日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
昼休みのお供
勤務先での昼休みのお楽しみ。
2015033101.jpg

ここんとこヘビーローテーションになってる
「BLUE3 - carving plug-in」
2015033102.jpg

これ見てると、まだまだ滑り足りない、もっと滑りたい
ってなるんよなー(^^)
スポンサーサイト



せんす
勤務先が暑くなってきたので(当社比自分比)
ウチワでもないかなーと自宅を探してたら
昔々、誰かからもらったセンスが出てきた。
2015033001.jpg

当時の自分はこうだったらしい。
(人それぞれ感覚は違います:笑)
2015033002.jpg

もう中年を名乗るのもおこがましい感があるけどさ(笑)
野麦での修行終了
結局、何度滑っても立て水の坂の恐怖感は拭えんかった(>_<)
2015032901.jpg

でも、本当に良い修行をさせてもらいました。
2015032902.jpg

野麦峠スキー場&ここに集う皆さん、ありがとうございました。
やっぱりスノーボード
できれば自分に対して言って欲しくない言葉に
「多趣味ですねー」ってのがある。

あ、そんなに強く拒否してないですよ。
気分害されたらごめんね(って、誰に謝ってんだ?)

自分にとって趣味と言えるのは、このブログの表題にもあるように、
「自転車」「スノーボード」「ヨット」の3つで、
近年は夏山にもちょこっと登ったりはするけど、
まだまだ人様に「趣味です」と言える領域までたどり着いてない。

実際んとこ、スノーボードを趣味にしてる人も、
雪が融けたら野球やったりサッカーやったりバイク乗ったり、
そういうことも結構あると思うんで、
自分が特別多いとも思わないんですよ。

もちろん、ひとつのことを年間通してずっと続ける素晴らしさもあるよね。
1年間ずっと自転車頑張ってる友達とかも居るしさ。

自分を振り返ってみて、好きなこと全てに均等に力入れてるかってーと
それは必ずしもそうではない、というか出来ない。
季節的にかぶらない場合でもね。

例えば、自転車レース本当に真剣に頑張ってたときは
(2007年あたり前後かな、そのときは今より10kg以上痩せてた^^;)
スノーボードは3月でキッカリ止めて(それでも時期的に遅いけどね)
毎月のようにレース出てたけど、そうするとヨットには乗れず...

ヨットのほう頑張ってたときは、真冬でもドライスーツ着て乗ってたけど、
そうするとスノーボードのほうに掛ける時間が薄くなる。

結局、季節的にかぶってないように見えてもビミョーにかぶってるんよね。
なので自ずと、何にいちばん力を注ぐかってことが決まってくる。
自分の場合はやっぱスノーボードなんよなぁ。
それこそ、1年間通してできるものなら、自転車売り払ってでも
ヨット売り払ってでも、年間ずっとスノーボードやっていたい。
(じゃあ夏に南半球行け、っていうのはナシの方向で...)

ということで(?)、自分のスノーボードシーズンはまだまだ続きます(^^)
2015032701.jpg
意地と名誉の戦い
ちょっとスノーボードネタから外れてますが、まだ滑りますよー(^^)

約8か月かけて世界一周する外洋ヨットレース。
Volvo Ocean Race 2014-2015
2015032601.jpg

優勝しても賞金の出ないこのレース。
命かけて出ようってんだから漢だねー。
(全員女性だけのチームもあるし)
2015032602.jpg

船団は今、ニュージーランドのオークランドを出てホーン岬に向かってます。
いちばんキビシイ南氷洋をセイリングするレグなんだけど、
動画見たらなおさら凄いですな。


やっぱモノハル艇のほうが好きだなー。
カタマランが速いのはわかるけどさ...
もうそんな季節
ここ大阪だけじゃなく、全国的に寒の戻りのようで、
今日もまだ肌寒かったですね。

自宅下にはちょっとした桜並木があるんですが...
2015032501.jpg

その一番奥の日当たりのいいところから、まずは花を咲かせました。
2015032502.jpg

これからそれが段々と、並木の手前に伸びてくるんです。
桜は好きなんだけど、
いちばん好きな季節が終わろうとしてるのは、ちょっと寂しい...
ソースカツ丼と温泉
駒ヶ根とか伊那では、ローメン(ラーメンじゃないよ)とか
ソースカツ丼食べたくなるんよね。

というわけで、ソースカツ丼でございます。
2015032401.jpg

駒ヶ根のソースカツ丼は、福井のソースカツ丼と違って
カツの下にキャベツが敷いてあるのがポイント。
あるほうがいいか、ないほうがいいかは好みだけど、
自分はどっちでもいいです(笑)

何年前だったか、友達に教えてもらって一緒に、
駒ヶ根でむっちゃおいしいソースカツ丼食べたときは、
切ってないカツが数枚、器からハミ出て乗っかってたんだけど、
今回のはお上品に器に収まってます。しかも切ってあるし。

ちょっと物足りない。やっぱハミ出しのほうがいいな(笑)

駒ヶ根の温泉は「こまくさの湯」のほうが有名だけど、
スキー場のリフトでも温泉でも混んでるのがキライなので、
「露天こぶしの湯」へ。
2015032402.jpg

自分はどこの温泉でも閉館1時間前くらいに行くので
たいていどこでも混まないんだけどさ。
ただ、露天風呂から南アルプスが一望できるはずなんだけど、
この時間に行くと真っ暗で何も見えません(笑)
ゲート+地味練
またロコの皆さんのご厚意でゲートに入れていただきました。
ありがとうございます(^^)
2015032301.jpg

今回もデュアルですが、前回より振りもあって難しいそうです。
が、あくせるの場合はストレートセットでも十分に難しいです。
2015032302.jpg

浅田順さんと松井良容さんの対戦が見れるとは思わなかったです。
凄い人たちが来られるんですよね。
元プロレーサーのおふたり(松井さんは元デモでもあるし)
の滑りはやっぱ凄いです。
いいもの見せてもらいました。
2015032303.jpg

ゲートは自分のようなフリーランがメインの者でもホントに楽しいし、
旗門で規制された中を滑るだけですごくいい練習になるんで、
ずっとやってたいんですが、自分には他にも課題が一杯あるので...
2015032304.jpg

Jimmyな(地味な)練習ももちろん大切なのです。
いえ、地味練も実は好きなんですよ。
今の自分の課題は、ヒールサイドのターンインで肩が開くことと、
板の上でのムーブメントが不足していること。
これらを矯正するため、1ターンずつ確認しながら滑ってました。
2015032305.jpg

で、掴めましたよ(たぶんね)
自分は前足もまだまだ有効に使えてなかったのですが、
なぜそうだったのか、どうすれば有効に使えるかもわかりました。
あとは身体に覚え込ませるよう、繰り返し練習するのみ。
(油断するとすぐに元に戻っちゃうんで...)
お世話になりました
爺ガ岳スキー場の今季クローズは3/22(日)なのですが、
自分のほうは3/14(土)を以って、
爺ガ岳スキー場での滑走を終了しました。
2015031901.jpg

爺ガ岳スキー場に集う皆さんには、
いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。
きちんとご挨拶できなかった方々、すみません。
2015031902.jpg

またいつかどこかでお会いしましょう(^^)
ゲート
Kenさんから頂いたKATANA174を、中/急斜面で試してみました。
同じKATANAの160と比較して、ではありますが、
やはり高速域での安定感・安心感は抜群です。
やっぱ中/急斜面に自分の体格・体重となると
必然的に滑走スピードは上がるワケで、
そこで躊躇なく谷に飛び込める安心感が
あるとないとではえらい違いなのです。
長さ14cmの差ってホント大きいんだね。
やはり、1枚で全てまかなうんじゃなく適材(適長?)適所か。
ここでの上部コースでは今まで消極的な滑りだったんだけど、
初めて「ここ何度でも回したい」と思ったのでありました。
2015031701.jpg

さてこの日、ロコの皆さんのご厚意で
ゲートに入らせてもらいました。
2015031702.jpg

しかもデュアルでございます。
2015031703.jpg

しかもしかも、Hらのさんと対戦(←この言葉を使うことすら恐れ多い)
させていただいたんですよ。
結果は、まぁ想像つくかと思いますが、
フィニッシュ時には5旗門くらい差がついてましたが(>_<)
2015031704.jpg
Hらのさんにはフリーランでも貴重なアドバイスを頂いたのでありました。
Hらのさんホントにありがとうございました(^^)

5本位滑らせてもらって、DQは無かったものの、
ホントはDQする位攻めなきゃだめなんよなぁ練習なんだしさ。
(というか、ゲートで攻めれる技量が無い...)
2015031705.jpg

ゲートの経験はほとんどないんだけど、
旗で規制された中で、自分の思い通りでないタイミングで
踏まなきゃいけないってことはスキルアップに繋がるわけで...
...とかそういうの抜きにしてさ、
自分みたいに遅くてもヘタでも楽しいわけですよホント(^^)
皆さんありがとうございました。
さらに、ありがとうございます
KさんファミリーのYちゃんから
お誕生日プレゼントをいただきました。


と、とり~!


ホントにお金が溜まりますように(笑)

お客さま(と言うか、仲間でもありますが)
が覚えててくれたっていうことが
嬉しいんですよ(^^)

ありがとうございました。
ありがとうございます
今日は朝から多くの皆さんより
Facebookやメールにて
誕生日のお祝いメッセージをいただいております。
本当にありがとうございます。

春先のこの時期はいろいろ思うこともあるし、
とりあえず節目だし、ってことで自分の中で何か決め事をするんですが、
今年はあんまり気の利いたものが思いつかないんですよね。

とりあえず今日からは、午後のセブンイレブン製コーヒーは控えて
マイナス数kcal稼いで、腹回りの浮き輪をなんとかしようと思います(^^)
滑らなかった週末
予告通り、土曜日は東京に出張して...
2015030801.jpg

深川めし食べてきました...じゃなくて、終日会議でした。
2015030802.jpg

おそおそに帰阪。
2015030803.jpg

滑れない代わりに、セッティングをちょいといじってみました。
やっぱね、通常のスタンス500mmを490mmにしただけで
かなり違和感あるんですよね。
2015030804.jpg

前に、インサートホールとセンターディスクの関係上、
500mmのスタンスは取れないって書いたんだけど、
インサートホールは2×4だし、
センターディスクは5mm刻み3ポジションなので
500mmのスタンス取れました。
インサートホールの前端-後端なので、フレックスがどうなるかは
乗ってみないとわかんないけどね。
2015030805.jpg

早く次の週末来い(^^)
富士山に見放された男
今週の土曜日は会議のため、東京の本社に出張なのでございます。
ま、もともと出勤土曜日だったのでそれは仕方ないんだけど、
日帰り出張とはいえ、大阪に夜遅くに戻ってから
翌日の日曜日に滑りに行くのは事実上アキラメなわけで、
久々の滑らない週、ということになるんですな。

となるとね、何か代わりの楽しみ見つけなきゃね。
基本、どんなに遠くともクルマ移動な自分にとって、
数えるほどしか乗ったことない新幹線→東京行き
→見えるもの→富士山! そう、富士山ですよ。

昨年初秋、今の会社に転職するにあたっての役員面接で
東京に向かったときは雨天で富士山が見えず、
今回こそリベンジ、ってことで、天王寺駅の緑の窓口へ。

往復で購入する予定の便名(号名)を告げると
駅員さん「お席はどうなさいますか?」
あくせる「ふ、富士山が見えるほうの窓側でっ!」
駅「あいにく2列席の窓側は全部埋まっておりまして...」
あ「そ、そうなんですかぁ...じゃ、どこでもいいです...」
駅「帰りのほうは2列席の窓側をご用意できますよ」
あ「え!☆、じゃ、それお願いします!」

往きは仕方ないや、朝早いから眠くて寝ちゃうかもだし。
帰りには目をパッチリ開けて、富士山見るもんね♪

と喜んでたんだけど、よくよく考えると帰りの時間は夜

暗くて富士山なんか見えるかいっ!
(ライトアップでもしてれば別だけどさ...してないしてない)

2015030501.jpg
頂きました
FBには速報で書いてたけど、ブログはまだでしたね。
ブログ仲間&スノーボード仲間であるKenさんから、
なんとなんと、'07-08 KATANA174を頂いたのでございますよ。
2015030301.jpg
2015030302.jpg
2015030303.jpg

ワックスまでちゃんと入った状態で、さらに、
週末に間に合うように発送してくださったのでした。
Kenさんとは何度もお会いしてるし何度も一緒に滑ってるし、
その良い人度合いは常々認識してるんだけど、
ここまで来るともう神の領域ですな(^^)
2015030304.jpg
2015030305.jpg

ステッカーにて爺仕様に。
大人なので(ん?)シンプルに1枚貼り。

バインディングを160から外して移設します。
160では推奨スタンス幅480mmに対して500mmで乗ってるのですが、
174の推奨スタンス幅は470mm。
インサートホールとバインディングのセンターディスクの都合上
500mmは取れなくて490mmか510mmのどちらかにしかできない。
(セットバックorセットフォワードすれば別だけどさ)
とりあえず490mmでいってみます。
2015030306.jpg

土曜日の爺ガ岳勤務でのバーンチェック時と、
その日の五竜ナイターでの研修おさらい時に早速乗りました。
2015030307.jpg
2015030308.jpg

土曜日の爺ガ岳は、前日の降雪の影響もあって柔らかめのバーン。
乗ってすぐ、ポジションチェック時の印象なんだけど、
174という長さは、これまでの160より14cm長いにも関わらず、
良い意味で長さを感じさせません。

で、グッと乗り込んでみると、なぜか少しテールが出る(流れる)
あれ~?なんでだろ? 板が悪いわけないから
乗り方が100%悪いのは間違いなんだけど、何が悪いかわからない。
2本目でわかったのが、
「板の長さとサイドカーブを無視してターン弧を作ろうとしてる」
ってこと。160の乗りかたで無理矢理174に乗ってるんだね。
長さの差は14cm、サイドカーブの差は9500mmに対して12000mm。
なのに同じ軸の入れ方で同じ弧をつくろうとしたら、
お尻が出るのはアタリマエな理屈。
そういえばカナブンさんが持ってこられたのを乗せてもらったときにも
最初同じことになったんだった。
なのでここをちゃんと意識して滑ったらテールは出なくなりました。

その夜、研修のおさらい目的で五竜ナイター。
昼の爺での柔らかい雪だけじゃなく、
硬い雪でもこの板を試したかった、ってこともあったんだけど、
まぁ目論見通りの厳しいバーン状態でした。
2015030309.jpg

こういう状況で雑に乗ちゃうと、エッジが抜けてアイタタタになるんで、
丁寧に操作しながら、身体(上体)が山側に逃げないように、
外へ外へと力を掛けながら乗り込んでいくと良い感触。
荒れて固まったところも、メタルほどではないものの、
長さが奏功してるのかある程度潰して乗り越えて行けます。
但しその場合、足には結構来ます。それはグラスだもんね。

このくらいの長さの板、もっと早く乗っておくんだったなぁと思いました。
そういう意味でもKenさんには感謝感謝です。
ありがとうございました。
まだ決して上手くは乗れてないので、もっといろいろ試してみます。
まずはスタンス490mm→510mmあたりからかな(^^)
2/28爺ガ岳
もう2月も最終日ですよ~早いね。
この日の爺ガ岳は最高のお天気。


全日本テク選に参加するスタッフや常連さんが
北海道に行ってるのですが、
いつものKさんファミリー、y谷さんファミリーと
そのお友だちのYさんご夫妻にMさん達、
hさんもお越し頂いて
(しかしイニシャルばかりだな^^;)
いつもの賑わいでした。

朝のバーンチェックはKenさんから頂いたKATANA174で。
前日に少し降雪があったので少し柔らかめの、
レッスンにはもってこいのコンディション。


この日は9歳の男の子のレッスンを担当させていただきました。
なんせ天気が良かったんで終わったら二人とも汗だく。
でもご本人も、見ていたご家族も喜んでいてくれて何よりでした。

さて、この日の夕刻に とってもいい研修をしてもらえたので、
どうしてもおさらいしてみたくなって、
五竜のナイターへ。



えらい空いてるなぁと思ったら、
「絶対転びたくない」硬さのコンディションでした(>_<)
まあその分、ちゃんと乗ってないとえらいことになる状況だったので
いいおさらいになりました(^^)