日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォトセッションしようよ
毎年言ってますが(^^)
もうこれは本当にオススメなんです。
一度経験したかたは必ずリピーターになってます。

雪上プロカメラマン、石井嘉雄さんによるPhotoStudio

よしおさん自身がライダー&インストラクターでもあるので、
滑り手の気持ちがわかってくれて、
どこをどう滑ってどう撮れば映えるかとか、
もうお任せでバッチリ撮ってくれるんです。

自分も毎年必ず撮ってもらってます。
(以下の写真はクリックすれば大きくなります)

■2011年3月5日
2013110901.jpg
2013110902.jpg

■2012年3月18日
2013110903.jpg
2013110904.jpg

■2013年3月16日
2013110905.jpg
2013110906.jpg

要望に応じて、シーケンス写真も撮ってもらえますから、
検定やバッジテストを前に、自分の滑りが見たい時にも役立ちます。
結構ガクゼンとするかもです(笑)

あと、ポイントとしては数人集まってやったほうが
お互いプッシュしあってさらに良い絵が残ります。
それが正にフォトセッション。
たとえ知らない人同士でも、すぐに仲間感が芽生えて
相乗効果でいい写真が撮れるんよね。

営業掛けてると思われるとヤなんだけど(^^)
これはホントに一度経験してほしい。
ぜーったい「撮ってもらってよかった~」って思うんだから。

詳細は下記↓から辿ってご覧ください。

岸正美スノーボードスクール
http://www.kis-snowboardschool.com/

PhotoStudio
http://www016.upp.so-net.ne.jp/kis-sbs/pg112.html
コメント
この記事へのコメント
どもです。
写真撮ってもらうのは本当にいいですよね。
ビデオもいいです。
何がいいって、自分が格好よく滑ってるつもりでも
そうでないのを思い知らされるからです。
「なんでやねん!」と落ち込みますが、それが更なる進歩に
繋がるんですよね。

他のライダー、自分の好きなライディングする人と
自分のライディングを比べて何が違うかを見比べられることも
かなり進歩に繋がります。

野麦ではビデオの撮りあいや、ビデオカメラをゲレンデに
放置状態で自撮りしてました。
滑り終わって飯食って風呂入ってからビデオを車内で師匠と
二人で酒飲みながらダメだし大会をするんです。
もちろん私のライディングだけなんですが笑
幾度と無くガッカリしましたが、たまーに聞ける師匠の
「お、このターンのここはいい!」
の声が聞けるのが嬉かったです。
因みに褒められるのに慣れてないので、叩かれて
育つタイプです。
二日続けて滑る際には、次の日に前日の悪かった部分を
修正しながら滑れるので更に二重丸です。

話しを戻しまして、ライディング撮影には激しく賛成でございます。
上手くなるコツは、撮影時にかっこよいライディングをしないことです。
めいいっぱい滑ってアラを探すことです。
(たまにはかっこよくしないとストレスですが笑)
2013/11/09(土) 12:30:52 | URL | カナブン #bEZGI0EA[ 編集]
カナブンさん>
そうなんですよー。
ビデオでも写真でも、自分の思い描いていた滑りとかけ離れていて
ガクゼンとさせられることが多いです(^^)
正視できなくても現実のものとして見なきゃいけないんですよね。

他のライダーと比べるのもホントいいですよね。
なので、カナブンさんの滑りを動画や写真で拝見して
自分に足りないものを探したりもします。
自分に足りないものだらけなんですが(笑)

   >上手くなるコツは、撮影時に
   >かっこよいライディングをしないことです。
   >めいいっぱい滑ってアラを探すことです。

なるほどー。そういうことなんですね。
正にそのとおりだと思います。
でも、ついつい良く撮ってもらおうと思っちゃうんだよなぁ(笑)
2013/11/09(土) 13:57:09 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。