日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
金剛トンネル~津風呂湖~芋ヶ峠とりあえず
2010073101.jpg
2010073102.jpg
2010073103.jpg
2010073104.jpg
2010073105.jpg

曇りときどき晴れ・一時雨
Distance : 141.2km
スポンサーサイト



魔の1時間
自分はあまりデリケートに出来ていないのか、
どこでも寝れちゃうんですよ。

髪の毛切りにいって、顔そりしてもらってる間に寝るなんて
もう普通のことで(^^)

最近はさらに図太くなったのか、歯医者さんの診療台で、
治療待ちの間に寝ちゃったこともあります(←ホント)

そんなわけですから、一般に眠くなる条件が揃ったら、
自分も例外なく眠くなるわけでして...

食後って眠くなりますよね?
自分の勤務先は12時から午後1時までが昼の休憩なんですが、
お昼ごはん食べ終わって、午後1時から午後2時までの1時間が
毎日例外なく強烈に眠いんです。

パソコンを前に仕事してるんですけど、
ついコクっコクっとして勝手にキーを押しっぱなしにしてたらしく、
気がついてディスプレイ見たら、画面の中が

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

とかになってたりします(^^)

この1時間を乗り切れば、またちゃんと目が覚めるんだけどねぇ。
自分にとっては魔の1時間です。
2010073001.jpg
久々に雨
大阪は久しぶりに雨が降りました。
ちょっと涼しくなるかなぁと思ったけど、
湿気が増えただけで余計に不快になった気もする(^^)

ま、それだからってワケでもないんだけど、
いろんなことが面倒というか、どーでもよくなることがある。
あーもうアレコレ考えるのメンドー。
もうどーでもいいや、みたいな(^^)

そんなときは、無性に白い色の山が恋しくなる。
やっぱ、自分が一番好きなんは雪遊びなんやなぁ。
2010072901.jpg

早く雪降れ(爆)
2010072902.jpg
堺雅人氏がおもしろい
チラっと観たらハマってしまった刑事ドラマ
「JOKER ジョーカー 許されざる捜査官」

刑事ドラマも、ありがちなパターンに収まらないように
あの手この手で違った特色を出そうとしてるけど、
このドラマ、刑事モノに「必殺仕置人」「必殺仕事人」を
うまいこと混ぜ合わせたようなものになってる。
(あくまで、あくせるの主観です)

で、主演の堺雅人さんが、ハマリ役なんですよ。
この人、普通にしてても微笑んでるような顔なんですが、
虫も殺さぬような温和な表情を浮かべつつ
「お前に明日は来ない」と言って制裁を与えるところがまた不気味。

こういう人を見てるとね、若いのに(でもないか?)
いい役者さんが増えたなぁと思うんですよ。
視聴率取るためには某系アイドルタレント使えばいいんだけど、
やっぱ役者はいろんな役を出来てこそ、だからねぇ。

堺雅人さん、映画「ゴールデンスランバー」でも好演されてました。
そのサントラに収録されてたタイトル曲。
前にビートルズのオリジナルを紹介したけど、
今度はせっちゃんのバージョンね。

斉藤和義 : Golden Slumbers


[Golden Slumbers]
Once there was a way To get back homeward
Once there was a way To get back home
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

Golden slumbers fill your eyes Smiles awake you when you rise
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

Once there was a way To get back homeward
Once there was a way To get back home
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

[ゴールデン・スランバー]
かつて故郷に帰る道があった。かつて家に帰る道があった。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。

金の眠りが瞳を満たして、微笑が君の目を覚ます。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。

かつて故郷に帰る道があった。かつて家に帰る道があった。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。


※日本語訳はてきとーです(^^)
手袋を使う仕事?
昨日は歯医者さんに行ったんですが、
診療が終わって会計してもらってるとき、
「手袋を使うお仕事されてるんですか?」
なんて訊かれたんですよ。

意味がよくわからないまま
「いえ、手袋はしないです。」
って答えると、今度は
「じゃあ、ゴルフですか?」
って...

ここでようやく意味がわかりました。
ようするにこれですね。
2010072701.jpg

手首から上だけ焼けてるからねぇ。
そのときは
「いえ、ゴルフじゃなくて自転車です。」
って答えたんだけど...

ゴルフ=手袋する
ってのは一般に認識されてるけど、
自転車=手袋する
ってのは、どうなんだろうねぇ。
冬の寒い時期ならママチャリ乗る人も手袋使うけど、
この夏の暑い時期に手袋っていう発想はないだろうしね。

果たしてちゃんと伝わったのかどうかは不明です(^^)
スクアドラ走行会(金剛山ロープウェイ)
日曜日は暑かったですねぇ。
それでも、普段あまり来られないメンバーの顔もあって賑わいました。
fullさんやらSM原おふくろさんやらMY本さんやら...
なんか悪い予感がしますが...(^^)

いつものように大和川~石川と繋いで石川サイクル橋に向かいます。
とにかく暑い。ハンパなく暑い。
停まったらアスファルトから熱気がもわ~っと上がって来ます。
2010072601.jpg

この日のスペシャルゲスト、 チームSUNNYSIDE るみちゃんです。
本人恥ずかしがりなので(?)画像に処理を施しております(^^)
自宅から自走でスクアドラまで来て一緒にスタートしてくれました。
2010072602.jpg

石川サイクル橋から例によって白木のコンビニへ。
川西大橋の信号でリスタートしてから前へ出てみます。
ゴマメは放置してくれるかと思ってましたがそうもいかず、
クルマ止めの手前であっさり追いつかれ、
るみちゃんには腰を押されるという屈辱(^^)

白木のコンビニに到着。
右からもろぞうさん、こわハゲさん、るみちゃん。
るみちゃんしんどいフリして役者やのぅ(^^)
2010072603.jpg

とにかく暑いので、日陰に群がるように集まって休憩してます。
この日は金剛山ロープウェイに向かうことになりました。
2010072604.jpg

一足先にコンビニを出て、るみちゃんと談笑しながら上ります。
水分の三叉路を左折、すぐに右折してグリーンロードへ。
ここで後続の速い列車が来たので、
るみちゃんにはそちらに乗ってもらい、自分は一人旅。

途中、こわハゲさんが下りて来られました。
朝から体調が良くなかったようなのですが、
それをおして走ってもらったものの調子が上がらず、
この日、熱でやられたうえちゃん、T中さん?と共に
大事を取って帰還されました。

さらに途中、こうろうさんとアル中SS木さんが
早々と下りて来ます。どうやらフィニッシュ後、
すぐさま豆腐の美味しい店に向かったみたい。

ロープウェイ下に到着です。
トップはfullさんが取られたそうですが、
このあと仕事があるのですぐに下りて行かれました。
2010072605.jpg

では下りましょう。
2010072606.jpg
2010072607.jpg

下りの速いもろぞうさんとカッキンが逃げていきましたが、
途中、日頃の行いの悪い猿丸キャプテンがチェーン脱落(^^)
水分から県道27号に入り、再び白木のコンビニへ向かいます。
また始まりました(^^)
まごさんが仕掛けたので番手に入り、前に出させてもらいます。
信号にかかってリスタート。
そのままコンビニまで逃げたかったものの、
るみちゃんに追いつかれておしまい。
あいかわらず「砂糖の手掴み」(爪が甘い=詰めが甘い)です。

持尾の展望台を経由して太子の道の駅へ。
出発時にK松くんがパンク。先に出させてもらって、
太子のインターチェンジが見えるピークで後続を待ちます。
2010072608.jpg

なにやら良からぬ相談中のカッキンと猿丸キャプテン。
2010072609.jpg

るみちゃん、ちょっと熱に当たってきた模様。
2010072610.jpg

最後のグリーンロードステージ。
ここだけは皆さんと絡んでもらえるので頑張り所なのです。
太子ICの信号も、その先の信号も全て
上手い具合に青で通過できました。
いくつかアップダウンを繰り返して、
上りをふたつ残したところで前に出させてもらいます。
が、次の上りであっさり捉まります。
自分としてはあそこから最後のT字まで逃げたいんだけど、
未だかつて実現したことがありません(><)

あとは石川~大和川と繋いで戻ります。
途中、柏原で一度逸れてコンビニで補給。
なんとなく力が出そうなドリンクです(^^)
2010072611.jpg

そしてショップ帰着。
暫く涼んでから解散しました。

るみちゃんは、前にコメントくれてた通り、
ギャンブルレーサーの9巻を買って来てくれてました。
ありがとねー。
2010072612.jpg

暑い中を走った皆さん、お疲れさまでした。


走行距離:86.4km
走行時間:3時間48分54秒
平均速度:22.6km/h
最高速度:67.0km/h
消費カロリー:3012kcal
最大心拍数:119%(MAX190に対して)
平均心拍数:84%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
これ、参戦したい
たまたまこんなの見つけたんだけど...
「F2 CUP 2010 special @アクロス重信」
2010072401.jpg

「F2 CUP」なんて言うくらいだから、
さぞやステータスのあるものかと思ったんだけど、

「@アクロス重信」
ん? アクロス重信って室内ゲレンデやん。
で、要項を読んでみると
「世界一短いコースで熱くなれ!」
なんて書いてある(^^)

去年のリザルト調べてみると、
全長90m/平均斜度13度/旗門数6本で
男子のベストタイムが「7秒」
そりゃ確かに世界一短いわ(爆)

それでもゲストにKIMUTOMOさんと家根谷依里さんが来るんやから
このへんはさすがF2のパワーやね。

いちおう自分もF2乗りなんで、優遇してくれんやろか(^^)
2010072402.jpg

こういうシャレっ気のあるレースは出てみたいけど、
お盆時期に愛媛県ってのはちとキビシイなぁ。
諦めっか...

F2 CUP 2010 special @アクロス重信
http://a-x.jp/img/100814f2cup_entry.pdf
夏風邪
ウチの周辺に居るクマゼミもウォーミングアップを済ませ、
現在はフルパワーでワシワシシャカシャカ鳴いてます。

さすが住宅街に居るセミだけあって、
こんなとこにへばりついて脱皮するんよね。
器用なもんだ...
2010072301.jpg

さて、ただでさえ暑いのに、セミのおかげでなお暑く感じますが、
実際のとこホントに暑くて、大阪でももう36度とか言ってる。
ほとんど体温と同じやね。
昨日は岐阜県の多治見市で39.4度って、もう風呂入ってるのと同じ。

それだから、というわけじゃないんですか、
ちょいと調子崩してます。ノドが痛くて鼻が垂れて夏風邪っぽい。
寝込むほどでもシンドイってほどでもないんですけどね。
早めに薬飲んで様子見ときます。
2010072302.jpg

みなさんもご自愛ください。
淡路島一周(その2)
...昨日からの続き。今回で終了です。


灘地野から阿万に下ります。
多人数で走るときは、県道76号の新しいバイパスで
賀集八幡を経由してR28で福良に入ることが多かったのですが、
今日は一人なので、県道25号経由で直接福良に向かいます。

県道76号は、距離は少し伸びるが丘程度の上り、
県道25号は、距離は少し縮まるが少し急な上りとなります。
2010072201.jpg

県道25号のピークより。
眼下に福良湾が見えます。
2010072202.jpg

福良港に着きました。
ここでおいしいのを食べたかったのですが、
例の財布事件によりそれも叶わず。
まぁ、ここに着いた時間は9時半頃なので
お昼には早過ぎるし...と自分を慰めます(^^)
2010072203.jpg

代わりに、背中のポケットに入れて温存していた
おにぎり1個を自分へのご褒美として与えます(^^)
2010072204.jpg

多人数の時は行かないことの多かった門崎方面へ向かいます。
ここまでのアップダウンが結構こたえます。
やがて大鳴門橋と、対岸の四国が見えてきます。
2010072205.jpg

道の駅うずしおに到着しました。
ここでもおいしいものは我慢(^^)
2010072206.jpg

元の道へ戻り、一山越えて阿那賀へ下ります。
旅館うめ丸前の坂を越えて西海岸へ。
ここまで来れば、あとは多少アップダウンがあるだけで
きつい上りはありません。
2010072207.jpg

慶野松原のコンビニで補給。買ったのは水1本のみ。
残金326円也(^^)
2010072208.jpg

ここで、もうひとつ温存していたおにぎりを食します。
「ふっくらおいしく愛情むすび」のはずが、
背中のポケットでせんぺいのようにペチャンコに(^^)
2010072209.jpg

あとは淡路サンセットラインをひたすら北上するだけ。
五色-郡家-北淡と通過し、
やがて明石海峡大橋が見えてくると、フィニッシュは間近。
2010072210.jpg

午後1時少し前にフィニッシュしました。
いちばん暑くなる午後2時頃までには戻れたんだけど、
実際には10時半頃から灼熱地獄でした(^^)
2010072211.jpg

無事に財布のお札も手に入ったのでようやく食事可能に(^^)
その前に、松帆の郷の温泉で汗を流します。
お昼過ぎなので温泉そのものは空いてました。
2010072212.jpg

高台にあるので、駐車場から明石海峡と
明石海峡大橋が望めます。お風呂からも見えますよ。
2010072213.jpg

ここに併設されてるレストランにて。
淡路島といえば穴子でしょ、ってことで
穴子とじ丼を食べてみましたが...
たぶん次はもうこれ食べないでしょう(^^)
2010072214.jpg


今回のルート



走行距離:150.4km
走行時間:5時間55分29秒
平均速度:25.3km/h
最高速度:61.6km/h
消費カロリー:4386kcal
最大心拍数:116%(MAX190に対して)
平均心拍数:81%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
淡路島一周(その1)
もう日にちが経ったんでアレなんですが、
先週土曜日のアワイチ、いくつかに分けてレポします。

早朝4時30分自宅発。この時間の阪神高速はもちろんガラガラ。
神戸線は速度違反取締りカメラが連続するのが鬱陶しいです。
2010072101.jpg

アワイチは過去何度かやってるんですが、
高速料金が安くなってるので、
最近は明石海峡大橋を渡って上陸しちゃいます。
以前は明石市の大蔵海岸駐車場にクルマ駐めて
たこフェリーで上陸ってパターンだったんだけどね。
たこフェリー、乗ってないなぁ...
2010072102.jpg

淡路サービスエリアでトイレ休憩。
ここの観覧車、未だに乗ったこと無い。
明石海峡見れていい眺めでしょうね。
2010072103.jpg

淡路インターを出て岩屋へ。
いつものコインパーキングにクルマをデポします。
準備してると、もう一組アワイチするらしきグループが
来られました。リカンベント乗ってるかたも。
2010072104.jpg

6時頃岩屋をスタート。
朝の暑くない間に、南の山岳ルートを通過してしまおうと
いう目論見です。でも既に結構暑いね。
2010072105.jpg

例の観音様は今のところ倒れずに立ってます(^^)
2010072106.jpg

2010072107.jpg

洲本温泉先のコンビニで補給します。
ここでおにぎり2個とドリンク1本を買ったんですが、
財布の中身が硬貨のみでお札が入ってない!
2010072108.jpg

実は岩屋から走り出す前に駐車場で、
財布のお金を防水の別の財布に移し変えたのですが、
このときにお札を移すのを忘れてしまったのでした。

この時点で手元に残ったのは、さっき買った
おにぎり2個と500mlドリンク1本と残金494円。

こうなっちゃうと、一人ゆえに無力です。
岩屋に駐めたクルマにお金を取りに戻れば約2時間のロス。
このまま先へ進むなら残りの距離が約110km。

結局、先に進むことにしました。
おにぎりは食べずに背中のポケットに入れて温存します。

由良の上りが始まります。
2010072109.jpg

最初のピークを迎え、すぐに下ると、はい、ここですね。
ナゾのパラダイスはいつものように写真撮影のみで通過。
2010072110.jpg

下ってまた上り返して、もうひとつピークを迎えます。
ここから一気に下って南海岸へ。
2010072111.jpg

モンキーセンターは写真撮影のみで通過。
2010072112.jpg

沼島が見えてきました。これを横目に通過すると、
自分が一番嫌いな灘土生からの上りが始まります。
2010072113.jpg

ひとつ上って、下って、上り返して灘地野です。
ここまでの坂が、淡路島では一番急勾配じゃないかな?
距離はそんなにないけど10%は越えてるはず。
2010072114.jpg

...続く。
けいはんなサイクルレース応援
チームメイトが参戦する「けいはんなサイクルレース」
応援に行ってきました。

早朝5時15分に自宅を出発。この時間の中央環状線はガラガラ。
らーめん神座(かむくら)も、
この時間にラーメン食べる人はさすがに居ないね(^^)
2010071901.jpg

中央環状線から、第二京阪の側道を通ってR163へ向かいます。
こちらも早朝は交通量も少なく快適。
2010071902.jpg

R163は旧道に入って清滝峠にて山越えします。
2010071903.jpg

レース会場に到着。
けいはんなサイクルレースではいつもここに陣取ります。
ちっこいオッサンファミリーが諸々設営してくれてました。
いつもありがとうございます。
ここから叫ばれるとレース中でもよく聞こえるんですよ。
「あくせるさ~ん、上げて上げて!」と、
猿丸キャプテンに拡声器で怒鳴られたのは何年前のことだったか(^^)
2010071904.jpg

本日最初のレースはカテゴリー2(C2)です。
ちっこいオッサンにアドバイスする猿丸キャプテン。
単に談笑してただけ? (^^)
2010071905.jpg

いっす!!さんです。
この日、ちょっと残念なアクシデントでDNFになってしまいました。
いっす!!さん自身はいつもクリーンなレースをされますので、
それをふいにされたことでかなり腹立たしかったはずなんですが、
そこをグッと飲み込んで大人の対応をされてました。
そんないっす!!さんオトコマエです、ホントに。
2010071906.jpg

ちょこさんと、後にまごさん。
まごさんもちょっと...(後述)
2010071907.jpg

こわハゲさんを囲んで速いシトタチ。こやまさん、チャリ猿さん。
チャリ猿さんむっちゃカラダ絞ってるよなぁ。
2010071908.jpg

C2スタートしました。
余裕のカメラ目線のちっこいオッサン。
2010071909.jpg

上り区間の観戦ポイントへ移動しました。
スイマーくん、SG尾さんもゲキを飛ばします。
2010071910.jpg

手前に大きく写ってる人はスルーして(^^)
その後にこわハゲさん、左奥はまごさんのお兄さんでしょうか。
こわハゲさんずっといい位置に居たのに、
周回数間違えてもったいないことをしました。
2010071911.jpg

ちょうど岩ちゃんとカケCさんも応援に来られました。
半年振りくらいですかねぇ。ご無沙汰してました。
2010071912.jpg

C4Lのレース、スタート待ちです。
ケイスケくんとたとのりさん。すっかりリラックス状態です。
2010071913.jpg

同じくC4Lのスタート待ち。
オモちゃんとジュウザさん。こちらはポーズに気合入ってますね(^^)
2010071914.jpg

スタート位置にて気炎を上げる4人。
たとのりさんカブって見えない(^^)
2010071915.jpg

1周目を引いてきたジュウザさん。
このまま行ってくれるかと期待しましたが...
2010071916.jpg

オモちゃん意外と頑張ってたんで驚きました。
口は開いてたけどね(^^)
2010071917.jpg

たとのりさんは淡々と...
2010071918.jpg

ケイスケくんはガシガシと...
2010071919.jpg

C4Hスタート待ちのアル中SS木さん。
今日はC4H一人だけなので寂しそう。
2010071920.jpg

走ってる姿もなーんかヤル気ナッシングに見えます。
2010071921.jpg

C2レースで落車してしまい、落ち込むまごさんの図。
2010071922.jpg


リザルトは京都車連のサイトで、てきとーに確認してください。

けいはんなに自走で来たメンバーは帰途に着きます。
猿丸キャプテンが快適な道を案内してくれました。
2010071923.jpg


この日も灼熱地獄でしたが、自走組もクルマ組も、
無事に自宅orショップに帰着しました。
みなさん、お疲れさま&ありがとうございました。

走行距離:77.6km
走行時間:3時間51分04秒
平均速度:20.1km/h
最高速度:53.8km/h
消費カロリー:2384kcal
最大心拍数:91%(MAX190に対して)
平均心拍数:73%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
スクアドラ走行会(滝畑ダム)
昨日の淡路島一周のレポはひとまず置いといて...


本日はチームの走行会。
集合場所に行ってみると、自分にとって
とんでもないサプライズがありました。

左から、いっす!!さん、SM原"おふくろシンイチ"さん、こわハゲさん。
このお三方がスクアのチーム練に登場するのはホントひさしぶり。
明日のレースを前に、調整がてら軽く走りに来てくださったのですが、
一緒に走れるとは嬉しい限り。
まぁ実際には全然一緒に走れないんですけどね(^^)速過ぎて...
2010071801.jpg

石川サイクル橋に到着。
この日は皆さん、あんまり強度上げなくてもいいってことなので、
滝畑ダムに向かうことになりました。
2010071802.jpg

この日も暑かったからねぇ。
やっぱり木立の間を抜ける道は(幾分)涼しくて気持ちいいです。
2010071803.jpg

早朝に金剛のほうで走ってたスイマーくんたちも無事合流しました。
この奥の道は、岩湧寺への激坂ルートですが、
この日は行かないということでシャンシャンと決まり。よかった(^^)
2010071804.jpg

先日ネタにした梨の木トンネルをくぐって下れば...
2010071805.jpg

滝畑ダム湖畔に到着。
2010071806.jpg

SM原"おふくろシンイチ"さんにいぢめられながら(^^)奥の売店前へ。
もうすっかりこの季節です。駐車場待ちで並ぶクルマがいっぱいでした。
2010071807.jpg

ダム湖畔の快適な道では、また速いシトタチに軽くひねられ(^^)
元のルートで河内長野へ。
あまりに暑いのでプラザ坂下先の自販機で補給。
2010071808.jpg

あとはショップに向かうのみ。
大和川堤防では向かい風にいぢめられながら無事帰着。
みなさんお疲れさま&ありがとうございました。

走行距離:82.4km
走行時間:3時間38分41秒
平均速度:22.6km/h
最高速度:60.0km/h
消費カロリー:2442kcal
最大心拍数:113%(MAX190に対して)(←誤作動した模様)
平均心拍数:76%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
淡路島一周とりあえず
アワイチ ヒトリストしてきました。
曇りのち晴れでむっちゃ暑かったです。
しょーもないドジやらかしたし...
(↑落車とか事故系ではないです)

詳細は後日また改めて。

Distance : 150.4km
Avg. Speed : 25.3km/h

2010071701.jpg
2010071702.jpg
2010071703.jpg
2010071704.jpg
2010071705.jpg
2010071706.jpg
2010071707.jpg
2010071708.jpg
五月蝿い⇒七月蝉い
昆虫的な勘ってのがあるのか、生きてく上での本能なのか、
梅雨明けと同時に五月蝿(うるさ)く鳴き始めるこやつら...

セミ

天気予報も天気図も見ないだろうに、
なんでこう毎年毎年梅雨明けの時期がわかるんだか。
あ、でも今年は1日フライング? 昨年は数日フライング?
まぁいいや細かいことは...

ウチの自宅界隈は、まずはクマゼミでスタートします。
今朝は鳴き始めのウォーミングアップなのか、
比較的おとなしかったけど、
数日すればシャアシャアワシワシとハンパなく、
そりゃもう騒音以外のナニモノでもないですよ。

これからさらに暑くなりますねぇ。
みなさんご自愛ください。

2010071601.jpg
涼しくなるのはいいんだけど
梅雨明けも間近になって、ますます暑くなってくると、
稲川淳二さんが活躍する時期(^^)ですね。

自分は幸いにも霊感とか強くないので、
お化けやら幽霊の類は見たことないんですが、
気持ち悪いときはやっぱり気持ち悪い。

大阪近辺の自転車乗りなら、行ったことある人も多いでしょう。
滝畑ダムの少し上にある「梨の木トンネル」
2010071501.jpg

ここも結構有名な心霊スポットなんですよね。
昼間ならどうってことないですけど、
夜練に来ようとは思わないとこです(^^)

滝畑ダム近くには「塩降トンネル」っていう
もうひとつの心霊スポットがあるんですが、
怖さレベルではそっちのほうが上かな?
途中にダートがあるんであまり行かないんですけど。

ま、トンネルとかダムって、怖い話がたいていセットになってるからね。
暑い時に走ってて、トンネルに入ると涼しくて嬉しくなるけど、
背筋が寒くなるようなもの見るのは避けたいところです。
今庄~高倉峠~国見峠~長浜(その3)
あんまり長々と引っ張るのもアレなんで、ラストにします。

高倉峠から岐阜県に入り、旧徳山村に来ました。
ここは徳山ダム建設により、ほとんどの集落が水没するため、
村の全世帯が自治体ごと転出したという珍しい地区です。
よって、徳山村は消滅しました。

ダム建設に伴い、元々の道路はダム湖岸に沿って
付け替えられるのですが、ここでは生態系に配慮して、
そのほとんどを橋とトンネルでブチ抜いています。
2010071401.jpg

なので1km~3km超のトンネルと橋が連続するのですが、
クルマの通りが少ないので危険な印象はありません。

今回のルートではこのあたりが唯一フラットな区間です。
そして徳山ダムに到着しました。
2010071402.jpg

堤体に向かって自転車を走らせると、職員のかたが出てきて
「自転車は駐車場までにしてください」と注意されました。
過去になにかトラブルでもあったのかな?
もちろん指示に従ったのは言うまでもありません。

歩いて堤体へ。
ダムによってできた徳山湖。貯水量は日本一だそうです。
2010071403.jpg

さきほど注意を受けた職員のかたのところに言って、
満面の笑みを作りながら「3人分頂きたいんですが...」
とお願いしたら、無事に頂けました。
2010071404.jpg

人生2枚目のダムカード、ゲット(^^)

徳山ダムを後にし、R417~R303を南下。
道の駅「星のふる里 ふじはし」に到着。
ここで昼食としました。
2010071405.jpg

ここからまた上りが始まります。
国見峠に至るまでに途中のピークが3箇所。
上って稼いだ標高を下りで吐きだすので勿体無いですが
好きで走ってるんだからしかたない(^^)
2010071406.jpg

揖斐川の右岸に渡り、夕日谷キャンプ場から斜面に取り付くと、
いきなりの激坂。そして...
2010071407.jpg

痛恨のパンクでございます(^^)
休憩したくてワザとパンクさせたのでは?
という疑惑も持ち上がりましたが、決してそうではありません(^^)

やがて景色が開けると、さっき居た道の駅が遥か下に小さく見える。
2010071408.jpg

これがあると元気になるんよね。ほんの僅かの間は(^^)

そして一つ目のピークに到着。
2010071409.jpg

下って、また上り始めると出てくる水場。
例によってコンビニや自販機などない区間なので、
ありがたく補給させていただきます。
2010071410.jpg

そして二つ目のピークに到着。
この右手のほうは揖斐高原スキー場になります。
2010071411.jpg

で、三つ目のピーク。
2010071412.jpg

なんだかアッサリ着いたかのようですが、さにあらず。
疲れてきて、上ってる間に写真を撮る余裕がなかっただけです(^^)

そして最後の難関、国見峠に上る前の補給ポイント。
2010071413.jpg

ここから国見岳スキー場を経由して上って行くのですが、
スキー場あたりから前39T×後25Tのインナーローで、
シッティングでは上れなくなってきました。
まぁもう既に脚も残ってなかったのですが、
それを差し引いてもかなりの急勾配。
たまらず途中で小休止しました。

そこから見えるのが国見岳スキー場。
2010071414.jpg

ここまでに揖斐高原スキー場、(旧)春日長者平スキー場、
そしてこの国見岳スキー場と、いずれも冬場に
スタッドレスタイヤ履いたクルマで走ってきたところを
雪の無い時期に自転車で巡るってのも、なんか不思議な気分です。

そして国見峠に到着。
もう上らなくていい(^^)
2010071415.jpg

小休止して、あとは下るのみです。
んじゃ行きますか。
2010071416.jpg

前日までの雨でところどころウエットになってたんですが、
さらにところどころ、水が川のように流れてるところがあって、
その流れでどうやら泥が堆積してたようで、
それに乗っちゃったらしく...
2010071417.jpg

やっちゃいました(^^)
2010071418.jpg

それが7月11日に載っけた落車の写真の顛末。
長浜市に下りたときに念の為、緊急外来で診てもらったら
打撲と擦過傷各数箇所のみだったので一安心。

いちばん酷かった右大腿部、腫れは引きましたが、
内出血により、今日現在いい色になってます(^^)
2010071419.jpg

みなさん、どうぞお気をつけください(お前が言うなって?)


今回のルートの高低図はこちら。
(クリックすれば大きくなります。)
2010071420.jpg

コースはこれです。


FK井さんの絶妙な味付けによるコースコーディネイトにより、
苦しくも楽しめました。ありがとうございました。
Hさん、またご一緒よろしくお願いします。


走行距離:131.1km
走行時間:7時間12分14秒
平均速度:18.2km/h
最高速度:58.8km/h
消費カロリー:5025kcal
最大心拍数:111%(MAX190に対して)
平均心拍数:77%(MAX190に対して)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
今庄~高倉峠~国見峠~長浜(その2)
今庄のコンビニを出発。R476を辿るもクルマの通行はほとんど無し。
それもそのはず、R476は南越前町-池田町間がずっと未開通のまま。
つまり、行き止まりの国道なんです。
このまま全通することはないかもね。

瀬戸の集落からR476を逸れ、林道塚線へ。
2010071301.jpg

蓮如上人遺跡付近に200mほど未舗装区間があります。
鋭利な石もあるので、この間のみ降りて押すのが吉です。
2010071302.jpg

未舗装区間が終わったところで、通行止の看板が。
高倉峠までは通行可能。
岐阜側には山肌崩壊により通り抜けできないとのこと。
まぁ自転車の場合は通過できることもあるので、
先を目指すことになりました。
2010071303.jpg

眺望の開けたところで小休止。
2010071304.jpg

今、上ってきた道が遥か下のほうに見えます。
2010071305.jpg

でも、遥か先にもこれから上る道が見えるわけで...
2010071306.jpg

勾配がさらに急になり、視界が大きく開けたところで
標高956mの高倉(こうくら)峠に到着しました。
視界が良ければ若狭湾も望めるそうなんだけど、
この日は残念ながら見えませんでした。
2010071307.jpg

小休止&補給の後、岐阜県側に下ります。
快走するFK井さんとHさん(小さ過ぎるか(^^;)
2010071308.jpg

でも、こんなとこや...
2010071309.jpg

こんなとこがあって...
2010071310.jpg

なかなか快走、というわけにはいきません。
それでも無事に岐阜県側に抜けてくることができました。
2010071311.jpg

続く...
今庄~高倉峠~国見峠~長浜(その1)
先週土曜日の1Dayライドなんですが、
某るみちゃん風に(^^)いくつかに分けてレポします。

この日の帰着予定地は滋賀県の長浜市。
JR長浜駅前のコインパーキングにクルマをデポしました。
駅周辺にはたくさん駐車場がありますが、
駅東側は黒壁スクエアを観光するかたが多く利用されるので
比較的空いている駅西側のこの場所を選択しました。
2010071201.jpg

出発地はここではなく福井県の今庄なので、ここから輪行します。
なら自宅から輪行すれば?と言われそうですが、
今庄に8時集合なので、自宅から始発に乗っても無理なのだ(^^)
2010071202.jpg

列車内で今回ご一緒させていただくおふたりと合流しました。
手前が今回のコースコーディネイターFK井さん、
奥がHさん。おふたりにお会いするのは昨年の桧峠ライド以来です。
2010071203.jpg

JR北陸本線を走るこの普通列車は、
乗り降りの際自分で扉を開けるようです。
冬とかに全部の扉が開いたら寒いから、
乗り降りに必要な扉だけ開けるようにしてるんでしょうね。
2010071204.jpg

JR今庄駅に到着しました。
2010071205.jpg

駅前で自転車を組み立て...
2010071206.jpg

サクサクっと準備完了。
2010071207.jpg

今庄駅そばのコンビニで補給食&水分を確保します。
ここを出発すると、高倉峠を越えて徳山ダムに至るまでの約50km、
コンビニはもちろん飲料水の自販機すらありません。
自分は今回、ボトルケージのひとつを輪行袋に取られてるので、
自転車のボトル1本に加えて、500mlのペットボトル水を背中のポケットへ。
FK井さんやHさんのようにフロントバッグつければいいだけなんだけど(^^)
2010071208.jpg

このメンバーではいつも無線機を持って走ります。
(もちろん3人ともアマチュア無線従事者の免許を所持してます)
携帯電話もほとんど圏外となるルートなので、緊急用と、
あと、皆自分のペースで走るので、メンバー間の連絡用にも活用してます。
2010071209.jpg

では、まずは高倉峠に向けて出発です。
2010071210.jpg

続く...
今庄~高倉峠~国見峠~長浜とりあえず
2010071101.jpg
2010071102.jpg
2010071103.jpg
2010071104.jpg
2010071105.jpg
2010071106.jpg
2010071107.jpg
2010071108.jpg
2010071109.jpg

詳細はまた後日改めて。
ツメ
手指のツメを切る時は、
一般的なこういう爪切りを使ってますが、
2010070901.jpg

足指はこういうニッパタイプを使ってます。
2010070902.jpg

その足指、左足の拇指のツメが変形してるんです。
2010070903.jpg

昔々スキーヤー時代に、タイトで硬いブーツ履いてて痛めたのが
もう20年位前。

何度か病院で剥いで(今思い出してもオソロシイけどね)
綺麗に伸びてくるのを期待したんだけど、
結局、指先に潜り込むようにしか生えなくなった。

後から圧迫されて堆積したようになるので、
それをニッパの先でほじくり出して切ります(怖っ!)

その後こういうツメやすりを使って、
隆起した部分をせっせと平にします。
ここまでやらなくちゃいけないのがホント面倒。
2010070904.jpg

しかもこのやすり、金属製であんまり具合よくない。
ニッパについてたやつだから仕方ないかな。
ガラス製のほうが上手く仕上がるはずだから、
薬局でも行って買ってくるか...
ボディ・グルームのハナシ
スポーツ自転車を趣味としていないかたにも
このブログを見ていただいてますので解説いたしますと...

スポーツ自転車の世界では不思議ではないことだけど、
一般的には不思議なこととして
「(男だけど)脚の毛を剃る」
というのがあります。

「落車(←自転車で転ぶこと)して脚を怪我したときに、
 処置を適切・迅速にするため」
「ウォームアップ、クールダウン時にマッサージオイルを塗りやすい」
というのが主な理由ですが、まぁヴィジュアル的なこともあるでしょう。
剃らない人も居ますし、その是非についてはここでは触れません。

自分は安全カミソリや、安全カミソリの刃の周りに
石鹸がくっついたようなのを使ってたんですが、
先日電気屋さんで見つけたのがこれ。

フィリップス ボディグルーマー TT2020
2010070801.jpg

色使いやデザインからもわかるとおり、男性用のものです。
一見、ヒゲを剃るシェーバーのように見えますが、
顔には使わないでくださいとのこと。

3000円台のプライスだったので、
ランニングコスト考えてもありかなと思って買ってみました。

使ってみると、仕上がりはやはり安全カミソリの勝ちですね。
これのいいのはお手軽なところかな。
ウェット対応なのでそのまま風呂場で使えますし。

自分の場合は前述のとおり
「脚の怪我の処置を適切・迅速に」
「マッサージオイルを塗りやすく」
の所期の目的を果たせれば、別にツルツルにならなくてもよいので
暫くこれを使ってみます。
七夕
7月7日、七夕(たなばた)ですね。
だからって、自分に何かあるわけじゃないんですが(^^)

この日の天気予報って、
「今日は七夕ですが、あいにくのお天気で...」
なんて毎年言ってる印象があるんで、
気象庁の過去データから、大阪の7月7日夜(18時~翌6時)の
過去10年の天気を調べてみました。

2009年:曇りのち時々雨
2008年:曇り
2007年:薄曇
2006年:曇り
2005年:曇りのち一時晴れ
2004年:晴れ
2003年:曇りのち時々雨
2002年:晴れ
2001年:曇りのち一時晴れ
2000年:曇り

まぁ梅雨時だからスカっと晴れ、ってわけにはいかないけど、
意外にも雨だったのって2009年と2003年だけなんですよね。
今日もだいじょうぶみたいですから、
星に願い事される予定のあるかたはナニヨリってことで。

さて「星」ですが、大阪の中心部で天気が良い夜に空を見上げても
パラパラっとしか見えないんであんまり意識することってないんですよね。

ところが空気のキレイな地方に行っったときに、何気なく空を見上げたら、
それこそ降ってくるんじゃないかっていうくらい
たくさんの星が見えて驚かされることがあります。


自分がホント好きな曲。
以前このブログでも紹介したことありますが、
今日は弾き語りのライブテイクのほうです。

空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~ : 斉藤和義


空に星が綺麗 ~悲しい吉祥寺~
作詞/作曲 斉藤和義

口笛吹いて歩こう 肩落としてる友よ
いろんな事があるけど 空には星が綺麗
懐かしいあの公園に ちょっと行ってみようか?
最近忘れてること なんか思い出すかも

あの頃の僕らには 守るものなどなくて
夢ばかりこぼしては いつも暇を持て余してたね

口笛吹いて歩こう 肩落としてる僕よ
遠くで誰かのギター ゆっくりと空へ行く

今も心の奥でざわつく
あの気持ちは変わっていない でも…

あの頃の僕ら今 人に頭を下げて
笑ってはいるけど 目に見えない涙こぼれるね

口笛吹いて歩こう 肩落としてる友よ
誰も悪くはないさ きっとそういうもんさ
口笛吹いて歩こう 空には星が綺麗
お通じのハナシ
自分の場合、通常一日一度お通じがあって、
たいていそれは朝の出勤前なんですが、
時々それがズレることがあります。

生活リズムが変わる休日なんかはそういうことが多いんですが、
平日でもそれが稀にあって、自転車に絡めて思い返してみると、

・前日の遅い時間にローラー回した翌朝
・前日日曜日にロング走った翌朝

に、お通じが無い場合が多い。
サドルを通じてお尻が圧迫されておかしくなるのかな?
とか考えてみるも、それってやっぱりコジツケっぽいよねぇ。


で、お通じが朝じゃなくて、もうちょっとズレてくらたらいいのに、
と思うケースが、大きなサイクルイベントがあるときで...

グランフォンドとか鈴鹿のレースなんかね。
この写真は鈴鹿ロードのときのピットレーンの様子だけど、
こんなに人がウジャウジャ居るんだからトイレも当然混むわけで...
2010070601.jpg

夏の鈴鹿ロードは自分の出番が朝一じゃなきゃどうにでもできるけど、
秋の鈴鹿エンデューロなんか、
とんでもない人数が同時にスタートすることになるから
それだけ朝の男子トイレは長蛇の列になるワケで...

なかには切羽詰って脂汗流しながら悲壮な表情で並んでる人も居て、
それはそれは悲惨なもんです。

ちょっと足を伸ばせば空いてるトイレもあるんだけど、
そういうときに限って時間がなかったりするんよね。

昨年、鈴鹿サーキットが改修されて、チームスイートにトイレができました。
2010070602.jpg

ここを利用するのが、時間がないときのトイレ競争率いちばん低いかな?
もちろんチームがチームスイート借りてるのが前提だけど。

あとは鈴鹿入りする前に、どこかのサービスエリアで済ませるように
お通じタイミングをズラすトレーニングをするかですね(^^)
あかんやろ、シナジーさん
冬~春のスノーボードシーズンはもちろん、
それ以外の時期でも長距離を走ることが多いので...

石油元売各社が出してるカードを使って
割引きやらキャッシュバックの特典を
利用させてもらってました。

使ってたカードが
・シナジーカード
・コスモ・ザ・カード・ハウス
・JOMOカード・ライト
の3種で、これだけ持ってれば、
自分の行動範囲ではどれかを利用できてたんです。

特に、いちばん最初に作ったシナジーカード、
これはエッソ、モービル、ゼネラル(←この3社がシナジーグループ)
の各社で使えて、便利だったんだけど...

この7月からカード年会費が2100円なんていうとんでもないものになり、
さらにはキャッシュバック率も悪くなり、その他諸々サービスレベルが低下。

少しでも節約を、って考えてるのに、こんな年会費払うなら本末転倒。
ちなみにコスモ・ザ・カード・ハウスは年会費525円、
JOMOカード・ライトに至っては年会費無料ですよ。

というわけでいろいろ調べて、コスモとJOMOで
自分の行動範囲は賄えると判断して
シナジーカードは解約(退会)しました。

スピードパスっていうものでカードレス決済もできたし、
自分の中ではいちばんたくさん利用してたのになぁ。残念。

でも、こんなだと他のお客さんも離れて行くと思うよ。

2010070501.jpg
探すと無いもんなんよね
自分にとっては「シャカリキ!」より、ある意味バイブルな
「ギャンブルレーサー」
2010070401.jpg

あ、でも自分はギャンブルは一切やりませんけど(^^)

これ、もう新品は手に入らないんで古本を探すしかないんだけど、
長いこと探してるのに9巻がどうしても手に入らない。


無事に手に入れたときに、このマンガの紹介でも書きます。
発掘
作業部屋の一角にある、開かずの覆い。
2010070301.jpg

こんなものが眠ってました。
2010070302.jpg

もう20年もののMTB。
ミヤタ製なんでATBって呼ばれてましたね。
クロモリのフルリジッドで、Fサスなんてありません(^^)
でもこれでダイトレとかいろんな山に入ってました。
ガレたシングルトラックの下りなんか、手が痺れまくりましたが(^^)
2010070303.jpg

こーんな長いバーエンド、最近は見ないですね。
2010070304.jpg

SPDではありません。
トゥクリップ&ストラップです。
2010070305.jpg

ディスクブレーキ? なにそれ? Vブレーキ? それおいしいの?
な(^^)カンティブレーキ
2010070306.jpg

現状では、グリスが劣化固着してシフターが動作しないほか、
あちらこちらに不具合があるんで、
できるだけ費用を掛けないようにコツコツ整備して復活させます。
今月のちょきちょき
昨日は仕事が定時に終わりそうだったので、
いや、無理やり終わらせた感じか...
カット&カラーリングに行ってきました。

前回は5月8日だったから、2ヶ月近く開いたもんなぁ。
薄いとこは相変わらず薄いのに、
伸びるとこだけ伸びるんだから困ったもんだ。
2010070201.jpg

スタッフのみんなもとっても協力的で、
「写真撮りますからいつでも言ってくださいねー」
なんて言ってくれる。

上の写真↑の鏡のところを拡大してよーく見ると...
宮垣くん、あくせるの携帯で写真撮ってくれてる(^^)
お仕事中なのにホントすみません。
2010070202.jpg

木口くんが「カラーリングのときのほうがネタ的に面白いんじゃないですか」
と撮ってくれたんだけど
2010070203.jpg

面白いというか不気味(^^)
カラーリング剤つけてラップ巻いてるんで、アタマがペタンコしてますが、
もし坊主にすればこんな感じになるんやね、と想像できる。
近い将来こうなっちゃうんだろうな。


で、帰り際にスタッフのみなさんの写真撮らせてもらったんだけど、
保存せずに閉じちゃったみたいで残ってない(>_<)
ったくなにやってんだか...また次のときに撮らせてくださいね。

未保存状態で残ってたのを発見しました(^^;
2010070204.jpg


EGAOメンズカット&リラクゼーション
http://www.geocities.jp/egaohair/

スタッフ紹介に濱田さんがまだ出てないから、内野くん早く作ってあげてね。
(と、ナニゲにプレッシャー)
エアロボトルのふた
7月になりました。
1年の半分が終わったわけですが、早いですね。
そりゃ年取るのも早いわけだ(^^)

さて、今回はマニアックな話ですんで
一般のかたはスルー推奨です(^^)


エアロバー装着用のボトルですが、
2010070101.jpg

実はふたがありません。この黄色いのはネットです。

このボトル、トライアスロンでの使用を想定していて、
給水ポイントで受け取った水をそのまま流し込めるように
あえてふたが用意されてないんです。
黄色いネットは、水以外の異物の混入を防ぐためのものです。
2010070102.jpg

ですが、自分はそういう使い方をしないのでふたが欲しい。
なにか使えるものはないかなぁと思って、試したのがこれ。
ガムの容器。
2010070103.jpg

このガムのふただけを取り外して嵌めてみると、
なんとサイズぴったり(^^)
2010070104.jpg

なのですが、なんとなくかかりが浅いのがちょっと気になる。

続いて試したのがこれ。
100円ショップで買ったボール。
2010070105.jpg

これをねじ込むように押し込むと、いい具合にふた代わりになります。
2010070106.jpg

ボールがレース中に外れて転がっていって、
そのため他の人が落車、なんてことは絶対許されないので、
振動等で外れないか確認して、問題なければ使うことにします。