日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
品川カズさんのこと
爺ガ岳にいらっしゃるインストラクターのかたは、
全ての皆さんが素晴らしい技術をお持ちなのですが、
今日はその中のおひとり、品川カズさんのことを書いてみます。

カズさんは聴覚に障害をお持ちであるにも関わらず、
JSBA公認A級インストラクターに登りつめられたかたで、
とはいえ、カズさんは我々の口の動きで話を理解されますし、
カズさんの発声も我々は十分理解できますので
コミュニケーションにおいては何ら問題はありません。

いえ、聴覚のこととか、そういうことに関係なく、
カズさんの滑りは実に素晴らしいんです。

がっしりとした体格を活かしたダイナミックなカズさんの滑りは、
自分も同様の大柄な体格ということもあり目指すところなんです。
朝夕やフリータイムにカズさんが滑られてるのを見ると、
そのバリエーションの多さに驚かされます。
ショートだけでも何パターンあるの? って感じで。

いつも一緒に滑ってくださるirieさんから
「カズさんはみんなの滑りをよく見てくれてますよー」
とお聞きしてたんですが、
先週土曜日、irieさんとエコーハウスで休憩してると、
カズさんが来られて
「滑りが去年より柔らかくなめらかで良くなった。去年はガチガチだった。」
と話してくれました。
あのカズさんが、自分の滑りを見てくれててお話してくれるなんて、
もう嬉しくてすっかり舞い上がってました(^^)
あと、
「B級イントラ検定はあのショートでは点数が出ない。
 もっと動きのメリハリを見せないと」
と、ダメなところもしっかり指摘していただいて
ホント、ありがたいことです。

カズさんの滑り。
このときはフリースタイルボードですが、
プレスショートターンだったと思います。
上体はしっかりリーンアウト取ってて
もうお手本のような滑りですね。
2012012501.jpg

アルパインボードでの同じくプレスショートターン。
フォームがちゃんと固まってるから、
板がフリーでもアルパインでも同じ動きができるんですね。
2012012502.jpg

カズさんが滑ってると、遥か遠くからでもそれはカズさんだとわかっちゃう。
それくらい印象に残るカッコイイ滑りなんです。
アウトラインだけマネるんじゃもちろんダメなんだけど、
自分も、遠くから見てあくせるだとわかる滑りを目指したいもんです(^^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass: