日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
またDM届く
毎年恒例、JSBCスノーボード天国のDMが届きました。
2011103101.jpg

早割りチケットも価格などは去年とそう変わらず。
まぁどっちにしても、今季も滑るスキー場は
数箇所に決まってるので関係ないんだけど(^^)
2011103102.jpg

これからスノーボード始めようって人にはいいかもしれませんね
残念ながらアルパイン関連の取り扱いは今年も無い模様。
2011103103.jpg

このバーゲン、最後に行ったのは数年前に
激安アルパインボードが出てたとき。
あのときは平日に仕事終わって夜遅々に行ったんだけど、
それでも入場制限掛かってて長い行列ができてました。
スノーボード人口が減ったってのは、
このイベント見る限りピンと来ませんねぇ。

で、ブログのネタにしといてアレですが、今年もたぶん行きません(^^)

JSBC スノーボード天国
http://www.jsbc.jp/
スポンサーサイト



スプロケに異物
先日のこわハゲさん・いっす!!さんとのサイクリングで、
どうもリヤ変速のインデックスが決まらんなぁと思ってたら
2011102901.jpg

異物が挟まってましたぁ。
2011102902.jpg

夏の鈴鹿のレースが終わってそのまま放置してて、
サイクリング直前にバタバタとスプロケ交換して
そんときに噛みこんだみたい。我ながらドンくさいねぇ。

皆さんもご注意を(って、普通こんなことせんわな)
名コピー
コーヒー、好きなんですよね。
一日に何杯も飲んでます。
特に「コーヒー通」ではないので、銘柄やら沸かしかたやらコダワリはなくて、
勤務先のベンダーでもいちばんお手ごろなのを飲んでます。
質より量ってことで(^^)

いちばん良く飲むのが、砂糖抜きカフェオレですかねぇ。
あとはラテかカプチーノか。

2011102801.jpg

カフェオレと言えば、CMで時々流れてくる
「白黒つけないカフェオーレ」
っての、あるじゃないですか。
グリコの製品だったっけ。
あのコピー考えた人すごいなぁと思うんですよね。
ホント、上手いこと言うよなぁ。

自分は割と白黒つけたくなるほうですが(^^)
人それぞれ、か
自分の常識が世間の常識とは限らないし、
どんなことでも「人それぞれ」には違いないんだけど...

今の勤務先でいつも、というかずっと不思議に思ってることがあって、
それは
「無言で書類を机に置いていく人が多い」
ってことなんです。

例えばね、回覧を誰かのところに持っていくとするでしょ?
そのときに、そこに相手が座っていれば、自分の場合は
「回覧置いておきますねー」とかひとこと言って置いてくるんだけど、
自分はそういうふうにするのが普通だと思ってたんよね。

ところが、黙って回覧や書類を置いていく人が多い。
いや、ウチの社員はほとんどそう。
これって、ウチの会社だけなのか、他所もそうなのか、どうなんだろ?

好意的に考えれば、仕事の邪魔しちゃいけないと判断して
無言のまま置いて立ち去るのかもしれないんだけど、
ま、やっぱそれも人それぞれか(^^)

あ、どちらが正しいとか誤りとか、そういうつもりではないんで念の為(^^)

2011102701.jpg
(写真はイメージで、本文とは無関係です(^^;))
スイーツ合戦
先日話題にした、タニタ食堂メニューの低カロリープリン、
実はさらにバリエーションがありまして、
これがまたおいしい「かぼちゃプリン」
2011102601.jpg

低カロリーな割には味が濃厚なんですよね。
2011102602.jpg

タニタ食堂メニューのプリンは森永さんから出てるんですが、
しかし他社さんも負けてない。
フジッコさん、こんなん出して来てます。
「マンゴープリン」実に63キロカロリー。
2011102603.jpg

なんだかさっきのかぼちゃプリンみたいですね。
2011102604.jpg

さらにさらに、「杏仁豆腐」まで63キロカロリー。
2011102605.jpg

これもなかなかのお味でしたよ。
2011102606.jpg

低カロリーでおいしいものって難しいと思うけど、
こういう競争はどんどんやって欲しいね。
こっちの準備もぼちぼちと
昨シーズンのC級インストラクター資格取得に続いて、
今シーズンの目標はB級インストラクター資格の取得、
といっても、そう簡単なもんじゃないのはわかってるので
いちおう2シーズンは掛けるつもり。

で、その第一歩を踏み出すべく、
まずは学科試験の受験票と開催要項が届きました。
2011102501.jpg

まぁ学科試験を落とすことはないだろうなぁと思ってるけど、
油断や慢心は良い結果を生まないんで、
気を引き締めて、しっかり教程本読みに掛かるとしよう(^^)
雑多にいろいろと
鈴鹿エンデューロの参加確認証が届きました。
2011102401.jpg

とんでもないゼッケン番号になったので、やる気満々のようなんだけど、
週末にちゃんと練習してない自業自得状態(^^)なので
当日は思い出作り&オールスポーツさんの撮影狙い(^^)で走る予定。


LIVESTRONGのイエローバンドが切れちゃいました。
2011102402.jpg
2011102403.jpg

これで切れたのはふたつめ。
今回は本家に直接発注しました。
LIVESTRONG
http://www.livestrong.org/
WRISTBANDS
http://www.store-laf.org/wristbands.html

船便扱いで申し込んだんで、届くのはいつになるやら(^^)
壊れるん早いんちゃう?
どこで買ったかはもうあえて書きません。
でも、過去に記事にしてたので探せば出てきます(^^)

自分のクルマ、車内に関してはほぼ100%、LED化したんですが、
ほぼ100%、壊れました。

いちばん早かったのがルームランプ。
購入後数ヶ月でいくつかのセグメントが点滅しだしたので
購入先に連絡すると交換してくれました。
が、それもまた数ヶ月で同様の症状に。

その後、カーゴルームランプも同じ症状になり、
そしてマップランプも...
2011102301.jpg

こんな感じで、一部が点滅しだして、やがて点かなくなりました。

LEDって、「切れない」のが売りなのに、次々と壊れていくんだからねぇ。
ネット通販でかなりお安く販売してたんで、同じお店で買ってたんだけど、
Made in 某国だからねぇ。某国、書かなくてもわかるでしょ?

もう絵に描いたような「安物買いの銭失い」
この歳になってまた学習したのでありました(^^)
大人だけど かぎっ子
IDカードホルダーに、リール式のキーホルダーをつけてみた。
2011102101.jpg
いや、正確に言うと、リール式のIDカードホルダーに
鍵をくっつけた (って、まぁどーでもいいですね(^^;)

もう昔っからあるものだけど、
こうしてヒモがびよーんと伸びてくやつね。
2011102102.jpg

勤務先のサーバルームの鍵をつけてるんだけど、
IDカードは絶対忘れて行かないから鍵も忘れないし、
ポケットがチャラチャラしないしゴソゴソ出さなくていいし、
意外と便利です。
2011102103.jpg

昔子供の頃、かぎっ子だったのを思い出しました(^^)
難しい
昨晩の会社帰りの地下鉄でのこと。

自分は扉そばの席に座っていたんだけど、
ある駅で松葉杖を突いた男性が乗ってこられ、
その男性はそのまま扉の横に立たれたんよね。

ちょうど自分はその横に座ってたので、
席を立ってからその男性の側に回って
「どうぞ座ってください」と告げたところ、
「二駅で降りますんで」と言って辞退された。

自分はそこでまた戻って座るのもこっ恥ずかしくって(^^)
少し離れた場所に移動して、つり革掴んで立ってたんだけど、
さすがにその空いた席に座ろうとする別の人も居なくて
男性が降りるまでの二駅の間、その場に妙な空気が流れちゃった(^^)

その男性にも嫌な思いをさせちゃっただろうなぁ、
やっぱあの時、自分がまた座り直せば普通に収まったんだろうなぁ、
なーんて、ちと反省していた、そんな昨晩の出来事でした(^^)

2011102001.jpg
トイレのために
自分の場合、朝は出勤前に必ず「お通じ」に行くわけですが
その後、通勤の地下鉄の中で、お腹が痛くなることがよくあるんですよ。

その場合、
「目的の降車駅までガマンしてトイレへ」

「早めの対処で途中駅で降りてトイレへ」
のどちらかを判断しなくちゃいけない。

この判断が実に重要でありまして、
切迫した状況の中、ガマンできるか否かの判断を誤ると

「地下鉄の車中でお漏らし」


などという最悪の事態も想定されるわけです(^^)

しかし仮に、迅速かつ適切な判断で途中駅で降りたとしても、
駅構内のトイレの位置が瞬時にわからず、

「トイレを探している最中に耐え切れずにお漏らし」

などという、これまた最悪の事態も想定されますね(^^)

そんなあなた、いや、自分に(^^)
こんなサイトがあります。

えきペディア
http://www.ekipedia.jp/index.html
2011101901.jpg

元々は、車椅子で移動されるかたへの
バリアフリー情報の提供が目的だったようなのですが、
かなり見やすくわかりやすく編集されているので
どんなかたにも役に立つと思います。

各駅の情報を検索できるのですが、
ホームからトイレにいちばん近い階段、トイレの位置が一目瞭然です。
2011101902.jpg

自分の利用する路線の各駅を眺めておくと
利用しやすい駅などがなんとなく頭に残ってて
イザというときに役に立ったりします。

iPhoneアプリもあるので、移動中でもすぐに検索することも可能。
とはいえ、緊迫した状況で検索する余裕があるかどうかは不明です(^^)
110度の会
昨晩は飲み会でございました。
メンツは悪友のキル兄ぃ&キルワニちゃん、
加えて良友のTK井さん、そしてあくせるの4人。

2011101801.jpg

この4人の共通項は自転車なので、
自転車の話で盛り上がるのは当然なんだけど、
それ以外の個々人の得意分野、野球(やるほうね)のことやら
スノーボードのことやら音楽のことやら、
各人にわかるようにかつ興味を引くように話し出すので
聞く側に回っても皆興味津々。

ようするに、全員で先頭交代ローテーションしながら会話が進むわけです。

しかし昨日の話の中心は「筋肉談義」
元ボディビルダーのTK井さんから聞けた
筋肉のこと、トレーニングのこと、栄養摂取のこと、
皆間違いなく関心のあることだから止まらない(^^)

そこで自分の考えが間違ってなかったと確信を持てたり、
全く知らなかったことを吸収できたり、
とても有意義なものとなりました。

表題の「110度」
これ、自転車のペダリングに関するあるひとつのセオリーの角度なんだけど
これでまたキル兄ぃとTK井さんの話が合致して盛り上がっちゃって
急遽、昨晩の集まりは「110度の会」と命名されたのでした。
なんのこっちゃ、やね(^^)

キル兄ぃ、キルワニちゃん、TK井さん、ありがとうございました。
季節感
季節感ゼロのあくせるでございます(^^)

ようやくYシャツを長袖にしました(爆)
2011101701.jpg

いやね、通勤の地下鉄の車内ではいつも上着脱いでるんだけど、
この時期に半袖のYシャツ着てると浮きまくってて...
...いや実はそれほど気にはしてないんだけどね。

でも、それで暑そうにしてて
一人だけハンカチで汗拭いてるのもこれまた滑稽なわけで(^^)
今の時期は自分的には中途半端で過ごしにくいんよね。

人並みの季節感を持てるようになる日はまだ遠い...
またしても...
まだ若いのに、素晴らしいミュージシャンが逝きました。
柳ジョージさん。63歳って...やっぱまだ早いよね。

この人は歌もギターも好きだった。
ブルースが根底にある人なんで
ペンタトニックスケール一発のギターソロが多かったんだけど
これがまた実にメロディアスでカッコイイ。

声もハスキーで、大人の渋みと言うかなんと言うか...

ショーケン主演のドラマの主題歌になったんで、
やはり耳馴染みがいい、世間に良く知られたこの曲。
やっぱ今聴いてもいいねぇ。

柳ジョージ&レイニーウッド:雨に泣いている


過去、2009年11月11日にも、同じ曲のことを書いてました。
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-967.html
冬を迎える前のイベントその1
...などという大そうなものではありません(^^)
水曜日のことなんだけど、行ってきました、
インフルエンザの予防接種。
2011101401.jpg

もちろん、予防接種したからといって罹らない保証はないし、
予防接種しなくてもだいじょうぶな人はだいじょうぶなわけで、
まぁ気分というか、保険のようなもんです(^^)
勤務先の健保組合が補助金出してくれるんで、
それなら受けとこうって感じですね。
2011101402.jpg

いつもお世話になってる昭和風お医者さんでやってもらいましたが、
注射するとこにツメでバッテン付けて、ささっと消毒して、
そこに針を入れるなんていう、
そんな古風なやりかたのお医者さんも珍しいかと(^^)
2011101403.jpg

あと、もうひとつの冬を迎える前のイベント、
スタッドレスタイヤ交換まで、一ヶ月半は猶予があるな(^^)
今年もちゃんと出るみたい
毎年毎年発刊されるか心配してる「CARVE」
今年も発売されるようです。良かった(^^)
(クリックすれば大きくなります)
2011101301.jpg
↑これは去年の表紙のサンプル載っけてるみたいだからお間違えなくー。

2011年10月4日付けで告知されてるんで、
間違いなく今年も出るものと思われます(^^)
(クリックすれば大きくなります)
2011101302.jpg

DRAGS-007さんはまた書店で張り込みされるのでしょうか(爆)

なんで毎年こんな心配しなきゃいけないかってーと、
やはり毎年書いてるけど、アルパイン人口の減少なんよね。

とは言え、ま、自分がアルパイン乗ってるからではあるけど、
周りにはまだまだ乗ってる人は多いんよなぁ。
ホームだけで思い出しても、
「ごんたさんちのパパ」「ごんたさんちのゆいちゃん」
「irieさん」「irieさん奥様」
「マツコSTDさん」「シバターさん」
「H野さん」「H野さんちのゆかちゃん」
スクールでも、アルパインがメインの先生は
「kishyさん」「クレヨン校長」「山本本部長」「石井さん」
「カズ先生」「あっこ先生」「T内先生」
あと、忘れちゃいけない
「Y谷さん」「DRAGS-007さん」

...結構居るじゃん(^^)

フリースタイルもアルパインも、どちらももちろん楽しいんだけど、
アルパインの火は消さないように、頑張りましょね。
2011101303.jpg
言葉2
このあいだの3連休中の日曜日にあった海洋体育館ヨットレース、
自分は3連休中の土日に、外せない所用があって大阪を離れていたため
今年は参戦しなかったんですが、
当日参加していたヨット仲間のTさんが様子を知らせてくれました。

超微風だったそうで(^^)

マーク回航もおぼつかないほどの状況だったそうな。
去年も終盤はどんどん風が落ちてきたし、
スタート前に何時間も風待ちした年もあったんよなぁ。
気象に左右されるヨットのレースはホント難しい。

せめて、この程度ハイクアウトできるくらいは吹いて欲しいよねぇ。
でないとヨット乗ってる(操ってる)気がしないもん(^^)
(クリックすれば大きくなります)
2011101201.jpg

来年は参加できると思うので、今年あくせるにリベンジしたかった人(^^)
是非来年お相手してください。また4位狙いでいきます(爆)


風に絡めた言葉で、好きなものがあります。

----------------------------------------
The pessimist complains about the wind;
the optimist expects it to change;
the realist adjusts the sails.

William Arthur Ward

悲観的な人は、風向きが悪いと不満を言う。
楽観的な人は、風向きが変わること期待する。
現実的な人は、帆を調整する。

ウィリアム・アーサー・ウォード
----------------------------------------
「孤高の人」読了後
前に話題にした新田次郎さんの小説「孤高の人」
コメントくださった皆さんが仰るように、
読み応えのある素晴らしい小説でした。
いやー、ホント面白かったです。

こうしてブログの題材にさせてもらってるにつけ、
触れておかないといけない、と思うことがあるんですよね。
以下、つらつら書きます。

この小説は、位置付けとしてはフィクションの小説なのですが、
加藤文太郎さんという実在した人物と、
その人に関わる人達が登場してくること、
(但し、加藤文太郎さんのみ本名で、他の登場人物は仮名)
加藤文太郎さんの遺稿を元にストーリーが組み立てられているので
フィクション/ノンフィクションの境界があいまい、
というか、先入観なく普通に読んでしまえば
これは全て実際にあったことだ、と思ってしまうんです。

ですが、ネタバレになるから詳しくは書けませんが(^^)
この小説のクライマックスで、
加藤文太郎さんと関わるもうひとりの人物、
その人も(小説中では仮名ですが)実在した人で、
その人のことが、かなり事実と異なった描写をされているんです。

わかりやすく言えば「悪者」になってる、と。

ご本人の名誉のため、また、親族の名誉のためにも、
事実は小説とは異なり、その人は決して「悪者」ではない、
ということだけは言っておきたいんよね。

そのあたりのことは、このサイト↓を作られた方の解説が詳しいです。
「すずかハイキング」
http://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/index.html

の中の、以下のページ。
死者の書「孤高の人・吉田富久」
http://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/kokohito.html

死者の書「加藤文太郎の山友達」
http://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/koko2.html


2011101101.jpg
友だちからの葉書
自転車で日本一周中の友人からまた葉書が届いた。
(クリックすれば大きくなります)
2011101001.jpg

いつも土地の絵葉書を送ってくれるんだけど、
今度はお手製のもの。

春に大阪を出て、四国を回って、日本海を北上して、北海道を回って、
太平洋岸を南下し、山陽路、九州東岸を南下して、
ついに九州最南端に到達した模様。

これまで多くの自転車レースに参戦し、速く走ることを目的としていた彼が、
ゆっくりのんびり安全に、という真逆の走りをすることに
ある種戸惑いもあったかもしれないけど、
やはりそういった(レースでの)経験の蓄積が、
大きなトラブルも無く彼をここまで運んだんだろうね。

まだゴールまで暫く掛かるけど、引き続き安全な旅を祈るのみです。
たまにはMacのはなし
アップル社・前CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。
56歳、まだ若いよねぇ。

自分のパーソナルコンピュータの歴史はMacから始まったんです。
今でこそ一人に一台のパソコンは当たり前の世の中だけど
自分が汎用機(企業に導入されてる大型コンピュータ)
の技術者としてコンピュータの世界に入った頃は
そういった職業でも自宅にはパソコンがない人が多かった。

「汎用機とパソコンは別のモノ」って感じだったんよね。

でも、汎用機だけわかっててもこれからはダメだ。
パソコンのほうも始めなきゃ、と思って、最初に買ったのが、
Macintosh LC 575
2011100701_20111006202919.jpg

スティーブ・ジョブズ氏がアップル社を
一時離れてた頃のものなんだけどね。
そのせいもあってか、デザイン的にはムチャクチャ言われてた。
自分はずんぐりむっくりしたこの感じが好きなんだけどね。
当時で30万円以上したマシンで、ローン組んで買ったのを覚えてる(^^)


その次に買ったのが、
Power Macintosh 6300/120
2011100702_20111006202919.jpg

CPU(アップルはMPUという言い方してたけど)が
68系からPowerPCに変わり行く頃の
比較的廉価なPowerMacだった。


その次はちょっと頑張って(^^)
Power Macintosh G4
2011100703.jpg

ポリタンクとか言われたけど、ほんとポリタンクと同じようなデカさだった(^^)
メモリや各種カード増設のために開けると、中はガランとしてたけどね。

今は↑と真逆で、こじんまりとこれに落ち着いてます。
Mac mini
2011100704.jpg

MacにIntelのCPUが入ったってことで、なんか複雑な思いがあったね。
パーソナルユースではこのサイズ/スペックで十分。
なんでもコンパクトになっちゃったねぇ。


実のところは、仕事の関係で、今はMacはほとんど使ってないんです。
勤務先でも自宅でも自分のメインマシンはWindowsになっちゃってます。

でも、Macにはやっぱり思い入れがあるんよね。
PowerMacG4は保管場所がなくて売却しちゃったけど、
LC575もPowerMac6300も、売却したり捨てたりがどうしてもできなくて、
(LC575はカラークラシック改造に使われるので、
売って欲しいと何度か言われたけど全部断った)
戸棚の中に今でも保管したままなんです。

Macのデザインのこととか、ハードのこと、ソフトのこと、
いちいち語りだしたら止まらなくなっちゃうんで書かないけど、
最初に手にしたPCがMacじゃなかったら、
今とは違った仕事してたかもなぁと思う今日この頃...

R.I.P. Steve Jobs
着ぐるみではありません
DRAGS-007さん!(って、イキナリ名指しかよ...)
1年の時を経て買っちゃいましたよ。
これ↓
20111006001.jpg

ドッペルギャンガー
ヒューマノイドスリーピングバッグでございます。
20111006002.jpg

DRAGS-007さんが約1年前に記事にされていたとき以降、
http://ac105x.blog107.fc2.com/blog-entry-545.html
ユーザーの声を反映したのか、
なんと、足先が出るように改良されてました。

着用するとこんな感じになります。
20111006003.jpg

暑がりの自分としては、今時期の室内で着用すると汗ダラダラ(^^)

厳冬期の車中泊ではモンベルの寝袋をずっと愛用してるのですが、
暑がりの自分には暑すぎる場合も往々にしてあったので、
シーズンイン時や春先はこちらとで使い分けようと考えてます。
市バス
月曜日のことなんだけど、仕事の打ち合わせで
OAP(大阪アメニティパーク)へ。

OAPなんかにオフィスあるとカッコいいよなぁ
...と一瞬思ったんだけど、
やっぱこんな駅から遠いとこはヤダ、と直ちに思い直す(^^)

オフィシャルサイトによると、
●JR大阪環状線「桜ノ宮」駅西口より徒歩5分
●JR東西線「大阪天満宮」駅1番出口より徒歩7分
●地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅3番出口より徒歩10分
ってことだけど、かなりサバ読んでるよねぇ。
そうとう速歩きするか、小走りじゃなきゃ、
絶対この時間じゃ無理だって(^^)

いえ、別にOAPにケチつけるのが本題じゃないんです(^^)
ここへ行くのに、勤務先最寄のバス停から、
大阪市営バス(市バス)に乗って行ったんですよ。

大阪市内に子供の頃からずーっと住んで居ながら、
市バスに乗るのはもう数十年ぶりですよ。
地下鉄谷町線が自宅近くに延伸してきた1980年以来、
ほとんど地下鉄で事足りてきたんでね。

ひさびさに乗った市バスですが、最初に思ったのが
「車内はこんなに狭かったっけ?」
2011100501.jpg

たぶん子供の頃の記憶しかないから、
そのときは広く感じたんでしょうね。
当時は油引きの木の床で、エアコンもなく夏場は窓全開だったけど、
今は車内もホント綺麗で快適でした。

で、乗ってて思ったのが
「運転手さん、たいへんだなぁ」

かなり狭い通りも走るんだけど、路上駐車がやたら多いし、
それと、停止線を越えて信号待ちしてる車が意外と多くて
それでバスが右左折するのが厳しい状況も何度かあったりしてね。
自分は「停止線越えて止まってたら信号無視と同じ」
と考えてるんで、何らかの緊急時以外は
停止線を越えて信号待ちすることはまずないんだけど、
これからもそれは守っていかなきゃなぁ、と思ったのでありました(^^)

市バスの運転手さん、ストレス溜まることも多いかと思いますが、
どうかご安全に。
強力磁石
こんな磁石を購入しました。
通常、磁石と言えば「フェライト磁石」なのですが、
これは「ネオジウム磁石」という強力なもの。
2011100401.jpg

これを何に使うかと言えば...

自転車のケイデンスセンサー用のマグネット、
たいていはクランク裏にこんな風に貼り付けますよね?
タイラップを巻きつけて留めたり、
両面テープで貼り付けて、念の為さらに上からテープで
覆ったりしますが、これが使ってるうちに汚らしくなるんよね。
2011100402.jpg

そこで、さきほど紹介したネオジウム磁石を
クランクのペダルシャフトが通る穴に入れてしまいます。
なんせ磁力が強力なので、ペダルシャフトにくっついて
簡単には脱落しません。もちろんテープで覆うことは不要。
念の為両面テープを貼り付けるかどうかはお好み次第(^^)
今回使ったのは直径10ミリのものですが、
直径13ミリくらいのが手に入ればドンピシャのサイズだと思います。
2011100403.jpg

磁石の頭もこれくらい出てるので問題なし。
2011100404.jpg

ケイデンスセンサーとのクリアランスを調整して終了。
テープやタイラップがない分、見た目もスッキリして満足満足(^^)
2011100405.jpg

あ、チタンシャフトには磁石がつきませんから注意してね。
それと、同じようにされるときは全て自己責任でお願いします(^^)
タニタ食堂のプリン
タニタ食堂のメニューが巷で大流行ですが(^^)

タニタ食堂のプリン

2011100301.jpg
2011100302.jpg
2011100303.jpg
2011100304.jpg
2011100305.jpg

間食したいけど、カロリー気になりますよね?
これなら100kcalです。
会社帰りに立ち寄れるスーパーで98円でした(^^)
言葉
If you insist on leaving your fate to the gods,
then the gods will repay your weakness
by having a grin or two at your expense.

Should you fail to pilot your own ship,
don't be surprised at what inappropriate port
you will find yourself docked.

Tom Robbins : Jitterbug Perfume


人生を律する強さと心意気を持たない者に、
神は冷笑でその弱さに報いる。

船の舵をとらない者は、
どんな港にたどりついても文句は言えない。

トム・ロビンス著:「香水ジルバ」より

2011100201.jpg