日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他人事じゃなくて
「山と渓谷」の今月号の特集はなかなか興味深いものでした。
2013081201.jpg
2013081202.jpg

岩場の稜線から150m滑落して命を失わなかった人の話や、
2013081203.jpg

あと2kmで下山できるところまできて道に迷い
幻覚に惑わされながら彷徨って6日後に救助されたかたの話やら、
その他、ナマのお話がいっぱい。

他人事、と思っちゃダメなんよね。
どんなに慣れたルートでも、天候が悪化してガスでも出たら
もう道迷いの可能性は十分に出てくる。
そんなときに滑落でもして、動けなくなったりでもしたら、とかね。

山屋さんじゃなくても、マウンテンバイクでトレイルに入る人にも
読んで欲しい特集でした。


さて、遭難と言えば、以下は日本国内では考えられないことなんだけど、
例えばエベレストとかで遭難して不幸にも命を落とした場合
回収されずにそのままになってる、ってのが結構あるらしい。

理由は「回収に莫大な費用がかかる」「回収に相当な危険が伴う」
「家族からの『そのまま残して置いて欲しい』との希望」等等。
ただ、標高が上がれば上がるほど、雪と氷の地ゆえに気温が低く、
なので土に返ることなくそのままの姿で残っていて、
それが登頂ルートの目印、道標にもなってるらしい。
有名なところでは「グリーンブーツ」っていう、文字通り緑色の
ブーツを履いたまま横たわってる人も、やはり登頂ルートにあって、
クライマーは必ずそれを目にして通っていくことになる。

先に書いた通り、日本国内でこのようなことはないんだけど、
なんていうかね、そういう現実もあるってことを、
ちょっと山をかじってる自分も認識しておこう、と思ったのでした。

↓その映像(静止画のスライドショーです)がこれなんだけど、
かなりショッキングな画像もあるので、
覚悟のできるかたのみクリックしてみてください。
コメント
この記事へのコメント
肉体は白蝋化、白骨化しても、石油製品であるウェアとブーツは
ずっとそのままの状態で残るってのが残酷ですね。
駒ケ岳千畳敷カールで春スキーしてたら冬に遭難した人が
出てきてビックリっていう話が日本でもあるみたいです。
2013/08/12(月) 17:27:05 | URL | Ken #-[ 編集]
Kenさん>
雪融けと共に行方不明のかたが発見されるってのも、
よかったようなそうでないような
なんとも複雑な思いですよね。

気を引き締めなくちゃ、と思わずにはいられません。
2013/08/13(火) 07:36:39 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
こえ〜ヤバイデスね。

私は遊びで死にたくないので、無茶はしませんが、あくせるさんムリしないで下さいね。

まぁ、あくせるさんぐらいになると、安全管理は万全でしょーが…。(o^^o)
2013/08/13(火) 07:55:45 | URL | AYC大橋 #-[ 編集]
AYC大橋くん>
ありがとねー(^^)

いやー、安全管理万全とは言い難いんよね。
スノーボードでは救急車乗ったし、
ヨットでは爆弾低気圧で死ぬような恐怖味わったし...
これからは万全にします(^^)
2013/08/13(火) 08:47:38 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
こういうのって慣れてきた頃が怖いですよね。

参考になりました☆


お互い安全に遊びましょうv(^^
2013/08/18(日) 15:55:35 | URL | コージ #-[ 編集]
コージさん>
はいー、自分が正にそういう時期なので
気を引き締めなきゃ、って思います(^^)
お互いに気をつけましょうね。
2013/08/18(日) 23:20:45 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。