日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
雑多にいろいろと
■トリ熱冷めず
ハマってしまってさぁ大変、のキイロイトリ熱ですが、
先日の「クルマ内にぶら下げ」に続いて、
職場のパソコンのモニターの上に、
マグネットが仕込まれた小さいのをくっつける、
ということにまで至ってしまいました。
2012042701.jpg

まぁこれで癒されて、仕事が捗るならヨシってことで(^^)


■たまに届く会報
とあるヨット(ディンギー)の協会から、たまーに届く会報
2012042702.jpg

なんでたまに届くかってーと、
自分はもうこの協会をとっくに退会してるから(^^)
「またどうですかぁ?」なんて感じで、忘れた頃に届くんよね。

ヨットのほう、思えば去年はレースはおろか、一度も海に出てない(><)
今年はまたちょっと頑張ってみるかねー。
春~秋はいつも真っ黒になってたのに、去年は真っ白だったし(^^)
2012042703.jpg

かつての仲間で、今も海に出てる人どれくらい居る?
また時間作って行くから よろしこ~(^^)
2012042704.jpg

でもまだ滑るほう終わってないけどね(^^)
スポンサーサイト



「ジャイブ&カーヴ」更新しました
本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

4月21日(土):白馬八方尾根スキー場のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします













ナニワ・サリバン・ショー
キヨシロー(忌野清志郎)の「ナニワ・サリバン・ショー」の
ブルーレイとDVDが今日発売されます。
2012042501.jpg

「ナニワ・サリバン・ショー」のネーミング、
ビートルズ世代のかたなら「エド・サリバン・ショー」の
エド→江戸→ナニワに変えたってのは容易に想像がつくと思います。

ま、アレコレ書くより、この予告編見たほうがわかりやすいか。


これ、劇場で観たら、
その迫力はライブそのものって感じになると思うんだけど
もう劇場公開が終わってるのが残念なところ。


RCサクセションも含めて、
キヨシローをリアルタイムで聴いてきた自分達は
彼があまりにも早くいなくなってしまったことを
なかなか素直に受け入れられなかったよね。

でも、こういった作品が残ることによって
彼を知らなかった世代の人たちにも
その人柄とか人となりが伝わるとしたら嬉しいね。

その奇抜なファッションやメイクとは裏腹に
とっても心優しい人だったし、
それだけに、多くのミュージシャンからも愛されてたからねぇ。

というわけで、キヨシローといえばやっぱこれでしょ。

雨上がりの夜空に

作詞:忌野清志郎·仲井戸麗市/作曲:忌野清志郎·仲井戸麗市

この雨にやられてエンジンいかれちまった
俺らのポンコツとうとうつぶれちまった
どうしたんだ Hey Hey Baby
バッテリーはビンビンだぜ
いつものようにキメて フッ飛ばそうぜ

そりゃあ ひどい乗り方した事もあった
だけどそんな時にもおまえはシッカリ
どうしたんだ Hey Hey Baby
機嫌直してくれよ
いつものようにキメて フッ飛ばそうぜ

Ohどうぞ勝手に降ってくれ ポシャる迄
Woo…いつまで続くのか見せてもらうさ
こんな夜に おまえに乗れないなんて
こんな夜に 発車できないなんて

こんな事いつまでも長くは続かない
いい加減明日の事考えた方がいい
どうしたんだ Hey Hey Baby
おまえまでそんな事言うの
いつものようにキメて ブッ飛ばそうぜ

Oh 雨あがりの夜空に輝く
Woo…雲の切れ間にちりばめたダイヤモンド
こんな夜に おまえに乗れないなんて
こんな夜に 発車できないなんて

おまえについているラジオ感度最高!
すぐにイイ音させてどこまでも飛んでく
どうしたんだ Hey Hey Baby
バッテリーはビンビンだぜ
いつものようにキメて フッ飛ばそうぜ

Oh 雨あがりの夜空に輝く
Woo…ジンライムのようなお月様
こんな夜に おまえに乗れないなんて
こんな夜に 発車できないなんて
こんな夜に おまえに乗れないなんて
こんな夜に 発車できないなんて
ピカチュウじゃないとき
あいかわらず「自分大好き」なもんで(^^)
(でも血液型はO型です)

ピカチュウじゃないときの写真、
前々週のHakuba47でのスラロームの様子です。

20120415001H.jpg

20120415002H.jpg

20120415006H.jpg

20120415052H.jpg

20120415061H.jpg

20120415062H.jpg

20120415091H.jpg


■■■■■ おまけ ■■■■■
昨日の記事を、ギリシャのCarvingmagが
facebook上でシェアして紹介してくれてた(^^)
2012042400.jpg

ピカチュウは海外でも人気あるんやろか?
しかし、
pica pica picatsu.... with katana moss
って、ピカチュウじゃなくてピカツーになってるやん(^^)
アサマのピカチュウ
一昨日土曜日八方でのピカチュウではございません(^^)
4月1日アサマ2000パーク最終日でのピカチュウでございます。

親爺さんがデジタル一眼レフで撮ってくださったものを
先日お会いしたときにデータファイルとしてくださいました。
5点セレクトして載っけます。
親爺さん、ありがとうございました。

2012042301.jpg
2012042302.jpg
2012042303.jpg
2012042304.jpg
2012042305.jpg

ハードブーツのピカチュウはあまり生息していないと思われます(^^)
観光ちう(^^)
あくせるにだって、滑らない休日はあるんです(^^)

桜が見頃の松本城



これから上高地(の下)を経由して、
飛騨に抜ける予定。

梓湖


奈川度ダム


ここに来たのはほぼ一年振りかな。

しかしこの高さ怖過ぎ(^^)


平湯温泉スキー場と、あんき屋さん

ここも好きなスキー場なんだけど、
今シーズンは滑ることがなかったなぁ。

飛騨の「大安」に寄り道して、けいちゃん定食(^^)
今までになかった豆腐がついてた。

これで750円は安いよ。

明宝ハムGET(^^)



あとは月曜日の朝までに帰ればヨシ(^^)
4/21 八方尾根スキー場
もう白いものも減り始め、嫌でも春を
感じずにはいられない下界から
ゴンドラに乗り込み、上った先は…


はっぽー(^ ^)


集まったのは…


「Kishyと着ぐるみで滑ろう会(仮称)」
だったのでした。

本気モードのスキーヤーが多い八方、
この時期になるとなおさらなのですが、
そんなところに着ぐるみで出て行くと、
心地よいアウェイ感を感じることができました(^^)

とはいえ、着ぐるみ着てると必ず言われる
「一緒に写真撮ってくださ~い」はここでも同様だったのでした(^^)

Kishyさんには、現時点で滑れるコースを
全て案内していただいたり、


八方といえばコブ、ということで、
コブの滑りかたをレクチャーいただいたりと、

あ、おもしろかったのが、その様子を見てたスキーヤーのかたが、
Kishyさんのキティちゃん着ぐるみをさして、
「先生はわかりやすいように違う色を着てるんだねえ」


そんなこんなで一日楽しませていただきました。
Kishyさん、ありがとうございました。


山を降りたらモモちゃんクレープ(^^)


温泉に浸かったあと、夕食は大町の某所にて。
爺の皆さんにはお馴染みの場所ですが、
自分は初めてです。


オススメの鳥南蛮をいただきましたが、
美味しいことはもちろん、
その量がまたハンパないです。


こうして楽しい一日は、
あっという間に終了したのでありました。

Kishyさん、一日いろいろと楽しませてくださって
ありがとうございました。
幹事の執爺さん、素敵な企画をありがとう。
親爺さん、重いカメラを持ってきてもらってお疲れさまでした。
そして王爺さん、マツコSTDさん、シバターさん、
また楽しみましょうね。

皆さんお疲れさま&ありがとうございました。
ウクレレほんわか
ウクレレの音色って好きなんですよ。
夏に聴くとさわやかだし、
冬に聴くとほっこりするしね。
あのナイロン弦の音色が、耳に心地良いんだと思います。

いちおう自分はギター弾きなんで、
ギターのほうは今でも上手いって自信あるけど(^^)
ウクレレはなかなかそうはいかないんよね。
雪も融けてきたし、そろそろちゃんと練習してみようか、
なんて思ったりしてます。


Sakuraさんって女性歌手、ご存知ですか?
この人の歌は好きで、ドライブ中にもよく聴くんですけど、
去年の夏ごろだったかな、ウクレレバージョンにアレンジしての、
彼女自身のセルフカバーアルバムが出たんですよ。

SAKURA Ukulele Love
http://www.amazon.co.jp/Ukulele-Love-SAKURA/dp/B0058CORWM
2012042001.jpg


自分の好きな「君のために」って曲も
ウクレレバージョンで収録されてました。
これ、名曲ですよ。女性が男の立場になって歌う「男歌」ですけどね。
歌詞は切ない男の気持ちを歌ったものになってます。

悲しい歌詞の内容も、ウクレレの柔らかい音色に載ると
悲しく聴こえないのが不思議なんよね。

Sakura - 君のために


Sakura - 君のために
作詞/作曲:SAKURA

もう少しだけ このまま
僕の腕のなか 眠っていて

カーテンの隙間から差し込む光が
君を 連れ去る前に

君の口唇が ため息にかわいて
その瞳に 僕が映らなくなって
君のために僕は 少し涙こぼし
せつなさを 憶えた

やがて夜明けが おとずれ
眩しさに君は 目を覚ます

悪い夢から覚めて 抱きしめ合えないのか
何もなかったように

君の口唇が ため息にかわいて
僕の言葉 その心触れられなくなって
君は僕のために この胸顔をうずめ
少しだけ ためらった

平行線のまま 何度も日が暮れて
君が選んだ道を 受け止められず
時の終わりがくるよ

僕はほんとうは ずっと淋しかった
この瞬間に君もそうだったと判るのさ
鳥かごの中の二人 空へ解き放して
振り向かずに 飛び立とう
健康診断終了
年に一度のイヤ事のひとつ、健康診断。

何がイヤって、前日の午後9時から絶食しなきゃいけないのがイヤ。
バリウム飲んで、くるくる回る(回される)のがイヤ。

ま、それも無事終わって下剤飲んで、バリウム出てくるのを待つばかり。
2012041901.jpg

で、全て終わったら食べる(^^)
なんせ朝食抜くと調子出ないんで。
2012041902.jpg

でも、バリウム出す下剤で、これも↑すぐに出ちゃうのかな(^^)
いろいろと & 「ジャイブ&カーヴ」更新しました
前にこのブログにて「キイロイトリ」のことを話題にしましたが、
小さいのを買ってクルマにぶら下げるまでに至りました(^^)
2012041801.jpg
こうなるともう重症やな...

先日のスラローム、金井さんが「ひとりひとりの滑りを撮ってます」
ということで、自分のを申告して送ってもらったら・・・
2012041802.jpg
タイムや順位はともかく (いえ、それがいちばん大事です(^^;)
なんかそれっぽいぢゃん(笑)ちょっとポジション高いけど(爆)

金井さん、ありがとうございまいした。


さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

4月14日(土)~15日(日):Hakuba47のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

キャラメル
スノーボードネタはちょいと置いといて(^^)

地震その他の災害時に、勤務先で缶詰になった場合に備えて
こんなキャラメルを手元に置いてあるんですが、
2012041701.jpg

一粒が19kcal程度であるのをいいことに(^^)
2012041702.jpg

残業時の補給食として、ついつい食べちゃってます(爆)
2012041703.jpg

定時で帰れる日なんて月に1回あるかないか
(そんときにランスになりに髪の毛切りにいくんだけど(^^;)
なので、ほぼ毎日、1日3粒だけに抑えたとしても、
1ヶ月経つと...んー、やっぱ控えなきゃ太るな(^^)
2012041704.jpg

などといいながら、アーモンド入りにまで
手を出してしまうというアリサマ(^^)
2012041705.jpg

でも、おいしいんだよなー、やめられんです。
これじゃ備蓄になんないな(^^)
4/15 Hakuba47
前日の雨から打って変わって今日はピーカン(^^)


はい、Kさんとともに、スラローム本番に臨むのであります。


もちろん、大会といえば
ごんたさんファミリーが出ないはずがありません(^^)

今回はゆいちゃんのみ参戦です。

参加者全員が集まっての開会式。
そして競技説明が行われます。


1本目開始前のインスペクション。
とりあえず、わかったような顔して(^^)見ていきます。


1本目のセットはこんなのです。
滑ってるのはゆいちゃん。


1本目滑り終えたフィニッシュエリアのところで、
「あくせるさ~ん」と声を掛けてくれたのが
ブンシュウさん。
えっ?ブンシュウさんも出てたの?
とビックリ(^^)

その後も、1本目と2本目の間のスタートエリアで、
執爺さんに声掛けてもらったりして…
王爺さんも一緒にヨンナナに滑りに来てたそうです。
いやあ、いろんな人に会う日だ(^^)

そして2本目。
ゆいちゃんに
・高い位置から切り替えること。
・余裕があれば、ポールの横を通った時に
後ろ足を踏み込むこと。
等々のアドバイスをもらいました。
ゆいちゃんありがとね(^^)

そして2本目も無事に終了。
表彰式ですが…

ブンシュウさんがビギナー男子の部で3位に入られました。
さっすが(^^)



そしてゆいちゃん、一般女子の部で2位!
さっすがさっすが(^^)



あくせるはビギナー男子の部で14位でございました。
あ、聞いてませんかそうですか(^^)

あとは抽選会に期待するしかないっ!
前回のテク選ではエコバッグが当たったんですが、
まさかまたエコバッグじゃないよねー、
なんて話してたら…





…エコバッグでした(爆)

ありがとうございます。大切に使います(^^)

というわけで全て無事終了。
またしても自分のヘタさを認識させられたんですが、
いやー、大会って面白いです。
また練習して頑張ろうって思えるしね。

今日お会いした皆さん、ありがとうございました。
またよろしくね(^^)
4/14 Hakuba47
雨のヨンナナでございます。
この天候では正に修行モードでございます(><)


今季も先季も、そしてその前も、
ヨンナナ来ると雨でびしょびしょになるか、
強風でゴンドラもリフトも止まるか、
って、そんなんばっか...
風はともかく、雨で濡れると一気に寒くなるしね。
不快を通り越して身体によろしくないわけです。

しかーし、今日は違うのだ。
あくせるも学習くらいします(^^)
今日はホレ、これ持ってきたもんね。


以前に買い置きしていた安価な雨ガッパ。
これ着とけばウェアに水が染み込んで来ないはず。

その目論見は半分成功でした。
ボトム(パンツ)は快適そのもの。

ところが上ね。この手の安価なのは
前を簡易なホックで留めるんだけど、
一滑りしたら前に当たる風でホックが外れて
前が全開になっちゃう(><)

上はポンチョみたいに
ガバッとかぶるタイプがよろしいようです。
次回の課題ですな。


今日はスラロームキャンプだったんですが、
爺ガ岳によく来られてたKさんも参加されててビックリ。


お昼ご飯のときにご一緒させてもらったり、
キャンプ中も一緒のリフトでお話させてもらってたりしたのでした。
Kさん、ありがとうございました。


さて、初めてのスラロームですが実に難しいです。
フリーランがいかにのびのび滑れるものかを実感しました。
規制されるって、こんなに思うように滑れなくなるんねー。


トレーニング終了後にビデオミーティングがあったんですが、
自分のを見るともう目を覆いたくなるような滑りです。
棒立ち、内倒、ズレズレの山踏み...


でも上手い人はホント上手いし、
Kさんもスムーズに滑られるし、
やっぱこれは自分の実力不足だな。

頑張んなきゃね(^^)
けいちゃん
勤務先の社員食堂は、
日替わりで2種類のメニューが用意されるんだけど、
なんと「けいちゃん」が出てきて、驚いたのなんのって...
2012041301.jpg

でも結局それは食べずに、別のメニューにしたんだけどね(^^)
なんでかってーと、絶対味が違うから。

やっぱけいちゃんは、
今は無き一色国際スキー場の食堂のが一番なんよね。
もう一生食べることは出来ないんだけど...
2012041303.jpg

今でも食べられるところのなら、飛騨は大安食堂のけいちゃん定食。
ここのもすっごくおいしい。
2012041302.jpg

こういうこと書いてると猛烈に食べたくなってきた。
んー、やっぱ社食のでも食べとくべきだったか(^^)
湯の丸ひっぱる
まだ引っ張ってます(^^)
どら七さんから送っていただいた動画より、抜き出した静止画。

なんせ「自分大好き」なんでね(^^)

2012041201.jpg
2012041202.jpg
2012041203.jpg
2012041204.jpg
2012041205.jpg
2012041206.jpg

どら七さん、ありがとう(^^)
2012041207.jpg
GoProすごい!
先日の土日の湯の丸では、
どら七さんに「GoPro」ってカメラで撮ってもらったんだけど
2012041101.jpg

これがもう最高でね。是非見てもらいたいです。
いつもみたいにブログの画面で小さいサイズで再生するより、
大きな画面で見て欲しいので、
再生ページが開いたら、以下のようにして見てもらえると嬉しいです(^^)
2012041102.jpg


まずは追い撮りしてもらったところです。
http://eyevio.jp/movie/524397



で、カメラマウントにカメラを逆向きに取り付けると、
後の画像も撮れるんですねー。これもおもしろいです。
http://eyevio.jp/movie/524398



これはどら七さんとこにも掲載してもらってるもので、
より接近してるときのもの。
http://eyevio.jp/movie/524399




eyevioに動画をアップしたときに、
かなり間引かれたので画質が落ちてますが、
オリジナルの画像はすっごく鮮明なんです。
どら七さん曰く、テレビにそのまま繋いで観ると凄い迫力だそうです。


小型軽量のカメラとはいえ、ずっとアタマの上につけて滑っていただいた
どら七さんにはホントご負担掛けてしまいました。ありがとうございました。

どら七さんのブログも是非ご覧ください。
IMPRESSION
http://ac105x.blog107.fc2.com/
どら七さん頂き物 & 「ジャイブ&カーヴ」更新しました
先日、どら七さんとお会いしたときに、数々のお土産をいただきました。
ありがとうございます。
2012041001.jpg

プレートです。縦長ならアルパインボードに、
横長ならフリースタイルボードに使えるスグレモノであります。
2012041002.jpg

大阪では手に入らないレアなステッカー。
うさぎがコワかわいい(^^)
2012041003.jpg

そしてDRAGSステッカー。
これ、自分の板に貼っていいんですか?
もらったから貼っていいんですよね?(^^)
2012041004.jpg


さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

4月7日(土)~8日(日):湯の丸スキー場のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします


湯の丸動画(どら七さん)
DRAGS-007さんが滑られてる動画をちょこっと載っけます。
DRAGS-007さんからは検閲なしの掲載許可を頂いてるんで(^^)

2012040901.jpg

朝の第6ゲレンデ。
硬めのバーンの全面にスネくらいのパウダーのウワモノが載ってる状態。
ある意味難しいです。
しかし朝からDRAGS-007さんカラダがよく動くし
軸はガンガン入るし、さすがですね。カッコイイです。
手持ちで追い撮りしてるんでブレや追いきれてないところはご容赦を(^^)



2012040902.jpg

同じく第6ゲレンデ。
今度は撮影位置固定でトウサイド側から狙いました。
キレてます。深いです。カッコイイです(^^)


やっぱ乗れてる人はカッコイイね(^^)
4/8湯の丸スキー場
本日も湯の丸でございます。
今日は朝から晴天。
昨日は時折強い風が吹いてましたが、
今日はそれもなく快適なこと快適なこと。


そして今日もDRAGS-007さんと一緒でした。


昨日よりは少し気温が上がったもののバーンはそれほど緩まず、
昨日に負けないくらい良いゲレンデコンディションでした。


昨日今日と2日間
DRAGS-007さんとご一緒させていただいたんですが、
ホント楽しい時間を過ごすことができました。
昨日が初顔合わせだったとは思えないくらい。
滑ってて、息が合うっていうのかな。
上手くてカッコイイDRAGS-007さんの滑りを見てると、
よーし自分も…って気になるもんね。
いい刺激をいっぱいもらいました。
DRAGS-007さん、またよろしくお願いします。
ありがとうございました(^ ^)
4/7湯の丸スキー場
今日湯の丸に行ったのは…

DRAGS-007さんとお会いするためだったのでした(^^)


ブログではずっと交流させていただいてたものの、
居住地やホームゲレンデが離れていたため、
なかなかお会いする機会がなく、
ここにこうしてそれが実現したのでした。


DRAGS-007さん、想像通りムチャクチャ上手くて
ムチャクチャカッコよく、
自分も大いに刺激をもらいました。
とりあえず今日の動画をカメラのディスプレイで再生して一枚。
帰ってからちゃんと抜き出します(^^)


この日は、(写真撮れなかったんだけど)
マツコ・スタンダードさんに会うわ、
H井さんに会うわでビックリ。
示し合わせてたわけでもないのにねぇ…

さらにはアサマのインストラクターで、
自分もお世話になったT内さんも、
お子さんと一緒に登場。


またお子さんがスノーボード上手いこと上手いこと(^ ^)


今日の湯の丸は、朝の内小雪が舞ってましたが、
やがて晴れの天気となり、
でも気温はそれほど上がらず、
バーン状態は最高のままキープ。


DRAGS-007さんと、朝7時30分のリフト運行開始から、
17時のリフト運行終了まで
休憩2回しただけでずーっと滑ってました。

いやあ、DRAGS-007さんと滑ると実に楽しい(^ ^)
本日はありがとうございました。
雑多にいろいろと
■新入社員教育研修
昨日は新入社員への教育研修なんぞやっておりました。
2012040601.jpg

自分の担当は職種柄コンピュータのことについてなんだけど、
なんだかんだと春の教育研修は約15年間やってて、
でも15年前と今じゃあ状況は全く違ってます。
今はもうひとりに1台のコンピュータはアタリマエ、
インターネットもアタリマエの時代だからね。

なので、今は社内のコンピュータ運用ルールをザックリ話して、
あとは親睦を深める(?)意味で懇談タイム(^^)
今年は新卒男子2名女子2名、キャリア男子1名が入社したんだけど、
新卒はもう自分の半分以下の年齢だから、
初々しいというか可愛らしいね(^^)
趣味やらスポーツやら音楽の話をみんなでしてると、
斉藤和義氏のこともわかってくれてたりして(^^)
意外とジェネレーションギャップが無いもんだ。
みんな、がんばってね。


■スポーツから受ける感動1
なでしこジャパンの試合観てました。
2012040602.jpg

親善試合であっても、ブラジルがベストメンバーでなくても、
ベストを尽くす姿にはやはり感動を覚えてしまいます。

日本女子観ててこのごろ特に感じるのが「フィジカルの強さ」
2対1になっても、捉まれようが何されようが
ボールキープできる強さ。ホント素晴らしい。
体格では海外選手に劣るのにね。

あと、とにかくクリーンな試合をするってことね。
サッカー素人の自分が語るのもなんなんですが、
シミュレーションする選手って大っ嫌いなんですよね。
それがどんなに名が通った選手でもね。
そんなヤツ見ると「サッカーやめて役者やれば?」
って思うわけですよ。
日本人は女子だけじゃなく男子もシミュレーションやらないですよね。

とにかく「逃げない」「欺かない」ことに感動を覚えるわけです。


■スポーツから受ける感動2
昨日の阪神VSヤクルト、なでしこジャパン観てたんで(^^)
あとから結果知ったんだけど、安藤投手勝ったんだねぇ。
(これは古い写真(^^;)
2012040603.jpg

どうやらブラゼルが援護してくれたみたいだけど、
球児9回に打たれたの?だいじょうぶかいな...

安藤投手と言やぁ、もうプライドかなぐり捨てて、
去年の秋季キャンプに若手と混じって参加したりしてね。
自分は「ええかっこしぃ」なヤツが嫌いなので
カッコ悪いことを厭わないカッコ良さをこの選手には感じます。

まだこの先、全てが上手くいくとは限らないけど、
がんばって欲しいね。
キイロイトリ
動物で言うとカピバラとかね、ああいう脱力系、癒し系キャラが
ときどきツボにハマるんですが(^^)

これ、リラックマに出てくるキャラらしいです。
リラックマそのものもあんまりよく知らないんですが、
お掃除好きで貯金好きの鳥らしいです(^^)
名前も「そのまんまやんけー」の...

キイロイトリ(笑)
2012040501.jpg

横になってても...
2012040502.jpg

逆さになってても...
2012040503.jpg

ぶーしてても...
2012040504.jpg

癒される...

そしてこのシンプルなパーツ...
2012040505.jpg

これも...
2012040506.jpg

これも...
2012040507.jpg

これも...
2012040508.jpg

これも...
2012040509.jpg

癒される...

クルマに置いとく用に、もうひとつ入手しようかと画策中です(爆)
2012040510.jpg
クレヨンさんのレッスン(軸を意識する)
クレヨンさんのレッスンで教わったことを
例によって備忘録的に書いてみます。
いつも書いてることですが、自分の滑りを見てくれて
自分の滑りに合った的確なアドバイスをもらえる、
そういうところにスクールの魅力があります。
滑りに迷いを感じたら、信頼できるインストラクターが在籍する
スノーボードスクールの門を叩かれることをオススメします。

2012040401.jpg

今回、クレヨンさんから出されたテーマが「軸の意識」

板に対してカラダが垂直な軸となるように位置していれば、
その軸を中心として軽い力で板は回ります。

もし軸が傾いていれば、板はスムーズに回らないし、
それでも回そうとすれば、(無理やりな)大きな力が必要。
だから軸を板に対して垂直に保つというのは大事なワケですね。

ボード上のどこに軸を置くかによって、
 1.前脚を軸としたターン、
 2.前脚と後脚の間(センター)を軸としたターン
 3.後脚を軸としたターン
が考えられますが、
3は現実的ではないので除外すると、
1はテールスイングターン、
2はフラットスイングターン
ということになります。

今回は、センターに軸を置くフラットスイングターンを中心として
ショートターンのベーシックな部分をレッスンしていただきました。
(軸を中心に置くという意味でピボットという言い方もありますが、
 グラトリの世界にもピボットという全く別物の技もあるので、
 混同しないよう、以降フラットスイングターンで統一します)

まずは緩斜面で、カラダ(上体)をフォールライン方向に向け、
サイドスリップしながら
ヒールサイドからトウサイド、トウサイドからヒールサイドと
交互に脚部のみをクルクルと180度回します。
足元の感覚を掴むために、初めは上体の先行動作や
捻り戻しを使ってもいいですが、
慣れたら上体はフォールライン方向に固定。
腕の振りも使わずフォールライン方向に固定(特に前手)
腰から下のみを回すようにします。

両足幅の真ん中一点を中心に、
その場だけで回そうと考えると上手くいきません。
板が進んでいく(落ちていく)分の落差を考慮して、
落ちながら回していくイメージを持つと上手くいきます。

ここで大切なのが、脚部へ神経を働かせること。
「ボールを膝の内側に挟んでいるつもりでやってみて」
とクレヨンさんに言われてやってみると、
自然と意識が脚部にいき、クルンと板が回ります。

今までこういった意識を持っていなかったので、
ショートターンが上手くいかないときは、おそらく上体の先行
(トウサイドからヒールサイドでは、振り向くように肩から入っていく)や、
腕の振りでターンを開始していたのだと思います。

運動を必要とする箇所(この場合は脚部)への
意識を持つ、持たないでこれほど動きが変わるのか、を実感しました。


長くなるので以降はダイジェスト的に紹介。(それでも長いけど(^^;)

■片足装着で、その場で板をフラットにして回す
斜度の無いところで前脚だけ装着します。
その状態で後足は雪面につけて、トウサイド方向、ヒールサイド方向に
ターンするように板を回してみます。
カラダの軸がターン内側に傾くと、板も立って角付けされてしまうので、
スムーズに板を回すことができません。
体軸が板の上に垂直になることを意識し、ブーツの中で足を回旋させる
ようにすれば、板はどこにも引っ掛かることなくクルンと回ります。

これ↑にはズレを使ったショートターンに必要な要素が入ってます。
角付けを強めないで、フラットにしてそこに乗り込んでいくのは、
板を、弧を描くようにスライドさせてコントロールするために必要ですし、
ブーツの中での足の回旋は、脚部を主体としたローテーションを使う
ショートターンではやはり必要なことだからです。

■弧(半円)を繋いでターンしていく。
今度は両足装着して斜面上で動いていきます。
ノーズドロップからターンしていきますが、
ノーズが弧を描くように、きちんと谷回りを作ります。
後足は、前足の軌跡に追従するようにスライドさせます。
ここで大切なのは、テールスイングターンにならないこと。
前足に、弧を描いていく動きがなければ
前足を支点として後足を振り出すテールスイングになってしまいます。
また、上体の先行をターンのキッカケに使わないこと。
自分はトウサイドからヒールサイドに入るときに、
気を抜くと肩をターン方向に回すことでターンに入ってしまいます。
これは脚部に意識がいっていない証拠でもあります。
動作は雪面に近い足元から順に上がってくるのが原則ですからね。

■後足に乗り込む1
上記の続きになります。後足をスライドさせながら、
板がフォールラインを向いたら後足に荷重していきます。
いきなりドンっと踏むのではなく、1~10まで数えるようにじんわりと。
このタイミングで踏むと、板への荷重は山回りからになりますが、
まず最初はこのタイミングから練習です。
ここでも、上体はフォールラインに向けてブロック。
腕、特に前手となる左手を振り回してターンのキッカケにしないこと。

■後足に乗り込む2
荷重するタイミングを早めます。
板がフォールラインを向きだしたら(谷回りを始めたら)
すぐに後足に乗り込んでいきます。
実はこれが自分のウイークポイントのひとつで、
クレヨンさんのレッスンに限らず、カズさんのレッスンでも
アッキーさんのレッスンでも、Kishyさんのキャンプでも
「もう少し早いタイミングで踏み始めて」と言われてきました(^^)
クレヨンさんに自分の後ろを滑ってもらって、
踏み始めるポイントで「ハイ」っと声を出してもらったのですが、
踏み始める「場所」が、なんだか自分のカラダの後にあるような感じなのと、
明らかに自分の思うタイミングより相当早く踏まなきゃいけない。
いつもワンテンポ待って、板が下向いてから踏んでしまってるんですね。
ここはとにかく練習で克服です。

■リズムを取る
ショートターンはリズムで滑ると言っても過言ではないと思います。
荷重するタイミングを早めていければ、
ショートターンは谷回りだけ踏んでるような感覚になります。
でも、山回りは何もしないということではないので注意。
山回りは、谷回りで踏んでたわませた板を解放して走らせる感じです。
で、また谷回りの早いタイミングで踏む体勢を作る、と。
これもよく考えると、カズさんにいっつも言われてたことなんだよなぁ。
まだ出来てないのが情ない...

■斜度に合わせた体軸
落下する板にカラダが遅れると、体軸は斜面や板に垂直になりません。
また、斜度やスピードに気持ちが負けてしまうと
カラダが山側に逃げて残ってしまい、やはり体軸が垂直になりません。
軸を谷側に起こしていく意識が必要。
切り換えでは角付けを緩めますが、その緩めた角付けに合わせて
体軸も起こしていき、それから落ちていく板に自分も一緒に乗っていく。
ヒールサイドでは、逆エッジ掛かるんじゃないかと思うくらいの位置に
腰が出てきてちょうどになります。(クレヨンさんからの受け売り(^^;)

自分で矯正する方法として、
トウサイドターン後半では前手(左手)を谷方向に出し(伸ばし)
ヒールサイドターン後半では後手(右手)を谷方向に突き出すようにして、
カラダが山側に逃げないようにしてますが、
果たしてこのやりかたでいいのかどうか...


●その他注意すること
センターに軸を置くということは、
前足5・後足5の均等荷重が原則だけど、
例えば急斜をハイスピードで落ちていくときは、
自然と前足に多く荷重が掛かるわけだから、
その場合は後に多めに乗るなどの微調整は必要です。
調整の結果、前足・後足に均等に荷重が掛かれば、
センターに軸が来るというワケですね。

あと、ダイナミックについても少し教わったのですが、
これはまだまだ自分自身、練習とアタマの整理が必要なので割愛します。


上記はクレヨンさんから教わったことを元に
若干自分の考えを書き加えたもので、
そのオリジナルな内容はもちろんクレヨンさんによるものです。
素晴らしいレッスンをしてくださったクレヨンさんに感謝します。
ありがとうございました。
2012040402.jpg
カラダ中イタタタ & 「ジャイブ&カーヴ」更新しました
クレヨンさんのレッスンレポートはもう暫くお待ちを(^^)

先週はひさびさに大転倒を、それも2度もやらかしまして、
どちらも逆エッジ(爆)
ったく、初心者かよ、って感じですが...

ひとつめはアサマのステージ3の中ほどで、
ヒールサイド側にやらかしました。
このときはお尻を強打、首がむち打ち状態に。

ふたつめはステージ1のド緩斜面(^^)で、トウサイド側に。
このときは肩から突っ込んで、
自分の体重で肩を潰すような感じになっちゃいました。

現在、右肩が上がりにくく、お尻の左側が痛く、首も痛く、
あと、ヒールサイド側に逆エッジくらったら、
瞬間的に腹筋や胸筋に力が入るみたいで、
昨日からそこらへんが痛くて、クシャミするのが辛い(^^)

逆エッジは忘れた頃にやってくる(こない人も居るけど)
スノーボーダーの皆さん気をつけましょね(^^)


さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

3月31日(土)~4月1日(日):アサマ2000パークのレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

4/1アサマ2000パーク
本日は「着ぐるみデー」でございます。
日頃の感謝の気持ちを込めて
ゲレンデのお子ちゃまサービスをするのでございます。

はい、あくせるもピカチュウに変身いたしました。
今日は天気もよく、第4リフトのてっぺんから
アサマのゲレンデが一望できます。


発起人兼世話役の親爺さんはバイキンマンをパワーアップさせて登場。
シバターさんはスティッチで可愛くまとめております(^ ^)


そしてさらにマツコ・スタンダードさん、王爺さん、執爺さん、マットさんが加わりカンペキ(^ ^)
クレヨンさんにも入ってもらって一枚。
シャッター押してくれたマコツさん、
一緒に入ってもらえなくてごめんなさい。


その後はマツコ・スタンダードさんが動画撮ってくれたり、
親爺さんがデジタル一眼で写真撮ってくれたりとプチ・フォトセッションに。
そのあたりのはまた後日アップします(^ ^)

さらにその後はOさんも合流して、
リフト終了間際まで滑りを楽しみ、
今日が今季最終日となるスクールにご挨拶に行きました。


今日居らっしゃったスタッフのかた
あっこさん、山本本部長、クレヨンさん、マコツさんと一枚。


山本本部長の胸にはKishyさんの写真が(^ ^)


今日一日を一緒に過ごした仲間、
そして今季お世話になったスクールスタッフの皆さん、
ありがとうございました。
またよろしくお願いします(^ ^)