日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
クレヨンさんのレッスン(軸を意識する)
クレヨンさんのレッスンで教わったことを
例によって備忘録的に書いてみます。
いつも書いてることですが、自分の滑りを見てくれて
自分の滑りに合った的確なアドバイスをもらえる、
そういうところにスクールの魅力があります。
滑りに迷いを感じたら、信頼できるインストラクターが在籍する
スノーボードスクールの門を叩かれることをオススメします。

2012040401.jpg

今回、クレヨンさんから出されたテーマが「軸の意識」

板に対してカラダが垂直な軸となるように位置していれば、
その軸を中心として軽い力で板は回ります。

もし軸が傾いていれば、板はスムーズに回らないし、
それでも回そうとすれば、(無理やりな)大きな力が必要。
だから軸を板に対して垂直に保つというのは大事なワケですね。

ボード上のどこに軸を置くかによって、
 1.前脚を軸としたターン、
 2.前脚と後脚の間(センター)を軸としたターン
 3.後脚を軸としたターン
が考えられますが、
3は現実的ではないので除外すると、
1はテールスイングターン、
2はフラットスイングターン
ということになります。

今回は、センターに軸を置くフラットスイングターンを中心として
ショートターンのベーシックな部分をレッスンしていただきました。
(軸を中心に置くという意味でピボットという言い方もありますが、
 グラトリの世界にもピボットという全く別物の技もあるので、
 混同しないよう、以降フラットスイングターンで統一します)

まずは緩斜面で、カラダ(上体)をフォールライン方向に向け、
サイドスリップしながら
ヒールサイドからトウサイド、トウサイドからヒールサイドと
交互に脚部のみをクルクルと180度回します。
足元の感覚を掴むために、初めは上体の先行動作や
捻り戻しを使ってもいいですが、
慣れたら上体はフォールライン方向に固定。
腕の振りも使わずフォールライン方向に固定(特に前手)
腰から下のみを回すようにします。

両足幅の真ん中一点を中心に、
その場だけで回そうと考えると上手くいきません。
板が進んでいく(落ちていく)分の落差を考慮して、
落ちながら回していくイメージを持つと上手くいきます。

ここで大切なのが、脚部へ神経を働かせること。
「ボールを膝の内側に挟んでいるつもりでやってみて」
とクレヨンさんに言われてやってみると、
自然と意識が脚部にいき、クルンと板が回ります。

今までこういった意識を持っていなかったので、
ショートターンが上手くいかないときは、おそらく上体の先行
(トウサイドからヒールサイドでは、振り向くように肩から入っていく)や、
腕の振りでターンを開始していたのだと思います。

運動を必要とする箇所(この場合は脚部)への
意識を持つ、持たないでこれほど動きが変わるのか、を実感しました。


長くなるので以降はダイジェスト的に紹介。(それでも長いけど(^^;)

■片足装着で、その場で板をフラットにして回す
斜度の無いところで前脚だけ装着します。
その状態で後足は雪面につけて、トウサイド方向、ヒールサイド方向に
ターンするように板を回してみます。
カラダの軸がターン内側に傾くと、板も立って角付けされてしまうので、
スムーズに板を回すことができません。
体軸が板の上に垂直になることを意識し、ブーツの中で足を回旋させる
ようにすれば、板はどこにも引っ掛かることなくクルンと回ります。

これ↑にはズレを使ったショートターンに必要な要素が入ってます。
角付けを強めないで、フラットにしてそこに乗り込んでいくのは、
板を、弧を描くようにスライドさせてコントロールするために必要ですし、
ブーツの中での足の回旋は、脚部を主体としたローテーションを使う
ショートターンではやはり必要なことだからです。

■弧(半円)を繋いでターンしていく。
今度は両足装着して斜面上で動いていきます。
ノーズドロップからターンしていきますが、
ノーズが弧を描くように、きちんと谷回りを作ります。
後足は、前足の軌跡に追従するようにスライドさせます。
ここで大切なのは、テールスイングターンにならないこと。
前足に、弧を描いていく動きがなければ
前足を支点として後足を振り出すテールスイングになってしまいます。
また、上体の先行をターンのキッカケに使わないこと。
自分はトウサイドからヒールサイドに入るときに、
気を抜くと肩をターン方向に回すことでターンに入ってしまいます。
これは脚部に意識がいっていない証拠でもあります。
動作は雪面に近い足元から順に上がってくるのが原則ですからね。

■後足に乗り込む1
上記の続きになります。後足をスライドさせながら、
板がフォールラインを向いたら後足に荷重していきます。
いきなりドンっと踏むのではなく、1~10まで数えるようにじんわりと。
このタイミングで踏むと、板への荷重は山回りからになりますが、
まず最初はこのタイミングから練習です。
ここでも、上体はフォールラインに向けてブロック。
腕、特に前手となる左手を振り回してターンのキッカケにしないこと。

■後足に乗り込む2
荷重するタイミングを早めます。
板がフォールラインを向きだしたら(谷回りを始めたら)
すぐに後足に乗り込んでいきます。
実はこれが自分のウイークポイントのひとつで、
クレヨンさんのレッスンに限らず、カズさんのレッスンでも
アッキーさんのレッスンでも、Kishyさんのキャンプでも
「もう少し早いタイミングで踏み始めて」と言われてきました(^^)
クレヨンさんに自分の後ろを滑ってもらって、
踏み始めるポイントで「ハイ」っと声を出してもらったのですが、
踏み始める「場所」が、なんだか自分のカラダの後にあるような感じなのと、
明らかに自分の思うタイミングより相当早く踏まなきゃいけない。
いつもワンテンポ待って、板が下向いてから踏んでしまってるんですね。
ここはとにかく練習で克服です。

■リズムを取る
ショートターンはリズムで滑ると言っても過言ではないと思います。
荷重するタイミングを早めていければ、
ショートターンは谷回りだけ踏んでるような感覚になります。
でも、山回りは何もしないということではないので注意。
山回りは、谷回りで踏んでたわませた板を解放して走らせる感じです。
で、また谷回りの早いタイミングで踏む体勢を作る、と。
これもよく考えると、カズさんにいっつも言われてたことなんだよなぁ。
まだ出来てないのが情ない...

■斜度に合わせた体軸
落下する板にカラダが遅れると、体軸は斜面や板に垂直になりません。
また、斜度やスピードに気持ちが負けてしまうと
カラダが山側に逃げて残ってしまい、やはり体軸が垂直になりません。
軸を谷側に起こしていく意識が必要。
切り換えでは角付けを緩めますが、その緩めた角付けに合わせて
体軸も起こしていき、それから落ちていく板に自分も一緒に乗っていく。
ヒールサイドでは、逆エッジ掛かるんじゃないかと思うくらいの位置に
腰が出てきてちょうどになります。(クレヨンさんからの受け売り(^^;)

自分で矯正する方法として、
トウサイドターン後半では前手(左手)を谷方向に出し(伸ばし)
ヒールサイドターン後半では後手(右手)を谷方向に突き出すようにして、
カラダが山側に逃げないようにしてますが、
果たしてこのやりかたでいいのかどうか...


●その他注意すること
センターに軸を置くということは、
前足5・後足5の均等荷重が原則だけど、
例えば急斜をハイスピードで落ちていくときは、
自然と前足に多く荷重が掛かるわけだから、
その場合は後に多めに乗るなどの微調整は必要です。
調整の結果、前足・後足に均等に荷重が掛かれば、
センターに軸が来るというワケですね。

あと、ダイナミックについても少し教わったのですが、
これはまだまだ自分自身、練習とアタマの整理が必要なので割愛します。


上記はクレヨンさんから教わったことを元に
若干自分の考えを書き加えたもので、
そのオリジナルな内容はもちろんクレヨンさんによるものです。
素晴らしいレッスンをしてくださったクレヨンさんに感謝します。
ありがとうございました。
2012040402.jpg
コメント
この記事へのコメント
「後ろ足に乗り込む」 ←を すっかり忘れた長女 今シーズン後半で 前転宙返り転倒を繰り返したのは これが原因だったと 思いますね(本人が気がついて あわてて直したらしいけど)
 あくせるさんの解説 わかりやすく・・・・1レッスン受けた感があります
2012/04/04(水) 13:08:31 | URL | ごんた #-[ 編集]
ごんたさん>
ごんたさん、この長い文章を読んでくださったんですかぁ。
ホントにありがとうございます(^^)
前足に乗れない初心者は前に転ぶことはないんですけど、
長女さん上級者だからノーズが雪を喰って前転しちゃうケースがあるんですよね。
でも、自分で気づいて修正するところはさすがですよ(^^)

 >>> あくせるさんの解説 わかりやすく・・・・1レッスン受けた感があります
長い文章を読んでいただいて、そんな風に言っていただけると嬉しいです(^^)
ではぜひ来季は実際のレッスンを...(謎)(^^)
2012/04/04(水) 13:28:54 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
軸があって、板がスルスル回って来ると楽しくなりますよねー!また、来期も共に上達していきましようね!今シーズンもありがとうございました!
2012/04/05(木) 13:31:25 | URL | クレヨン #-[ 編集]
クレヨンさん>
シーズン終盤に素晴らしいレッスンをありがとうございました。
まだ自分はシーズン残ってるので、
身に染み込ませるよう練習します。
今からもう来季のことを考えると楽しみですよ。
更なるご指導の程よろしくお願いします。
ありがとうございました(^^)
2012/04/05(木) 14:48:43 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
今回もたくさんのヒントをありがとうございました。とっても勉強になります。
岸正美スノーボードスクールのゼッケンに胸キュン(死語ですね)です。
2012/04/06(金) 11:38:23 | URL | Ken #-[ 編集]
Kenさん>
Kenさんとは年代が近いので、死語が死語でないところがなんとも(^^)

自分は教わった内容を文字にしてるだけなので、
ヒントをいっぱいくださるのはインストラクターのかたなんです。

来シーズンは是非このゼッケンを着けに
爺ガ岳かアサマに来てください。
ご一緒できる日があれば嬉しく思います(^^)
2012/04/06(金) 11:44:59 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass: