日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アグレッシブ ≠ 雑
「アグレッシブに滑ろう」と思うことがある。
でもそれって、たいていは気持ちが後ろ向きだったり
上手く滑れてないときなんよね。

苦手な斜面を前にして、気持ちを上げよう(騙そう)とかね。

で、「アグレッシブに」と滑ってみると、やっぱ上手く滑れてない。
よくよく自分で滑りを振り返ってみると、アグレッシブじゃなくて
単に「雑」に滑ってることに気付かされる。

そこで「アグレッシブに」の気持ちを少しだけ持ったまま
「ちょっと丁寧に滑ってみよう」と考える。
ストロークとか、ノーズドロップとか、ひとつひとつの動作を
きちんと意識しながら丁寧にね。でも大きく動くことは忘れずに。

すると、不思議なくらいに上手く滑れる。もう、他人に見せたいくらい(笑)

じゃあ、さっきの「雑な」滑りは無駄な時間だったかってーと、
決してそうじゃないと思うんです。あれはあれで必要だったと。


例えばね、話はちょっと逸れるんだけど...
自転車のレースで、本番を控えてウォーミングアップするとき、
「本番前だから力を温存しよう」と思って、緩い負荷でアップしても、
本番ではいいパフォーマンスを発揮できない。

一度アップの段階で、最大心拍数になるくらい負荷を掛けなきゃ
(それは短い時間でいいんだけどね)本番では対応できない。
逆に言えば、そうすることによって本場で実力を発揮できる。

スノーボードのほうに戻ると、例えばレーサー達は
シーズンイン時のトレーニングでは
あえて大げさなくらいの動作でもって滑るけど
いざレース本番では、実に無駄のない動きで滑ってる。


つまりね、
「飛び越えたところを経験するから、適正なことがわかる」
って思うんですよ。
だから、雑な滑りをあえてしてみるから、雑でない滑りがわかる。
我々イントラって、自分のホームではお客さんの目があるから
常にお手本になる滑りをしなきゃ、って考えがちなんだけど、
今のこの時期こそ、それこそ転ぶくらいにまでいろんな滑りを試してみるのも
必要なんじゃないかなぁと思ったのでありました。

2014042401.jpg
コメント
この記事へのコメント
良い記事ですね~v-278

あくせるさん、悩む事もあったけど、良い方向に行ってると思いますよ。
この記事を読んでみてもそうだし、先日一緒に滑っていてそう思いました。

あくせるさんや爺ヶ岳のみなさんと、来期また滑れるのを楽しみにしております(^^
2014/04/24(木) 20:59:01 | URL | DRAGS-007 #uex3/g4E[ 編集]
DRAGS-007さん>
どら七さん、ありがとございますー(^^)
スノーボードが好き過ぎて、
それゆえ悩んだり凹んだりするんですけど
そういう時にはいつも仲間が察して手を差し伸べてくれるし、
一緒に滑ってもらってまた楽しさを思い出す、そんな感じです。
もちろんどら七さんもそのおひとりです(^^)
来季が今から楽しみです。
また爺で、湯の丸で、エコーで、ご一緒してくださいねー(^^)
2014/04/24(木) 23:26:45 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。