日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさ伊坂さん「オー!ファーザー」
毎度言い訳してますが、伊坂さんのファンを公言しながら、
作品購入はいつも文庫本化されてからなので
発表時期から大きくずれての感想となります。

で、「オー!ファーザー」でございます。
単行本での発売が2010年3月、なんですが、
2006年3月から2007年12月まで地方新聞に連載されたものなので、
時期的には「ゴールデンスランバー」の前の作品になります。
「ゴールデンスランバー」からを伊坂さんの第2期なんていう
言い方をする場合もあるくらいなので、
この作品を読んでの率直な感想は「伊坂さんらしいなー」でした。
2014021901.jpg

伊坂さんの作品は「有り得ないけど、もしかしたら有りそう」
っていう設定が面白さの一つで、
今回の作品は「4人の父親を持つ高校生」のお話し。
2014021902.jpg

登場人物のキャラの立ち方やセリフの面白さ(オシャレさ)などは
「陽気なギャング~」シリーズを彷彿とさせる感じで、
敷いた伏線はあとでほぼ全て回収してるし、
(第2期以降の伊坂作品では、あえて回収されない伏線も多い)
なんていうかね、読み終えてアレコレ考え直さなくていい。
2014021903.jpg

ちなみに、セリフのオシャレさなどから
「村上春樹さんの作風に似てる」っていう人も居ますが、
自分は伊坂さんの作品をほとんど読んるけど、
そう思ったことは一度もないです。
(村上春樹さんの作品も好きだけどね)

伊坂作品は度々映画化されて、その度に「よく映画化できたなぁ」
と感心するんだけど(脚本書く人はホントたいへんだと思うよ)
この作品は映画化しやすそうだな、と思ってたらするんだね。
つか、この本の帯に思いっきり書いてあるし(笑)
2014021904.jpg

5月頃公開予定だそうで、それはそれで楽しみであります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。