日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山で遊ぶ人へ「生還」
羽根田治さんの書籍は山で遊ぶ人
(登山に限らずスキーでもスノーボードでもね)
にとって役立つことが多いので、是非ご一読をオススメします。
2014012701.jpg

これはタイトル通り、山で遭難して「生還」した人のことを
何例か取り上げたものなんだけど、
生と死の境、こっちと向こうの境というか違いは
ほんの少しの差なんだってことに気付かされるものです。
2014012702.jpg

例えばね、山で遭難した時の行動のセオリーは
 ・沢を下らない
 ・上に(尾根に)向う
 ・むやみに動き回らない
等々あるんだけど、実際に道に迷って日が落ちそうなときに、
果たして上記のセオリーが守れるかどうかなんよね。
道もわかんないしどこに居るのかもわかんないけど、
とにかく下って行けばやがてどこかに出るだろうと考えたら、
セオリーに反して沢を下っちゃうだろうし、
(そうすると、たいていは滝に阻まれてどうしようもなくなる)
もうとにかく不安で闇雲に道を探し回ったら体力を使い切るだろうし、
結局それらが遭難に繋がってしまう。

やっぱり、尾根を目指して登って行って登山道に辿り着いた人や、
その日の行動は諦めてビバークしてじっとしてた人が結局は助かる。
もちろん、全てがそんな単純なものではないんだけどね。
この書には、そういったことも含めて、生と死を分けた事柄が
詳しく書かれてるので、ひとつの知識として持っておいて損はないはず。
2014012703.jpg

ドキュメント生還-山岳遭難からの救出 (ヤマケイ文庫)
http://www.yamakei.co.jp/products/2812120101.html

amazonではこちら
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E7%94%9F%E9%82%84%EF%BC%8D%E5%B1%B1%E5%B2%B3%E9%81%AD%E9%9B%A3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%95%91%E5%87%BA-%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%BE%BD%E6%A0%B9%E7%94%B0%E6%B2%BB/dp/4635047385
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。