日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
待機・思案中
このあいだの芦屋ヨットクラブ創立30周年記念パーティで
ちょっとスイッチ入ったのか(^^)
海洋体育館ヨットレース(ASHIYA CUP)、
3年振りに出てみようかなぁ、と思案中。

しかし、もうちょっとかっこいい写真なかったんやろか?>海体の人(^^)
まるでスタート待ちやんか(^^)
(クリックすれば大きくなります)
2010093001.jpg

とはいえ、いつも海に出て練習してる人の
エントリーの機会を奪うようなことはしたくないので、
締め切り日ギリギリにまだ枠が残ってたら
自分もエントリーします。
スポンサーサイト



こんなん出ました
「戸棚を整理してたら凄いもんが出てきた」
との知らせを受け、見るとこんなん出てきてました。
書籍が3冊と、古びたノートが1冊。
2010092901.jpg

書籍3冊はまた改めてネタにするとして(^^)
ノートのほう、手書きのタイトルで
「二代目かたつむりの軌跡」とある。
2010092902.jpg

いや、これね、説明するのもこっぱずかしいって言うか、
書いてて顔から火が出そうなんですけど(^^)
高校生の時に自作したランドナーに「かたつむり」って
名前つけてたんですよ。うわ恥ずかしい(^^)

中学生の時に乗ってた初めてのランドナーが初代で、
次が二代目(二台目)ってワケなんです。

このノートは、購入記録や走行記録をまとめたもので、
こんなのとっくに捨てたと思ってました。

中を開くと...

「CHAPTER ONE」って何エエカッコしとんじゃー(^^)
購入記録や走行記録は今はExcelで管理してるけど、
このときはワープロもコンピュータも
パーソナルじゃない時代だから手書きだったんね。
(クリックすれば大きくなります)
2010092903.jpg

このとき、高1夏休みのバイト前半の給料で
フレームとディレイラーを買って、
後半のバイト代で残りのパーツを買ったんでした。

深谷さんのクロモリ(タンゲ№2)のフレームが
44,700円で買えた時代(^^)
他にも、もう廃業してる会社名がテンコ盛りです。


CHAPTER TWO(^^)は「部品交換、用品、工具の購入」
だそうです(他人事かよ(^^;)
(クリックすれば大きくなります)
2010092904.jpg


CHAPTER THREE(爆)は走行記録。
(クリックすれば大きくなります)
2010092905.jpg

紀見峠、鍋谷峠、高野山、十三峠、鳴川峠、暗峠...
(クリックすれば大きくなります)
2010092906.jpg

これは高2の夏休み。富山県まで輪行して、
日本海沿いを大阪まで帰ってきた記録(の一部)
当時は駅員さんに頼んで駅の待合室で寝かせてもらったりしました。
(駅寝=えきね、と呼んでました)
1日目、2日目は駅寝、3日目はユースホステル泊
ってパターンの繰り返しが多かったです。
(クリックすれば大きくなります)
2010092907.jpg

松本まで輪行して、上高地経由で岐阜市まで行ってまた輪行の記録。
2日目に駅寝予定の高山駅着が早過ぎたんで、
もうちょっと走ろうと思ってズルズル夜通し走ったら
朝に岐阜に着いたって記録(^^) なんちゃってブルベ状態。
真っ暗な41号線を走ってたら、時々通る車が窓開けて
「がんばれー!」って叫んでくれて、それも1台や2台じゃなく...
いい時代でした。
(クリックすれば大きくなります)
2010092908.jpg


このノート、発掘されたからには絶対捨てんとこ。
とりあえずスキャナで読み込んで永久保存にします(^^)
御岳界隈スキー場 早割りシーズン券 考
もうそういう時期なんですよ。
自分が購入するとかじゃなくて、情報提供ね。

◆チャオ御岳スノーリゾート

まずはチャオ御岳ですが、
あ~あ...またやっちゃった、って感じ。
(クリックすれば大きくなります)
2010092801.jpg

3月中旬以降は黙ってても奥美濃から人が流れてくるし、
それまでのハイシーズンも取り込んじゃいましょ、
ってことなんだろうけど、
いつぞや「年内は1日券1000円」やらかしてから
木曽地域の客相を一気に変えちゃったからねぇ。

今回またこんなことやっちゃって、
ますます奥美濃化を推進してカオス確実でしょ。
自分はもうチャオ行かないだろうなぁ。


◆開田高原マイアスキー場

昨季廃止された遠距離割引が、今季また復活した模様。
(クリックすれば大きくなります)
2010092802.jpg

ただ、割引率は以前とは変わってます。
大阪からの早割りは以前は18,000円だったからね。
それでも他所に比べりゃ安いけどね。


◆おんたけ2240

相変わらずこの地域内では強気な価格設定ですが。
(クリックすれば大きくなります)
2010092803.jpg

コブ好きな人たちはもうここ行くしかないもんね。
ロープで滑ってたアルパインな人たちも
チャオやマイアでは易しすぎるんでここへ流れるか。

朗報としては、また以前のように
ゴールデンウィークまで営業するようです。


自分の動向はまだまだ未定です。
また昔に戻って関西をベースにするかもしれないし、
そうじゃないかもしれないし、まぁボチボチ考えます。
9月26日:スクアドラ ビワイチ(琵琶湖一周)
毎年恒例スクアドラのビワイチ。
今年は関西シクロクロスの日程を考慮して
急遽日にちを設定したことと、保険の都合もあって
自走別ルート組を除いてチーム員のみ出走となりました。

今回の調整役カシラはちょこさん。ありがとございます。

この時点では全員が揃ってませんが、参加者の約20名ほどを
「速い」「やや速い」「ユルイ」の3班に分けて
それぞれのペースで走ります。ま、例年通りやね。
2010092701.jpg

今年も「ユルイ」班の先導をさせてもらいました。
班のメンバーはTK橋さん、UE村さん、U恵ちゃん、
うるさん、ひよこちゃん、あくせるの6名。
行程中一時的にちょこさん、たとのりさん、まごさんが
加わったこともありました。

草津市の某所を出発。
少し南下して近江大橋を東から西に渡り大津市へ。
2010092702.jpg

今回のコースは、そこから堅田まで北上し、
琵琶湖大橋を西から東に渡って、
湖東から反時計回りに琵琶湖を一周、
再び堅田から琵琶湖大橋を西から東に渡り、
今度は湖東から南下して草津市へ下りるという8の字コース。
猿丸キャプテンいい提案してくれました。

琵琶湖大橋西詰にある道の駅、びわ湖大橋米プラザで休憩。
ユルイ班は巡航速度が遅いので、
休憩は短めで先行スタート。これも例年どおりの方針。
速い班/やや速い班が手を振って見送ってくれます。
すぐにまた抜かれるんだけど(^^)
2010092703.jpg

琵琶湖大橋は意外と上らされます。
その分景色もいいです。
2010092704.jpg

湖東の交通量の多いところは自転車/歩行車道を利用。
路面状況が良くないのでパンクのリスクもありますが、
集団走行初心者も居るので、まずは安全第一ね。
2010092705.jpg

守山市、野洲市と通過。
近江八幡市に入り、国民休暇村側を通るルートへ。
2010092706.jpg

木陰で涼しく、木々が切れればいい景色が広がります。
2010092707.jpg

彦根市、米原市、長浜市と辿って、
賤ヶ岳は旧トンネルを潜ります。
越えた先のビュースポットにて。
2010092708.jpg

塩津のコンビニで補給後、岩熊トンネルまでは
また少し上ります。クライマーふたりは余裕の表情。
2010092709.jpg

海津大崎を周ってマキノ町へ。
ここからは湖西を南下します。
2010092710.jpg

道の駅しんあさひ風車村で一度全班が合流。
あとは各班のペースでゴールを目指します。
ユルイ班は志賀のコンビニで小休止と補給後、
草津のデポ地に17時45分頃帰着。
この日の大津市の日没が17時49分なので
ギリギリのいいタイミングとなりました。


今回の調整役カシラのちょこさん、
この日お仕事だったのに、業務終了後に駆けつけて
回収車&大阪までの機材車役を果たしてくださった
ちっこいオッサン、ありがとうございました。
参加された皆さん、お疲れさまでした。


走行距離:187.6km
走行時間:7時間36分03秒
平均速度:24.6km/h
最高速度:51.8km/h
消費カロリー:4859kcal
最大心拍数:96%(MAX190に対して)
平均心拍数:74%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
スクアドラ ビワイチ(琵琶湖一周)とりあえず
2010092601.jpg
2010092602.jpg
2010092603.jpg

Distance : 187.6km
Avg.Speed : 24.6km/h

詳細はまた改めてレポートします。
朝蜘蛛
勤務先にて...

苦手な人もいらっしゃるかと思うので、
大きさはこの程度で(^^)
2010092501.jpg

朝蜘蛛は縁起がいい、とか、殺しちゃだめって言われませんでした?
自分は小さい頃からずーっとそれが刷り込まれてるんだけど、
茶柱レベル並に縁起のいいことなんてあった験しがない(^^)

それに、このサイズの蜘蛛なら朝でも夜でもそのままにしとくしね。

この頃は夜でも平気で爪切るしなぁ。
それで縁起がいいことないのかも(^^)
芦屋ヨットクラブ創立30周年記念パーティ
かつて在籍していた芦屋ヨットクラブもついに創立30年。
その記念パーティが芦屋市のホテル竹園芦屋で開かれ、
OBということでご招待いただきました。
2010092401.jpg

10年前の20周年パーティのときには、
自分がOBの方々にお声掛けさせていただく役目だったのに、
今度は呼んでもらえるほうになっちゃって、
本当にありがたいことです。

来賓の方々も、それはそれは錚々たるお歴々ばかり。
2010092402.jpg

ご挨拶くださった方々。
上段左から、
・現会長のとーるちゃん
 (あ、自分は前からそう呼んでるもんで(^^;)
・芦屋市体育協会長様
・前会長のみっきぃーさん
 (自分がお世話になってたときの会長)
・現副会長のカメちゃん
下段左が現副会長のプロテストさん、右が司会進行のホカくん。
2010092403.jpg

出席者は用意していただいた名札を着用。
OBは黄色、現会員は青色、来賓は...なんだったっけ(^^)
おかげで、ご挨拶のときでも「あ~、お名前は?」
なんて失礼なこと聞かなくて済みます。素晴らしい配慮やね。
2010092404.jpg

宴が始まりました。
もう皆さん懐かしい顔ばかりで感激モノです。
しかし、海に入ってる人はいつまでも若いってーか、
昔とほとんど変わらないんよね。
2010092405.jpg

この日お会いしてお話したOBや現会員のお名前は
漏れがあったり失礼があってはいけないので割愛します。
2010092406.jpg

代わりに、ではないんだけど、テーザー界の影のドン(^^)
YS澤さんと2ショット。
年が明けたら70歳なんですよ。見えます?
しかも、先日行われた和歌山ワールドメモリアルレガッタで
総合優勝されたバリバリのディンギーセイラー。
自分がその歳でディンギー乗ってるかどうか、自信ないですわ。
2010092407.jpg

まだまだ話し足りないメンバーは、
以前、セイリング後にいつも立ち寄っていた居酒屋に移動。
それでもまだまだ話し足りないものの散会となりました。
2010092408.jpg

これだけの人たちが集まるのは10年後になるのかな?

来賓の皆さん、OBの皆さん、そして、
芦屋ヨットクラブ現会員の皆さん、ありがとうございました。
段取りにいろいろとご苦労があったかと思いますが
素晴らしい集まりに出席させていただいて、嬉しく思ってます。

40周年も忘れずに呼んでくださいね(^^)
マキさんを唄ってよい基準
こないだYouTubeであれやこれや音楽を聴いてたら
カルメンマキさんがアップされてて、久々に聴き入ってしまった。

まだバンド活動してる頃、女性ボーカルが居るコピーバンドに
ライヴやるんでギター弾いて欲しいって頼まれることがちょくちょくあって
まぁそんな場合はポップス系が多かったんだけど、
あるとき、メタルな子から対バンライブで弾いてくれって頼まれた。

このブログでも以前晒しましたが、そんときの写真。
あくせるも今の髪の薄さがウソのように、メタルな髪型してますな(^^)
99999999g.jpg

で、そんときのセットが...

 ・崩壊の前日(カルメンマキ&OZ)
 ・Lady Evil(ブラック・サバス)
 ・青白い夕焼け(カルメン マキ)
 ・Do It Good(タイガース・オブ・パン・タン)
 ・空へ(カルメンマキ&OZ)

メタルをカルメンマキさんでサンドイッチって感じ(^^)


カルメンマキさんを唄いたい、って言われたときは、
自分なりに、そのボーカルの技量をはかる基準があって、
「空へ」の最後のところ
 「♪明日はきっとおまえのように 飛んでみせるよ 私も」
ここを地声でシャウトできない子、
ファルセットで逃げる子とは絶対組まなかった。
「お前にカルメンマキさんはまだ早い」ってね。
当時は自分もナマイキだったんです。今もだけど(^^)

まぁ誰がどんなに頑張ってもマキさんにはなれないんだけどね。

空へ : カルメンマキ&OZ
緊急UP:自転車仲間の盗難被害のお知らせとご協力お願い
残念なことに自転車の盗難の知らせがありました。
以下、こわハゲさんとこから転載します。

----------ここから------------------------------------------

あっちゃんの自転車が練習帰りのスーパーの駐輪場で盗難に遭いました。

時間 9月21日 火曜日 21時前頃
場所 大阪市内 内環 深江橋交差点を北に少し走った業務スーパーの駐輪場

自転車の特徴
フレーム スペシャライズド ターマックSL2 色は赤/黒 小さいサイズ
コンポ   7800デュラエース
ホイル   F-ヴェロマックス オリオン2
       R-マビック オープンプロ+デュラ7700ハブ
タイヤ    パナレーサー バリアント
サドル   フライト カーボンレール
ハンドル  ボントレガー レディース

ヘルメット、ポンプ、ボトル等も一式盗られています。

2010092201.jpg

----------ここまで------------------------------------------


被害に遭われたかたの心中を思うとやりきれません。
人の痛みがわからんやつは地獄に堕ちろと思いますが
まずは自分達でできることからやりましょう。
中古パーツ店や中古自転車店に流れる可能性や
ネットオークションにパーツで出ることもあります。
みんなで少しずつでも注意をはらえば発見の可能性もゼロではないはず。
自転車仲間のためにも、みんなで協力しあいましょう。
9月18日:日生中央~小浜~日生中央(その2)
...(その1)からの続き

名田庄の道の駅をリスタート。R162を淡々と走って小浜市へ。
小浜漁港に着きました。
2010092101.jpg
2010092102.jpg
2010092103.jpg

道の駅で食べたお寿司が意外と腹持ち良かったので
ここではコーラチャージしたのみ。

高浜経由の周回コースは今回は走らず、
往路とほぼ同じコースで戻ることにしました。

名田庄の小学校で運動会やってました。なんだか懐かしい光景です。
通り過ぎてると「ファイトっ!」と声が聞こえてきて、
子供さんの応援かと思ったら、自分に向けて叫んでくれてたのでした。
名田庄の人ありがとう。
2010092104.jpg

再び名田庄の道の駅に到着。山菜そばを食します。
そば好きなんですよ。
岐阜や長野に滑りに行ったらご当地そばを買って帰るのが楽しみで、
ってくらいのそば好きです(^^)
2010092105.jpg

道の駅を出たら堀越トンネルへの上りです。
こちら側からの上りは途中にスノーシェードがあったり、
左側の谷が深くて、それなりに上ってる感じはあります。
2010092106.jpg

堀越トンネルを通過すると...
2010092107.jpg

京都府に戻ります。
ここから美山中心部まではしばらく下り基調で快適。
2010092108.jpg

神楽坂トンネルを越え、日吉ダム(スプリングスひよし)は
補給の必要も無いので往路同様に通過。
園部ではいつものコンビにではなく、
その手前の道の駅、京都新光悦村に立ち寄りました。
2010092109.jpg

行程は後もう少し。
新世紀第二トンネルとひいらぎ峠を越え、一庫ダムに戻ってきました。
ここもそのまま通過して...
2010092110.jpg

デポ地の日生中央に17時頃戻ってきました。
やれやれっと(^^)
2010092111.jpg

朝は涼しかったとはいえ、日中はまだちょっと暑かったです。
この週中の雨で秋らしくなるかな?

走行距離:217.8km
走行時間:8時間14分53秒
平均速度:26.4km/h
最高速度:57.1km/h
消費カロリー:5509kcal
最大心拍数:89%(MAX190に対して)
平均心拍数:76%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
9月18日:日生中央~小浜~日生中央(その1)
海に向かって叫ぶために(もうエエって(^^;)日本海へ。

日生中央のいつもの有料駐車場にクルマをデポ。
今日はボトル忘れなかったぞー、と思ってたら
今度は腕時計を忘れてました(><) ホント、物忘れ酷すぎ。
2010092001.jpg

朝はちょっと肌寒いくらいでした。
この日はヒトリストだったので、一庫ダムでは待ち合わせなどなく通過。
2010092002.jpg

ひいらぎ峠、新世紀第二トンネルと小ピークをパス。
川西市側からだとどちらもダラダラ上るだけでキツくはないです。
園部のコンビニに到着しました。いつものアングルです(^^)
2010092003.jpg

日吉ダム(スプリングスひよし)は前をそのまま通過。
立ち寄ったところで、今は8時前なので施設も開いてないのだ(^^)
2010092004.jpg

少し上って神楽坂トンネルを過ぎると美山に入ります。
2010092005.jpg

いつも補給するヤマザキは、ひとりスプリントもむなしい(^^)ので通過。
鶴ヶ岡方面へ抜けるには美山文化ホール前を通るルートもありますが、
せっかくなので九鬼ヶ坂しばいときました(^^)
2010092006.jpg

九鬼ヶ坂を下ってからは風が前に回ったのでちょっと走りにくい。
このままの向きで吹いてくれたら帰りはラクなんだけど、
だいたいそういうときはまた逆になるもの(^^)
2010092007.jpg

やがてダラダラ上りが始まりますがアウターでゴリゴリ上れる程度。
あまり好きではない堀越トンネルに到着。
2010092008.jpg

堀越峠、とありますが、旧道で上る堀越峠は
ロードバイクでは無理なハイキング道です。
2010092009.jpg

トンネルを抜けたら(というか、正確にはトンネルの中で)福井県に入ります。
合併してできた「おおい町」より名田庄村のほうがピンときますね。
2010092010.jpg

少し下って、名田庄の道の駅に立ち寄ります。
2010092011.jpg

まだ時間は11時にもなってないのにおなかが減って減って...
小浜まで持ちそうにないのでここで補給。
自転車は環境にはエコだけど胃袋にはエコではないんよね。
2010092012.jpg

出発しようと準備してると、
建物の中にいた案内のご婦人に話しかけられました。
やたら質問攻めにするのに、言葉に抑揚がなく淡々としてて、
なぜか表情に変化が無い変わったかたでした(^^)
以下やり取りの一部。

 ご婦人「どちらから?」
 あくせる「川西のほうからです」
 ご婦人「ここまで距離どれくらいあるんですか?」
 あくせる「80キロ少々ですね。」
 ご婦人「時間はどれくらいかかったんですか?」
 あくせる「3時間半くらいですかねぇ。」

このあとのご婦人の一言が強烈でした。

 「へぇ~、クルマより遅いんですね」

まさかそんな返しがあるなんて想像してなかった(^^)
打ちひしがれて再スタートです。


(その2)に続く...
20世紀少年とポール・モーリア
小浜レポはちょいとお待ちください(待ってないって?)

録り溜めしたまま観ていなかった「20世紀少年」の最終章を
先日ようやく観ました。

この映画、自分達の年代(昭和30年台)だと
「わかるわかる!」と思わせるところ満載なんですよ。
大阪万博や、地球防衛軍(のバッジ)なんかリアルタイムに経験してるし、
鼻水垂らして歩いてる子供なんてそこらじゅうに居たからね。

とにかくディテールにまでこだわってるところが立派というか、
いちばんハマったところがですねぇ...

中学生のカツマタくんが、校舎から飛び降りようとするシーンがあって、
そのとき、校内放送のトランペットスピーカーから流れてる音楽が
「ポール・モーリア」ですよ(^^)
昼休みとか放課後のBGMって、
ポール・モーリアじゃなかったですか?御同輩(^^)

そのあとにT.Rexのトゥエンティー・センチュリー・ボーイが流れるんだけど、
それはちょっと置いといて(^^)
件のシーンで流れてた(&昔、校内放送でちょっちゅう流れてた)
ポール・モーリアの「エーゲ海の真珠」です。
動画中に、なぜかおねーさんのセクシーカットが出てきますが、
これは自分の意図するものではありません。
あくまで動画をアップされたかたの意思です。念のため(^^)

PAUL MAURIAT : PENELOPE
日生中央~小浜とりあえず
海に向かって叫びたくなったので
(ウソです)
日本海を見に行ってきました。








日生中央~一庫~日吉~美山~名田庄~小浜
(復路もほぼ同様)

デポ地の日生中央に戻ったのでマッタリ中。
片付けてのんびり帰ります。

Distance : 217.8km
Avg.Speed : 26.4km/h

詳細はまた改めてレポートします。
雪絡みいろいろ
ようやく朝晩涼しくなってきましたね。
でも明日からまたちょっと暑くなるようです。
ったく、どっちやねん! って感じですが(^^)

自分的にはそろそろ冬の話題も気になってくるわけで...

●喜ばしい編
◆「CARVE」誌復刊

既にDRAGS-007さんから情報はいただいてたのですが、
昨季休刊した「CARVE」誌、今季は出るそうです。
2010091701.jpg

だいたいこの手のって、一度休刊すると
二度と復刊することない、ってのが通例だし、
そもそもアルパインボードの世界がパッとしない状況だから、
その専門誌がまた復刊するとはねぇ、思わなかったですよ。

過去にこのブログでも、「CARVE誌の内容が年々...」
ってなことを書いて来ましたが、いい意味でのリニューアルに期待です。


CARVE
http://carve.jp/


●悲しい編
◆御岳ロープウェイスキー場今季休業

昨季からのウワサ通り、この冬は営業しないそうです。
2010091703.jpg

シーズン早めからゴールデンウィークまで滑れる
貴重なスキー場だっただけに惜しいです。

チャオやマイアの斜面が全体的に易し過ぎることと、
おんたけ2240のリフト料金がちょっと高めなこともあって、
ロープはアルパイン乗りには人気が高かっただけになお惜しい。

御岳界隈のスキー場4つのうち1つがなくなるワケで、
コブ好きを中心にスキーヤーはおんたけ2240に流れ、
半ば奥美濃化しているチャオはますます奥美濃化が進み、
比較的静かだったマイアにも人が流れ込む、
なんて図式になるんでしょうか...

御岳ロープウェイスキー場
http://www.ontakerope.co.jp/snow/
「長距離電話」が好きだった
1980年代っちゃあ自分は青春時代(^^)真っ只中なワケで、
当時はバンド活動を頑張ってたんですが、
ハードなもの、へヴィなものはちょいと飽きてきて
小洒落た音楽を演(や)るほうが「オトナじゃん!」
なんて思ってたんです。(HR/HMもちろん好きですよ)

そのときハマったのが「ケン田村」さん。
日系三世の人で、アルバムとしては2枚出しただけかな。
ケン田村ファンには1枚目のほうが好きって人が多いけど、
自分はこの、1982年発売の2枚目のアルバムが好きなんです。

FLY BY SUNSET
2010091601.jpg

入ってた曲は

1. LONG-DISTANCE CALL
2. A LITTLE BIT EASIER
3. 踊りなよ
4. 冷たい夏
5. FOOT STEPS
6. ふたりなら
7. ジーナ
8. MAKE IT OR BREAK IT
9. 渚のストローハット
10. 愛に時間を

もう全曲好きでした。
当時、自分はPA屋に勤めてたんだけど、
サウンドチェックでは必ずこのアルバム流してました(^^)

2005年にCD化されて再発売されたんだけど、
ぜーんぜん知らんかって、今は入手不能。
レコードもカセットテープもどっか行っちゃって不明。
アタマの中では全曲流せるくらい覚えてるけどね(^^)


いちばん好きな「LONG-DISTANCE CALL」はないんだけど、
この曲をYouTubeにアップしてくれてる人が居たんで、
ありがたく転載させてもらいます。

2枚目のアルバムのほうが好きと言いながら、
この曲は1枚目に入ってました(^^)
ホントいい曲だから、騙されたと思って聴いてみてください。

わすれておしまい


わすれておしまい
作詞/作曲:ケン田村

もしも貴方が泣きたい時には どうぞ僕の腕のなかで
死ぬほど好きな貴方をもう 一人ぼっちにはさせない
そして貴方も恋をしたなら どうぞ笑ってみせて
つらい昔は 悪い夢と 忘れておしまい

僕が愛を信じれるのは 君が そう君がいるから
街の灯りが消える頃 君に 君に会えるから
そして貴方も恋をしたなら どうぞ笑ってみせて
つらい昔は悪い夢と 忘れておしまい

僕が愛を信じれるのは 君が そう君がいるから
街の灯りが消える頃 君に 君に会えるから
そして貴方も恋をしたなら どうぞ笑ってみせて
つらい昔は悪い夢と 忘れて 忘れて 忘れておしまい
多くを語る無かれ
音楽とか絵って、いいものはずっと色褪せることが無くて、
でもちゃんと刻まれた歴史はフトコロに持ってるから
それを聴いたり見たりすると、
その時代にタイムスリップさせてくれる。

鈴木英人さんの絵、ホント好きなんです。
見てるだけで、多感な時期を思い出す。

2010091501.jpg
(注:著作権の絡みもあり、安易なブログ掲載は憚られますが、
 これは以前、某カーディーラーで壁紙用としてダウンロードが
 認められていたものなので、掲載させていただきました。)



海、クルマ、ドライブ...いろんなことを思い出すねぇ。
いい絵があるんだから、あまりあれこれ語るのはやめとこう...
ミユキ自転車さん
昨日チムさんからメールいただきましてですねぇ、
チムさんがご覧になってるブログの作者のかたが
お撮りになったシマノ鈴鹿ロードの写真の中に、
チームスクアドラ・ホワイトエンジェル(^^)
のチームTTの勇姿があったそうな。

チムさん、ご連絡くださってありがとうございます。

で、教えていただいたところを早速見にいったら
はい、ありましたよ。
(クリックすれば大きくなります)
2010091401.jpg

自分は先頭で下向いてて顔見えないけど(^^)
他の3人の真剣な表情が伺えます。

しかし、ルマンさんややよいちゃんのもそうなんだけど、
こういうのを見せてもらえるとホント嬉しいですよね。

そのブログ、「ミユキ自転車」さんといいましてですね、
写真の素晴らしさはもちろんですが、
イラストというかマンガというか、
その文章も含めて、なにもかも面白いです。
チムさんが絶賛するのも頷けます。

作者のかたが鈴鹿での初レースを体験される様子など
読んでてグイグイ引きこまれますよ。
一度ご覧になってください。

「ミユキ自転車」さん
http://miyukicycle.jugem.jp/#lance

ミユキ自転車さん、写真ありがとうございました。
チムさん、連絡ありがとね。
9月12日:高野山
舞洲クリテが行われたこの日、
レースにエントリーしなかったメンバーで高野山へ。

左から、たとのりさん、オモちゃん、FJ田さん、まごさん、
こうろうさん、猿丸キャプテン、U恵ちゃん、KT沢さん、
SG尾さん、ヘルメットの一部があくせる。
2010091301.jpg

観心寺経由で金剛トンネルへ。
ちょうどサカタニさんの朝練と同じタイミングでした。
ここで体調不良のオモちゃんが離脱。
その後メールで無事帰還の連絡があり、ホッとしました。
2010091302.jpg

五條に下り、火打口から富貴に向けて南下。
集落手前の水場でカラダを冷やします。
この日も暑くて暑くて...
2010091303.jpg

富貴の集落に到着。
この先、野迫川まで自販機等が無いので
ここの自販機でドリンクを補給しておきます。
2010091304.jpg

途中、R371方面への分岐はやり過ごし、紀和トンネルへ。
2010091305.jpg

下って、みちのオアシス弁天そばの自販機にて補給&小休止。
2010091306.jpg

再び次に控える上りを前にマッタリ移動します。
2010091307.jpg

こちらから高野山方面へは、
天狗木峠へほぼ直登する、距離は短いが急坂ルートと、
一度南下して北に折り返す、距離は長いが緩斜ルートの
ふたつから選択できるんですが、SG尾さんの
「キツイほうで行こ」の鶴の一声でルートは決定(^^)
この日のSG尾さんは何度も黒い羽が背中から出てました(^^)

天狗木峠の下に到着。
2010091308.jpg

高野町中心部に入りました。大門にて。
2010091309.jpg

あとのルートはいろいろ選択できるのですが、
もう大門側に来ていたので、花坂経由で九度山に下りました。
大阪への山越えは無難に紀見峠で。
2010091310.jpg

やっぱこの日も暑かったです。早く涼しくなって欲しいですね。
みなさんお疲れさま&ありがとうございました。

走行距離:167.7km
走行時間:8時間19分06秒
平均速度:20.1km/h
最高速度:55.2km/h
消費カロリー:5572kcal
最大心拍数:109%(MAX190に対して)
平均心拍数:76%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
高野山とりあえず
2010091201.jpg

平野~観心寺~金剛トンネル~五條~火打~富貴~紀和トンネル
~天狗木峠~高野山大門~花坂~九度山~橋本~紀見峠~平野

Distance : 167.7km

詳細はまた改めてレポします。
鈴鹿の写真(業務連絡)
ルマンさんに撮っていただいたシマノ鈴鹿ロードレースの写真全205枚と、
あくせる分(僅かですが)34枚をCD-Rに焼いて、
ショップ(スクアドラ)に置かせてもらってます。

とりあえず30枚焼いておきましたので、ご入用のかたはお持ち帰りください。
もちろん無料です。
なくなりましたら追加でまた焼きますので、そのときはお知らせください。

2010091101.jpg
階段駆け下りのナゾ
自分の勤務先は不思議なことが多くて(^^)
その内のひとつに「階段を駆け下りる人が多い」
ってのがあります。

ちゃんと統計を取ったワケじゃないですけど、
そこでは9割近い人が、階段を下りる時
「パタパタパタパタ」と駆け下りてます。

急いでるのかってーと、そうではなくて、
踊り場では普通に歩くし、
目的のフロアに着けば、やはり普通に歩いていく。

階段
 ↓
踊り場
 ↓
階段
 ↓
踊り場

を擬音で表すと、

「パタパタパタパタパタパタパタパタ」
 ↓
「スースースースー」
 ↓
「パタパタパタパタパタパタパタパタ」
 ↓
「スースースースー」

こんな感じ(^^)

階段の下りだけ「パタパタパタパタパタパタパタパタ」と
豪快に音を立てて駆け下りていくんよね。

世間一般皆そうなのか? と、地下鉄駅の階段とか
ターミナルの階段をちょっと観察してみると、
駆け下りる人は皆無とは言わないまでも、
ほとんどの人が普通に歩いて下りてる。

ウチの勤務先の従業員だけが、階段は駆け下りるものと
刷り込まれてるんでしょうか(^^)

2010091001.jpg

ちなみに何年か前ですが、
階段を駆け下りてて転倒負傷した社員が居まして、
その後暫く
 『階段は走らないこと 総務』
なんて紙を貼られたことがありました(^^)
雑記&リストトップGPS
◆◆◆ 雑記 ◆◆◆

●やはり焼け方が変
手が白くて腕が黒い焼け方はやはり変に見えるようで
勤務先でも「海に行かれたんですか?でも変な焼け方...」
などと聞かれる。
勤務先の人間に趣味の話を伝えるのはめんどーなので
「軍手して草むしりしてたらこうなった」
と答えることにしている。

●やはりやはり焼け方が変
歯医者さんでもおかしな日焼けの仕方のことを
聞かれたことは前に書いたけど、
また別の衛生士さんにも同様に聞かれた。
そこでは「自転車やってるもんで」とちゃんと答えたが
「鈴鹿とか出られるんですか?」と聞かれてビックリ。
別の患者さんにも自転車を趣味としてる人が居るそうな。
その患者さん、衛生士さん相手に熱く語ったのだろうか(^^)

--------------------------------------------------

以降、ちょっとマニアックなネタなのでスルー推奨です(^^)

◆◆◆ リストトップGPS買い替え ◆◆◆

ガーミンのリストトップGPS 「Foretrex101」
動作しなくなりました(;_;)
2010082001.jpg

実は前にも一度壊れて買い直したんで、今のは2機目でした。
とはいえ、1機目も2機目もかなり使い込んだのは事実で、
2機目も電池の接点の金属バネが疲労で折れてしまい、
その後も細工して使ってたくらいだから、もう寿命と考えました。
永らく活躍してくれてお疲れさん。

で、今回は信頼すべき情報筋(^^)から得た情報により
初めてガーミン製じゃないのを購入しました。

GlobalSat社の「GH-625M」
2010082002.jpg

ハートレート計測機能のない「GH-625B」ってのもあるんだけど、
価格差がほんの僅かなのでこちらを選択。
まぁハートレートはポラールのサイコンで取得するから
これの分は実際は使わないんだけどね。

これが一式です。
2010082003.jpg

Foretrex101と並べるとこんな感じ。
2010082004.jpg

腕に巻くとこんな感じです。
Foretrex101よりシックリきますが、実際かなり大きいです。
手(腕)の小さい人だとかなり目立つと思います。
2010082005.jpg


地図の無いGPSレシーバなんてどうやって使うんだ?
と思われる方も多いでしょう。
その場合、1年少し前に書いたこの記事↓を参照ください。
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-818.html


肝心の機能はというと...
やはりガーミンとは違う操作体系なので
慣れるまでがたいへん。

パソコンとの連携については、カシミールと
直接のデータのやりとりができないのが残念。
別のソフトでgpxファイルを吐き出して
それを読み込ませる必要があります。

さらに、付属ソフトがWindowsVistaと相性が悪かったり、
機器のバッテリーの持ちが良くないなどの問題もあります。

その他いろいろいっぱいありますが、
ちょっとマニアック過ぎるので割愛(^^)

なので、ガーミンのGPSである程度慣れた人が
使うほうがいいかもです。最初の購入には不向きやろね。
使っていくうちに、わかったことがあればまたレポします。

...と思っていたんですが、購入から実稼動数回にして、
電源が入らなくなるトラブル発生。

たまたまハズレの個体を引いたのかもしれません。
購入先は返品・返金の対応を取ってくれました。


というわけで、また機器を選定しなきゃいけないんですが、
やはりまたガーミン製に戻ろうかと思います。
候補は以下の通り。

1.Foretrex301英語版
Foretrex101が既に製造を終えているので、後継はこれになります。
101より高精度のGPSチップが搭載されているので
価格アップはいたしかたないところ。
市価26,000円前後

2.Edge705英語版+UUD製作所製マップ
Edge705をつけてる人は周りにもどんどん増えてきて、
もう地図入りの時代かなぁと感じるんですが、
10万円近いEdge705日本語版はとてもじゃないが買えない。
買えるなら↑の組み合わせしかない。
市価55,000円前後

3.Dakota20英語版+UUD製作所製マップ+ハンドルバーマウント
オールインワンなEdge705はとても魅力だけど
サイコン&心拍計はポラールをそのまま使えば、
地図入りGPS機能のみ考えた機種を選定できる。
ということで↑の組み合わせもありか。
市価45,000円前後

2.3.についてはマップの選定次第で
まだまだ購入価格が下がる余地あり。
このあたり、もうちょっと調べてみよう。
雨の日に、脈絡も無く...
今朝は久々に雨の中の出勤となりました。
何日ぶりだろ? 夕立とかは時々あったけどね。

で、この雨を境に涼しくなるかと思えばそう甘くも無く、
まだやっぱり暑さは残るみたい。

何年か前に、秋の涼しさをあまり感じないまま
冬のように寒くなったことがあったけど、
今年もそんな感じかな?
それにこの冬は寒くなるって言ってるからねぇ。
雪遊びする人には歓迎だけど、そうでない人には悪いねぇ。

まぁ、長期予報なんていつも当たらないから、
今からあれこれ考えるのは置いときましょう(^^)

JSBA(日本スノーボード協会)から会報が届きました。
今回はイヤーブックなんで、いつものペラペラと違って
それなりに厚みがあります。
2010090801.jpg

でも、内容は毎年同じパターン。
さらに、スノーボード雑誌の付録用にも同じのを配布してるので、
イヤーブックについては会員のメリット全然なし(^^)
2010090802.jpg

デモンストレータの顔ぶれを見てみると当然ながら世代交代してて、
相沢さん茶原さん会田さんなんて人たちは
とっくに後進に道を譲ってるわけですが、
岸野稔さんとか、おがじゅんさんの名前があるのを見ると、
ベテランもまだまだ頑張ってるなぁ。
自分も頑張らにゃあ、と思うわけです。

おがじゅんさんがプロデュースされてるDVDのGTSシリーズ、
昨シーズンはリリースされませんでしたが
今季は発売に向けて製作中だそうです。

これは2年前に発売されたもののオープニングだけど、
こういうの観ると早く滑りたくなるね。


今年はしっかり降って、しっかり積もって欲しい...
9月4日:千石越~七保峠~藤坂峠~古和峠
滋賀のツーリングお仲間にご一緒させていただきました。
今年7月10日の「今庄~高倉峠~国見峠~長浜」で紹介した通り、
平らなところは道じゃないと思ってる(^^)坂バカ、いえ、
坂好きなドMな人たちです。
坂ダメダメな自分がそういう人たちと一緒に走るってだけで、
自分もドMってことかもしれませんが(^^)

メンバーを紹介しましょう。

Hさん。
今回のコースプランニングをしてくださいました。
相変わらずスリムなクライマー体型。うらやましいです(^^)
2010090701.jpg

もしこの記事をChokoさんご覧になってたら、
千石越と聞いて「おっ!」と思われたかもしれませんが、
HさんもChokoさんのブログをご覧だそうですよー。
世間は狭いね(^^)

FK井さん。
前回はナカガワのオーダーロードでしたが、
先頃新車が追加され、今回はデローザのネオ・プロです。
コンポはコーラスの11速。
2010090702.jpg

SG田さん。
お会いするのは3年ぶりだか4年ぶりだか、
それくらいお久しぶりです。
2010090703.jpg

そしてあくせるでございます。
2010090704.jpg

なお、Hさん、FK井さん、あくせるの写真でわかりますかね?
3人とも胸に無線機のマイクが伸びております。
これが下り途中でのパンク等のマシントラブル時や、
誰かが道をロストしたときなんかに役に立つんですよ。
計画するコースが携帯圏外のところが多いんで、
このシトタチと走るときは必需品です(^^)

三重県は大紀町がスタート&フィニッシュ。
まずは一つ目の峠、千石越に向かいます。
この日も9月とは思えないくらい、
とんでもなく暑かったんですが、
こういった木陰のコースは幾分マシです。
2010090705.jpg

上りに入ってFK井さんとSG田さんが先行。
Hさんは坂ダメあくせるにつきあってくれました。
で、先行ふたりはすぐに見えなくなりました(^^)

少しタレたSG田さんをパスし、
ゆっくり流していたFK井さんにようやく追いついた、
と思ったらまたピュ-っと行かれ、と、
はい、レースでよくやられるアレです(^^)
そんな風にいたぶられながら、ピークの千石越に到着。
2010090706.jpg

なぜか全員「腰に手」(^^)
駅の売店で牛乳飲まなきゃ。

少し休んで下ります。
舗装されているものの、落石がそこかしこにあるので慎重に。

なにげに秋を感じるこの写真
2010090707.jpg

などとノンキなこと言ってる場合ではないのです。
FK井さん痛恨のパンクでございます。
今回FK井さんはチューブラです。漢です。
2010090708.jpg

ちなみにこのあたり、断続的にダートが現れます。
2010090709.jpg

あ、FK井さんはダートにてパンクされたのではありません。
その直前の舗装部分にて、木洩れ日の影で見づらくなったところで、
なにか異物を不運にも拾ったものと思われます。念のため。

舗装路になったぁ、と思ったらまたダートになる、
の繰り返しでガックリ来ます。が、ここはジッと我慢。
乗れそうなところは乗りますが、やはりロードバイクの悲しさ、
パンクの危険が予想されるところは押して歩いて通過します。
2010090710.jpg

と言いながら、こういうルートはやはり楽しいんですけどね(^^)

ようやく本当にダート区間が終了。
とはいえ、尖った石がそこらじゅうコロコロしてるんで、
まだまだ慎重に下ります。
2010090711.jpg

下って集落に出るとR422に交わります。
県道31号線に繋いで大台町の役場方面へ。
この間はトラバースというか、ほぼフラットな快走区間。
大台警察署前から進路を南に取り、県道731号線を経由して
道の駅「奥伊勢木つつ木館」に到着。
2010090712.jpg

ここで昼食にします。いただいたのは山菜そば。
ここでのメニューはほぼ麺類だけだったんですが、
そういうものしかカラダが受け付けなかったので
ちょうど良かった。
2010090713.jpg

道の駅を出て次に控えるのは七保峠。
とはいえ腹ごなしにいい程度の小さな峠です。
ピークに着いて休んでも暑くて仕方ないので、
風に当たろう、ってことですぐに下ります。
2010090714.jpg

ここから藤の集落までのダウンヒルは
道もよくむちゃくちゃ快適でした。

藤川沿いに県道46号線を南下。
「大型車通行不能」の標識が現れると
また狭小路になり、藤坂峠への上りが始まります。
中盤以降はヘアピンカーブを繰り返しながら高度を上げ、
やがて景色が開けたらピークとなります。全員無事到着。
2010090715.jpg

で、やはりここでも全員がなぜか「腰に手」(^^)

ここのピークは見晴らし最高です。
この写真ではちょっとわかりづらいんだけど、
山々の向こうに海が見えます。
うっすら水平線が写ってるんだけど...
2010090716.jpg

ピークは切り通しになってて、いい風が吹いてました。
斜面の影に入ると生き返るよう。
2010090717.jpg

ここの下りもやはり石がコロコロなので、慎重に下ります。
2010090718.jpg

下りきったら海です。ここは吉津港。
というわけで、藤坂峠から見えてた海は熊野灘ってわけです。
2010090719.jpg

あとひとつ峠を残してるので補給したかったのですが
コンビニも自販機も全く見当たりません。
鼻の効く(^^)FK井さんの先導により地元の集落に入り、
小さなスーパーを発見。補給します。
2010090720.jpg

なんとここに白くま発見。ありがたや。
これは「白くま」じゃなくて「白熊」やね。
でもまぁそんな細かいことはいいんです。
白くま好きは心が広いんで、全部許せます(^^)
2010090721.jpg

最後に残るは古和峠。そこに至るアプローチは
こんなふうにノンビリしてますが、
やがて山に入るとまた例の如く石コロコロの狭小路となります。
2010090722.jpg
2010090723.jpg

古和峠の上りは激坂はないものの、同じような勾配とカーブが
延々と続く感じ。まだかな?まだかな?と上って、
飽きる頃にようやくピークに到達。
2010090724.jpg

もう今回のコースに上りはありません。あとは下るだけ。
やはり石コロコロなので慎重に下りますが...
2010090725.jpg

もう下りだけ、の安心感から気が緩んだのか、
痛恨のパンクでございます。
2010090726.jpg

タイヤサイドを尖った石でザックリ切ったみたい。
古タイヤを5cmくらいに切ったものを持ってたので、
それをサイドの切れたところに裏からあてがって補修。
無事下山しました。

今回のルートです。
自分のハンディGPSは故障中なので
FK井さんのログを送っていただきました。
ありがとうございます。


やっぱり山ん中でもまだまだ暑かったです。
いつになったら涼しくなるんでしょうねぇ。
みなさん、お疲れさま&ありがとうございました。


走行距離:101.5km
走行時間:5時間27分58秒
平均速度:18.5km/h
最高速度:65.3km/h
消費カロリー:3870kcal
最大心拍数:108%(MAX190に対して)
平均心拍数:78%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
↓の追記
前の記事の写真を撮ってくださった
ルマンさんの激走の様子を入手できましたのでご紹介します。

2010090609.jpg
2010090610.jpg
予告(ルマンさん撮影の写真)
先日の鈴鹿でご一緒いただいた、
スキー/スノーボード チューナーのルマンさんが
たくさんの写真を撮ってくださいました。

自宅にDVDを送付いただいたので、
CD-Rに焼いてショップのほうに持っていきます。
ちょっと時間ください。

オモちゃんの口開いてるとことか、
ちっこいオッサンのカメラ目線とか、
もろぞうさんの無邪気な笑顔とか
いろいろあります。

↓はそのほんの一部です。
クリックすれば大きくなりますが、
元画はさらに大きいものです。

ルマンさん、ありがとうございました。
2010090601.jpg
2010090602.jpg
2010090603.jpg
2010090604.jpg
2010090605.jpg
2010090606.jpg
2010090607.jpg
2010090608.jpg
千石越~七保峠~藤坂峠~古和峠 とりあえず
今日は よー上りました。
伊勢自動車道のパーキングにて休憩中。
一眠りして帰ります。












Distance 101.5km

また日を改めてレポートします。
夏の鈴鹿が終わったので
山も上れる仕様に戻します。
ちゃんと上れないのは当人の脚が主たる原因ですが(^^)

カセットスプロケットを11-23Tから12-25Tへ。
2010090301.jpg
2010090302.jpg

このタイミングでタイヤの前後をローテーション。
このタイヤをおろしてから走行933kmでのローテ。
2010090303.jpg

外していた、シートチューブ側のボトルケージも取り付け。
2010090304.jpg

エアロバーも
2010090305.jpg

取り外してスッキリ(^^)
2010090306.jpg

遅いながらも個人TTにはハマりそうな予感(^^)
わおん
なにを今更?って思われるでしょうが(^^)
Edyの便利さに気付かされましたので
携帯用のWAONも導入することにしました。
2010090201.jpg

猫好きではありますが、犬も同様に好きなので
このキャラはとてもカワイイ。
2010090202.jpg

Edyと同じプリペイド方式なので、
一度にたくさんチャージしない限りは
盗難や紛失時の被害を最小限にできます。

また、クレジットカードの登録をしておけば
いつでもカード決済でチャージができるのも
Edyと同じ。ですがイオン系のカードに限定されます。
2010090203.jpg

他にも電子マネーはいろいろありますが、
とりあえずこれだけで十分。
あんまりたくさんだと管理ができないし(^^)
9月になりましたが...
相変わらず予想最高気温は35度だの36度だの、
月が変わってもこればかりは、なかなか変わりませんね。
それでも今朝の大阪は曇り気味で、
日が当たらない限りは多少は涼しく感じます。

そういえば、今年はツクツクボウシの鳴き声を
聞かなかったような...


るみちゃんとルマンさんから写真をいただいたので載っけます。
上2枚は提供るみちゃん、3枚目は提供ルマンさん。
2010090101.jpg
2010090102.jpg
2010090103.jpg

3枚目は奥ゆかしいところを見せるべく、小さくしております。
って、十分デカイか(^^)


季節の変わり目のせいかどうかは不明ですが、
唇に熱の華のようなものができ、
ひさびさにこの薬の登場となりました。
2010090104.jpg

皆さんもご自愛ください。