日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
ペンとメモ
ステーショナリー大好きあくせるでございます(^^)

今日はペンとメモのご紹介です。
2011091301.jpg

まずはペンのほうから。
J.HERBIN(エルバン)のローラーボールペンです。
2011091302.jpg

通常のボールペンと違うところは、万年筆用のインクカートリッジを使うこと。
万年筆のインクの色って、味わい深いというか、
独特のものがあるじゃないですか。
でも万年筆って、慣れるまで意外と書きづらかったり手入れがたいへん。
それを気軽にボールペンで味わえるわけです。

「忘れな草ブルー」という色のカートリッジが付属してますが、
エルバンに限らず、ウォーターマン等の
ショートタイプのカートリッジが使えますので
いろんな色が楽しめるわけですね。

J.HERBIN
http://www.jherbin.com/


続いてメモのほう。
ツバメノートの「ライモン」
2011091303.jpg

名刺サイズのメモです。
フールス紙という、印刷用ではなく、書くために作られた紙を使ってて
これはもう実際に書いてもらえばすぐに書き味の良さがわかります。

裏を見ると「Made in Asakusabashi」の文字があります。
2011091304.jpg

そう、浅草橋の職人さんによって漉かれ、罫線を引かれたもの。
この罫線、オフセット印刷で引かれたものではなくて、
製本する前に何本ものペンがついた機械で引かれたものなんです。

それがどんな違いなの?
ってことになるかと思いますが、これをご覧ください。
2011091305.jpg

上はライモン、下は先日紹介したロディア。
これにそれぞれ、エルバンのローラーボールペンで
文字を書いてみましたが、
罫線の部分で、ロディアのほうはインクを弾く感じがありますが、
ライモンには全くそれがありません。

もちろん、ロディアのほうは通常のボールペン等では全く問題ないです。
今のところ、ロディアは前に紹介した使い方で、
ライモンも全ページにミシン目が入ってて切り取れるので、
数枚切り取ってIDカードケースやフォンケースに入れておいて、
ちょっとメモしたいときにサッと取り出して使う、
って風にしてます。

ツバメノート株式会社
http://www.tsubamenote.co.jp/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass: