日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
Kis岸正美スノーボードスクール 体験レポート
先にお伝えしたとおり、念願かなってようやく岸正美さんのスクールにて
レッスンを受けることができました。
とにかく素晴らしいレッスンだったので、その内容と感想をレポートします。

2011011701.jpg

■主なレッスン内容

●「バンザイ」でサイドスリップ
「サイドスリップは角付けを緩めて...」と指導されることが多いんですが、
今回、「はい、その場で思い切ってバンザイしてみましょう。こんな風に。」
と手本を見せてもらって、自分も同じようにやってみると、
思わず顔がニヤケてしまいました。
こんなやりかたがあるなんて...
この最初の一発で、インストラクターのかた
(あっこ先生)はタダモノではないと思いました(^^)

●「前にならえ」でノーズドロップ
「じゃ、ノーズドロップやってみますか」と言われて思いっきりブルー入る(><)
アルパイン乗りのかたならわかってもらえると思いますが、
トゥサイドからヒールサイドへのノーズドロップは
割りとクルリンと回るんだけど、
ヒールサイドからトゥサイドへのノーズドロップは、
アルパインボードではなんせ難しい。
で、ここで見せてもらったのが「前にならえ」
沈み込んだ位置から、後ろ足を伸ばして立ち上がりつつ
手を「前にならえ」するようにノーズ方向に突き出します。
すると、アタマで「前足方向に加重して」なんて考えることなく
カラダが勝手にそうなっちゃうわけで、
あとはそのまま板に乗り込んでいればOK。
もうなんかね、騙されてるのかマジックか、ってくらい不思議(^^)

●切り替え前ギリギリで我慢
次のターンへの切り替えのとき、エッジを返す直前で暫く我慢して滑ります。
すると、足首の緊張感や足裏への力の入れ具合が自分でよくわかります。
ニュートラルをしっかり意識する練習なんだけど、
この部分って「抜重」って言い方するんで、
力を完全に抜いちゃうように思ってましたが
足裏ではしっかり圧を掛けてるんですよね。
それを感じられたのが凄い収穫でした。

●やじろべえ
今回のレッスンのキモ(その1)でした。
両手を広げて肩の位置まで上げてバランスを取って、
上下動をせずに体軸の入れ替えでターンします。
ただ、よく見かける「体軸の傾きでのターン」とは違います。
そちらのほうは、体軸を傾けることによってできる、板への角付けと、
板のサイドカーブを利用してターンすることで内傾角を感じる練習ですが、
「やじろべえ」は、山側にあった体軸を、
谷側に、斜面の角度に沿って平行移動させるもの。
切り替え時の「捉え」の練習なんです。
これが、このあとの滑りに素晴らしく良い影響を与えるものになりました。


午前中のレッスンはここまで。
「え?もう2時間経っちゃったの?」と思うくらいあっという間でした。
楽しい時間は早く過ぎてしまうもんです(^^)

2011011702.jpg

●上下動しながら斜滑降
午後のレッスンスタートですが、ここでようやく上下動が入ってきます(^^)
いい位置に沈みこんでるか、
いい位置、方向に立ち上がるかチェックできます。

●斜滑降からワンターン、カーヴィングで山側まで切れ上がる
●直滑降からワンターン、カーヴィングで山側まで切れ上がる
これもいい位置に沈みこんで、板のいい位置に乗ってないと、
キレずにズレます。
山回りでフォールラインを過ぎても、まだ行けるまで切り上げて行きます。
フリーランでは普通にできてる(つもりの)ものでも、
こうしてゼロスタートでやってみると意外と難しい。

●脱力で沈み込み
実は上↑の練習で、十分に低い姿勢が取れていなかったため、それを見て
「じゃあ、沈み込むときに完全に脱力して落ちてください」と言われて
お手本を見せてもらいました。
文章にしづらいんだけど、「糸で吊られてる操り人形」の糸が全部切れたら
人形はグチャっと潰れるでしょ? あのイメージ(余計わかりにくいですか?)
自分の場合、できるだけ低く沈み込もうという意識が強すぎるのか
それが逆に必要以上に入れなくていい力を入れてしまっていたようで、
「押してもだめなら引いてみな」的な、
逆転の発想で指導してもらったわけです。
これがもう見事にハマっちゃて、
「なんじゃこりゃー」ってくらいに低く沈み込める。
今回のレッスンのキモ(その2)でした。

●やじろべえで捉え、脱力で沈み込み
あっこ先生いわく「やじろべえしてデレっといきましょう」
実にわかりやすい(^^)
今回のキモふたつを組み合わせて連続ターンします。
自分に足りなかった上下のストロークと
前後の移動がこれで見えてきました。
低く沈めるから立ち上がれるわけで、
今までいかに自分が手抜きで滑ってたか思い知らされました。

あと、自分がおろそかにしがちな「目線」ですが、
「次の切り替えのポイントを追う」
ということで、これはやじろべえの練習などでわかってきましたが、
気を抜くと忘れがちなので要注意なところです。

ここで午後のレッスンは終了。
午後の2時間もあっという間に終わってしまいました。


■レッスン終了後

レッスン終了後、おさらいのためフリーランしてみると
滑ってて不安を感じることが無く、また面白いようにストロークできる。
第2リフト沿いだったので、
斜面が緩すぎるて余裕が感じられるのかもと思い、
第3リフトで上部のコースへ行って滑ってみても、
やはり同様に感じられる。

夕方の上部のコースは視界もちょっと良くなくて、
雪面の様子もよく見えない状況で
急に突き上げられたりボコボコになったりってのが
足元からようやくわかる状況だったんだけど、
以前なら腰が引けて脚を突っ張っちゃうところが、
このときは全然不安を感じなくて
「ボコボコでもグサグサでもなんでも来いやー」
ってな感じで楽しんで滑れました。

2011011703.jpg

先に書いたように、レッスン内容はベーシックなこと中心で、
それを繰り返し繰り返し教えてくださったんだけど
それがあとでフリーランしてみると随所に効いてる。
やっぱ基本は大事なんですね。
それを繰り返してカラダに染みこませると滑りに反映される。
そういったことを、自分に飽きさせることなく、
逆に楽しいと感じるような内容でレッスンしてくださったワケです。


■その他いろいろ

●レッスンはマテリアルを合わせてくれる
少数派アルパインボーダーの特典とも言えるのですが、
レッスン申込時にアルパインボーダーであることを申告すると、
インストラクターの方もアルパインのかたがお世話してくれました。
アルパインボーダーの受講者は自分だけだったので
結果的にマンツーマンのプライベートレッスンのようになりました。
黒姫高原スノーボーディングスクールも同様の配慮をしてくださいますが、
やはりこういったところでスクールの姿勢が伺い知れるというものです。
採算より受講者のことを配慮してださる姿勢には頭が下がる思いです。

●引き出しの多いインストラクター
今回お世話になったインストラクターのあっこ先生、
指導方法の引き出しが実に多いかたで、
「この方法がだめなら別の方法で」と、
臨機応変に対応してくださいました。
ご本人は、岸正美代表やクレヨン校長の教えによるものだと
しきりにご謙遜されてましたが、
やはりそういったかたの薫陶を受けたからこそ
このような指導ができるんだと思います。


というわけで、自分の備忘録も兼ねて長々と書いてしまいましたが、
今回のレッスンはホント、驚きと感動と感激の連続でした。
今後も機会を作って、またお世話になりたいと思います。
あっこ先生、最高のレッスンをありがとうございました。
(写真左がお世話になったあっこ先生)
2011011704.jpg

Kis岸正美スノーボードスクール
http://www.kis-snowboardschool.com/
コメント
この記事へのコメント
おおっ・・・
美女と野獣・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
2011/01/17(月) 12:23:22 | URL | るみちゃん #yl2HcnkM[ 編集]
るみちゃん>
まったくその通りでございます(^^)
2011/01/17(月) 12:30:17 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
拝読させて頂きましたm(^^)m

最近特に頑張ってボードに取り組んでますね。あくせるさんe-68

凄く分かり易くて良い文章なので、次の滑走にメモって持って行っても良いでしょうか?(^^;
2011/01/17(月) 12:39:02 | URL | DRAGS-007 #uex3/g4E[ 編集]
DRAGS-007さん>
ありがとうございます(^^)

はいー、今のヘタクソレベルでも楽しんで滑れてるんですが、
もっと上手くなればもっと楽しいかと...(^^)

メモですかぁ?(^^)
もちろんOKではありますが、
このあたりのことって、DRAGS-007さんが
おそらくはるか昔に通過したレベルの話ですよ(^^)
2011/01/17(月) 12:55:36 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
ありがとうございますm(__)m
コピってプリント持って行きます(´∀`)

>おそらくはるか昔に通過したレベル
いえいえi-201私の滑りは、基本すっ飛ばしてますんで(汗

それにこの記事を読ませて頂いて、スクールへの見方が変わってきました(^^ 
2011/01/17(月) 14:05:51 | URL | DRAGS-007 #uex3/g4E[ 編集]
DRAGS-007さん>
自分もDRAGS-007さんに教えてもらったリフト券入れのメモ書き、
今シーズンも活用させてもらってますよ。
今、大きく「目線」と書いたメモが入ってます(^^)

スクールも、人それぞれの合う合わないもあるかと思うんですが、
今回のここは間違いなく自分に「合う」と感じたので
いろいろやりくりしてできるだけ詰めて通いたいと思ってます(^^)
2011/01/17(月) 17:50:51 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
お返しにもならないかもしれませんが(汗
目線の件で先週1つ気付いた(思った)ので、追記させて下さい(^^;

目線と言うと首を回してしまいそうですが、
『首をかしげる』をしてみて下さい。
『?はてな?』のポーズです。
首でのアンギュレーションをとります。

そしてそのままターンに入る(倒す)と、雪面に対して頭の角度が垂直になります(頭が垂直になるまで、体を倒してみて下さい)

成功すれば結構倒してるのに内倒にならずに安定してターンすると思います(多分w)

また、自分がちゃんと出来たら細かく書きます(^^;
2011/01/18(火) 10:43:05 | URL | DRAGS-007 #uex3/g4E[ 編集]
DRAGS-007さん>
ありがとございますっ!(^^)

先日書かれてた「首のアンギュレーション」って
このことだったんですね。

んー、やはりこれらも目線と繋がってるってことかぁ。
自分の場合、まだ内倒癖も抜けきってないはずなので、
これをキッカケに解消できれば、と期待大です。
早速やってみます(^^)
2011/01/18(火) 12:01:10 | URL | あくせる #2ya7jnyc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass: