日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八方池
八方池山荘から八方池まで歩いてきました。

 ◆山登りシーズンを迎えるにあたってのウォーミングアップ
  (なので、小屋泊まりできる程度の装備を背負って登る)
 ◆爆弾持ちの左ヒザの具合の確認
  (スノーボード時はなんとかごまかせた)
が主目的だったので、山仲間には遠慮して声掛けませんでした(^^)
八方池までじゃあねぇ、誰も乗ってこないでしょうし(笑)

八方尾根ゴンドラリフト「アダム」乗り場の駐車場、満車だろうなぁと
ダメ元で行ってみたら余裕で空いてました。
最後まで満車にはならなかったみたい。この時期はそんなものなのかな?
駐車料金は500円から600円になってました。
2014052701.jpg

八方尾根スキー場が5月6日で営業を終え、
少しの休止&整備期間を経た後、
5月24日から八方アルペンラインが開通したんです。
ゴンドラ駅舎は改修中で、外にチケット売り場が出来てました。
八方はWAONが使えるんですが、聞くと冬季だけで夏季はダメなんだって。
2014052702.jpg

まずは八方尾根ゴンドラリフト「アダム」で兎平に上がります。
2014052703.jpg

兎平からはアルペンクワッドリフトで黒菱平へ。
2014052704.jpg

黒菱平からグラートクワッドリフトでさらに上ると、
2014052705.jpg

はい、八方池山荘です。スノーボードのときはここから滑り出し、
登山の時はここから登るのです。
2014052706.jpg

八方池山荘の横のトイレが最終になります。(理由は後述)
使わせてもらうときは必ず協力金を投入しましょう。
高地でのこのような施設の維持はホントたいへんなんです。
2014052707.jpg

白馬三山がハッキリ見えて超嬉しい(^^)
昨年夏にこのルートで唐松岳を目指したときは、
雨・霧・ガスでなーんも見えんかったんよね。
2014052708.jpg

東に目をやれば、飯縄山、戸隠山、妙高の山々も見えます。
やはり山仲間の誰かが雨男or雨女なんだよなぁ。
消去法で考えると...(笑)
2014052709.jpg

八方池に向かう途中の第2ケルンまでは、
尾根筋の直登ルートと、木道による迂回ルートがあるんですが、
木道は下部の一部を除いて雪の下なので通行不可でした。
木道の全部を通れるのは6月下旬頃からだそうです。
ま、元々尾根筋を登るつもりだったので問題無しなんだけどね。
2014052710.jpg

石神井ケルン(八方山ケルン)まで来ました。
タイムスタンプ代わりに写真を撮って通過します。
2014052711.jpg

第2ケルン、別名息(やすむ)ケルンです。
昨日の投稿にも書きましたが、不帰ノ嶮や 不帰キレットが見通せます。
2014052712.jpg

第2ケルンの手前と、そこから少し先には雪がかなり残ってます。
それほどの傾斜ではないのでアイゼンまでは必要ないです。
写真左のほうに小さく八方ケルンが写ってます。
2014052713.jpg

その八方ケルンまでやってきました。
このケルンはホントでかいです。
2014052714.jpg

そして第3ケルンへ。今日の目的はここまで。
右のほうに目を移すと...
2014052715.jpg

八方池です。が、雪が覆い被さってます。
これだけ視程が良いなら、池に雪が被ってなければ、
白馬三山が池面に映るのが見えるはずなんだけど...
2014052716.jpg

少しずつは融けてきてるんだけどね。
八方池の雪が融けるのは7月上旬だそうです。
2014052717.jpg

北アルプスの主稜線がこれだけはっきり見えたんだから
まぁ良しとしましょう。
夏には白馬三山からあの不帰ノ嶮を通ってみたいもんだ。
2014052718.jpg


ここから先、丸山ケルンくらいまでは行けそうなんだけど、
今日の目的は果たしたので戻ります。
この時期に唐松岳まで登るなら12本爪のアイゼンとピッケル必携です。


八方池の東側、ここには木道があったはずなんだけど、
雪がたっぷりで、そこを歩いていきます。
ここもアイゼンは不要です。
2014052719.jpg

反対側、五竜岳や鹿島槍ヶ岳も見えて嬉しい(^^)
2014052720.jpg

八方ケルンまで戻ってきました。
デカさもさることながら、顔に見えるのが面白いね。
2014052721.jpg

また雪渓を通ります。ここから右のほうにも雪が残ってて、
スノーボード持ってくれば十分滑れる感じ。
こんど持ってこようかなぁと7割真剣に(笑)考えました。
2014052722.jpg

第2ケルンそばのトイレの建屋が見えます。
このトイレ、6月中旬まで使えなくてシャッターで閉ざされてます。
なので、八方池山荘横のトイレが最終で、それを過ぎると
唐松岳頂上山荘までトイレ無しなんですよ。
2014052723.jpg

下から上がってくる人が見えます。
尾根筋ルートは一部傾斜がキツくて岩ごろごろなので
木道目当てでスニーカーで来るとキビシイですね。
2014052724.jpg

八方池山荘の赤い屋根が見えてきました。
そこまで下りれば今回の歩きは終了。
あとはリフトとゴンドラで下りるだけ。
麓の村を見ると高度感ありますね。
写真左手には岩岳スキー場も見えます。
2014052725.jpg

木道は通れない、第2ケルンそばのトイレは使えない、
八方池は雪の下、高山植物はほとんど咲いてない
(ユキワリソウやハルリンドウはちらほら見かけた)
なのでこの時期は空いてるんでしょうね。
ま、人が少ないときのほうが自分は好きなので良かったです。
夏になるとこんなもんじゃないからねぇ。
コメント
この記事へのコメント
う~ん・・・遊び過ぎですよ!!(羨)
2014/05/27(火) 15:05:08 | URL | ハム #4JcWZNxE[ 編集]
ハムさん>
普段マジメにオシゴトしてますんで、
休日だけはお許しを(笑)
2014/05/27(火) 15:35:48 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。