日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「劒岳 点の記」読了
ちょっとスノーボードから離れた話題を。

自分の場合、映画(DVDも含めてね)を見てから、
その原作の小説を読むっていうのが多くて、
この「劒岳 点の記」もそのひとつです。
2014030501.jpg

原作を読んでから、映画の時のキャストを思い出してたんだけどね。
宇治長次郎役の香川照之さんや、小島烏水役の仲村トオルさんは
すぐに頭ん中に思い浮かんだんだけど、
主役である柴崎芳太郎を誰が演じていたかすぐに思い出せなかった。
浅野忠信さんだったんだけど、これは別に彼が芝居下手なんじゃなく、
宇治長次郎のインパクトが強かったからかな。
かなりの存在感を発揮してたから。

ネタバレしちゃアレなので、あらすじを知りたいかたは
ウィキ読んでください(丸投げかよ.。.)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%92%E5%B2%B3_%E7%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%98

2014030502.jpg

映画では、クライマックスとも言える剣岳への登頂シーンが、
あまりにもあっさりあっけなく、だったんで
自分の中ではかなり不完全燃焼だったんだけど、
原作の小説はそのあたりもちろんキッチリ書かれてます。
あと、映画ではちょっと首を傾げた、手旗信号のシーンや、
生田信の奥さんが出産した話とか、
そのあたりは原作本には書かれてません。
なんで映画のほうでそれを入れたのかは不明だし
なくても良かったと思うんだけど、
まぁ映画の方はあまりアレコレ考えず、北アルプスの壮大な景色と
自然の猛威を目にすればいいかと思います。

そしてやはり、これについてはまずは映画(DVD)観てから
小説読んだ方がいいかと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。