日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
出やがりました
ついに出やがりました。
ピアノブラックの艶が眩しい憎いヤツ。
今季第1号の「GK」(ゴールキーパーちゃいますよ)
またの名をゴッキー、またの名をコックローチ(まんまやん)
(これ以上アップにしません。クリックしても大きくなりません)
2011053101.jpg

なんせ職場の建物は古いもんで、この時期からごそごそ出てきます。
自分が一日の長い時間を過ごすサーバルームは、
なんと不幸にも社員食堂の横にあって、且つ
各種機器用に空調で部屋内は一年中一定温度なので
GKたちの格好の棲家となります、が...

ホウ酸団子を室内に過剰な数(^^)置いて自衛するようになってから、
ここ2年ほどは室内では見なくなりました。

とは言え、有事に備えてスクランブル体制は整えております。
2011053102.jpg

しかばね回収用のトングも
2011053103.jpg

さぁ出るなら出てきやがれ(^^)
スポンサーサイト



JSBA C級インストラクター認定講習会
神戸元町商店街です。
ここ来るのホント久しぶり。しかもクルマじゃなく阪神電車だし。
この商店街には「海文堂書店」さんっていう、
海/船関係の書籍やグッズが充実したお店があって、
以前はよく買い漁りに(^^)来たものでした。
2011053001.jpg

その元町商店街4丁目の角にあるのが「こうべまちづくり会館」
ここがC級インストラクター認定講習会場となりました。
2011053002.jpg

2階のホールがその会場。
2011053003.jpg

集まったのは40名ほどでしょうか。
講習してくださったのは、ウエストスノーボードスクールの
吉田雅之さん、そしてあの中尾弘さん。
いやー、ナマ中尾さん見れちゃいましたよ(^^)
2011053004.jpg

午前中まずは「スノーボード教養」の講習なのですが、
それに先立って小テストが行われました。
これは、JSBAスノーボード教程をちゃんと予習してきたかどうか、
それを確認するためのもので、全15問あります。

この答案を、隣り合わせた受講生3人で交換して、
講師の発表により答え合わせします。
正解数により「A」「B」「C」の3段階に判定され、
「A」は追加宿題なし
「B」は追加宿題をプラス2問
「C」は追加宿題をプラス4問
テキスト内にある元々の宿題に加えて、
それぞれ課せられることになります。
自分はなんとかA判定だったのでホッ(^^)

小休憩と昼休憩を挟んで、
午後2時頃までスノーボード教養の講習は続き、
そのあとは日本赤十字社のかたをお招きして
救急法講習と実習が行われました。

5名程度の小グループに分けられ、腕を吊ってみたり...
2011053005.jpg

脚を固定してみたり...
2011053006.jpg

三角巾を使っての応急処置がメインでしたが、
緊張感やらいろんなものが入り混じって
汗だくになりながらみんなやってました。
これが17時頃まで続けられ、初日の講習は終了。


翌日は会場入り後、宿題のチェックが行われます。
ひとりひとりテキストを持って講師のもとに出向いて見てもらうので、
サボってやってこなかったらこの時点でバレます(^^)
今年度からテキストは講習前に事前配布されるので、
あらかじめ宿題をやっておくことができるのですが、
自分の場合で3時間ほど掛かりました。

そしてこの宿題をメインに「指導法」の講習が進められ、
その回答を受講生が発表していくことになります。
必ず一人一回は当たります。
難易度は、まぁその人の運次第ですね(^^)
2011053007.jpg

そして17時頃に2日目の講習も終了。
今回修了できなかった人はなく、全員に手続き書類が配られました。

C級インストラクター認定講習会修了証明書
2011053008.jpg

C級インストラクター認定講習修了者 各位
(手続きの方法が書かれたもの)
2011053009.jpg

C級インストラクター資格申請書
この書類に記入し、写真2枚と振込み控えのコピーを沿えて
JSBAの事務局教育本部に一ヶ月以内に申請すればOK。
2011053010.jpg

というような流れで2日間は終了しました。


バッジテスト1級さえ合格すれば、あとは2日間座ってればOK...
なんて言いかたされることもありますが、そんなことないです。
ちゃんと時間掛けて予習して、宿題もしっかりやって、
講習中はしっかり話を聞いて、自分でもいろいろ考えて、
そうしてる内にいろんな知識が身につくし、
2日間の講習を受けてる間に、インストラクターとはどうあるべきか、
生徒さんに指導するというのはどういうことなのか、等々、
いろんな意味で、自覚と責任感が芽生えてきます。

でも今はとりあえず、
教程本やテキストからひとまず解放されたのが嬉しい(^^)
イントラ講習二日目(昼休憩中)


あともう少し(^^)

今日はみんな順番に当てられて
発表する日。
それはそれでナニゲに緊張感ありです(^^)
イントラ講習一日目(昼休憩中)


中尾弘さんが講師で居らっしゃってるよー!

周りは若い人ばっか(^^)
もしかしたら自分が最年長かもorz

(追記)
救急法講習にて
あくせる、三角巾を巻かれる、の図(^^)
2011052801.jpg
梅雨入りと台風
近畿地方も5月26日ごろ梅雨入りしたようです。
2011052701.jpg

平年(6月7日ごろ)より12日早く
昨年(6月13日ごろ)より18日も早い。

そんな早くなくてもいいのに(^^)

天気図見てもどっかりと梅雨前線が居座ってますね。
これが太平洋高気圧に押し上げられて
日本海に抜ければ梅雨明け。
2011052702.jpg

ちなみに梅雨明けは、平年なら7月21日ごろ、
昨年は7月17日ごろでした。
↑全て近畿地方の話ね。

で、梅雨も早くなくていいんですが、
台風まで早く来ちゃって、まだ5月なのにね。
2011052703.jpg

この台風、東北のほうに向かわずに
どこかに逸れて欲しいとホントに思います。
イマドキノワカモノ
「今時の若いもんは...」
と言える年齢に達しているあくせるでございます(^^)

なかなか接点のない「若いもん」については、
その見た目やなんかで悪い先入観を持ってしまいがちなんだけど...

意外とね、若いもん、スナオだったりするんよね(^^)

例えば、スノーボード。
コースいっぱいに広がって座り込んでたり、
リフト降り場で固まってたりするのを見ると
「ジャマだなぁ」と思ったりするんだけど、
そのときに
「ここに居ると危ないから、端のほうによけてねー」
と、やんわりニッコリ話してみると
「あ、すみませーん」
とか言ってすぐに動いてくれる。
おまけに、他の仲間に向かって
「おーい、ズレろズレろ」
とかって声かけてくれたりするしね。

2011052601.jpg

例えば、自転車。
堤防沿いの狭いサイクリングロードで、
道いっぱいに広がってゆっくり走る若い人たちが居るとき、
「ごめーん、ちょっと通してねー」
と後から声かけると
「あ、すみませーん」とか言いながらすぐによけてくれて、
さらには前に居る自分の友達に向かって
「自転車来るからよけろよー」
なんて叫んでくれる。
で、追い抜きながら「ありがとねー」って言えば、
「がんばってくださーい」なんて言ってくれる(^^)

2011052602.jpg

どちらのケースでも、頭ごなしに言っちゃうと
言われたほうは気分良くないと思うんだけど、
ちょっとした気遣いで、お互いが気持ち良くなれる。

イマドキノワカモノ、ちゃんとしてるし素直ですよ(^^)
どっちかと言うと弥生土器のほうかな
この曲めちゃくちゃおもしろい(^^)
「レキシ」の『狩りから稲作へ』

1曲聴き終わったら、
「♪縄文土器~ 弥生土器~ どっちが好き?」
のフレーズがアタマから離れなくなります(^^)

公式のPVじゃなくて、ファンのかたが作られたPVなんだけど、
映像の使い方が(馬鹿馬鹿しくて)素晴らしい。
歌詞が入ってるんで、追っかけながら聴くと笑えます(^^)

騙されたと思って観て(聴いて)ください。

狩りから稲作へ/レキシ
C級インストラクターテキスト届く
前にもお話しした通り、今年度から講習に使うテキストを
事前に送付してくれるようになりました。

学校の勉強はキライだったけど(^^)
こういうことの予習は好きなのでありがたい。

もう一冊の必携本である「JSBAスノーボード教程」は
書店で誰でも買えるんだけど
このテキストは一般には手に入らないので
差し障りの無い範囲で (って、あくまで自己判断だけど(^^;)
写真を数枚載せておきます。
(全てクリックすれば大きくなります)
2011052401.jpg

目次です。全78ページあります。
2011052402.jpg

「JSBAスノーボード教程」は、
主として滑走技術の解説にページを割いていましたが、
こちらのテキストは指導法に主眼が置かれてます。
2011052403.jpg

おそらく宿題になるであろうワークシート。
自分はバッジテスト1級合格までホント苦労したので、
逆に言うと、こういった「つまづく箇所」は
ほとんど経験しているワケで(^^)
どれも適切な答えを書ける自信があります。
2011052404.jpg

以上、サラっと触れてみました(^^)
ネタ2題
●その1
このブログでは勤務先のことはあんまり書かないし、
書いたとしてもネガティブなことばっかりなんだけど(^^)
今回はそうではないお話。

社員の有志が集まって、社内の遊休地を利用して
ガーデニングを始めました。
で、同じく放置されてたガーデンテーブルなんかを配置して
ちょっとした寛ぎのスペースを作ってます。
2011052301.jpg

写真が上手くないんでアレなんだけど、
実際はかなりいい雰囲気のスペースです。

実はここだけに留まらず、いろんなところに緑の壁を作ってて
こういうのも↓視野に入れてるそうな。
「緑のカーテン&カーペット 2011 いっしょにやりまひょ隊」
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/yutoritomidori/0000119025.html
「大阪市緑のカーテン&カーペットづくり」
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000036336.html

コンクリートむき出しの遊休地に、ちょっとした緑があるだけで
涼しく感じるから不思議やねぇ。
2011052302.jpg


●その2
ウチの作業部屋も、ようやく雪遊びモードから
自転車&海遊びモードに模様替えしました。
2011051801.jpg
               
2011052303.jpg

ということで、自転車乗り&ヨット乗りの皆さん、
また11月までよろしくお願いします(^^)
5月21日(土)大淀町のほう
自転車乗りの皆さん、明けましておめでとうございます。
土曜日に新春初走りに行って参りました。
いやぁ、年明け早々なのに暖かい日でしたねぇ
(あ、もーいいですかそーですか)

スノーボードのほう、滑り納めしてから2週間以上経ってるし、
夏の鈴鹿もエントリーしたことやし、もうそろそろ走っとかなアカンやろ、
ってことで重い腰を上げたワケですが、いきなりロング走るん無理やし、
まぁ100km程度を目安に走ってこよ、と7時に自宅出発。

昨年11月13日を最後に6ヶ月7日振りの自転車でしたが、
まだ走り出してすぐ、速度25km/hほどで平地を走ってるだけなのに、
心拍92%ってありえんやろー(ありえてるやん)
しかしここまで衰えてるとは...
2011052201.jpg

走れそうなら鍋谷行こうと思ってたんですが、こんな状態ではとても無理(^^)
南海高野線の廃線跡をのんびり南下。
2011052202.jpg

そして庶民の味方(^^)の紀見峠へ。
2011052203.jpg

橋本へ下って紀の川を渡ります。
紀の川に来ると、るみちゃんのことを何故か思いだすんよね。
元気に旅してるんやろか...
2011052204.jpg

県道55号線を紀の川沿いに東進。
このあたりまで来ると吉野川に名前が変わります。
2011052205.jpg

さらに東進して芋ヶ峠を越えて
飛鳥経由で戻るのが自分の定番ルートなんですが、
大事をとって(なんじゃそりゃ?)大淀経由で戻ることにしました。
国道169号線は車の通りも多く、路肩も狭いのでストレス溜まります。
この芦原トンネルは歩道の通行を強く勧めますが、
その歩道上は砂だらけで危険。
まぁ下市口から橿原方面への国道169号線は走らないのが吉です。
2011052206.jpg

畝傍からは飛鳥葛城自転車道が使えるのでこちらに合流。
三郷町から峠八幡神社への上りが今回いちばんキツかった(^^)
2011052207.jpg

大和川堤防に入ってしばらくすると、
キル兄ぃ&キルワニちゃんとバッタリ対向。
いやぁ、新年早々めでたいわ (もーいいですか)
すぐに引き返して立ち話...もなんなので、
堤防下にあるコンビニで暫し歓談。
キル兄ぃはもういい色に焼けてるし、
キルワニちゃんも走りこみオーラ出しまくってるし、
俺は真っ白やし...
2011052208.jpg

キルワニちゃんとこから勝手に写真拝借(^^)
2011052209.jpg

平野~紀見峠~橋本~大淀~橿原~王寺~平野

走行距離:124.7km
走行時間:5時間57分29秒
平均速度:20.9km/h
最高速度:63.3km/h
消費カロリー:5081kcal
最大心拍数:128%(MAX190に対して)(←線路沿い高圧線下で誤作動)
平均心拍数:87%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
大淀のほうとりあえず
2011052101.jpg

今日は暑かったですねぇ。
5月でこんだけ暑かったら、12月はどないな暑さになるんやろね(^^)

南河内サイクルラインでキル兄ぃ&キルワニちゃんとバッタリ対向して、
経済情勢などについて小一時間(^^)ほど熱く語り合ったこと等は
また改めて書きます。

Distance : 124.7km
Avg. Speed : 20.9km/h
Max Speed : 63.3km/h
シマノ鈴鹿ロードレース受付始まる
5月20日0時00分より、シマノ鈴鹿ロードレースの受付が始まりました。
(クリックすれば大きくなります)
2011052001.jpg
http://www.shimano-event.jp/11suzuka/top.html

例によってスポーツエントリーから申し込みできるんだけど、
今年はクレジットカード決済ができなくなってます。
(クリックすれば大きくなります)
2011052002.jpg
http://www.sportsentry.ne.jp/event.php?tid=26681
http://www.sportsentry.ne.jp/event.php?tid=26682


まだ今年の初乗りも済ませてないのに(爆)
エントリーだけはとっとと済ませました(^^)

今年は昨年に引き続いて
 ●タイムアタック(個人タイムトライアル)
それと
 ●2時間エンデューロ・ソロ

ま、自分的には個人TTだけでもいいんだけど
せっかく鈴鹿行って東コース1周だけじゃもったいないしねぇ。

で、今年の目標は、タイムアタックは昨年と同様で
平均速度40km/hを超えるために
東コース1周2.243kmを3分21秒以下で走ること。

ちなみに昨年は3分16秒30、平均速度41.14km/hで走れたけど、
加齢に因る衰えをどこまで克服できるか、やね(^^)


2時間エンデューロ・ソロは、1周10分ペースで12周を目標にします。
昨年の秋の耐久と同様、自分からのドラフティングはしないつもり。
後ろにつくのは勝手にどーぞ、って感じで。
ここ数年の傾向としては、裏のストレートから利用されて、
ホームストレートでサヨナラされるんやけどね(^^)


昨年は自分がお世話になり且つ尊敬してる人に、
チームTTに呼んでもらえたんで、
メンバーに迷惑掛けないようってことで
かなりモチベーション高く練習できたんだけど、
今年は気合入れなきゃすぐに怠けてしまいそう。

っていうか、まずは今年の初乗り済ませなきゃね(^^)
2011052003.jpg
ここ笑うとこですか?
今月末のC級インストラクター認定講習会に向けて
せっせとスノーボード教程を読んでるんですが...
(現在2巡目)

滑走技術などに応じて「基本技術の重要度」と称して
必要とされる技術を「星の数」で示してくれてるんですね。

たとえば「ダイナミックカーブ・ショート」では
「ストローク」が星の数5個なので重視すべき必要な技術。
「ローテーション」は星の数3個なので、
「ストローク」ほどではないが必要とされる技術、ってな感じ。
2011051901.jpg

で、発展技術に「新雪・深雪でのパウダーラン」
ってのがありまして、
2011051902.jpg


そこに求められる技術とその重要度は...
2011051903.jpg

え?
なんですと?
2011051904.jpg

「早起き」(^^) しかも星の数5個(爆)

「ラインどり」や「抱え込み」より重要な『早起き』(^^)

そりゃ、パウダーいただこうと思ったら、
早起きして一番のリフトに乗らなきゃだめだけど、
それにしても重要な基本技術が「早起き」って...

ここ、やっぱり笑うとこなんでしょうか(^^)
早くかたづけなくちゃ...
もう滑り納めして2週間以上経つのに...

作業部屋は雪モードのまま。
2011051801.jpg

ブーツもインナー抜いて放置状態。
2011051802.jpg

いえ、ホントはやればできる子なんです(^^)
滑り納めてすぐにやればよかったものの
間が開いちゃって腰が重くなっただけなんです。

今日こそはやるぞ。
まずはひとつづつ、ブーツの清掃から始めよう。
(と自分にプレッシャー掛ける(^^;)
C級インストラクター認定講習会受講票届く
C級インストラクターに関する情報は、
その手続きやなんかがあんまりネット上に転がってないので、
差し障りのない範囲で記事にしていこうと思ってます。

定員60名、あぶれたら他所の遠いとこで受講しなきゃいけないので
受付開始日にソッコーで申し込んでたんですが、
無事に受理されてホッとしました。
(クリックすれば大きくなります。タイムスケジュールなど参考に)
2011051701.jpg

今年度から、早めに入金すればテキストを事前に送ってくれるらしい。
(入金が遅れると当日会場で配布とのこと)

と、これだけではネタにならないので、
Cイントラ資格取得までに掛かる最低限の費用を書いてみます。

仮に、バッジテスト2級も1級も一回で合格した場合、ですが

JSBA入会費            : 1,000円
JSBA年会費            : 5,000円
JSBAバッジテスト2級受験料    : 2,500円
JSBAバッジテスト2級公認料    : 2,500円
JSBAバッジテスト1級受験料    : 2,500円
JSBAバッジテスト1級公認料    : 2,500円
JSBAスノーボード教程(書籍)   : 2,520円
C級インストラクター認定講習会受講料 :20,000円
公認料・オフィシャルキット代     :16,000円
-------------------------
合計                 :54,520円

実際には自分はバッジテスト1級をたくさん受けてるし(^^)
バッジテスト受験の事前講習費用も各級毎に必要ですが、
これは受験場所によって違うので計上してません。

その他、練習に費やした直接的/間接的費用を考えると、
あ~、やっぱ計算するのやめよ、となりますね(^^)
バランスボール
オフトレの一環として「バランスボール」導入しました。

過去にもバランスボールトレーニング、やってたんですが、
今回は筋トレ目的ではなく、日常の「椅子」代わりに利用して
骨盤の柔軟性を高めようという目論見。
2011051601.jpg

パソコン作業やその他、テーブルにつくときにはこれに座って、
骨盤をグルングルン回してます。

元々カラダが硬いので、
骨盤回りの柔軟性を高めて、その稼動域を広げることは、
スノーボードでも自転車でもパフォーマンスの向上に繋がるはず。

ただ、食事時にも使うと酔いそうになるんよね(^^)
ちょっといい話
昨日は気合(^^)で仕事を定時に終え、
髪を切りに (&白髪染めも(^^;) いつものEGAOさんへ。
2011051301.jpg

たまたま震災の話になったんだけどね。

ウチの近所にも、大阪市が空き住宅を提供して、
そこに被災された方々が何世帯か来られてるんですよ。

で、EGAOさん、
「被災されて来られてるかたのカット、無料でさせてもらいます」
って、役所のほうに申し入れたらしいんよね。

そうすると、役所もすぐに動いてくれて、
そのことを被災された方々に伝えてくれて、
結果、何組かカットに訪れたそうなんです。

EGAOさんって、その技術はホント、ハンパなく素晴らしいもので、
それだけでも値打ちがあるんだけど、それ以外の部分、
お話ししながらマッサージを受けたりとかね、
そういったところで凄く癒されるんです。
こちらのスタッフは、それぞれが違った個性を持ってて、
そこに居る1時間~2時間の間、
それぞれのスタッフがそれぞれのやりかたで
凄く心地よいひと時を提供してくれる。

「お客さん、喜んでたんじゃない?」
と聞くと
「はい、喜んでいただけたみたいでした」
って語ってくれたけど、ホントそうだと思うなぁ。

2011051302.jpg

EGAO men's cut & relaxation !
http://www.geocities.jp/egaohair/
筋金入りのアルパインスノーボードレーサーとカーヴァ-達
↑と直訳すると、なんかとんでもないことになりますが(^^)
Facebook上に
「HARDCORE Alpine Snowboard Racers & Carvers」
というグループがありまして...

クローズドなグループなのですが、
海外のアルパインボーダーの動向や技術、
新しいマテリアルなどについても一早く情報が得られるかも、
などと考えて、参加申請を出してみたのが今年の2月頃だったか。

ところが、数日経っても数週間経っても音沙汰がなく、
「わけわからん日本のアルパイン乗りなんか、シカトですかそーですか」
と思ってたんですが、つい昨日、承認の通知が届きました。

なので、挨拶代わりに自分の写真、
爺ガ岳で石井さんに撮って貰ったものね、
それを、「グループに混ぜてくれてありがとねー」のメッセージとともに
投稿しておきました。
(クリックすれば大きくなります)
2011051201.jpg
2011051202.jpg

投稿したのはこの写真
(クリックすれば大きくなります)
2011051203.jpg

そうすると、一言レスが貰えてナニゲに嬉しかったりして(爆)
(クリックすれば大きくなります)
2011051204.jpg

次は、「なんちゃってプレート」の写真でも投稿して、
反響を窺ってみます(^^)
計算はしません
2011051101.jpg

しません、というか、怖くてできません(^^)
某DRAGS-007さん(仮名(^^;)は勇者なので計算されますが
自分は枚数すら数えることができません(><)

ICチケットのスキー場(マイアとかヨンナナとか栂池とか)や
リフト券が温泉の入湯券になるスキー場(平湯温泉とか飛騨かわいとか)
の分はこの写真には写ってないので、実際はさらにプラスαあります。

来シーズンは、12月の前半はいつものようにマイアやMt.乗鞍のような
人工降雪機でオープンするところでシーズンインを迎え、
12月中旬以降、爺ガ岳がオープンしたらシーズン券でどっぷり滑り込み(^^)
毎年恒例の年末年始の黒姫も含め、時々は爺ガ岳を離れて、
他のスキー場に出稽古に出かけて自分にカツを与える(^^)
爺ガ岳がクローズしたらアサマ2000にシフト。
その後は雪を求めて成り行き(マイアか白馬方面)ってな計画です。

また鬼が笑う話だな(^^)
なかま
まぁだ夏モードにアタマを切り替えられずに居ます。
それは雪のシーズンが充実してたからに違いないんだけどね。

一色国際スキー場が廃業してからというもの、
ホームゲレンデジプシーだった自分も
ようやく「ホーム」と呼べる場所を見つけた気がするんよね。

2011051001.jpg

最初は「岸さんのスクールでレッスンを受けたい」との思いで
通いだした爺ガ岳スキー場だけど、毎週のように通ってると、
やはり同じく毎週のように頑張って滑ってる人たちのことは
いつも目にするがゆえ、自然と記憶に残るようになる。

一緒に滑ることは無くても、リフトの上から、コース上から
そういった人たちの滑りを見てると、刺激を受けるし、
自分もまだまだだから頑張んなきゃ、って思える。

みんなスノーボードが好きで、もっと上手くなりたい、
上手くなって楽しみたいって人たちだから、
自然と(自分の勝手だけど)仲間意識も芽生える。

2011051002.jpg

単独行の自分にとっては、大阪からの6時間、大阪への6時間は
長い長い移動時間だけど、スキー場に行けば仲間が居る。
ごんたさんファミリーが、irieさんファミリーが、HR野さんファミリーが、
シバターさんが、マツコSTDさんが、親爺さんが、タッキーさんが、
そしてスクールの先生がたが...

自分がバッジテストに向けて頑張れたのは、
こういった人たちのおかげだと、本当に思ってます。

2011051005.jpg

来シーズンの目標は、エコーハウス内のスクールカウンター前の
常連さんがいらっしゃるテーブル席に
気後れすることなく行けるようになることだ(^^)
みなさん、来シーズンもよろしくお願いします。

2011051004.jpg
年に2回のイヤ事
滑り納めの前々日に頑張って済ませてたんだけどね。
GW後半は体調崩したんで結果オーライでした。
年に2回のイヤ事...タイヤ交換。
2011050901.jpg

このクルマに乗り換えてからはローダウンしてないんで
ガレージジャッキが使えるんだけど、
それを自宅から下ろしてくるのすら面倒になって(^^)
車載のパンタグラフジャッキでチマチマと...
2011050902.jpg

コンプレッサーでエアを充填して...
2011050903.jpg

はい終了っと。
2011050904.jpg

歳(^^)とともに年々この作業が面倒になったきた。
このあとタイヤを自宅ベランダまで持ってく作業が最高にイヤなわけ。
冬を前に、夏タイヤから冬タイヤに換えるときは
これからシーズンが始まるワクワク感で相殺(^^)されるんだけどね。
逆にこの時期はシーズンが終わる寂しさが加わって
シンドさ2倍になります(^^)
クスリ漬け+「ジャイブ&カーヴ」更新しました
本日は出勤でございます(><)
しかしねぇ、こんな中途半端な土曜出勤なんかさせずに、
キリよく週明けからでええんちゃうの? と思う今日この頃...

はい、体調が良くないと2日ほど前に書きましたが、
熱は下がったものの咳が変(?)なのでいつものローテクな(^^)お医者さんへ。

血を抜いてもらって、薬をしこたまもらって来ました。
まぁこれで気持ち的に楽になるからよいのだ。
2011050701.jpg


さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

5月2日(月):栂池高原のレポートです。
いちおう今シーズンはこれで滑り納め。
体調を戻してから、ボチボチ自転車に移行します。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

要らないほうがいいんだけど
ある種のめがねも

「シニアグラス」

とか

「リーディンググラス」

なんていいかたするとね、なにげに小洒落た感じもありますけどね。

『老眼鏡』

でございますよ所詮は(爆)

もうそのお世話になりだして数年は経ちますね。
元々視力のある人のほうが遠視になりやすいとは聞きますけど
自分も例に漏れずそのクチです。

それでも使用頻度は少ないんで、クルマの中にひとつ、自宅にひとつ、
それぞれ100円ショップで買ったのを用意して使ってたんだけど、
このごろは通勤電車内で本読むのも辛くなってきまして、
さすがにそこで100円ショップのを使うのは恥ずかしい。

でもめがね屋さんで作るのもなぁ、と思ってたら、
市販の出来合いのもので、こういうのがあったんですよ。
2011050601.jpg

ぱっと見、普通のめがねっぽい。かなりお手ごろ価格でした。
なので、普段使いに上の青いの、仕事用にちょい地味目のを
それぞれ入手しました。老眼鏡は度数が決まってるから
視力を測ったりとか、そういうのが必要ないのがお手軽ですね。
2011050602.jpg

いや、ホントはこういうの使わなくて済むほうがいいんだけど(^^)
熱に弱い
5月2日に白馬に滑り納めに行って、
天候の影響でスキー場はグダグダでしたが
またそのときのことは改めて書きます(^^)

3日・4日は所用で出てましたが体調がちょいとすぐれず、
戻って5日の今日の体温はこんな感じ。
2011050501.jpg

普段、平熱が低い上に滅多に熱を出さないので
37度越えるとなかなかにシンドイのであります(^^)
明日から仕事だし、また寝て回復に努めるとしよう。
ひょうたん危うし
自分は「鬼が笑う」を通り越して「鬼が放置する」くらい
先のことを妄想して喜んでるクチなんですが(^^)

まだC級インストラクターの認定ももらってないのに、
もうB級インストラクターの受験を考えてます。

いえ、もちろんBイントラのハードルがとんでもなく高いことはわかってます。
簡単に取得できるものではないことはよーく認識してます。
取得されるかたの多くは、Cイントラ取って、どこかのスクールに所属して
十分に経験をつんでからBイントラを、っていう場合がほとんどだしね。

自分も実際は2年計画で考えてますが(そうすると取れたら50歳かよ...)
まぁ目標は高く、夢は大きく、妄想も大きく(^^)ってことで。

で、その実技検定の要項を見てたらなんと...
(赤枠で囲んだとこです。クリックすれば大きくなります。)
2011050101.jpg

『「公式用品」の使用が義務付け』

自分の場合(アルパインの場合ね)
 ボード:F2-公式用品
 ブーツ:DEELUXE-公式用品
 バインディング:Raichle(現DEELUXE)-公式用品認定切れ

ゲゲッ、
今のバインディングではBイントラの実技検定を受けられないのです(><)
2011050102.jpg
フリースタイルなら、自分が持ってるのは全部サロモンなんで
どれも問題なく公式用品なんだけど
バッジ2級も1級もアルパインで取得したんで、
ここまで来たらアルパインで頑張りたいんよね。

この、通称「ひょうたん」バインディング、なんせ重いんで、
センターディスクとボルトを友人に特別にチタンで作ってもらったりして、
気に入ってるんだけどなぁ。

ただ、もう10年は使ってるから、破損の危険と隣り合わせなのは確か。
そろそろ変え時(買い時)のタイミングなのかも。

自分としてはINTECの仕組みが気に入ってるんで、
ステップインならF2のバインディングが候補になるんだけど、
来季も岸さんのスクールのお世話になるつもりなので
G-STYLE(SHR)にしたほうがいいのかなぁ。
でも、イントラのかたが、雪詰まりで嵌めるの苦労してたのよく見かけたんで
そのあたりの使い勝手はどうなんでしょう?
ユーザーのかた、また教えてください。