日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨット(ディンギー)乗りの憧れ
なんだかんだ言ってもね、スピードが好きなんですよ。
スノーボードならアルパインボード、
自転車なら下り...

で、ディンギーなら、速さだけを追求したこの「18フッター」
2011062201.jpg

艇体より遥かにデカいジェネカーやメインセイル。
このムチャクチャなバランスは、単に速さだけを求めた結果やね。
プレーニング中ゆえ、もう水面を飛んでるって感じ。

3人乗りのトラピーズ艇で、
乗りこなすのにハンパない技術が必要、なだけに...

逆側のウイングが水に触れると、簡単に沈するし...
2011062202.jpg

沈起こしも、これまたたいへん...
2011062203.jpg

この動画は、チームノキアのものだけど、
この3人ムチャクチャ上手い。
っていうか、ほとんどアクロバットやん(^^)

ヨットに興味のないかたも、いちどポチっと押してみてください。
ヨットって、言葉のイメージほど優雅じゃないってことを
わかってもらえると思います(^^)



このド強風の中、デカいジェネカー張ったままジャイブするんやもんね。
ホントはおしっこチビりそうなくらい怖いはず(^^)
コメント
この記事へのコメント
"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!
優雅だと思っていた一人です。
どんなに説明してもお金持ちのやる事と
思われています。
実際は慎ましい生活してるのに・・・。
2011/06/22(水) 12:15:08 | URL | 弦sun #-[ 編集]
弦sun>
そやんなぁ、誤解してる人が多いわな。
セイリングクルーザーに乗るような人はホンマお金持ちやけど、
ディンギー乗りはみんな慎ましやか、っつーか
自分のやってることではディンギーがいちばんお金かかってないね(^^)
キミんとこは、やれ遠征だ、やれニューセイルだと
なにかとたいへんやろけど(^^)
2011/06/22(水) 12:22:44 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
僕にはメチャメチャ面白そうに見えます!
ウインドだとレーシングをしない方々が小さいセイルで十分プレーニングを楽しむ時に10㎡超えるセイルで出て行くようなもんですね!^^

接水しているのはフィンだけで今にも離陸しそうな状態で滑走と言うより滑空って感覚!

アップウインドはセイルにパワー感もありフォームさえ固めておけばオートマチックで楽しいだけですが、怖いのは下り!^^;

ダウンウインドの怖さと言ったら。。。
セイルに手応えもなく船首も上げすぎたら風に舞い上げられるし下げすぎたら一瞬で途轍もないバウ沈喰らうし、視野は双眼鏡を逆さにしてる見たいで見えなくて、見えない糸の上を綱渡りしてる気分です。
2011/06/22(水) 12:45:40 | URL | irie #-[ 編集]
irieさん>
irieさんさすがウインドセイラー(ウインドサーファー)
よくご存知です(^^)

そうなんですよねー。
アップウインドは体力勝負で、
ジッとガマンしてれば安定してますが、
ダウンウインドは艇のヒール具合で
ヘルムが変わってあっちこっち蛇行しますからねぇ。
バウ沈すれば自分だけ前に飛ばされますし(^^)

でもこういう状況こそ「こわおもしろい」んですよねー(^^)
2011/06/22(水) 12:56:38 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
実体験
を書いたまでですが、飛んでるような滑空感のワクワクと
速さから視界が無い上に、ミリ単位でバランス崩して強風で
ヒラヒラ舞い上げられたりバウ沈して海面に
叩き付けられる
怖さのドキドキが同居するのは他には無い怖オモですよね!^^

ウインドもCMなんかでピューって走ってるだけの映像で
それほど激しいスポーツだと知らない方が多いですね。
2011/06/22(水) 15:20:10 | URL | irie #-[ 編集]
irieさん>
はいー、正に体験されてこそのお話しですよね。
絶対的な速さはウインドに到底かないませんが
ディンギーも「飛んでる感」が味わえて意外といいもんです(^^)

CMなどに映るウインドは確かに快適そうに見えますね。
でも、強風でプレーニングしてるときの体力ももちろんですが、
微風でばんばんパンピングされているのを拝見すると、
あれ自分がやるとすぐに腕が上がらなくなるだろなーと
おそろしくなります(^^)
ディンギーのレースは
一波一回しかパンピングできないルールでよかったです(^^)
2011/06/22(水) 16:05:09 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
一波一回!?
そんなルールあるんですね!

僕らも微風は諦めてるんで、やりませんがジャイブやタックの後の
走り出しのために数回はやります、でないと持ちません^^;

パンピングと言えば学連の子たちは凄いです!
殆ど無風の状況でもパンピングで出て行って帰ってきます

真冬のしけて荒れた外洋でもロケットのように飛んで乗ってるし
あれは怖くて近づけません^^;;;
2011/06/22(水) 19:49:25 | URL | irie #-[ 編集]
irieさん>
学生さんたちは体力有り余ってるのと
怖いもの知らずだから、ある面うらやましいですね(^^)

そうなんですよー。
ダウンウインドで波に乗るときに、
一つの波で一回だけセイルを引き込めるんです。
もちろん、ブームを掴んで引くのはダメで、
メインシート(ウインドには無いですが)
を引かなきゃいけないんですけど。

ご存知だったらごめんなさいなんですが、
微軽風のときはロールタック、ロールジャイブってのがあって、
わざとオーバーヒールさせてから、
それを起こしつつタックやジャイブして
パンピング代わりに風を入れるテクを使います。
ルールに抵触しないためのものとも言えますけど(^^)

でも、そういうルールやなんかがメンドーなんで
自分はヨットのレースがあまり好きじゃなくて
ドン吹きのときにリーチングでかっ飛ばして喜んでばかりでした(^^)
2011/06/22(水) 20:02:40 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
なるほど~
ロールタック、ロールジャイブは知識としては知ってましたが
そういうことなんですね~

僕はドン吹きでカッ飛ぶのはもちろんレースも好きです!

特にレーシングが^^
ご存じかもですが皆が同じマークめがけてスタートじゃ無く複数のマークを全部回れば何処から何処に向かっても良いんですよ!

自分の得手不得手と風を読んで戦略たてたり、敢えて違うコースから攻めることで駆け引きしたり~

でも裏目に出て自分が何処を走ってるのか解らなくなることもありますが^^;;;

ただトッププロはテストの済んだプロトボードやセイルをガンガン投入するので、それだけは勘弁してくれって思いますが~
2011/06/22(水) 20:49:35 | URL | irie #-[ 編集]
個人的にはウィンドのほうが良くも悪くもヨットよりフリーダムなきがしますね。
パンピングに縛りはありませんし、マストが固定じゃないんでヨットでは考えられないのりかたができますし。

ただ、体力的にはヨットのほうが楽です。ウィンドはディンギーみたいにシバーして休憩ができないのもあって、結構しんどいっす。
2011/06/22(水) 21:02:54 | URL | 仁王 #-[ 編集]
irieさん>
いやぁ、どのマークから回ってもいいって知りませんでした。
そうすると、フィニッシュするまで自分の順位がわからないわけで、
なんだかそのほうが面白そうです。
ヨットレースでもそういうの取り入れれば楽しくなりそうですね。

ワンデザインじゃない場合は、
最新機材を投入できるトッププロ有利なのがつらいとこですね(^^)
2011/06/22(水) 22:20:55 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
仁王くん>
仁王くんの言うことにオール同意やわ。
どない考えてもウインドのほうがカッコイイし自由やから、
俺もレーザーでフリースタイルみたいなことやろうとしやけど、
60kgもある艇ではトリックなんかできへんしなぁ。
バックさせたり、メインシートでトラピーズ風に乗ったり、
クルーザーみたいに逆向きにガンネルに座ったりとか、
そんなことやってたん俺と円ちゃんだけやったから
芦屋で浮きまくってたわ(^^)

しんどいのは、この歳になるとつらいな(^^)
2011/06/22(水) 22:22:39 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。