日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
先週土曜日に学んだこと(+「ジャイブ&カーヴ」更新しました)
この日はグループレッスンとなりましたが、
だからと言って内容が薄まったようなことは決してなく、
前週のレッスン内容を踏まえて、さらに一歩踏み込んだものとなりました。

まず1本ロングターンを見てもらうと
「切り替え時に前足に乗る意識が薄い」と言われました。
そこで...

●切り替えで前足に乗る
切り替え時、後ろ足で立ち上がって、つんのめる位に前足に乗ります。
この時点で前足(のヒザ)は伸びきるように感じてもOK。
そこからゆっくり沈み込んでいきます。(急に沈むのはNG)
イメージ作りのため、あえて大げさにアクションすることは有効。
(自分で大げさに動く位で、外から見ればちょうどいい程度)

それ↑を実践すると、「前足の捉えが見えるようになった」と言われました。

切り替え=抜重とは言いますが、圧を完全に抜くのではなく、
後足で立ち上がりながら前足を踏みしめる感じです。
前週にやった「切り替え前ギリギリで我慢」と同様、
これをやると、切り替えでイヤでも前足で圧を掛けられるようになります。

●目線の確認
いつまでも板の進む方向を目で追うのはだめ。
切り替えながら次の切り替えポイントに目線を移して、そちらに出る。
出る=谷側に軸を移動するのですが、順番は頭からではなく足元から。

ですが、この部分は自分はまだ不安定です。
「目線の移動を、もうワンテンポ早く」と何度も言われました。
あと、先日DRAGS-007さんが仰ってた「首傾げ(首のアンギュレーション)」
の様な動作がイントラさんから見て取れたのですが
まだ自分のものにできてません(^^)

●切り替え時の体軸の移動方向
ボード上に立ち上がるのではなく、クロスオーバーして向こう側へ。
山回り仕上げて→抜重で立ち上がって→エッジ切り替えて...ではなく、
(バッジ1級レベルでよいのなら↑の動作でOKだが、とのこと)
山回り終盤で角付けを緩めつつ→前足に立ち上がりつつ→軸を谷側に移動
(これら↑の動作が滑らかに連動するように)

●沈み込みの量とアンギュレーションと適切なローテーションの確認
トゥサイドターンのときは前の手(左手)で前足(左足)ブーツ左側を触る。
ヒールサイドターンのときは後ろ手(右手)で前足(左足)ブーツ右側を触る。
あ、自分はレギュラースタンスです。
上体だけかがめて触りにいくのはもちろんNG。
ちゃんと沈みこまなければ意味なし。
自分は今までこの練習のとき、ヒールサイドターンでは
後ろ手(右手)を後足(右足)ブーツ右側に触るようにしてたんだけど、
イントラさんはたぶん、自分のヒールサイド後半の
ローテーションが足りないと見てくれたのでしょう。
「前足を触って」と言われました。

2011012501.jpg

午後のレッスンではショートターンを見てもらいました。
「谷回りも山回りも全部切って滑ろうとする意識が強すぎる」とのこと。
「斜度が上がれば暴走気味になるでしょう?」と言われましたが、
正にその通り(^^)
そこでまたベーシックな練習に戻って...

●ノーズドロップ→サイドスリップ(ヒザの回旋を入れて)
ノーズドロップから、板がフォールラインを向いたら
ヒザを少し内に捻ってサイドスリップに持っていく。
ただし上体はフォールラインを向いたままにする意識を持つ。

自分が苦手なヒール→トゥのノーズドロップについて、

 苦手意識→早く回さなきゃ→上体が内側に倒れる
 →トゥサイドのエッジが立つ→ノーズドロップできない

の悪循環になってるので、
「もっと胸を張ってみてください」と言われました。
反り返るくらいの意識で胸を張ってちょうど位のようです。
これでようやくトゥサイドで板をフラットにする感覚が掴めました。

●ノーズドロップ→サイドスリップ手前で逆側にノーズドロップ
↑の練習で、サイドスリップで板が横を向く前、斜めの内に
逆側にノーズドロップする。その繰り返しです。
足裏の感覚を意識する練習でもあるんですが、
前足に乗ってノーズドロップし、
板がフォールラインから内側を向いたら少し後足にも乗りますが、
そこから板が横を向く前にまた前足に乗り込んでノーズドロップ。
このとき、前後の足を自転車のペダルみたいに交互に踏むんですけど、
あぁ...上手く文章にできない(^^)
前後の足の独立した動きが必要なんです。
あと、板が下を向くまでは前足一本に乗るくらいのつもりで、
カラダを斜度に合わせないといけないんですが、
このときにポーンと伸び上がるとダメと言われます。
あくまで、前足にじわっと乗り込むのが大事なんです。難しい...

さらに、ノーズドロップはしっかり作る=テールスイングにならないように。
谷回りをしっかり作る練習なので。

こういったことを洗練させてショートターンに持っていくのですが
まずはカラダが覚えるまで基本を繰り返し繰り返し、です。


 「切り換えと谷回りからの踏み」
 「目線と体軸の移動」
 「ショートターンの意識」

については自分にとって身になるヒントをもらえたので、
それらについてはまた改めて、もう少し詳しく書いてみようと思います。


------------------------------------------------------------

本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

1月22日(土):爺ガ岳スキー場のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

コメント
この記事へのコメント
今回も興味深々で拝読させていただきましたe-68有り難うございますm(__)m

それにしても、ここまで教わった内容をちゃんと覚えられていて、キッチリ文章に出来るのは凄いですワ!!

今回は応用編と言うか、ちょっと進んでるので、イメージしてみるとかなり難しさが伝わってきますねi-201

『3歩進んで2歩下がる』以下の私は、
「前進した!!(゚∀゚)」と喜んだ次の週には大抵の場合、
「???」「何故?先週出来た事が出来ないの?」という流れを繰り返しています(^^;A むしろ下ってます(笑)
でも、また今週末もボードに行ってしまうんだなぁ~(笑)
2011/01/25(火) 15:10:21 | URL | DRAGS-007 #uex3/g4E[ 編集]
DRAGS-007さん>
こちらこそありがとうございます。
おそらく多くのかたがスルーされるであろう(^^)長文を
お読みくださって感想もいただけてホント恐縮です。

いや、自分もたぶん忘れちゃってるのも多いと思います(^^)
教わったその日にすぐにメモるなりすればいいんですけど、
なんだかんだしてる間にそれもサボってしまって、
帰ってきてから思い出そうとするとどうも抜けてるような(^^)

『3歩進んで2歩下がる』は水前寺清子さんですけど、
自分は『3歩進んで4歩下が』ってる気がしないでもないです(^^)

でもまた自分も同じく行ってしまうんですよね~(^^)

DRAGS-007さんは自分より高い次元で試行錯誤されてるので
自分も早くそこまで上って行きたいです。
2011/01/25(火) 18:00:18 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass: