日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
今日もいい天気でした


昨日より雪の緩むのが早かったので
今日のほうが暑かったかも。

昨日攣ったところの痛みは残ってましたが、
今日は足攣りに悶えることなく(^^)
ガッツリ自主練習できました。

しかし、毎週滑ってるのになんで昨日に限って
動けなくなるほど足が攣ったんだか…

ま、それは考えないことにして(^^)
緩斜面限定ですが、2軸のショートターンが掴めたかも。


あ、もう筋肉痛が…
もしかして若がえった?
〈そんなわけないです…〉
スポンサーサイト



今日は足攣りデー
朝からいい天気でした。
が、前日が雨だったそうで、
10時頃までバーンはカチカチ。


いつもなら午前中ずっと休憩なしで滑るのですが、
硬いバーンで頑張り過ぎたのか
足攣りの兆候が出てきたので
たまらず休憩に入りました。

今日はレッスンを受けず自主練習だったのですが、
こちらのスクールの先生方は挨拶してくださったり、
お声掛けくださったり…ありがたいことです。

あっこ先生、ありがとうございます。

午後にははっしー先生ともお話できたし。

お昼はいつものようにシャンティロッジにて黒部ダムカレー。

こちらのスタッフのかたも、
「検定どうでした?」と気に掛けてくださって
これまたありがたいことです。

レッスンを受けてるときは、
食事だけしたらすぐに出て行く
って感じでしたが
今日はゆっくりできました。

足攣りが酷くてすぐに動けなかった、
というのもあるんですが(^^)

長野県限定のキットカットもいただきました。
一味が入ってるそうです。


午後はさらに足攣りが酷くなり、
一本滑ってはうずくまって痛みに悶えてるときも(^^)

それでも騙し騙し滑って、
気がついたら結局最終まで居ましたとさ(^^)

じゃ、ご飯と温泉だ。
お手頃インナーウェア
自分の場合は「かなりの暑がり」ということもあるんですが...

ハイシーズンのむちゃくちゃ寒い時でも、
スノーボードウェアのアウタージャケットの中に着るインナーは
1枚だけなんです。

で、それもまたかなりお値打ちなのを愛用してて、
ハイシーズンの寒い時は、生地厚めでゆったりの
ユニクロのヒートテックタートルネックT
(クリックすれば大きくなります)
2011022501.jpg

ちょっと暖かいときは、生地薄めでタイトな
イオンのヒートファクトタートルネックTシャツ
(クリックすれば大きくなります)
2011022502.jpg

中に着てるのはこれだけ。
これでも、先週末などは滝のように汗流してました(^^)


暑がりじゃない正常な(^^)かたでも、
なにかミドルを組み合わせればかなり快適かと思われます。

この手の「高機能インナー」と呼ばれるもの、
ユニクロやイオンなどのものはホントお手頃価格で助かります。

しかも今の時期はさらに値下げしてるしね(^^)
暖かくなってる今、いろいろと考えてみる
ここんとこ暖かいですねぇ。
冬もしっかり自転車に乗られてるかたにはホント良いことです。

が、雪と戯れる者にとっては困ったことです。
今年は寒いとか言いながら、結局こうなるんよなぁ。
まだ2月なのに...

まぁ、こういうときは3月にも寒波が来るはず。
いつも言ってることですが、
普段雪の降らないとこは暖かくていいから、
雪国だけは寒くして欲しいものです。


さて、この暖かさとともに、春からのイベントの案内が
ちょこちょこと届いております。
とりあえずは春の耐久系が2イベント。
2011022401.jpg

5月3日の岡山エンデューロの頃はまだ雪の上に居るだろうし、
5月28日・29日の鈴鹿エンデューロの日には、
ちょうど2日間に渡ってCイントラ認定講習会があって参加の予定。
その前に1級取らなきゃいけないけど(^^)

ちなみに、案内パンフにはこわハゲさんが写っております。
旧ジャージだし、SIDIのシューズだから結構昔だな(^^)
2011022402.jpg

今シーズンの自転車のほうは、
 ・夏の鈴鹿で個人TTと2時間エンデューロ・ソロ
 ・秋の鈴鹿で4時間エンデューロ・ソロ
これはエントリーの予定。

内灘の個人TTも出てみたいけど、
自分の自転車の始動は5月中旬からだから
6月開催の内灘にはちょっと準備が間に合わないな。
でも、11月の九十九里のTTが今年も開催されるなら行ってみたい。
千葉は遠いけど(爆)


でもその前に、雪のあるうちはこっちに全精力傾けます(^^)
2011022403.jpg

先にも書いた通り、今季中に1級→Cイントラまでいきたいので、
次の検定受験は3月中旬からにして、それまでしっかり滑り込むつもり。
1級をナメてたつもりは全くないけど、イントラの先生がたも
「私だって、何度も何度も1級落ちましたよ~」
なんて言ってたくらいだから、やっぱりハードルは高いんだろうねぇ。

ま、それだけに挑戦し甲斐があるってもんです。
でも検定合格「だけ」が目的ではなく、
最終的な目標は自分が満足し納得する滑りができるようになること。
楽しむことも忘れずにいれば、結果は後からついてくる、ってことで(^^)
フォトギャラリー続き+「ジャイブ&カーヴ」更新しました
本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

2月20日(日):やぶはら高原スキー場のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします




以下、フォトギャラリーの続きです(^^)

●とくぴー
2011022302.jpg
2011022303.jpg

●りえぽん
2011022304.jpg
2011022305.jpg

●あくせる
2011022306.jpg
2011022307.jpg
雑多にいろいろと
ときどきこのブログで話題にしていた
伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」
2011022201.jpg

文庫本になったってことで通勤時に読み始めましたが、
やっぱおもしろいね。

第三部までが伏線で、第四部から伏線の回収に入るんだけど、
今その第四部の核心に入ってきたとこで、
つい夢中になってて地下鉄を降り過ごしそうになったほど(^^)
2011022202.jpg

こういう伏線たっぷりで、
あとから「おぉ!おぉ!そっかそっか」ってなる作品は好きなんよね(^^)

映画版も大きなスクリーンで観てみたいものです。


さて、話は変わって、今日は2月22日。
猫の日です。

YouTubeにアップされてるもののなかから、
いつも自分の携帯端末に入れてて、癒してくれる動画がこれ。



昔ウチに居た猫もよくこういうポーズやってたんよなぁ...
やぶはら高原
ひさびさなお友達と、やぶはら高原滑ってきました。

天候:晴れ
積雪:160cm ちょい硬めの圧雪

ダイヤモンドライナーを降りたあたりにて。
遠くの雲が鳥のように見える。
2011022101.jpg


●とくぴー
2011022102.jpg
2011022103.jpg


●りえぽん
2011022104.jpg
2011022105.jpg


●あくせる
2011022106.jpg
2011022107.jpg

皆ガンガン滑れる人たちなので、
ガンガン滑ってきました(なんのこっちゃ(^^;)


とくぴー>ずっと運転から何からお任せでごめん。ありがとね。
りえぽん>いつもながら細やかな気遣いありがとです。

また行きましょねー(^^)
リセットする「勇気」と「楽しさ」
これまでずっと自分の好きなように滑ってきて、
たいていの斜面は滑って下りて来れて、
「上手い」と言ってくれる人も居て、
(↑自分は全然そう思ってないけどね)
楽しんで滑って来てたつもりだったけど、
何かしらの「頭打ち感」を感じていた。

今シーズンに入って、スクールのお世話になり、
これまでの滑り方を一度全部壊して、
ゼロからスタートさせてもらうことができた。

それこそ、サイドスリップからね。

それまで普通に無意識にやってきてたことを
封印してしまうのは勇気の要ること。
そのままでも十分に滑れてたんだから。

でも、一度ゼロに戻って、また組み立てなおすことを
スクールの先生方にサポートしてもらって、
自分の滑りが良いほうに変わっていくのを感じるのは
この上ない楽しさがある。

この歳になって、こんな気持ちにさせてくれたのは
爺ガ岳でのスクールの先生方のおかげだ。

今は未だ一進一退、三歩進んで二歩(以上?)下がってる状態だけど、
足元がしっかり固まってきているのを感じられる。

そして今、スノーボーディングが本当に楽しい。


人生においても、何事においても、リセットするのは勇気が要ること。
でも、勇気を出して一歩踏み出せば、新しい何かが開けてくる。
そしてそこに、またよりいっそうの楽しさが見出せる。

...と思う今日この頃(^^)

2011021801.jpg
エコーバレー恐るべし
今日はやたらとクシャミが出て止まらないんだけど、
花粉舞ってるの? というか、自分は花粉症ではないはずなんだけど...
(鼻炎持ちではあります)

とりあえずこいつで様子見るか...
2011021701.jpg


さて、話はガラリと変わって...
長野県に「エコーバレースキー場」ってのがあります。
自分が好きなライダーのひとり、Mac遠藤さんのお膝元ですね。

一度行ってみたいと思いながら、中央道の岡谷ICより東側って
どうも大阪から遠くに行く印象があって、
まだ訪れたことがないスキー場なんです。

で、先日爺ガ岳でマツコスタンダードさん(注:デラックスではない)
から聞いた話なんだけど、エコーバレースキー場では

「本日はバーンが柔らかくなっておりますので

 滑走には十分ご注意ください」


なんてアナウンスが流れるらしい。

「え? なんで柔らかいのに注意?」 と思ったアナタは正常です(^^)
普通なら初心者に向けて「雪が硬いので注意」って言うものなんだけど、
なんで「柔らかいので注意」って言うのかってーと...

アルパインボード乗りとかスピード系のライダー、スキーヤーにとっては、
実は柔らかい雪のほうが怖くて危険なんですよ。
調子良くかっ飛ばしてたら柔い雪にノーズ喰われてクラッシュ、
なんてこともあるわけで(もちろん技術レベルによりけりですが)

エコーバレースキー場は普段から硬めの雪で、
それゆえ自然とそういう人たちが
多くやってくるスキー場らしいんだけど、
こんなアナウンス流すって、粋というかシャレてるじゃないですか。
こういう話を聞くと、一度行ってみたくなるんよなぁ...

写真はエコーバレースキー場ではありません。(行ったことないし)
爺ガ岳スキー場の「エコーゲレンデ」です(^^)
2011021702.jpg
閉め忘れに注意+「ジャイブ&カーヴ」更新しました
先々週末、雪山に向かう時のことだったんですが...

自宅を出て近畿道→第ニ京阪道と走っていたとき、
自分の右側レーンをミニバンが通過していったんです。

で、そのミニバン、なんか屋根に大きなもの積んでるなぁと思ったら、
そうじゃなくて、ルーフボックスのフタが上に開いてたんです。

「そんなことあるの?」と思うかたも居るかもしれませんが、
実は自分も過去にやったことあるんですよ(^^)
4年くらい前だったか、自宅から名阪国道の天理東の先、
そこで工事渋滞に捉まったんだけど、
そのとき横に居たクルマのドライバーが「開いてるでー」って(^^)

この間約40km、ルーフボックスのフタ全開で走ってたんだけど、
幸いにも積んでたスノーボードは落ちずに残っててホッとしたのでした。


話を戻して、と(^^)
そんな経験を自分もしてるもんだから、
これは知らせてあげなくちゃ、と思ったんだけど、
そのミニバンがまた飛ばす飛ばす(^^)

京田辺の料金所通過でスピードが落ちた時に、
ようやく左側に並んで、窓開けてクラクション軽く鳴らして、
屋根のほうを指差して、手をパカパカ開いたり閉じたりして...

なんとか伝わったのか、ミニバンもクラクションを軽く鳴らして
レーン変えて下がって行きました。


このミニバンの人はどうしてあけっぱだったのか不明だけど、
自分のときは、走ってる途中で開いたんじゃなくて、
荷物入れた後に閉め忘れて走り出したんです(^^)

まさか、と思うことをやっちゃうこともあるんで
気をつけましょうね(と自戒をこめて(^^;)

2011021601.jpg



さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

2月12日(土)~13日(日):爺ガ岳スキー場のレポートです。

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

ショートターン考
またまた備忘録的な記事ですが、自分が忘れないためと、
同じようなところでつまづいてる人たちのために...

先日のバッジテスト終了後、
検定員の先生から事後評価を頂いてるときのこと。


フリーランでは70点を取れたのですが、
検定員のおひとり、クレヨン校長に言われたのが
「フリーランのスタート、ショートターンから入りましたよね?
 あれ良かったんです。ショートターン(の検定のとき)も
 あの位のターン孤があれば良かったんです。」
と言われたんです。
(ちなみにショートターンは69.5点でした)

2011021501.jpg

で、このブログ、たぶんクレヨン校長はご覧になってないと思うので(^^)
あえて吐露しちゃいますが、実はフリーランのスタート、
自分はミドルターンのつもりだったんです(爆)

でも、検定員おふたりがショートターンと認識してくれたのだから、
自分の意識はどうあれ、ショートターンだったのでしょう。
実はミドルのつもりでした、とは、つい言い出せなかったんですが(^^)

それまでもレッスンで、ショートターンでは多くの先生から、
「ターン孤が小さいので、もう少し大きく孤を描くように」
と言われてたので、自分でミドルの孤を作るくらいの意識で、
結果的にちょうどいいショートの孤になったんだと思います。

ちょうどそのとき、同席していらしたもうひとりの検定員の品川さんから
「ショートターンは2本の軸(フォールライン)をイメージして滑ると
 ターン孤が浅くなることはない。」
といった内容のアドバイスをいただきました。

ショートターンには1軸と2軸があることは、
言葉として漠然と知ってましたが、
そこを強く意識して、ましてや使い分けを意識したことはなかったんです。

じゃあ、自分はどういう意識で滑ってたかというと(ショートターンね)

1.まず滑る先の目標を決める。(検定なら検定員のひとりを目指す)
2.その目標と自分とを結ぶ線を思い浮かべる。
  (結果的にフォールラインになるはず)
3.その目標に目線を固定したまま、かつ、
  その線上に上体をキープしたまま、
  股関節またはヒザより下側だけが
  左右に孤を描くようにターンして降りていく。

こうして考えてみると、1軸のショートターンですよね。

で、この滑り方、緩斜面だとボードの全長使って丸いターン孤作って
キュンキュン気持ちよく切って滑れるのが体感できる。
ボードのノーズから入ってテールに抜ける感じも体感できる。
が、中急斜面でこれやると、どんどんどんどん加速していっちゃう。
加速したスピードで下りても怖くはないけど、
つじつま合わせにチョンチョンと
エッジtoエッジで滑るだけの浅いターン孤になって、
当然ながら検定バーンでやると暴走とみなされるわけです。
(自分の今の技術レベルでは)


またさっきの話に戻って、ミドルターンのつもりだったショートターン、
これって実は2軸のショートターンだったのか? という気がしてきました。
2本の軸は正直なところ意識にはなかったんですが、
それを意識すればより明確になるだろうと思います。
体軸が傾いていればミドルターンと捉えられたかと思うけど、
早い切り替えを意識してたんで、
おそらく体軸はそれほど傾いてなかったはず。

しかも、そのリズムなら、
1.前足で捉え、
2.後足で荷重
3.↑と同時に逆サイドの前足の捉え
4.後足で荷重
の一連の動作を意識しながら行える(だけの時間的余裕がある)
ターン孤を自分で調節できるからスピードコントロールもできる。
暴走気味の1軸ショートでは、
忙し過ぎて意識が追いつかなかったんですよね。


そんなことを考えてたら、早く雪山に行って試してみたくなりました(^^)

2011021502.jpg
週末のスナップ
土曜日は、アサマ2000パーク校の校長である山本豊本部長が、
わざわざアサマ2000から爺ガ岳まで出向いて
プライベートレッスンしてくださいました。
「1級合格も大事ですが、そのための目先のことにとらわれるのではなく
 将来のB級取得まで視野に入れて、今日は基礎固めをやりましょう」
ということで、前足の捉え、前後荷重移動、板と共に体を落下させる意識、
前後の足の交互操作、後足の、前足の軌跡への追随、等々、
徹底的に叩き込んでもらいました。
自分のものにするために、まだ何度も繰り返し練習する必要がありますが、
やらなければいけない事柄はわかったので、あとはとにかく滑り込むのみ。
山本本部長、ありがとうございました。
2011021401.jpg

今、おおまち雪まつりが開催されていて、
週末はなにかしらイベントがあります。
この日は花火が上がってました。
しかし花火の撮影は難しい...
2011021402.jpg

翌日曜日は検定本番。
スクールの先生方、受験者のみなさんと。
2011021403.jpg

このところ爺ガ岳で親しくしていただいてる
シバターさん@長野県飯田市
2011021404.jpg

マツコスタンダードさん(注:マツコデラックスさんではありません)
は東京から。
ちなみに「マツコ」さんは愛称で、中味は立派な男性です(^^)
2011021405.jpg

今回の検定では正式な前走がなかったのですが、
ピカチュウさんが前走代わりを務めてくれました。
しかも、中盤でワザと転倒して場を和ませるというパフォーマンス付き(^^)
しかし、ロング一走目のシバターさんが連鎖反応?で転倒してしまい、
以降「呪いのピカチュウ」と呼ばれることに(^^)
2011021406.jpg

ピカチュウ曰く「子供は手加減知らずにムチャクチャしてくるから
ここらで大人の厳しさを教えてやる...」と、
子供相手に本気モード突入(^^)
2011021407.jpg

こうして週末は過ぎていったのでした(^^)
また1級 落っこちました~


でもめげずに頑張るもんねっ、と(^^)
爺ガ岳スキー場にてレッスン


スクール前のテラスにて。
左から、本気キッズのたかくん、まつこさん、クレヨン校長、あくせる、山本本部長。
〈写真提供:クレヨン校長〉



なんと、山本本部長直々のレッスンを受けることができました。
内容はひたすらショートターンです。

数多くの指導、アドバイス、ヒントをいただきました。
あとはそれを自分のものにするために、
繰り返し繰り返し、練習努力を重ねるのみ。

山本本部長、素晴らしいご指導をありがとうございました。

クレヨン校長、いろいろなご配慮に感謝いたします。
あ~あ
大阪にもやっぱり降りましたぁ...
2011021104.jpg

2階駐車場の人、スロープ降りれるんやろか。
2011021102.jpg

阪神高速は全線通行止めみたいです。
(クリックすれば大きくなります)
2011021103.jpg

中央道も中津川からチェーン規制。
東海北陸道も高鷲からチェーン規制。
今晩から雪山に行く人は早めの行動が吉かもです。
(クリックすれば大きくなります)
2011021105.jpg

午前中の情報なんで、これからどう変わるかわかりませんから、
最新の情報はチェックしてくださいね。

日本道路交通情報センター
http://www.jartic.or.jp/
大阪は降らんでええねん
先週末から今週始めにかけて一時暖かくなりましたが、
また寒波がやってきました。
ここのところの天気予報では1月からの寒波で、
近畿北部はずっと雪マークとなってましたが、
ついに大阪にも、明日から雪マークがつきましたよ。
(ウェザーニュースさんから引用。クリックすれば大きくなります)
2011020901_20110210095934.jpg

本当に降って道路に積雪ができると、
大阪の道路交通はえらいことになるんです。

「雪道の運転は慣れてるでしょ?」と言われますが、
確かに自分は慣れてても周りが慣れてないわけで...

まずはタイヤ。
自分のように毎週雪山に行く人は
ほとんどがスタッドレスタイヤ装着済みですが、
年に数回、或いは全く雪山に行かない人はノーマルタイヤ。
大阪のクルマはほとんどがそうです。
ま、大阪は無積雪地ゆえ、それは当然しかたないことです。

で、そういった人たちが出先で雪道に遭遇すると、
全く身動きがとれなくなってしまう。
タイヤチェーンでも積んでればまだマシですが、
それとて、普段着けなれてないから装着に苦労するし、
着けたところで雪道の運転には慣れてないので怖いことになる。

何年前だったか、大阪に大雪が降った時、
ウチの近くにある跨線橋を登れなくなったクルマが数台立ち往生し、
雪が融けるまでそのまま放置されてた、なんてこともありました。

なのでねー、雪は雪山だけに降って欲しい(^^)
といっても、そんなに都合よくいかないだろうから、
大阪に積雪があったときは、皆さん気をつけましょうね。

2011020902_20110210095934.jpg
(これはもちろん大阪ではありません(^^;)
トンネルを過ぎても...
中央自動車道、長野県と岐阜県の県境に
「恵那山トンネル」があります。

2011020901.jpg

DRAGS-007さんのテリトリー(^^)にある関越トンネルは
日本では最長の11kmほどもあるから、そちらには及ばないものの、
こちらも8.5kmほどもある長いトンネルです。

白馬方面から帰ってきて、このトンネルをくぐると
結構戻ってきたなぁと感じるんですが、
果たしてホントにそうなの? と思って調べてみました。

2011020902.jpg

なんだ、全然戻ってないぢゃん(爆)

白馬・爺ガ岳から自宅までが約430km
内、白馬から恵那山トンネルまでが約150km
ってことは、1/3ほど消化しただけだったんね。

わざわざ調べないほうがよかったかも...(^^)


大阪へ戻るルートとしては、
普通に中央道→名神とつなぐのが一般的ですが、
自分は大阪市内でも南のほうなので、
中央道の土岐ジャンクションから東海環状道に入り、
さらに伊勢湾岸道から東名阪→名阪国道→西名阪
とつなぐルートもありです。

2011020903.jpg

時間帯によっては名神も滋賀県や京都府あたりが混雑するんで、
後者のこのルートを通ることも多いんです。
距離は10kmほど伸びて約440kmになりますけど、
この場合、愛知県あたりで「帰って来た感」が出てきますね。


しかし、高速通行料が今みたく1000円+αじゃない頃は
白馬まで下道で行ってたんよなぁ。
昔は今より若かったとはいえ、とんでもないことだ(^^)
腰イタタタ+「ジャイブ&カーヴ」更新しました
自分は滅多に腰痛になることはないんですが、
昨日の月曜日あたりから腰、それも左腰だけイタタタになってます。

そういえば昨年のゴールデンウィークに2級のバッジテスト受けた時、
翌日から左腰~左背中に掛けて凄く痛んで、
寝返りも打てないほどの痛みだったのを思い出しました。

バッジテストのタタリか? (んなもんありません...)

レギュラースタンスだと左側が痛むのか、
そもそも滑り方が悪いのか不明。

金グリとボルタレンテープに頼ってみるかな。
とりあえず週末までに治ってくれないと...またお稽古があるし。
2011020802.jpg


さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

2月5日(土)~6日(日):爺ガ岳スキー場のレポートです。

今回も内容薄いです(^^;

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします

1級 落っこちました~


本日、バッジテスト受けました。

1級:受験者6名 合格者0名
2級:受験者7名 合格者2名
3級:受験者1名 合格者1名

というわけで、落っこちました~

まだまだ実力不足です。
もっともっと練習に励むとしよう。
バッジキャンプ


本日はバッジキャンプに参加させてもらいました。
キャンパーは全8名。
みなさん上手いんで、いい刺激をもらいました。

そして、レッスンしてくださったのが、
クレヨン校長。〈写真前列左、あくせるの左のかた〉
全日本スノーボードテクニカル選手権の
本選出場を決められた実力者なのです。
指導も要所要所をビシッと押さえた的確なもの。
ホントいろいろと勉強になりました。

クレヨン先生、ありがとうございました(^^)
やっぱり前足
2011020401.jpg

ここのところスノーボードスクールのお世話になって、
毎回毎回、それこそ何度も何度も言われ、叩き込まれるのが

「前足のとらえ」

レッスンでは繰り返し繰り返し練習することになるんだけど、
先週などはそのおかげで前足のスネ周辺の筋肉が痛くなりました。

誤解しないで欲しいのは、以前、前足のスネで、
ブーツのタンを潰すような滑りをしていたときに
同じように前足のスネが痛くなったりしたけど、
今回のはそういうものではないんです。
今は、スネでブーツのタンを潰すような滑り方はしてません。

切り替えのときの感覚で言えば、
山回りの仕上げで板が進むほうにスッと送り出して、
で、すぐに板に追いつくように後ろ足から前足に乗り込んで、
追いついた前足でそのまま板を押さえ込む感じ。

ショートターンでもやることは同じ。
前足でとらえて谷回りをしっかり作らないと
テールスイングになるか、
サイドカーブだけでナデて滑る浅いターン弧になってしまう。
(今の自分は油断するとすぐにこの↑状態になる)

ショートターンで誤解してたんだけど、
ノーズドロップってカーヴィングでも「必要なこと」だったんです。

ノーズドロップって言うと、どうしても「ずらす」イメージがあるから、
カーヴィングターンにおいては排除すべきものと思ってたんですよね。

でもそうじゃなくって、とにかくまずは前足でとらえる。
で、急斜とかでスピードコントロールが必要なら、
前足フラットの状態で谷回りを処理してコントロールする。
切っていける斜度なら、踏み込んで谷エッジに乗っていく。

このあたりがまだまだ不安定なので、週末の課題はここかな。
手も足も出ない、ってことにならないように頑張ろう(^^)

2011020402.jpg
がんばれアヒルちゃん
2011020301.jpg

こう見えて(^^) 加湿器です。

今年の寒さはハンパじゃないですが、
空気の乾き具合もハンパじゃない。
おかげで手の甲がひび割れて痛い痛いになってるのは
先日お伝えしたとおりです。

確か先シーズン、スノーボードしたあとで、
岐阜県か愛知県の薬局で買ったハンドクリームが
クルマに積んであったはず...
...と、出勤時にクルマに立ち寄って持ってきました。
早い目にこれ塗っとけばよかったんよなぁ...
2011020303.jpg


さて、またアヒルちゃんに戻りますが、
このアヒルちゃん、写真には上手く写ってませんが
口から一所懸命に湿り気を吐き出してくれてます。

がんばれアヒルちゃん

2011020302.jpg
今日をしっかり生きよう
TOTOが再結成して来日するらしいです。
といっても、ドラムスのジェフ・ポーカロは既に他界してるし、
ベースのマイク・ポーカロは闘病中。
それぞれサイモン・フィリップスとネイザン・イーストが
代わりを務めるらしいんで、それはそれで豪華やね。

さて、TOTOは好きなバンドなんで、好きな曲も多いんだけど、
今回取り上げたいのは「Live for Today」という曲です。

サビにもこの言葉は出てくるんだけど↓

Let's live for today, tomorrow may never come
今日を生きよう。明日は来ないかもしれない。)

これ、いい言葉だと思いませんか?


先のことなんてね、ホントわからんですよ。
明日、自分がこの世から居なくなってるかもしれないし、
友達や大切な人が、明日にはこの世から居なくなってるかもしれない。

だから、自分は今日という日を一所懸命に生きなきゃいけないし、
友達や大切な人に伝えるべきことがあるなら今日伝えなきゃ、
会いたいなら今日会わなきゃ、
明日は来ないかもしれないんだから、
明日じゃ遅いかもしれないんだからね。

先のことをアレコレ考えて、
自分の気持ちに素直にならないで意地張るくらいなら、
今の自分の気持ちに正直に行動したほうがいい。

明日は来ないかもしれないんだから。


後悔する人生だけは送りたくないよね。
何かをやらなかった後悔は一生引きずっちゃうから、
それならやってしまって後悔するほうがいい。

やってしまった後悔は、時が解決してくれる。

自分が死ぬ寸前に
「あ~、つらいこともいろいろあったけど楽しかったなぁ」
と思える人生にしたいもんです(^^)


TOTO : Live for Today
寒いですねぇ+「ジャイブ&カーヴ」更新しました
今日から2月ですねぇ。
しかし今年は寒い。ハンパなく寒いです。
自分の体感的には昨日がもう最高潮に寒かったです。

寒いし空気は乾いてるしで、
手もひび割れたり切れたりして痛い痛い(>_<)
2011020102.jpg

今週は少し寒さも緩むとか言ってますが、
街中はともかく、スキー場だけは暑くならないでください(^^)

さて、本家サイト「ジャイブ&カーヴ」
http://accel63.web.fc2.com/
の「雪遊び通信」を更新しました。

1月29日(土)~30日(日):爺ガ岳スキー場のレポートです。

もう3週続けて同じとこなのでネタ切れです(^^)

↓画像をクリックすれば本家にジャンプします