日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
ひさびさに乗ったら...
めっちゃ久々に自艇(レーザー)に乗ったのでございます。
2015083101.jpg

天候は曇り時々雨。海体に向かう高速からは白波のようなものが
見えた気がしたんだけど、ここに来るとベタベタでした。
2015083102.jpg

吹いたら喜んでカニ走りに出るんだけど、ベタじゃしかたない。
せっかくきたんだし、おけいこらしいことやってみよう、
ってことで、
前乗りしてフルハイクしてみたり、
落ちてるマークに鼻つけて、静止から後退とか、
ランニングで思いっきりアンヒールさせて
ラダー無しで走ってみたり(その後アンヒール沈あり)
ボートトリムやボートハンドリングを確かめる。

と、気がついたら、バングのブラケットのリベットが2個飛んでる(泣)
2015083103.jpg

もちろんすぐにハーバーバックです。
結果的に吹いてなくて良かった。
ドン吹きならバング外れて帰ってこれないもんね。

この件↓はまたおいおい、そのうち、です。
2015083104.jpg
スポンサーサイト



予備知識
夏の鈴鹿が終わって、海も山も(自主規制より)解禁となりました。
ま、山はひとまず置いといて(とか言ってると雪山になるけど)
海なんですが、今年は普段乗ってるディンギーだけでなく、
キールボート(セイリング・クルーザー)によるレースも
経験することになりそうなので、まずは書物により
予備知識を得ておくことにしました。

ここんとこのヨドバシ、ほんと助かってます。
送料無料だし、夜に発注しても到着は翌日か翌々日。
しかし、ヨット関連の書籍まで在庫があるとは...
2015082701.jpg

購入したのはこの2冊です。
2015082702.jpg

「クラブレーサーのためのクルーワーク虎の巻
 ―現役レーサーが伝授するヨットレース入門書」
2015082703.jpg

「クラブレーサーのためのセールトリム虎の巻
 ―スピードアップを実現するヨットレース実戦ガイド」
2015082704.jpg

そういえば昔、毎月「舵」誌を買ってたときに、
この連載↑があった気がするな。

自分が乗ってるシングルハンドディンギーの場合は
操船は全部、自分ひとりで行うわけだけど、
キールボートの場合は複数人が分業して行うので、
各々の役割や動きを把握しておかなきゃいけない。
もちろん、自分がどう動くかも、ね。

その他もろもろ、まったく別物と考えて取り組まなきゃね。
一度に揚げるセイルも1枚から3枚に増えるんだし(笑)

艇種や人数によって、前述の役割や動きも変わるんだろうけど、
まずは基本的なことを頭に叩き込んでおいてから
実地に臨みたい、ということなのです。
チームTTレポ
チームTTは難しいね。
MAX4人で先頭交代しながら走るので、
理屈の上ではひとりで走るよりタイムは良くなるはずなんだけど、
実際にそうなるのは上位のチームだけで、
ひとりで走るよりタイム落としてるチームが多いのが現実でしょう。

自分のチームを振り返ってみると

LAP1 9分18秒36 106位
LAP2 9分27秒62 102位
合計18分45秒98 37.09km/h 102位/208チーム出走

このタイムをどう捉えるか、です。
正直な話、自分がひとりで2周回ったらこれより速いタイムで走れます。
(他の3人のメンバーも、もちろんそのポテンシャルを持ってるはず)

過去のデータで、スタートから2周回分を引っ張り出すと、
(マスドレースはドラフティングしてるので除く)

2007年 鈴鹿エンデューロ 4時間ソロ
(スタートから2周までのみ)
LAP1 9分28秒477
LAP2 8分41秒429
合計18分09秒906

2009年 シマノ鈴鹿ロードレース 2時間エンデューロ ソロ
(スタートから2周までのみ)
LAP1 8分50秒294
LAP2 9分15秒194
合計18分05秒488

ってな感じで、こうして目で分かる数字が残ってるわけです。

ひとりで走る場合は、自分の脚質に合わせたペース配分ができるけど、
チームTTの場合、各メンバーのウィークポイントに合わせたペースを
パートごとにつくらなきゃいけない、それゆえ脚質が違うと難しい。

メンバーがちゃんと揃っての練習でそこは埋めなきゃいけないし、
個人に於いても、たとえば自分は苦手な上りパートをもっと追い込んで
タイムを上げるほうに持っていかなきゃいけないしね。

とにかく反省だ(^^)

ま、反省材料はあるにしても、ひさびさのチーム競技は楽しかったですよ。
2015082601.jpg
2015082602.jpg
2015082603.jpg
2015082604.jpg

レースが終わったら即、泡解禁です(笑)
2015082605.jpg

スクアドラ・ピュアホワイトの猿丸さん、もろぞうさんも交えて
2015082606.jpg
2015082607.jpg

皆さんお疲れさまでした(^^)
個人TTレポ
個人タイム・トライアル(以下個人TT)の開始時刻は9時20分。
集合締切が9時10分なので、9時過ぎに待機場所へ。
ゼッケンナンバー順に並んで待つ。
2015082501.jpg

ピットウォールの切れ目あたりで待機していると、後ろから
「あくせる~!」の声が。
振り返るとキルワニちゃんでした。
こちらを指差し、
「なにしょぼくれとんねん。ぎゃははははは」

実は個人TTより、午後からのチームTTのことを考えて
ナーバスになってたんだけど、それで下向いてショボンとなってたらしい。

20mほど離れながら大声で会話したんで、
周りの目もあり会話もみな聞かれて恥ずかしかったんだけど、
おかげで一気に身体がほぐれました。キルワニちゃんありがとう。

スタート位置に移動。年々参加者が増えてるようで、後ろは長蛇の列。
例年通り5秒間隔のスタートとなる。
「俺だけ外す足が反対なんよなぁ」とか考えながらスタートを待つ。
20150825022.jpg
(前に写ってるこのかたは無関係です(^^;)

そして自分のスタート。クリートがすんなり拾えてまずは安心。加速開始。

ホームストレートの中程で、5秒前スタートの先行者を抜き去る。
こういうのはなかなか気持ちいい。皆が見てる前だしね。
チームピットの前ではメンバーが声援を飛ばしてくれる。これも嬉しい。

やがてストレートエンドからシケインの上り。
シケインには向かわず、東コースショートカットに掛けて上るのだか、
ここで逆に、5秒後にスタートした選手に抜かれる。
悔しいが上りは苦手パートなので仕方ない。
上りピークからその選手を見ると、それほど伸びがなさそうだったので、
必ずまた抜き返せると確信する。

下りパートに入ったところで、再度TTバーに握りかえる。
S字のいったん緩くなるところを過ぎたら52×11Tにシフトして回すのみ。
2コーナー手前で先行者に追いつきかけるが、
コースがパイロンで狭められてる箇所で、自分のラインを取ると
ドラフティングしてるように見えてしまうため、
ラインを外して少し脚を溜めて1コーナーへ
(鈴鹿のコースは自転車レースでは逆回りなんです)

1コーナー回ってストレートに入ってから先行者を抜きにかかる。
サイドバイサイドで相手もこちらを意識しているのがわかる。
TTは自分のタイムとの戦いであって、他者との直接の戦いではないのだが、
こういう状況になるとスイッチ入るのは誰でも同じ。
脚を使いきっての微上りは心折れそうになるのだが
なんとか力を振り絞ってフィニッシュまでに抜き返すことができた。

タイムは3分15秒24。
目標にしていた21秒切りはもちろん、
自分のベストだった2010年の3分16秒30を更新できたのが嬉しい。
52歳の自分が47歳の自分に勝てたってことだ。

思えば今年初め、チームTTにまた出ようってことになって、
他のメンバーに迷惑をかけたくないってことから
自分なりに、あくまで自分のレベルでだけど、
短時間高強度のトレーニングをしたのが奏功したか。
当日も、キルワニちゃんの声かけで気持ちを楽にさせてもらったのと、
抜かれた選手とのフィニッシュ前のバトルで
力を出させてもらった気がする。その選手にも感謝だね。
2015082503.jpg

こんなふうにいろんなことがあるから、この競技はやめられない(^^)
シマノ鈴鹿ロードレース2015とりあえず
今年の夏の鈴鹿が終わりました。
2015082401.jpg

個人タイムトライアルについては、
先日目標として掲げていた3分21秒切りを達成できました。
再び平均速度を40km/h以上に載せるとともに、
これまでの自分のベスト(2010年)の3分16秒30を
1秒少々更新する、3分15秒24。

このブログでは「年齢をイイワケにしない」
をたびたび公言してたんだけど、
5年前の自分に勝てたってのが素直にウレシイ。
ハードルの高さの設定は人それぞれだと思うけど
頑張れば頑張った分、結果はついてくるんだね。いくつになっても。
これは、自分の生涯スポーツであるスノーボードに於いても
励みになるなぁと思ったのでした。

これでようやく、封印してた海と山に行ける(^^)

さて、今年は数年ぶりにチームに合流させてもらいました。
いい場所にピットを確保してくれた若い衆に感謝感謝です。
2015082402.jpg

自分もかつて、チームに所属したてのころ、
ピット確保の先発隊を経験しましたが、
深夜にブルーシート持参で並ばなきゃいけないし、
開門時間前なんて周りの人たちが殺伐としてて、
レースのスタートより緊張したほど。
開門してからもダッシュでピットに向かうんだけど、
当時は武闘派(^^)のこわはげさんが居たおかげで
無事に場所確保できた、っていうのもいい思い出なのです。

チームに於いては、事前にいろいろ段取りしてくれた
ちっこいおっさん(N川さん)、やよいちゃん、オモちゃん、
猿丸元キャプテンにマルちゃん現キャプテン、
チームTTメンバーのSSKさん、こうろうさん、OKくん、
練習で一緒に走ってくれたもろぞうさん、他、チームメンバー、
スクアドラのスタッフの皆さん、お世話になりました。

無事に帰りつくまでが遠足ね(笑)
2015082403.jpg

レース時の様子は、また改めてレポートします。
目標と忘れごと
明日はシマノ鈴鹿ロードレースでございます。

まず個人TTですが、昨年までの成績が

【年】 【タイム】【平均時速】
2010年 3分16秒30 41.14Km/h
2011年 3分25秒75 39.24Km/h
2012年 3分27秒59 38.90Km/h
2013年 3分27秒65 38.83Km/h
2014年 3分28秒56 38.66Km/h

ってな具合に下降線を辿ってきたんですが、
今年はまた5年振りに平均時速40km/h以上に載せたいので
2015年の目標タイムは3分21秒を切ること
とします。
昨年より8秒削らなきゃいけないんだけど、
昨年より4kg少々ウエイト落としたんでなんとかなるでしょう(^^)


チームTTのほうは、これまではずっとフルコース3周、
今年はフルコース2周ってことで
比較できるタイムがないんですが、
とりあえず1ラップ9分台前半、
2ラップで18分台ってことでどうでしょうかね?


それと、忘れごとですが、
スプロケットを鈴鹿用に交換するのを忘れてました。
2015082101.jpg
2015082102.jpg

そんな手間ではないんですが、メンドーなだけ(笑)
2015082103.jpg
2015082104.jpg

上が通常用の12T-25T
下が鈴鹿用の11T-23T
2015082105.jpg

なんで先週の内に気付かないかなぁ...
2015082106.jpg

ブツブツブツ...
2015082107.jpg

チームTTだけなら別ですが、
個人TTにはどうしてもトップ11Tが欲しいのですよ。
2015082108.jpg

直前に注油以外の、パーツ交換等のメンテはやりたくないんよね。
そういうのがトラブルの元になることが多いので。
でもまぁ仕方ない。

ボトルケージもひとつ外します。
2015082109.jpg

明日参加の皆さん、がんばりましょねー(^^)
参加確認証
シマノ鈴鹿ロードレースの参加確認証、
今年はチーム種目にもエントリーしてるので、
チーム代表宅経由でショップに届いてたのを受け取ってきました。
2015082001.jpg

個人種目は個人で先にエントリーしてて、
チーム種目はチームでエントリーしてもらってるんだけど、
いつもちゃんとひとまとめになってるんよね。
名前と生年月日とかでひも付けしてるのかな?
計測チップを付替えなくていいんで助かるんだけど。
2015082002.jpg

ちなみにシマノ鈴鹿ロードでは
年齢をその年の1月1日現在で表示するので、
いつも1歳若返れます(←それがどーしたレベル...)
8/16 滝畑ダム&スクアドラ
更新がタイムリーではなくなってますが(^^)
ボチボチいきます。

鈴鹿前、最後に揃って走れる日、ってことで、
また懲りもせず滝畑ダムへ。
2015081901.jpg
2015081902.jpg

焼肉場も今季最高の賑わいじゃないでしょうか。
朝の9時過ぎなのにクルマがどんどんやってきて、
上流の光滝寺キャンプ場は既に満車。
こちら滝畑湖畔はダム側の奥まで広い駐車場があるので
皆そこに吸い込まれて行きましたが、
施設まで遠くなるんでたいへんだろうなぁ。
2015081903.jpg

その後、レースのエントリー料を預かってもらうのと、
参加確認証を受け取りにスクアドラへ。
2015081904.jpg
2015081905.jpg

SSKさんのニューマシン(MTB)がありました。
イマドキのMTBはFサスついててもめっちゃ軽いんだねぇ。
自分のロードバイクより軽いんじゃないだろか...
2015081906.jpg

とどままの顔を見に(笑)2階に上がると、
ピナレロのバイクの展示がありました。
2015081907.jpg

ドグマのK8-Sがフレームセットで税抜き84万円也。
イタリアンバイクだからコンポはカンパつけたいよなぁ。
ホイールもカンパで。となると全部で150万円コースか...
2015081908.jpg

というわけで、短い夏休みが終わっちゃいました(^^)
デッキシューズ
オーダーしてたZhik(ザイク)のデッキシューズ
「ZKG's」が届きました.
2015081801.jpg
2015081802.jpg

パッと見た目はローカットのバッシュか
ローテクのスケートシューズって感じですが..  
2015081803.jpg

アッパーは、分かるでしょうか?
メッシュ状に水が抜けるようになってます。
2015081804.jpg

このソールはむちゃくちゃグリップ良さそうです。
自分はこのシューズはキールボートに乗るときに
使うつもりなので、グリップがいいならありがたいです。
2015081805.jpg

あとはまぁこんな感じ(^^)
2015081806.jpg
2015081807.jpg
2015081808.jpg

タンは別体ではなく一体になってるので、
足を入れた感じはディンギー用のネオプレンブーツそのもの。
ハイキングストラップに足を掛ける必要がないなら、
ディンギーでも使えますよ。
2015081809.jpg

水抜けの良さそうな作りなので、素足で履いて、
セイリングが終わったら水でジャバジャバ洗っちゃえば良さそう。
2015081810.jpg

ディンギー上がりだと、
どうしてもこういったZhikとかに目が行っちゃうね(^^)
8/15 ショートコースデビュー
表題の通りでございます。
おけいこを始めて2ヶ月半、
淀川ゴルフクラブにてショートコースデビューしました。

通称「河川敷」なので、淀川の河川敷にあります。
駐車場からスタート受付場所まではちょっと距離があるので、
カートで送迎してくれます。
2015081701.jpg

手引きカートがズラリ。
このカートに...
2015081702.jpg

こんな風にバッグを載っけて、自分で引いて回ります。
もちろん、フルサイズのバッグも載りますが、
自分はこの日はクラブ6~7本入る小振りなこれを用意。
2015081703.jpg

この日、ご一緒させていただいた面々。
SSKさんにもろぞうさんにこうろうさん。
もちろん、皆さんお上手な方々です。
2015081704.jpg

一番最初はこのくじ引きみたいなので順番を決めるそうです。
2015081705.jpg

この日のあくせる。
あまりバシっとした格好だとここでは浮くらしく(^^)
かといってあまりにだらしないのもアレなので、
adidasのポロにMAMMUTの山用ショートパンツに山用キャップ。
今年は全然山に登れてないけど、こういうときに役に立ちました。
2015081706.jpg

コースは意外と、というと失礼だけど、ちゃんとしてました(^^)
この写真はあまり良くないけど、これよりずっとキレイです。
2015081707.jpg

しかしパットはホント難しいね。
3パットはアタリマエ、みたいな感じでした自分は。
2015081708.jpg

ここの名物(^^) 29ヤード・パー2
2015081709.jpg

こんな感じです。近いから簡単、ってワケではなく難しい。
2015081710.jpg

いやー、それにしても暑かった。
9時過ぎにスタートして2ラウンドしたら14時過ぎてたもんね。
2015081711.jpg

毎回毎回打つ度にアドバイスくださったもろぞうさん、
なんとか回れたのはそのおかげです。ありがとございました(^^)
そして、褒めてノセてくれたこうろうさん、
またクラブくれたSSKさん、お世話になりました(^^)
最低限必要なもの
本コースデビューはまだまだ先のハナシなんですが、
ショートコースデビューが迫ってますので
最低限必要なものを揃えました。

ボール・マーカーとグリーンフォーク
2015081401.jpg
2015081402.jpg

ボール少々...いや、多々(笑)
2015081403.jpg

ボールは最初はロストボールでいいよ、ってのは
多くの人から聞いてたんだけど
BOOK-OFFで1スリーブ3個入り200円がゴロゴロあったので、
8スリーブ(24個:2ダース)1600円也(^^)

ボールも2ダースあれば足りるでしょ(笑)
おけいこは続くよ
パットって難しいよねぇ。
いや、今は何でも難しいんだけど(笑)
長い距離がドまぐれで入ったかと思えば、
僅かな距離が入らなかったりね。
(この写真に写ってるのはもろぞうさんです。)
2015081201.jpg

ドライバーもちょっとずつ振らせてもらってますが、
スイングチューターでの飛距離は200ヤードも行きません(><)
Mコーチによると、このドライバーはちゃんと使えば
(ちゃんと当たれば)飛ぶものらしいです(^^)
2015081202.jpg

んで、意外とシンドイんよね。
2時間近くやってるとヘトヘトに。
まぁスノーボードのレッスンも1コマ2時間でやってたもんなぁ。
集中力が続くのはそのあたりか。
2015081203.jpg
8/9 堺浜
いつものようにガタガタ橋に集合。
んで、いつものように南下する予定だったのですが、
「レースも近いんで堺浜行きませんか?」
との、こうろうさんの提案により急遽行先変更。

西に向かってると、もろぞうさんとスライド。
ちょうど信号のところだったので、皆で振り返ってると...
2015081101.jpg

もろぞうさん、戻ってきました(^^)
2015081102.jpg

改めて、堺浜に向けて走ります。
2015081103.jpg

Teamスクアドラの練習もこの日は堺浜だったので
続々と集まってきます。
もちろん他チームもね。
このコンビニの休日の売り上げはハンパないやろなぁ。
まぁドリンク類とアイス類がほとんどだろうけど(^^)
2015081104.jpg

自分たちのペースは精々、40km/h巡航、MAXで45km/h程度。
スクアのトレインは50km/h巡航で回ってます。
一瞬乗っかろうかと思ったけど、無理です。
そんなんで何周も回れません(><)
2015081105.jpg

やっぱ堺浜はこの時期暑過ぎ。
「気温35度を超えたら運動禁止ですよー」
って環境省が言ってるのに、
激しい運動してるのってどうよ、と思う今日この頃...
コロコロ
ゴルフ始めたら、いつか買うだろうなぁと思ってたものを入手しました。
2015080401.jpg

しかし凄いネーミングだな(笑)
2015080402.jpg

こんな感じで収まってました。意外とコンパクト(^^)
2015080403.jpg

広げると(伸ばすと)2メートルほどですが、
あれこれ置いてある作業部屋では、そのスペースの確保も難しい(>_<)
2015080404.jpg

この手の商品は最後が上り傾斜だから不自然、
なんてこともよく言われるみたいですが、
自分の場合はまず打ってナンボ、転がしてナンボ、
方向が定まるようになってナンボ、なので重宝してます。
2015080405.jpg

んでね、小さいほうの穴に入れるのがまた難しくて、
意地になります(笑)
おけいこのあとで
おけいこ、ちゃんとやってますよ。
あいかわらずレッスン中に撮る余裕ないですけどね。
2015080101.jpg

素晴らしいレッスンをしていただいてるのに、
上達具合がカメの歩みなのは申し訳ない限り...
2015080102.jpg

ま、それはそれとして、
レッスン終了後、Mコーチ&レッスン生有志で「飲み」
2015080103.jpg

とんでもない長さのウインナー。
ウインナーもさることながら、
この長さの器があるってのも凄いね。
2015080104.jpg

そのウインナーをハサミで切るMコーチ。
2015080105.jpg

しかし皆さんよく飲むよく食べる(笑)