日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説「富士山頂」
新田次郎さんの「富士山頂」読了。
2011122201.jpg

タイトルからして「孤高の人」のような山岳小説かと思ってしまいますが
そうではなく、富士山頂に富士山レーダーを建設するまでの
人と人との「政治的駆け引き」が主として描かれてます。

(ちなみに新田次郎さんは、自身の作品を「山岳小説」
 と呼ばれるのを嫌ってたそうです。)

主人公は、「気象庁に勤めながら一方で小説を書いている人」、
という設定ですが、これは正に新田次郎さんそのもの。
つまり、自己の経験に基づいて書かれた作品です。
2011122202.jpg

初版発行が1974年のものなので「古い」印象は否めませんが
当時はこんなんだったんだなぁと感じられるのもまた事実。
また良い作品に触れることができました(^^)

富士山頂:新田次郎(amazonの販売サイトより)
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E9%A0%82-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%96%B0%E7%94%B0-%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4167112019
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。