、
既にイヤな兆候が見えかけてるんだけど...
2015050701.jpg

これこれ、これがヤなんよ。
ヒザをガッツリ曲げにいってる。
あぁやっぱビデオは正直だ。
自分の描いてるイメージとの差に愕然とする瞬間ですな。
2015050702.jpg

それでも頭のスミに、脚を張って板をたわませたい意識があるからか、
某Kプロのマネして最後の一押ししたいのか(笑)
ここで伸ばして張りにいってるんだけど、
タイミングとしては2枚目の写真の段階でこれやんなきゃいけないんよね。
2015050703.jpg

緩斜面だと、どーにでも滑れてしまうのでかえってダメだね。
急斜でこんなタイミングだと山踏みでダダダダッだもん(笑)

でも、こうやって撮ってもらうと反省材料になるのがありがたいのだ。
また撮ってもらって大いに凹もう(^^)
コメント
この記事へのコメント
凹む材料=上達
分かります。
師匠にビデオ撮ってもらって、その日に車泊での
車の中で師匠と見ながらダメ出しタイムを
よくしてました。

野麦では上手い人がたくさんいるので
自分のライディングがカッコよくないのは
もう見てすぐ分かりますので、凹みまくってました。

しかし、凹みつつも修正箇所を的確に教えてもらい
次の日に修正のための練習ができてたので
非常に師匠と野麦仲間には感謝してます。

凹む材料=上達としましたが、はしょりました。
凹む材料=修正箇所がある。
=そのための練習がある。
=練習すれば上達する。
が正しいです。

こちらにいて、友達にビデオ撮ってもらうも
ダメ出しなんてされないし、自分が何していいのかも
さっぱりでしたので、師匠にビデオ送って
見てもらって通信教育受けてました。

それでもやはり、目の前でレクチャー受けたり
滑ってる最中に随時レクチャー受けるのとは
全く違うので、カナダに来てからというもの
自分解析と、その修正方法模索に時間を
かなり使いました。

凹むのは、向上心があるからですよね。
凹むっていいながらも、次はこうやって滑ろうとか
考えるのも結構楽しいんじゃないです?笑

次の一時帰国では、あくせるさんにCoilerを
もっと長時間体験できるような環境にできるように
段取り組みますね。

長々失礼しました。
2015/05/08(金) 06:29:05 | URL | カナブン #JBFGtPPo[ 編集]
カナブンさん>
師匠さんとダメ出しタイム、それホントうらやましいです。

野麦のライダーはアルパインもフリースタイラーも
皆さんハンパなく上手くて、それが目に焼きついてるんで、
自分も同じように滑れてると錯覚してしまうんですが、
動画撮ってもらって自分で見ると現実に引き戻されます(笑)

師匠さんのアドバイスはピンポイントに的を射ていて、
それでいて自分に考える余地も残してくれるんです。
これが実に素晴らしくて、自分などイントラ名乗るの恥ずかしかったです。
師匠さんこそ、人に教える仕事されてもピッタリだと思いました。

>>>凹む材料=上達としましたが、はしょりました。
>>>凹む材料=修正箇所がある。
>>>=そのための練習がある。
>>>=練習すれば上達する。
>>>が正しいです。

正にその通りですね。
練習してて、いろいろ試すことによって時に逆戻りすることも有るけど、
トータルで以前より少しでも上手くなっていれば嬉しいですし、
カナブンさん仰るように、凹みながらでも
次の課題を考えるのは楽しいです(^^)

Coilerは衝撃でしたよ。
2本目でもう自分の滑りが(←自分比)できましたから、
乗りやすさの面でふところの深さを感じました。
こういうのって、最初の印象が凄く大事だと思うので、
早い時期に自分に馴染むっていうのは素晴らしいです。
今、全く妄想なんですが、オーダーするならどんなスペックに、
とか考えて楽しんでます(^^)
2015/05/08(金) 12:02:30 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。