日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山ブーツ
これまで履いてた山ブーツがライトトレッキングシューズだったので、
岩稜帯を歩くにはソールが柔らか過ぎて心許なく(場合によっては危険)
なので、その用途の山ブーツを購入しました。

京都の好日山荘にて
 ・今はライトトレッキングシューズしか持っていない
 ・唐松岳から五竜岳への稜線等や、戸隠山の岩稜帯を歩く予定
 ・今はテント泊の装備はないが、将来的にはテント泊縦走も視野にあり
という風に、具体的な考えを伝えると、より絞って選んでくれました。

2時間ほどお店に居て履き倒した(履き倒させてもらった)のが、
ブランドで言うと
ガルモント、スカルパ、ザンバラン、ラ・スポルティバ、シリオ、ローバー...

履いては疑似登攀路を登っては下りを繰り返し
(もう滝汗かいてましたが)
最終的に候補に残ったのが
・スカルパ:ミラージュGTX
・ザンバラン:スパークGT
・シリオ:P.F.630

スカルパ:ミラージュGTXはソールのつま先部の立ち上がりが少なくて
ソールをべったり付けて安定感を得る印象。
ザンバラン:スパークGTとシリオ:P.F.630はソールのつま先部の
立ち上がりが多くて、足を前に運びやすい印象。
自分としては後者がしっくりきたのでこの時点で二択。

ここからは、片足にザンバラン、もう片足にシリオを履いて、
左右を入れ替えたりサイズ違いを確認したりしながら、
結果、これに落ち着きました。

シリオ(SIRIO) P.F.630
2014072301.jpg
2014072302.jpg
2014072303.jpg
2014072304.jpg
2014072305.jpg

最終候補に残ったスカルパ:ミラージュGTXやザンバラン:スパークGTが、
シンセティック素材メインの今時のブーツであるのに対し、
シリオ:P.F.630はオールレザー(ヌバックレザー)で
ちょっとクラシカルな印象です。

ソールはもちろんビブラム。
2014072306.jpg
2014072307.jpg

シリオは国産メーカーですが、製品はイタリアで作られてます。
自分は自転車のシューズはSIDIだし、
イタリアの製靴技術はホント信頼してます。
2014072308.jpg

オールレザーのブーツはこまめなメンテナンスが必要になります。
ヌバックレザーの仕上げは自分も好きなんですが、
この状態を維持するか、オイルドヌバックレザー、或いは
スムースレザー風に仕立てるか、それはまたあとのブログにて(^^)
コメント
この記事へのコメント
本当はこれぐらいの選び方しないといけないのでしょうが私は意外と簡単に決めてしまいました。
唐松ちょっとお先に行かせてもらいましたが靴がまた傷だらけです(T_T)
2014/07/23(水) 18:30:32 | URL | ハム #4JcWZNxE[ 編集]
ハムさん>
ハムさんベテランだからすぐにフィットするのを見つけられるんですよー。
自分はよくわからんので履き倒すしかないのです(^^)

7月22日のハムさんのブログ拝見したときに
「もしや唐松岳?(唐松岳頂上山荘前?)」と思ったんですが、
行かれてたのですね。
お疲れ様でした。
自分も8月に同ルート行く予定です(^^)
2014/07/23(水) 23:14:00 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。