日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
シマノ鈴鹿ロードレース
先週土曜日のシマノ鈴鹿ロードレースのレポートをボチボチと...

未明に到着。用意してると明るくなってきました。
今年から第7駐車場が有料になったのがアイタタです(^^)
2010083101.jpg

程なくチームのみんなも集まってきました。
2010083102.jpg

首脳陣から挨拶と諸注意の伝達です。
しかしみんなどこ見てるんやろ?
2010083103.jpg

チームのピットに移動します。
今年はカッキン、Hりさん、ケイスケくんが
前日深夜から場所取りに並んでくれました。
お疲れさま&ありがとうございました。
2010083104.jpg

左からこうろうさん、猿丸キャプテン、N塚監督、
「お風呂場で髪を洗うご婦人のポーズ」のまごさん(^^)
監督また一段とコロコロしてます(^^)
仕事忙しくて乗れないんよねぇ。前はシュッとしてはったのに...
2010083105.jpg

そして今年もケンさんがみんなの食事のお世話をしてくれました。
チームスイートとかでも腕を揮ってくださったんだけど、
専属のシェフが帯同するって、ツールに出るプロチームみたい(^^)
ケンさんありがとうございました。
2010083106.jpg

これは自分にとってサプライズだったんですが、
いつもスノーボードのチューンナップでお世話になってる
ルマンさんが鈴鹿に来られました。
前にもブログに書いたけど、ルマンさんも自転車乗りなんで、
今回参戦されるんです。それだけでなく、やよいさん同様、
チームのみんなの写真をたくさん撮ってくださいました。
これはまた改めて紹介できると思います。
2010083107.jpg
↑しかしこのTシャツいいですよね。「徹底先行」(^^)

U恵ちゃんは例によってチームのケアをしつつ、
自身はインターミディエイトに参戦。
2010083108.jpg

ジュウザさんは表彰台ゲットですよ。
元プロ格闘家は自転車に乗っても速い。
2010083109.jpg
2010083110.jpg

チームメンバーに祝福されるジュウザさん。
今年は乗鞍にも有力メンバーが分散したので
入賞者が減ってしまったのですが、
あと、スイマーくんが最高速チャレンジで1位を獲りました。
2010083111.jpg

練習やイベントで度々お世話になってる
エキップ・ソレイユ・フリーガーの皆さん。
Gっさんにダンさんにぐうたらさんです。
2010083112.jpg

先ほど紹介したルマンさんのレース直後のご様子。
元々ピストなかたなので、ジャージもそういうことなのです(^^)
2010083113.jpg

朝から次々レースが行われるので、応援に必死で
走ってる写真がほとんどありません。
やよいさんがいっぱい撮ってくださってるので
そちらを待ちましょう。いつもありがとうございます。
これは5ステージ・スズカのいくつ目かのレースで、
この中にちっこいオッサン、もろぞうさん、まごさん
が居るはずなんですが、集団が多くて速くて判別不能。
2010083114.jpg

ですがオモちゃんは確実に撮れます。なぜかって?
みなまで言わせないでください(^^)
とはいえオモちゃんがここまで来たのは賞賛モノです。
2010083115.jpg

夏休み中の小学生がセミ獲りに来た、ってイデタチですが、
るみちゃんです。
自分のチームだけでなく他チームも、鳴り物使って応援します。
エライぞるみちゃん。
2010083116.jpg

ぐうたらさんが出走するインターミディエイトのスターターは
り○ちゃんが務めました。
2010083117.jpg

同じくインターミディエイトのスタートを待つ、
ダンさんに1c8cさん。
2010083118.jpg

大御所キルワニちゃんは2時間エンデューロで3位に入りました。
おめでとう!
2010083119.jpg
またあくせるには態度デカくなるなぁ、チビのくせに(^^)

これまたサプライズでしたが、乗鞍ヒルクライムに参戦していた
ちょこさん(左)、こわハゲさん(右)が、鈴鹿に来られました。
自身のレースを終えられて、ジャージを着替えることなく
激走して来られたのは、スイマーくんの参戦する
国際ロードを応援するため。ほんとお疲れさまです。
2010083120.jpg

国際ロードはさすがに速さが違います。
ピットウォール沿いを走ってくるときなんか
風圧がブワっブワっと来るのがわかるくらい。
2010083121.jpg

そんな中をスイマーくん、ちゃんと完走しましたよ。
いや、これって凄いことなんですよ。
チームからはひとりだけで、しかもあの重い自転車で、
脚切り食らうことなく第2集団内で走り切りました。
2010083122.jpg


さて、ここからは自分のレースのレポートです。
2010083123.jpg


■タイムアタック

勇ましい名称ですが要するに個人タイムトライアル(個人TT)です。
5秒間隔で選手がスタートし、東コース1周のタイムを競います。
当然ですがドラフティングは禁止、集団落車など発生しようがないので、
イイワケするネタが何もない、独走力が試されるガチンコ勝負です。

自分には基準になるものが何も無いので、前にブログに書きましたが
平均時速40km/hを越えることを目標としました。
タイムは3分21秒より速ければ目標達成となります。

自分の5人前にはアル中SS木さん、自分の5人後ろには
スイマーくんが居ます。できればアル中SS木さんを抜いて、
スイマーくんに抜かれないのも二つ目の目標か。

いざスタート。キル兄ぃ(仮名)と違って一発でクリート嵌りました(^^)
初速をできるだけ早く上げ、エアロバーを握って戦闘態勢に。
チラっと左を見るとチームメンバーが応援してくれてます。
これが実にありがたい。パワーに繋がることは確かなんよね。

ホームストレートエンドからショートカットにかけての上りは
シケインと同じ高さまで上ることになります。
ここで頑張り過ぎて下りで回せなくなるともったいないので
ちょっと慎重に上ります。が、慎重過ぎたみたい。
あとでスイマーくんに聞くと、ここは35km/hほどで
上ったらしいんだけど自分は30km/h切ってました。

上りきって、下りかけたところで先行者を一人パス。
ここからは再びエアロバーを握って回すのみ。
早朝の試走時と違ってかなり向かい風が強い。
S字で二人目の先行者をパス。
試走のときは人が多くて試せなかったんですが、
第2コーナーも第1コーナーもエアロバーを握ったまま回れました。
第1コーナーは距離より速度優先で外側を回り、
3人目の先行者が見えたんですがその方には届かずでした。

 ◆タイムアタック(東コース1周2.243km)
 順位 : 69位/146人
 タイム : 3分16秒30
 トップとの差 : 27秒22
 平均時速 : 41.14km/h

とりあえず目標は達成。
走ったあとだからわかるんだけど、最初の上りはもう少し
ガシガシ行ってもよかったはず。次の課題です。
シンドイ競技だったのは確かだけど、来年もこれ走るつもり。
次の目標は3分10秒切りとします(^^)

5ステージ・スズカの第2ステージも同じ個人TTなので
タイムを比較すると励みになります。
「Ready Go JAPAN」の皆さんより速かったのでホッとしました(^^)

あと、T塾長が走りを見て褒めてくれたのが嬉しかった。
改善ポイントも合わせて教えてくださったので、また試してみます。
ありがとうございました。


■チームTT・A

これにはあまり触れたくなかったんですが(^^)
自分の今後のためにちゃんと書きます。

フルコース3周を1チーム4人までのメンバーで走り、
タイムを競います。3人目のゴールタイムで順位が決まりますが、
チーム内で先頭から25メートル以上離れると失格になるので、
3人目が切れちゃったらそれでおしまい。

メンバーと、最初の並び順は
猿丸キャプテン、アル中SS木さん、あくせる、こうろうさん。
この順番でローテーションしていきますが、
走り出したら状況に応じて臨機応変に動くことになります。

スタートし、最初のシケインの上りでアル中SS木さんから
「もうちょい落として」と声が飛んできます。これは想定内(^^)

裏のストレートからスプーンの上りでは
他チームを結構抜いて行けました。
ヘアピンの立ち上がりとデグナーでは
隊列が切れないように慎重に立ち上がり、ダンロップ、S字と下って
第2・第1コーナーを回ってホームストレートへ。

次のシケインではアル中SS木さんが切れかかったため、
あいだに自分が入り、それを前の猿丸キャプテンに告げます。
後から「落として!」の声が上がったので、
自分も「落としてあげて」と前に告げましたが、
実は自分にも言ってるようなもので、少し怪しくなってきました。

自分が前に出ると失速気味になり、後に回ると少し空けてしまう。
猿丸キャプテンとこうろうさんはこれを察知して、
前をふたりで回してくれました。面目ない...

最後のデグナーからダンロップに掛けて前に出るのが精一杯。
第1コーナーを回ったところで、アル中SS木さんが最後の
スパートを掛けたので、そこで全員がスパート。
が、猿丸キャプテンが後を振り返って脚を緩めて調整。
自分とアル中SS木さんはもう脚が残ってませんでしたが、
猿丸キャプテンとこうろうさんは脚を残したまま
フィニッシュすることになってしまいました。

ピット前ではチームメンバーの多くが、
また、ホームストレートに戻るたびに、
Gっさんが声援を送ってくれました。
個人TTのときと同様、これが凄く励みになりました。
ありがとうございました。

 ◆チームTT・A(3周17.463km)
 順位 : 70位/316チーム
 タイム : 28分02秒90
 トップとの差 : 2分46秒71
 平均時速 : 37.36km/h

当初自分は、「アル中SS木さんを置いて3人で回そう」
なんて言ってたのに、こんな体たらくで恥ずかしいです。
自分がもう少し頑張れば27分台に入れれたのに。

来年もう一度呼んでもらえることを願って、精進します。


かなり駆け足でしたが、写真や諸々データが揃ったら
またレポします。

みなさん、お疲れさま&ありがとうございました。
スポンサーサイト



シマノ鈴鹿ロードレースとりあえず
先週の土曜日はシマノ鈴鹿ロードレースに参戦しておりました。
とりあえず自分の結果だけ載っけときます。

レポートはまた改めて書きますので、
コメントくださるかたはそのときにでもいただければ幸いです(^^)

◆タイムアタック(東コース1周2.243km)
順位 : 69位/146人
タイム : 3分16秒30
トップとの差 : 27秒22
平均時速 : 41.14km/h

◆チームTT・A(3周17.463km)
順位 : 70位/316チーム
タイム : 28分02秒90
トップとの差 : 2分46秒71
平均時速 : 37.36km/h

2010083001.jpg
いよいよ鈴鹿
明日土曜日はシマノ鈴鹿ロードレース。
ホビーレーサーの夏の集大成であり、お祭りでもあります。
これが終われば夏の一区切りとも言えますね。

今年は乗鞍ヒルクライムに参戦されるかたも多く、
チームも二分したようになってしまいましたが、
乗鞍ヒルクライムに参戦される皆さんの健闘をお祈りします。

鈴鹿組もがんばりますんで(^^)

2010082701.jpg

チームや地域が異なっていて、
普段なかなかお目にかかれないかたも多いんですが、
そんな皆さんとの再会も楽しみにしてます。

力を出し切って、みんなでハイファイブできるように頑張りましょう。

2010082702.jpg
あくまで使用目的は自転車レースのためです
最近は耐久系のレースしか出てなかったんですけど、
今回は瞬発系(?)のレースってことで、
久々にこれ買ってみました。

世界の男力(爆)
2010082601.jpg

正式名称は「スナイパーX」です(^^)

3年ほど前にも記事にしたことがあるんですが
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-229.html
レース初日を終え、キャンプ場で深夜2時頃まで飲んで騒いで、
翌日当然の如く体調不良になったものの、
これ飲んだおかげで(?)鈴鹿フルコース3周回のレースを、
なんとか先頭集団に居てフィニッシュできたという、
ありがたいモノなのでございます。

さて、前回買ったのは「スナイパーX」でしたが、
今回買ったのは「スナイパーXエクストラ」。
なにがエクストラかってーと、
ソフォンとカンカっていう成分が追加されたらしい。
ですがナンノコッチャよーわからんです(^^)
2010082602.jpg
2010082603.jpg

で、これまた前にも書いたんだけど、
想定された使用用途は「夜に男性が元気になる」ためのものなので、
ま、実際に夜に元気になるのかどうかは知らないけど(^^)
薬局のレジがおねえさんだったりすると、
買うのが結構恥ずかしいわけですよ。
自転車レースのために飲むとは思わないだろうしね。

「スナイパーX」が500円。
「スナイパーXエクストラ」が600円。
ドラッグストアで売ってます。
回想するには早いんだけど
シマノ鈴鹿ロードの参加確認証。
エントリーされているかたには既に届いてるでしょうね。
2010082501.jpg

自分は土曜日のみの出走。
 ●タイムアタック(個人タイムトライアル)
 ●チームTT・A(チームタイムトライアル)
に参戦します。
(今年は2時間エンデューロ・ソロには出ません)


回想するには早いんだけど...

スノーボードのシーズンも終わり、
今年は5月の連休明けから実走を初めたんですが、
まだまるで走れてない自分を
猿丸キャプテンがチームTTのメンバーに呼んでくれました↓
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-1142.html

嬉しいと共にプレッシャーも掛かったわけですが、
おかげで夏に向けてのいい目標ができました。
目標がないとついダラダラしちゃうもんで(^^)
なので猿丸キャプテンには感謝です。


冬場のLSDの下地がないので、
「とにかく乗れるときは乗ろう。走れるときは走ろう。」
ってことでやってきて3ヶ月過ぎましたが、なんとかなったはず。
(と思いたい(^^;)

残念ながら体重は目標の74kg台まで落ちず、
77kg~78kg台をウロウロしてますが、
シケイン3回だけ我慢すれば、
この重さは下りで有利に働くはず。
(と思いたい(^^;)

あとは当日に出し切るのみです。
今からこんな回想事を書いとけば、
当日チギれられんもんねぇ、恥ずかしくて...

自分に向けてのプレッシャーってことで(^^)

写真は2007年 夏の鈴鹿のチームTT
2009070801.jpg
暑いと しょーもないことが気になる
相変わらず暑いです。
梅雨が明けて一気に暑くなって、
それがそのまま今まで続いてる感じです。

ただ、自宅そばで暴力的騒音を撒き散らしていた
クマゼミは一気に姿を消したようで、
今のところツクツクボウシ待ちの状態であります。

暑いとつまらんことが気になるというか、ね。

勤務先近くの店舗件住居(の裏)
2010082401.jpg

二階の小扉の下には、かつて階段があった形跡がありますが、
今は撤去されてる様子。
2010082402.jpg

建物の中に別の階段はあるのか?
中からこの扉を開けたら落っこちそうにならないのか?
気になる気になる(^^)


そしてこの屋外照明。
この手のはたいてい、玄関の上とかについてるんだけど、
玄関があった形跡はないし、配管が横切ったりしてる。
2010082403.jpg

一体何を照らしたかった?どこを明るくしたかった?
気になる気になる(^^)

以上、小ネタでした。


あ、小ネタと言えば、前に「探偵ナイトスクープ」で、
関西人に『関西電気保安協会』の文字を見せて読んでもらうと、
かならずメロディつきで読んでしまうっての、やってましたね。

『♪かんさいぃ でんきほぉあんきょーかぃっ』
一庫ダム~美山
鈴鹿を前に、今月3回目の美山TT練です。

いつものように日生中央の有料駐車場にクルマをデポ。
ここからアップ代わりに一庫ダムに向かいます。
2010082301.jpg

この日はエアロボトルを試して見ました。
(今ごろになって? って感じですが(^^;)

アップ走でガタガタな道を走ったところ、
いきなり蓋代わりのゴムボールがボトル内に落ち込んで
ボトルの中の水を顔から浴びるわ、
チューブから水を吸い込むのに結構力は要るわで、
鈴鹿本番前にお蔵入り決定です(^^)
2010082302.jpg

で、エアロボトルに気が行ってたために
通常のボトルを持ってくるのを忘れてました。
ったく、抜けてるというか何やってんだか...

コンビニでできるだけ太いペットボトルの飲料を買って、
コンビニ袋を巻いて厚さ調整してケージに納めます。
が、これでは走りながら飲めない(^^)
2010082303.jpg


などというつまらない話は置いといて(^^)
一庫ダムに集まった面々。
今回はエキップ・ソレイユ・フリーガーさんからも
3名参加していただきました。ありがとうございます。

左から、1c8cさん(ソレイユ)、ぐうたらさん(ソレイユ)、
猿丸キャプテン(スクアドラ)、アル中SS木さん(スクアドラ)、
こうろうさん(スクアドラ)、Gっさん(ソレイユ)
2010082304.jpg

まずはカラダを温めるべくゆったりスタート。
普段鳴かないブレーキからキーキー音がするくらいの
湿気の多さでとにかく蒸し暑い。
ひいらぎ峠でワンブレイク置いて園部のコンビニへ。
2010082305.jpg

ここからはちょいと上げて行きます。
やや短めにローテしながら、日吉ダムを通過し、
神楽坂トンネルを潜って美山へ。
ヤマザキ前でお約束のスプリント合戦をして(^^)
補給を入れます。
2010082306.jpg

美山サイクルロードの周回コースに入り、九鬼ヶ坂へ。
猿丸キャプテンに食らいつこうと頑張るも離され、
1c8cさん、こうろうさんにパスされます。
ほんっと上りアカンです。でも頑張るし(^^)
下って回って水汲み場へ。
いつもはソヨソヨ風が吹いてるんだけど、
この日は全く無風でここも暑いのなんのって...
2010082307.jpg

美山から日吉ダムへ。
日吉ダムそばで自走不可のマシントラブル(←事故ではないです)
が発生したのと、体調が優れないメンバーが出たので、
一部メンバーに日吉ダムに残ってもらうことになりました。
一庫ダムに戻ってからクルマでお迎えに来る段取りです。

途中の園部のコンビニにて。アテにしていた氷が無くてガックリ。
2010082308.jpg

一庫ダムに先着。
子分に電話で何か悪いことを指示しているこうろう親分。
(ウソです)
猿丸キャプテンには、少しだけクールダウン後、
クルマで、日吉ダムに残したメンバーをお迎えに行ってもらいました。
ありがとうございました。
2010082309.jpg

一庫ダムに全員帰着。
先にここを出立されたこうろうさんだけ写ってません。
ごめんなさい。
2010082310.jpg


今回、いつものメンバーに加えて、
エキップ・ソレイユ・フリーガーのお三方に参加して頂いて、
楽しく過ごすことができました。

皆さんお疲れさま&ありがとうございました。


<追記>
日吉ダムに体調不良で残ったのはアル中SS木氏でございます(^^)
そしてGっさんには、アル中SS木氏の監視(^^)と、
自車のパーツ提供により、自ら後の走行を取り止めてもらって、
ご厚意で一緒に残ってもらいました。
Gっさん、ありがとうございました。


走行距離:123.1km
走行時間:4時間06分11秒
平均速度:30.0km/h
最高速度:67.1km/h
消費カロリー:3349kcal
最大心拍数:113%(MAX190に対して)
平均心拍数:85%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
一庫ダム~美山とりあえず
今月3回目の美山TT練。
今回はエキップ・ソレイユ・フリーガーさんと合同練習でした。

2010082201.jpg

今日もまたムチャクチャ暑かった。
また日を改めてレポートします。

Distance : 123.1km
Avg. Speed : 30.0km/h
ここにもiPad
昨日は仕事を早く終わらせて、いつもお世話になってるEGAOさんに
カット&カラーリングに行ってきたんだけど...
2010082101.jpg

なんとiPadが置いてある。
2010082102.jpg

「スキみてコソっと持って帰ろかなぁ」と言うと、
「彫刻刀で名前彫っときますわ」と返された(^^)

フォトフレーム的に置いてあるのかなぁと思ったんだけど、
無線LANでちゃんとネットに繋いでいて、
ヘアーカタログのサイトなどに接続して
お客さんとスタイルの相談したり、
サンプルを提示したり、なんてふうに活用してるそうです。

やるぢゃん内野くん(爆)

こうしてみるとねぇ、スティーブ・ジョブズの功績は大きいと思うね。
これがネットブックやサブノートだとこうはいかないでしょ。
立ち上げるだけでも面倒に感じるはずだし。
誰もが構えることなくストレスを感じることなく
家電のように使えるモノをリリースしたってことで、
アップル&スティーブ・ジョブズ、おそるべしです。

EGAO
http://www.geocities.jp/egaohair/

iPad
http://www.apple.com/jp/ipad/
ボルタレンテープ
先日痛めた左肩、まだ完治とはいきませんが、
可動域も少しずつ広がってきて、
シャツを脱ぐときの痛みも減ってきました(^^)

それを助けてくれたと思われるのがこれです。
ボルタレンテープ
2010082011.jpg

病院では「モーラステープ」という外皮用薬を
処方してもらったんですが、
それを使い切ってから、
自宅にあったボルタレンテープを使ったところ、
痛みが激減したんですよ。

まぁ時期的に痛みが引くタイミングだったのかもしれないし、
今回の怪我の症状にたまたまあってたのかもしれないけどね。

この手の貼り薬はいろんな有効成分があって、
その違いとかはよくわからないんだけど
「インドメタシン」や「フェルビナク」配合のは
自分の場合はあまり効果が無くて、
このボルタレンテープが主成分としてる
「ジクロフェナクナトリウム」が自分には合ってるみたい。

ま、使う箇所や症状によって
それらは使い分けるのかもしれないけど
あくまで自分の、今回の場合、ね。

スノーボードでも大転倒やらかして
打撲や捻挫することもあるんで
クルマに常備しとこうかな(^^)

ただひとつメンドーなのが、
このボルタレンテープは第1類医薬品なんで、
前に紹介した毛生え薬リアップと同様、
薬剤師さんが居るときしか買えないんよね。
2010082012.jpg

あともう少ししたら、肩ぐるんぐるん回せそうです(^^)
これまた参戦したかった
いやー、こんな大会があったなんて...
アクロス重信恐るべしですよ(^^)

全国サイドスリップ選手権大会(爆)
2010081901.jpg

スノーボードを始めたら、まず出来なくちゃいけない第一関門である
「横滑り」

自分はこれを人に教えるのも、
もちろん自分でやるのも、結構自信アリです(^^)

でもスピードを伴って、となるとね、
板を谷側にどれだけ寝かせるか、ってことになるんで、
それだけ逆エッジのリスクも高くなるし、
結構勇気が要りそう(^^)

ヒールサイドで横滑りしてて、トゥサイド引っ掛けたらこうなるでしょう、の図
(モデル:あくせる)
2010081902.jpg


予選はタイム計測、
決勝はデュアルノックダウンでやったそうです。

しかもMCが稲川光伸氏ってまた豪華すぐる(^^)

トゥサイド部門、ヒールサイド部門とかって分けても
おもしろいやろね。
雑記&スプロケット交換
◆◆◆ 雑記 ◆◆◆

●歯医者さんはやっぱり痛い
先日「歯医者さんは痛くないのでもう怖くない、安心」
なんて書いたんだけど、クリーニングの段階に入って
歯石を取ってもらうようになると、衛生士さんは
容赦なくガリガリやってくれるので痛いのなんのって...
いちおう、「大丈夫ですかぁ?痛かったら言ってくださいねぇ」
なんて言ってくれるんだけど、
麻酔掛けてもらうわけにもいかないし(^^)

●とにかく眠い
この頃なぜかもうハンパなく眠い。気がつけばウトウト。
寝る子は育つって言うけど、もうこれ以上育たんでエエし、
むしろ体重落としたいくらいやし...
鈴鹿までに74kg台に持っていきたかったが、現在77kg台。
ちょっとウエイトコントロールに失敗した模様。
でも諦めずにもうちょい頑張るし。

●久々のハードカバーは手ごわい
昨日、一段落つけて態勢整えて読書にいそしもうと、
先日買った「ゴールデンスランバー」を手にしたが
1ページも読み進まないうちに(眠りに)落ちてしまった。
読破するまでどれくらいかかるんだろう。
通勤時に読めばいいんだろうけど、自分はつり革に捉まって
立ったまま寝る特技も持ってるんで、結果は同じか。


--------------------------------------------------


◆◆◆ スプロケット交換 ◆◆◆

前回の美山TT練からなんですが、
鈴鹿TTワンポイント用に(^^)スプロケットを交換しました。

交換前:12-13-14-15-16-17-19-21-23-25T
交換後:11-12-13-14-15-16-17-19-21-23T

どちらも105グレード(CS-5600-10s)です。
2010081801.jpg

必要な工具はこれだけ。
2010081802.jpg

青いグリップのがHOZANの小ギヤ抜き(C-62)
本来ボスフリーの小ギヤを外すために所有してたものですが、
スプロケット抜き工具としても使えます。

左の黒い小さいのがシマノのスプロケットロックリング抜き工具。
これも、自分の持ってるのは旧いタイプなので、
真中の軸棒がついてません。

あとは300mmのモンキ-レンチね。

やりかたは人それぞれですが、
自分の場合はこんな感じで工具を掛けて外します。
2010081803.jpg

ロックリングが外れたら歯をごっそり抜き取ります。
この時点で歯の傷などをチェックして、清掃して保管します。
2010081804.jpg

フリーボディも清掃しておきましょう。
組み付け時にここに薄くグリスを塗る人も居ますが、
自分はここにはグリス塗らない派です。
2010081805.jpg

マヴィックのM10フリーボディに、シマノの10速スプロケットを
装着するときは、マヴィックの付属スペーサー(2mm)を忘れずに。
2010081806.jpg

さらに、シマノの10速スプロケットに付属の
スペーサー(1mm)も入れます。
2010081807.jpg

あとはロー側から順番に歯と間座を入れていって、
2010081808.jpg

ロックリング用の薄い間座とロックリングを入れて、
2010081809.jpg

ロックリングを締め込んで終了。
2010081810.jpg

というわけで、ロー側25Tが無いあいだは、
激坂へのお誘いはご遠慮ください(^^)

お誘いをご遠慮願いたい最寄の激坂の一例
・暗峠
・滝畑~岩湧寺ルート
・牛滝から上る和泉葛城山
・三国山~堀越観音ルート
     :
ゴールデンスランバー
前にも書いたんだけどね。雑誌は通勤時に日々読むけど、
それ以外で活字に接するのはせいぜい実用書程度で、
(小説の類の)読書なんてのは二十数年ご無沙汰だったんよね。

で、久々にハードカバー買ってみました。

伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」
2010081702.jpg

せっちゃん(斉藤和義)やビートルズが絡んでなければ
おそらく手にすることはなかったと思う。

昔、小説にハマったときは、伏線がいっぱい敷いてあって、
最後に全部ポンッと繋がるような作品が好きで、
そういう面では日本作品はちょっと物足りない気がしてた。
そういうのを満たしてくれるのはやっぱり外国作品のほうだったんで
当時はロバート・ラドラムの作品とか好きだった。

伊坂幸太郎さんの作品がそれに比肩するか、ってのは別として、
伏線好き(^^)にはたまらない作品であるのは確か。

これで映画のゴールデンスランバーが
どこかの映画館でリバイバル上映されて、
さらにDVD版を手に入れれば完璧なんだけど...(^^)
2010081701.jpg
スクアドラ走行会(水越峠)
さすがにお盆時期とあって、参加者は少なめでした。
おまけにドンヨリ曇ってて、もういつ降り出すかって感じ。
湿気が多くて蒸し暑いし、
なにもこんなときにワザワザ走らんでも...(^^)

前日に十三峠マニアさんのハードなイベントに参加されて、
この日はリカバリーラン代わりに参加された
ちょこさん、そしてこわハゲさんが後半チェンジして
サイクル橋まで引いてくれました。

いつも思うんだけどね、こわハゲさんにしても
ちょこさんにしても、上位カテのレースに参戦してる人は、
走りにメリハリがあるんよね。
サイクルロードでは安全を考えて
MAXスピードは押さえて走ってくれるんだけど、
停止や減速からまた巡航スピードに乗せるまでが
ムッチャ早くて、一緒に走るだけでいいトレーニングになります。

で、石川サイクル橋に到着。
このあたりで曇りから晴れに変わってきました。
なのでさらに暑くなります。
2010081601.jpg

ここに来る途中、柏原のガタガタ橋でジャスティスさんと
対向しました。で、ワザワザ戻ってきてくれました。
いやぁ、ジャスティスさんと走れるなんて何年ぶりだか...

写真左からマルさん、ジャスティスさん、こわハゲさん。
ここに、いっす!!さんやAR居兄弟さんが加われば、
自分がチーム練に参加しだした頃にお世話になった人が
勢ぞろいになるんけどなぁ。
2010081602.jpg

石川サイクル橋を後にし、白木のコンビニへ向かいます。
2010081603.jpg

ここではやはり皆さん日陰を求めて...
約1名、Hりさんだけが日なたに居ます。
さすが、ブルベな人は違います(^^)
2010081604.jpg

この日、チームの役員の方々が
午後からシマノ鈴鹿ロードの準備をされるので
(いつも本当にありがとうございます)
この日のルートは早くにショップに戻れる
水越峠~グリーンロードコースとなりました。

水越峠にて。この頃なぜかマメに面倒見のいいマルさん(爆)
2010081605.jpg

前回の美山TT練からスプロケを11-23Tに変えたので、
このあとのかつらぎ霊園への上りもそうだけど、
あくせるの根性なし脚にはこたえます。
いかに25Tに頼ってたかを思い知らされました(^^)

峠に上っても暑いものは暑い...
2010081606.jpg

下って、かつらぎ霊園を経由して、上河内・下河内から
グリーンロードへ。持尾の展望台着。
2010081607.jpg

というわけで、昨日のココドコは持尾の展望台です。
地元ローディには簡単すぎる(^^)
2010081608.jpg

太子の道の駅に立ち寄ります。もう暑さは最高潮で、
冷房の効いた建物に入ると出たくなくなります。
2010081609.jpg

最後のお楽しみのグリーンロードバトルは、
もう暑くてシンドくて絡んでもらおうという気力も出てこず、
それでも途中で思い直して追いかけてみましたが、
もちろん追いつくはずもなくグダグダとチョーヤ前へ。

サイクルロードに入り、暫くマルさんの引く
第2集団の後に着かせてもらいましたが、
最後のスプリントに備えて第1集団を追います。
ガタガタ橋で本日お墓参りに行かれるこわハゲさんとお別れし、
踏み切り待ちで第1集団に合流。
あとで聞くとスイマーくんとオモちゃんは先行していた模様。
ちなみにこの日はスイマーくんパンクなしだったんだろうか(^^)

さて、安全な場所のスプリントポイント。
ずーっとちょこさんが引いてくれてて、自分はその番手。
後を振り返ると猿丸キャプテンがニヤニヤ笑ってる(^^)
誰が仕掛けるか皆牽制してたんだけど、
なんとこの日はSG尾さんが行っちゃいました。
すぐに飛びついて様子を伺ってたら、
ちょこさんがスパっと行って、追いかけても全然届かず。
リカバリーで参加してた人に簡単に捻られて...
やっぱラベルが違いすぎやね(^^)

暑い中参加された皆さん、
お疲れさまでした&ありがとうございました。


走行距離:73.4km
走行時間:3時間13分20秒
平均速度:22.7km/h
最高速度:63.1km/h
消費カロリー:2532kcal
最大心拍数:116%(MAX190に対して)
平均心拍数:83%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
ココドコ
クリックすれば大きくなります。

2010081501.jpg

また明日ね。
一庫ダム~美山
また美山TT練です。

午前4時30分起床。午前5時自宅発。
お盆時期とはいえ、この時間の阪神高速は空いてます。
でも電光掲示板の情報では、
早くも中国道と名神で渋滞が発生していました。
2010081401.jpg

今回も日生中央の有料駐車場にクルマをデポ。
集合場所まで走ってアップできるのと、お隣に商業施設があるので
戻ってから捕食を買えるのがありがたいです。
2010081402.jpg

一庫ダムに集まったのは、5ステージスズカ組の
もろぞうさん、ちっこいオッサン、まごさん、オモちゃん。
チームTT組のTeamスクアドラ・ピュアホワイトから
猿丸キャプテン、こうろうさん、アル中SS木さん、あくせる。
乗鞍HC参戦のSG尾さんの計9名です。
レンズに汗がついてたみたいで写真ボケボケ(^^)
2010081403.jpg

みなさん口々に「肩大丈夫?」と声を掛けてくださいました。
ありがとうございます。ご心配をお掛けしてすみません。
この日の時点では、頭を洗える位置まで腕が上がるようになってました。
自転車のほうは、下から突き上げを食らうと痛みますが
ダンシングもできますし概ね大丈夫です。

では出発しましょう。
2010081404.jpg

前回の汚名を挽回しようと(?)
アル中SS木さんがペースを上げて引き始めます。
猿丸キャプテン:「カラダも温まってないのにそんなんしたら...」
やがて微上りに差し掛かり、まごさんにチェンジ。
あくせる:「あぁ、上り前にまごさんに変わってしもたら...」
予想通りペースの上がったところで、もろぞうさんにチェンジ。
さらにさらにペースが上がります。やっぱ5ステージ組は速い。
なんとか食らいついて、
一巡したころに気がつくとアル中SS木さんが居ない。
こうろうさん:「いや、もう早々と消えてましたよ」
今回もアル中SS木さん、ブログのネタを作ってくれました。
ありがとうございます(^^)

少しペースを落として走ってましたが現れないので、
京都府との境界のピークでアル中SS木さんを待つことに。
5ステージ組はお迎えに戻りました。はぁ...元気やのぉ...
全員揃ったところで、チームTT組+SG尾さんが先発、
少し置いて5ステージ組が追うことになりました。

園部のいつものコンビニで補給します。
この時点で区間アベが32km/h台の後半あたり。
2010081405.jpg

またチームTT組+SG尾さんが先発、5ステージ組が後追いします。
日吉ダムでは止まらないことにして、
美山のヤマザキ前に集まることにしました。
先着して待ってるとすぐに5ステージ組がやってきました。
たぶんやるぞ、と思ってたらスプリントに。
カメラが間に合わず、先着のちっこいオッサンはフレーム外に。
スミマセン(^^)
2010081406.jpg

この区間もアル中SS木保険が効いたんで(^^)
所々でペース落として脚を休められましたが
やっぱこのトレはハンパなくしんどいです。

いやもう たいがいにしとかんと...
2010081407.jpg

この先、美山サイクルロードレースのコースに入ると、
何も言わずとも始まっちゃいます。
九鬼ヶ坂に入るまでにアドバンテージもらっとこうと、
早めに抜けとこうと思ったら放置してくれず、
満面の笑みをたたえた猿丸キャプテンやみなさんが続かれます。
九鬼ヶ坂に達するまでもなく、上り始めて引けなくなったらチーン。
全員にごぼう抜かれ(^^)

九鬼ヶ坂を越えて下りて鋭角カーブを曲がり、
次の左折場所でオモちゃんが待ってくれてました。
お詫びにそこからは引くことにします。程なく水汲み場に到着。
2010081408.jpg

また例によって二手に分け、今度は日吉ダムに立ち寄ることに。
2010081409.jpg

ちょっと早いんですがお昼ご飯にしました。
2010081410.jpg

あとは一庫ダムを目指して戻るのみ、
なのですが、この時点でもうかなり脚に来てます。
新世紀第二トンネル(←しかし凄いネーミングやな...)への上りで
アル中SS木さんがいっぱいいっぱいになったので
(いえ、自分もそうです)最後の上り前に小休止します。
2010081411.jpg

最後の上りではオモちゃんが飛び出し、5ステージ組が追う展開に。
チームTT組はアル中SS木さんのペースに合わせて上り、
ダム湖畔はクルマが多かったので必要最小限で回し、
やがて一庫ダムに到着。

今日はこれくらいにしといたろ...
2010081412.jpg

一庫ダムの管理事務所が開いてたので、ダムカードいただいてきました。
2010081413.jpg

ということで、距離はたいして走らないんだけど、
この強度の練習はナマった脚にはホント効きます。
鈴鹿までにもう一回やっときたいけど、でもシンドイしなぁ。
考えると前の日にはお腹痛くなっちゃうし(^^)

みなさん、どうもありがとうございました。


走行距離:120.3km
走行時間:3時間51分16秒
平均速度:31.2km/h
最高速度:65.7km/h
消費カロリー:3156kcal
最大心拍数:111%(MAX190に対して)
平均心拍数:84%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
夏に考えるスノーボードのこと(オガサカ編)
オガサカスノーボードのサイトに
「10-11モデルの簡単な画像をアップしました。」
とあったんだけど、

アルパインボードはこんな感じ。
2010081201.jpg

これだけなのか、まだモデルが追加されるのか不明だけど、
このままだとえらいアッサリなんよね。

ちなみに、昨シーズンのラインナップ↓
2010081202.jpg

もしこのままだったら、という前提で書くけど、
そうするとMX-Limitedなくなっちゃうの?

なんつっても相沢盛夫さん(実は自分と同い年)の、
アルパイン/テクニカルの世界でのネームバリューは
絶大なもんでしょ?(その分当然アンチも存在するけど)

そのシグネチャ-モデルを捨てるとしたら、すごい英断やんね。
モデル継続したほうがセールス的にもいいだろうに。

で、ネームバリューだのセールスだの置いといてもね、
試乗会でMX-Limited乗ったときの感触は今でも覚えてる。
2010081204.jpg

そのときは176cmのレングスで、メーカー側も
「この長さのみロングターン仕様です」なんて但書してたけど、
ショートターンも普通に刻めるし、
なによりギャップをいなす感触が良かった。
足の裏から雪面の凸凹が伝わってくるんよね。

そのとき、別のレーシングボードにも乗ったけど、
どんなだったかはっきりとした記憶が無い。
覚えてるのはMX-Limitedの印象だけで、それは...

たぶんね、自分のまだまだな脚前では、
谷回りに入った瞬間からガッツリ噛んでくレーシングボードは
上手く乗れないんだと思う。

ハイスピードで大きなターン刻んでて、切り替えたときに
自分の予想と違う感触を感じて、吹っ飛ばされたことないですか?
オートバイで言うとハイサイドみたいな感じ。
自分がレーシングボードに乗ってハイスピードでかっ飛ばすと
未熟ゆえ、そうなってしまう確率が高い。

ところがテクニカル系の板だと、そこらへんを上手く
逃がしてくれるというか、マージンが広いんよね。
結果的に、なんか自分が上手くなったと
錯覚するオマケがついてくる(^^)
2010081205.jpg



一方、フリースタイルボードのほうは
それほど大きな変化はなさそう。
2010081203.jpg

FC-LがなくなってFC-X。
これは「やや」ハンマーヘッドっぽいところからみても
スノーボードクロス用かな?

代わりにCT-Lがあるけど、これはレディースのLじゃなくて
リミテッドのLやね。グラフィックの違いだけかな?

あと、FSは継続、SSとXXがなくなってTTがラインナップ。
このあたりはよくわかんないんです。管轄外なんで(^^)
SSはスロープスタイルやグラトリ系、
XXはオールマウンテンだったんだけど、
TTはどういう位置付けなんかねぇ。

しかし、オガサカもグラフィックが派手になってきました(^^)
以前はホント地味ぃだったもんね。
昨季のCTから、今までのオガサカのイメージを覆すような、
いい意味でのポップさが出てきたんだけど、
このあたりの好みは二分化しそうやね。


ま、来季の動向はまだ不明だし、
自分もまだ今の板(F2)に乗るつもりだけど...

暑い時にこういうこと考えるのもオツなもんです(^^)
電子マネー(2) and more
昨日はちゃんと活用してる電子マネーの話でしたが、
今日は全く逆で、「使う気の無い電子マネー」の話。

大阪ミュージアムWAON
2010081101.jpg

これも昨日のEdyと同様のプリペイド方式で、
金額をチャージして使うわけですが、そのカードの絵柄が
昨年大川に来てたアヒルちゃんだったので欲しかっただけ(^^)
これを使う気は全くありません。

発行手数料300円のみで手に入ります。
個人情報等なんら登録する必要なし。

ただし、大阪府下のマイカル系の店舗でしか入手できません。
自分は堺市の新金岡サティで手に入れました。
いつまであるかわかりませんので、興味のあるかたはお早めに。


おまけ

↑のは、まぁコレクションとして手に入れたわけですが、
これ↓は、あんまりコレクションにしちゃいけないもの
2010081102.jpg


大阪在住なのに、滋賀県の病院の診察券が2枚も...
ビワイチのときには忘れず持参、か?

...いえいえ冗談です。自戒を込めてであります。
電子マネー(1)
おサイフケータイとかね、別に必要ないと思ってたんですよ。
携帯を紛失したり盗難にあったりしたら面倒だし、
そもそも、普通に現金で払えばいいわけだし...

ところがですねぇ、前にアワイチしたときに、
お札を置いて小銭だけ持って自転車で走り出してしまって、
途中で気付いて往生したわけですが、
そんなときに、おサイフケータイが使えたらなぁと。
携帯はカメラ代わりにも使ってるんで、まず忘れて来ないし。

ということで、Edyを使えるようにしました。
2010081001.jpg

プリペイド方式なんで、必要な分だけチャージしておけばいい。
コンビニ等で現金でチャージできるし、
クレジットカードの利用を登録しておけば、
暗証番号を打ち込んでカード決済でチャージもできる。
なので、本当に必要最小限を常にチャージできるから
盗難や紛失時の被害も最小限にできる。

で、もうひとつのメリットとしては、
自転車で走ってて、コンビニで補給食とか買う時、
お金の出し入れって面倒でしょ?
自分は防水の財布使ってるけど、汗で濡れないように
ビニール袋に入れてる人とかも居らっしゃるし、
それに、他の一般のお客さんをレジ待ちさせないように、
早く支払いを済ませようとお札で払って、
小銭がドンドン増えたり...

そういうのも全て解消されます。
レジで「Edyで」と言って、携帯を所定の場所にかざせばOK。
2010081002.jpg

もう使い出したら便利なことこの上ないです。
別に宣伝の意図はないけど(^^)オススメですよ。
8月7日:琵琶湖一周
ビワイチは過去に何度かやってるんですが
調べてみると2006年にもこのクソ暑い8月に走ってる。
そのとき作ったホームページには
「何もワザワザこの時期に、こんなとこ走る必要ない」
なんて感想を自分で書いてましたが、
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」になってました(^^)

長浜駅前の公共駐車場にクルマをデポ。
最近ここ気に入ってます(^^) 一日駐めて最大1000円。
トイレは長浜駅の改札外のをお借りできます。
2010080901.jpg

今回は、南は瀬田の唐橋、
北は奥琵琶湖パークウェイを走る完全一周の予定。
奥琵琶湖パークウェイは未だに一方通行規制が掛かってるので、
そのアプローチがしやすいように時計回りで周ることにしました。

5時15分スタート。さざなみ街道を南下します。
彦根を通過し、近江八幡市に入ったらさざなみ街道を離れて
近江八幡の休暇村方面へ向かいます。
若干アップダウンがあってタイムロスにはなりますが、
走って気持ちいいし幾分涼しい(^^)
2010080902.jpg

休暇村前の宮ヶ浜水泳場。
まだ朝が早いので閑散としてますが、もう少し時間が経てば
湖水浴を楽しむ人でいっぱいになります。
2010080903.jpg

マイアミ浜を通過し、守山市に入りました。
これはピエリ守山。
この手の大型ショッピングモールが増えましたね。
ここはちょくちょくミュージシャンがミニライヴしに来てるみたいです。
で、これがあるということは琵琶湖大橋に来たってことね。
2010080904.jpg

もちろん琵琶湖大橋は渡らずにそのまま南下。
近江大橋もやり過ごし、やがて瀬田の唐橋に到着。
ここが琵琶湖最南端となります。
ここから湖西に入って北上します。
2010080905.jpg

再び近江大橋を今度は右手に見てやり過ごし、
しばらく走ったところでちょっとアクシデント。

自分の前を横切って、クルマ(軽のパネルバン)が左折しかかって停止。
自分の後にも自転車のかたがいらっしゃるのを知ってたので、
後方に減速のサインを出し、右からかわそうとしたんですが、
右車線を走るクルマの邪魔をしないように、
ギリギリを通ろうとして目測を誤り、
左肩を軽パネルバンの後部カドに打ち付けてしまいました。

激痛でワケがわからないまま惰性で走った後に停止。
後方にいらっしゃったローディのかたが心配して声を掛けてくださり、
前を引くからと仰ってくださったのですが、迷惑は掛けられないので、
脚を止めてしまったお詫びと、
お気遣いにお礼を申し上げて先に行っていただきました。

とりあえず肩を回したりあちこちの方向に動かしてみたところ、
痛みはあるものの動くことは動く。腫れもなさそう。
で、再スタートしたものの、気持ちは切れてしまい、アベはダダ落ち。

長浜駅を出て約90km無補給で来たので、堅田のコンビニで補給停止。
止まると肩がどーんと重く、動かすと痛みが酷い。
こうなると不安が増してきます。骨折してたら鈴鹿を走れなくなるし、
チームの人たちにも迷惑かけてしまう。不安を取り除くなら病院だ...

コンビニの店員さんに
「このあたりに大きな病院はありますか?」と尋ねると、
「1kmほど進むと右手に琵琶湖大橋病院があります」とのこと。
で、そこで診てもらうことにしました。

病院に着いた時間は9時少し前。診察は9時からなので、
すぐに診てもらえるかなぁと思ったら甘かった。
こんな番号でした(^^)
2010080906.jpg

お年寄りのかたがとっても多かったのと、
お盆前だから混んでたんでしょうね。
2時間以上待ち続け、なぜか隣に座ってきて話しかけたがってるおじさんに
「話しかけないで光線」を出しながら(^^)高校野球見てるフリしてさらに待ち、
ようやく自分の順番が回ってきました。

だらだら書いててもしかたないんで結論を先に書きますと、
レントゲンを撮って診てもらった結果、幸いにも骨には異常なし。
肩の打撲と肩関節の捻挫ということでした。
骨が大丈夫とわかっただけで安心感が違います。
痛いのは変わらないけど(^^)

で、お医者さん、「今のままじゃ痛いでしょうから固定しましょう」と仰って、
看護師さんに「三角巾で吊ってあげて」と指示されます。
自転車だってことはもちろん告げてあるんだけど、
仲間が居て自分を運んできたと思ったみたい。
そうじゃないんです、まだ自分で走んなきゃいけないんです、
と言い出せる空気じゃなかったので(^^)
甘んじて受けた結果がこれ↓ 会計待ちのときに撮りました(^^)
2010080907.jpg

骨折してたらここで止めとくとこなんだけど、折れてないし、
お医者さんは動かさないようにしてれば良くなると仰ったので、
動かさないようにすれば自転車に乗っていいと判断(^^)
(注:良い子は(オトナも)マネしないでね)

もちろんこれでは自転車に乗れないので、
会計を済ませて病院を出てすぐに
三角巾は丁重に外させていただきました(^^)

さて、ちょうど琵琶湖大橋の西側に居るので、このまま琵琶湖大橋を渡って
クルマを置いてある長浜駅に向かえば約60km少々、
当初の予定通りのコースを走れば約100km少々...

骨は異常ナシのお墨付きをもらったし、
肩を動かさないようにすれば痛みはマシだし、
なにより途中でやめちゃうのがイヤだったので
予定通りのコースを走ることにしました
(アホです...)

堅田から先の湖西はクルマも多く、路側帯も狭くて走りにくい。
やがて白髭神社に到着。
2010080908.jpg

高島から先はクルマの少ない湖周道路を走ります。
とりあえず現状を確認。

 ・普通にシッティングで乗れば痛くない。
 ・微上りをダンシングで越えようとすると痛い。
 ・信号待ち等で停止し再スタートするときは
  左足を先にペダルに載せて踏ん張らないと痛い。
 ・エアロバーはそーっと手で手繰っていって握れば痛くない。
 ・自転車を降りるときは右から降りないと痛い。

道の駅しんあさひ風車村に到着。どうも肩が重い。
ジャージのバックポケットの重みが
肩に掛かってるような気がしてしかたがない。
実際にはたいしたもの入れてないんだけどね。
少しでも軽くしようと、BCAAの粉末2本はボトルに水で溶かして入れ、
カーボショッツ2袋も飲んでしまって少しでも軽くすることにしました。
いずれもハンガーノック時に備えていつも持ってるもの。
こんなの消費したところで気休めの軽量化やね。

今津を通過してマキノ町へ。海津大崎への道に入りました。
湖北は幾分涼しげで気持ちいいです。
が、休憩も多くなってきました。
2010080909.jpg

グランフォンド福井でもお馴染みの大浦に到着。
肩のせいか暑さのせいか、心拍はたいして上がらないのに
ペースも上がらない。
岩熊トンネル経由で塩津に抜けようかとの思いもアタマを過ぎりましたが、
肩を言い訳にするみたいでヤなので、
予定通り奥琵琶湖パークウェイに向かいました。
2010080910.jpg

奥琵琶湖パークウェイは菅浦から月出方面への一方通行になります。
自転車はここの一方通行は関係ないと
書かれているブログ等をたまに見ますが、
この写真にもあるとおり、自転車も一方通行遵守ですよ。
2010080911.jpg

つづら尾崎展望台に到着。
ここがピークではなく、まだこの先アップダウンを繰り返すことになります。
2010080912.jpg

月出あたりから奥琵琶湖の様子。
琵琶湖の南のほうとは全く雰囲気が違います。
2010080913.jpg

ハンガーノック気味になってきたので、塩津のコンビニで最後の補給。
賤ヶ岳トンネルは当然旧道のほうを目指します。
ここからも琵琶湖がきれいです。
2010080914.jpg

下ってからは長浜駅まで約18kmのフラット。
でもこの区間がいちばんキツかったです。
ようやく一周を終え戻りましたが、時刻は17時を回ってました。
病院で費やした3時間が実にイタかったです。
2010080915.jpg


土曜日の記事を見て、電話やメール、コメントをくださった皆さん、
ご心配をおかけしましてすみません。ありがとうございました。

これ書いてる現在も左腕が上がりませんが、
2~3日中には良くなるはず(と思いたい)
このところ注意力が低下してるので、
改めて気を引き締め直そうと思います。


走行距離:200.7km
走行時間:7時間31分38秒
平均速度:26.6km/h
最高速度:49.1km/h
消費カロリー:5030kcal
最大心拍数:93%(MAX190に対して)
平均心拍数:74%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
琵琶湖一周とりあえず











長浜駅前発、時計周り、唐橋経由、奥琵琶湖パークウェイ経由の完全一周ヒトリストしてきました。

途中いろいろありましたが(^^)なんとか完走。

いろいろあってしんどいので
まだ帰宅せずウダウダ中。

こっちでのんびりしてゆっくり帰ります(^^)


Distance:200.7km
いろいろと...
ゴールデンスランバーのDVD、
本日発売されますね。
2010080601.jpg

伊坂さんの作品って興味あるんだけど、原作を読んだことがない。
地下鉄では雑誌読んでばっかりなんで、たまには読書してみるかな(^^)

ゴールデンスランバー:予告編




話は全く変わって(^^)
永らく通っている歯医者さんでの治療もそろそろ終盤。
あと少しの治療とクリーニングのフェイズになってきました。

で、やっぱり磨きが甘いようです。
歯間ブラシやフロスもサボり気味だしね。
なので薦められるものを購入。
2010080602.jpg

今までは「もう痛い思いしないように、しっかり磨こう」
とか思ってたんだけど、最近の治療って痛くないんよね。
なのでその縛りが効かないところが悩ましいところです(^^)
盆踊り
勤務先のすぐご近所に、やぐらが組まれてました。
はい、盆踊りですね。
2010080501.jpg

そういえば子供の頃は今の時期、盆踊りのハシゴができたんよね。

 ・小学校の校庭で
 ・近所の公園で
 ・住宅内の道路を通行止めにして
やぐら組んでました。

そりゃもう、そこらじゅうでやってたもんね。
大阪では河内音頭が定番で、この時期は自宅に居ても
「えんやこらせー、どっこいせー」
が聴こえてきたものでした。

こういうイベント事はだんだん減ってきてるけど
やっぱ夏の風物詩だしねぇ。
地味にでも残って欲しいものです。
あと4ヶ月
シーズンインまであと4ヶ月。
雪遊び好きの皆様はいかがお過ごしでしょうか(^^)

JSBA(日本スノーボード協会)は毎年8月が年度末。
会員更新するならお布施(^^)を納めよ、とのことですので
ありがたく納入させていただき(^^)来季の書類が届きました。
2010080401.jpg

会員証のプラスチックカードは毎年使いまわしで、
会員期限の入ったシールを毎年貼りかえるというエコ仕様(^^)
2010080402.jpg
2010080403.jpg

まだまだ暑いんですけどね、意外と早く雪のシーズンは
やってくるんです。
それまでスノーボード誌のカタログ号でも眺めて待ちましょう。
自分は板もウェアもこれまで通り継続使用の予定ですが(^^)
2010080404.jpg
8月1日:一庫ダム~美山
鈴鹿でのチームTTを前に、
走り合わせしようということになりました。

集合は一庫ダム。自分は日生中央駅の公共Pにクルマをデポ。
アップがてら、ちょっとひと上りして集合場所に向かいます。
2010080301.jpg

集まったメンバーは「Teamスクアドラ・ピュアホワイト」より
猿丸キャプテン・こうろうさん・アル中SS木さん・あくせる。
5ステージ組からオモちゃん、スペシャルゲストにSG尾さんです。
このあと日吉ダムでちっこいオッサンが家族と共に合流予定です。
2010080302.jpg

オモちゃんを先頭にスタート。
若いからねぇ、いきなり長いこと引いてくれます。
その後は少しずつ回して行きますが、
SG尾さんはこのTT組ではないので
遠慮されてあえてローテには入らず。
一方、加わって欲しいアル中SS木さんは
なんだか調子が出ないのか遅れ気味です。

で、大阪/京都府境のピークでアル中SS木さんを待ってると、
その方向からなんだかとんでもなく速い列車が近づいてくる。
なんと山岳会の人たちでした。スクアドラメンバーの
こわハゲさん、ちょこさん、スイマーくんの姿があります。
スイマーくん相変わらず笑って上ってるし、こわハゲさん、
ちょこさんも同様に余裕の表情で目の前を通過。
なんちゅう速い人たちやろ...

園部のコンビニに到着。もうこの時点で相当暑いです。
2010080303.jpg

日吉ダムに向かってリスタートします。
2010080304.jpg

日吉ダムに到着しましたが、ちっこいオッサンファミリーが
まだ到着されてないので、こうろうさんを先頭に
ダムサイトを周回しておきます。
こうろうさん太ったと言いながら、上りも速いんよなぁ...
2010080305.jpg

無事にちっこいオッサンファミリーと合流。
ご家族のやよいさんと晴○ちゃんは
ここのプールと温泉に入って待っておくとのこと。
2010080306.jpg

美山を目指してリスタート。
ちっこいオッサンがガンガン引いてくれるのでキツイ。
ここでもやはりアル中SS木さんの調子が出ず切れるので、
切れたらペース落とし、また上げて切れたらペース落とし
を繰り返して走ります。半ばいぢめ状態(^^)
トータルアベレージは落ちるけど、自分は休めて助かりました(^^)
SS木さんのことはSG尾さんがずっとケアしてくれてました。
2010080307.jpg

やがて美山サイクルロードレースの周回コースに到着。
そのまま九鬼ヶ坂を経由して周回し、水汲み場で小休止。
2010080308.jpg

このあたりで唯一コンビニっぽいお店で補給します。
2010080309.jpg

日吉ダムのほうに戻ります。
途中、アル中SS木さんを待ってリスタートしたときに
いちびって(^^)逃げてみましたが、
すぐさまちっこいオッサンにスパっとやられます。
これをキッカケに集団はここで一気に活性化。
みんな代わる代わるアタックして、
もうTT練じゃなくなりました(^^)

日吉ダムに到着。
これをいただきます(アルコール分0%なので念の為)
2010080310.jpg

ここで昼食としましたが、ここはなんせ出てくるのが遅いので
カレーなら早いだろうと鹿肉カレーをオーダーしましたが、
結局出てきたのはいちばん最後でした(><)
2010080311.jpg

まだ一庫ダムまでの道のりが残ってます。
ここで、まだ走り足りないちっこいオッサンと、
もう1ミリも自転車乗りたくないアル中SS木さんの利益が一致。
ちっこいオッサンのクルマをアル中SS木さんが
一庫ダムまで回送することになりました。

一庫ダムまでに2箇所ほどイヤな上りがあるんですが、
ここで自分は切れてしまいます。
ピークのトンネルで猿丸キャプテンが待ってくれてて、
そこからR477の交差のあたりまでで
前の集団に引き戻してくれました。

自販機前で小休止。
とにかく水分取らないとやってられない...
2010080312.jpg

あともうひとつあるピークもまたタレタレで上り、
また猿丸キャプテンに引いてもらって前の集団に合流。
やがて一庫ダム湖(知明湖)畔へ。
それまで猿丸キャプテンに引いてもらったおかげで
少し回復したので頑張ってみます。

ローテして自分が前に来たタイミングでジワジワっと上げますが
ちっこいオッサンがしっかり着いてます。
そのまま交代せず引いて逃げるつもりでしたが、
トンネル潜って最後の微上りのピークで
ちっこいオッサンにスパっとやられます。
もうあまりに速度差がありすぎてガックリ来てるときに
オモちゃんにまでいかれて再度ガックリ。
ダムの堤体上でオモちゃんに並ぶまでで精一杯でした。
あいかわらず詰めが甘い...

ま、事故・トラブルなく帰着できてなによりなにより。
2010080313.jpg

ほんとシンドイですけど、こういう練習は身になりますね。
みなさん、お疲れさま&ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


走行距離:135.4km
走行時間:4時間49分56秒
平均速度:28.0km/h
最高速度:61.1km/h
消費カロリー:3449kcal
最大心拍数:116%(MAX190に対して)
平均心拍数:78%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
7月31日:金剛トンネル~津風呂湖~芋ヶ峠
翌日に美山TT練を控えていたので、
この日は無理のないペースでゆっくり走ってきました。

5時30分自宅発。細かい雨が降ってました。
朝の大和川沿いはジョガーとウォーカーで賑わってます。
2010080201.jpg

石川サイクル橋を経由し、彼方の公園のトイレで軽量化。
2010080202.jpg

観心寺前を経由してR310で金剛トンネルへ。
この日もまだ工事していて片側交互通行でした。
2010080203.jpg

奈良側に下り。県道39号で大淀町方面に向かいます。
栄山寺のトイレでまた軽量化。
モンベル前も長いこと片側交互通行なんよね。
2010080204.jpg

この道はクルマの通りもほとんどなくて快適です。
こんな暑い日はキレイな吉野川に入りたくなりますね。
2010080205.jpg

しばらく県道39号を東進。
近鉄線の吉野神宮駅に近づいた頃、
前方から自転車乗りのかたがたが近づいてきます。
で、すれちがったとき「○○さ~ん(←あくせるの本名)」と
声をかけてくださったのがチャリ猿さんとルミ猿さん達ご一行。
とどさんもいらっしゃったのかな?
脚を止めては申し訳ないんで「あ、こんちは~」と
ご挨拶してそのまま失礼しました。

吉野神宮駅前を通過して、桜橋で吉野川の右岸に渡り、
少しだけR169を走ってコンビニで補給。
2010080206.jpg

もうここは津風呂湖のすぐそばです。
2010080207.jpg

津風呂ダムに到着。
2010080208.jpg

ダムサイトを北のほうに回っていくと吊橋があります。
注意書きがおもしろいです。
ママチャリで渡ると怒られるんでしょうか(^^)
2010080209.jpg

自転車で渡ると微妙な揺れ具合が心地よいです。
2010080210.jpg

で、対岸に渡るとグラベルになり、
さっきの看板の注意書きを打ち消すような
「ここから先はサイクリングロードではありません」
2010080211.jpg

実際、この先ロードでは無理です。
シクロ車かMTBならOKでしょうね。

また元の方向に戻ります。
2010080212.jpg

こんどは芋ヶ峠を目指します。
2010080213.jpg

芋ヶ峠に到着。
なんだか雲行きが怪しいなぁと思ってたら、
ポツポツ降ってきました。
2010080214.jpg

通常でもコケ蒸したとこが多くて滑りやすいので
休憩もそこそこに下りて行きます。
明日香村に入りました。
2010080215.jpg

雨脚がさらに強くなってきたので、木の下で少し雨宿り。
2010080216.jpg

程無く雨は上がりました。
あとは飛鳥葛城自転車道を利用して、三郷町経由で14時頃帰宅。
全体的に曇りがちでしたが、湿気も多くて暑い一日でした。


走行距離:141.2km
走行時間:7時間09分39秒
平均速度:20.0km/h
最高速度:53.8km/h
消費カロリー:4673kcal
最大心拍数:89%(MAX190に対して)
平均心拍数:75%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
一庫ダム~美山とりあえず
2010080101.jpg
2010080102.jpg
2010080103.jpg
2010080104.jpg
2010080105.jpg
2010080106.jpg
2010080107.jpg
2010080108.jpg

晴れときどき曇り
Distance : 135.4km