日々是好日 ~Everything's gonna be alright~
スクアドラ走行会(滝畑ダム~岩湧寺~天見)
雪モードに入って雪山に行っちゃうと、
走行会にもなかなか参加できなくなるので、
午後からにわか雨の予報があったこの日、
午前中勝負のつもりで出てきました。

この日集まったメンバー、脚のある人ばっかですやん。
ひさびさにSM原さんも来られてました。
あと、走られてませんが富山県からトラさんも。
2009113001.jpg

石川サイクル橋に到着です。
協議の上、この日の行き先は
滝畑ダム経由の岩湧寺激坂コースに決まりました。
2009113002.jpg

河内長野市のコンビニにて補給です。
ここに来る途中でこわハゲさんが連絡取って、スイマーくんが合流しました。
2009113003.jpg

花の文化園前からの楽なコースで滝畑ダムに向かいます。
すでにクライマーな人たちの姿は見えません(^^)
2009113004.jpg

滝畑ダム奥の売店前に到着しました。
トイレだけ済ませてリスタートしようとしたところ...
2009113005.jpg

スイマーくん痛恨のパンク。
周りのメンバーは自ブログのネタのために写真を撮るだけで
誰も手を貸さない(^^) ま、自分もそのひとりですけど(^^)
2009113006.jpg

サクサクっと修理を済ませて出発です。
滝畑ダム界隈の怖いスポットのひとつ、梨の木トンネルに向かいます。
ちょこさん、なんかいいことあったようでこの日もゴキゲン(^^)
2009113007.jpg

梨の木トンネルを越えて下った先の三叉路で隊列を整えます。
ここから先、岩湧寺方面は激坂となります。
2009113008.jpg

ピークにてお約束のアングル。
いちおう余裕の表情を取り繕ってます(^^)
2009113009.jpg

少し下って岩湧寺へ。
紅葉が見ごろでしたよ。
2009113010.jpg

素直に河内長野方面へ向かわず、途中の分岐からもう一山越えて
天見方面へ向かいます。
2009113011.jpg

R371出合いノ辻にあるたこ焼き屋さんにて補給です。
どういうワケか雨は降らず、影ができるくらいお日さん出てます。
2009113012.jpg

特に急ぐワケではないので、旧南海高野線の廃線跡の道で
河内長野方面へまったり戻ります。
2009113013.jpg

河内長野からはプラザ阪下そばを経由して石川~大和川と戻ります。
最後にプチバトルがあったことは言うまでもありません(^^)

結局天気は最後まで持ちました。
止まってると寒いですが。お日さんのおかげで走ってる間はポカポカ。
こんな天気だと、この週からオープンするスキー場が大丈夫か
心配になりました(^^)
今週から出撃予定なんだけど...
スポンサーサイト



コエヲキカセテ
SAKURA : コエヲキカセテ
作詞/作曲 : KAZKO

あなたの優しいその手に触れたい
温かい胸に抱かれていたい
息ができないくらい今あなたが…欲しいから…おねがい…

あなたの声が聞きたいよ…mmm…今すぐ
でもなんて 言って電話したら いいの

今日何してたの 今何してる ありふれた台詞でまた
少し困った あなたの声も ちょっと気がかり

あなたの優しいその手に触れたい
温かい胸に抱かれていたい
息ができないくらい今あなたが…欲しいから…おねがい…

後少しで今日が終わるよ もう少し 待ってみよう
ダイヤルの途中 手を止めた 胸が痛い

あなたが私に くれた言葉を 一つずつ思い出してみる
まっすぐに私を 見つめてくれた その瞳も

あなたの温もり 髪の香りも 忘れちゃうよ
そう寂しくて 凍えそうな夜は声を聞かせて

あなたの優しいその手に触れたい
温かい胸に抱かれていたい
息ができないくらい今あなたが…欲しいから…

ずっとずっとあなたを好きでいいですか
私の持ってる愛全部で
あなたを包み溶け合いたいから 側にいさせて… Oh baby please…



SAKURAさん、数年前スノーボードの行き帰りによく聴いてたんですが、
なぜだか今また聴きたくなりました。

「コエヲキカセテ」 詩もメロディーも心に染みます。
無いと違和感
朝、バタバタしてるとついつい腕時計を忘れて家を出てしまいます。
時計なんて携帯電話にもついてるし、パソコンにもあるし、
時刻を確認する方法はいくらでもあるんだけど、
なぜか腕に時計がないと落ち着かないんよね。

遊びの時は主にカシオのプロトレックを使ってるんだけど、
スーツ着るときはこの時計をいつも着けてます。
セイコー クロノグラフ スピードマスター SBBP007(7T32-6E40)
2009112701.jpg

このクロノグラフ、今はSBDP015と型番を変え、
7T62キャリバーに変更した後継機種が出てますが
自分のはもうかなり昔に購入したものです。

長く使い続けているのに全然飽きが来ないし
買い換えようとか別のを買い足そうという気にもならない、
それくらい気に入ってます。
もし壊れても、直るなら修理して使い続けると思います。
バッテリー交換
先日の夏タイヤから冬タイヤへ交換作業のときに
実はちょっとトラブルがあったのでした。

クルマを少し前へ出そうとしたときに、なんとセルが回らない。
クラクションは鳴るんだけど、セル回すほどの電圧がない模様。

JAFさんに来てもらって、とりあえず応急充電。
もうかなり弱ってて交換次期が来てたみたいでした。

JAFさん:「このバッテリー何年くらい使われてます?」
あくせる:「2年前くらいに交換したと思うんですけど。」
JAFさん:「そうですかぁ。2年位は持つんですけど、
      かなり距離乗られてるみたいですからねぇ。」
あくせる:「はぁ...このあとすぐに買いに行きますよ。」

ってなやりとりのあと、最寄のカー用品店で早速購入しました。
2009112601.jpg

このクルマの標準装備バッテリーは65D23Lなんですけど
前回交換した時と同様75D23Lに。
ってか65Dってあんまりないのね。
2009112602.jpg


前回購入時の保証書が出てきたので見てみると...
交換が平成17(2005)年1月9日。走行距離が68,000km。
2009112603.jpg

ちなみに今回の交換が平成21(2009)年11月23日。走行距離が175,116km。
2009112604.jpg

2年どころかなんと4年10ヶ月、10万km以上交換してなかったのでした。
そりゃヘタるわなぁ。ってか、よくこれだけ持ったもんだ。

雪山行ってからバッテリー上がんなくて良かった、ということで...
大きな大きな3度と15mm
まだまだ激安ボードネタで引っ張ってますが、暫くお許しを(^^)

先日、バインディングを合わせてみました。
2009112501.jpg

いくつか懸念事項があったんですが、まずはスタンス幅。
ボードそのものの推奨スタンス幅は470mmです。
自分はF2-GTSでは500mmで乗ってるので、なるべくこれに近づけたい。
板のセットバック値を変えないように考慮しつつ、
バインディングのセンターディスクの穴位置と
板のインサートホール(悲しいかな4×4です)で折り合いをつけて
いちばん近いスタンス幅が485mm。
んー、昨シーズンは一時期490mmで乗ってたこともあるし、まぁいっか(^^)

続いてバインディングのアングルです。
Raichle(現DEELUXE)のX-BONE INTECを使ってるんですが、
ひょうたん型のベースが、ウエスト幅によってはハミ出るんです。
F2-GTSのウエスト幅が20cm、激安ボードが19cm、ヤな予感(^^)
いつもの「前54度、後48度」でセットしてみると...
2009112502.jpg

ま、予想通りというかなんというか(^^)
ソール側から見るとハミ出し具合がよくわかります。
2009112503.jpg

仮に前後共3度前に振って、「前57度、後51度」にしてみると...
2009112504.jpg

ソール側から見ると...
2009112505.jpg

まだハミ出てますが幾分マシです。
ただしこれ以上前に振る勇気(前60度、後54度とか)はありません(^^)

アルパインボードの場合、3度の差って意外と大きいんよね。
まぁ慣れちゃえばだいじょうぶかもしれないけど(^^)

このバインディングを使ってて、ベースのハミ出るとこを
切ってしまう人も居るけど、自分もそうすべきかどうか
...なかなか悩みどころです(^^)

今の流れは「スタンス広め、アングル横め」だと思うんで
スタンス狭めてアングル前に振るのは時代に逆行してるかな?
よろしければアルパイン乗りのかたのセッティング、
参考のため教えてください。
前にも一度聞いたんだけど、また変わってるかもしれないし(^^)
クルマも冬装備
年に2回のイヤごと(^^) 夏タイヤから冬タイヤへの交換です。

ベランダに置いてあるタイヤを、部屋を突っ切って表の廊下へ。
台車に載せて駐車場まで運び降ろします。
もうこの作業がホントしんどくなってきた。何歳までできるやら(^^)
2009112401.jpg

車載のパンタグラフジャッキでチマチマ交換します。
2009112402.jpg

コンプレッサーでエアを充填して終了。
2009112403.jpg

このスタッドレスタイヤは3シーズン目になるんですが、
雪用のプラットフォーム(スリップサイン)が見えそうになってる。
いずれにしても3シーズン目は結構ズルズル滑るので
今シーズンは慎重に運転しなきゃ。
冬モードに模様替え
今シーズンも作業部屋にワクシングブースを設置しました。
サブバイクを設置したローラー台は、
そのまま部屋の反対側に移動してます。
2009112301.jpg

来年5月までの6ヶ月間、作業部屋はこの状態となります。
2009112302.jpg

もうこの週末に滑りに行ってる仲間も居るなか、
ちょっと遅いですが自分はこれからワックスの塗りこみです。
スクアドラ走行会(グリーンロード)
なんかグズグズした天気でしたね。
今日は琵琶湖マイアミ浜のシクロクロスに行ったメンバーも多く、
午後から雨の予報だし寒いしで、参加者は少なめでした。
あ、東京にドナドナ中のこうろうさんもシクロ蹴って参加されましたよ(^^)
20091122201.jpg

この日は久々にこわハゲさんが参加されました。
最近は速い人たちと走られることが多いので物足りなかったかもですが、
こちらとしては嬉しい限りで、早速後ろにつかせてもらいました。
サイクリングロードでは安全な速度で走られてるんですが、
なんていうか、メリハリがあるんですよねー。
ブレーキも必要なときに必要なだけバシっとかけて、
その後の加速もスパっと...
クリテリウムの走りと言えばわかりやすいかな。
流す区間でもこういう走りをすれば練習になるんだなー
と勉強になりましたよ。
20091122202.jpg

石川サイクル橋に到着です。
ここでたとのりさん兵庫県から自走で合流。
雨の予報なのにアタマが下がります。
久々のダークSG尾さんやシクロさぼった?(^^)ebisuさんも見えますね。
20091122203.jpg

本日の注目は轟木メカの新車、スペシャライズドのS-WORKS。
電動デュラのフル装備で余裕の7kg切りだそうです。
即席試乗会が開催されましたが、BBあたりの剛性は高いのに
突き上げは上手くいなしてくれる乗り心地だそうです。
20091122204.jpg

途中で水越峠1本シバいてきたスイマーくんが合流して白木のコンビニへ。
ここで和尚さんがまたワケアリ(^^)MTBで登場。
いずれ雨は確実なのでグリーンロードで戻ることにしました。
20091122205.jpg

持尾展望台に到着しました。
今日のメンバーはみな速いので上りがたいへんです。
20091122206.jpg

次は太子の道の駅に向かうワケですが、
コソっと先に抜けて走ってたところが、
道の駅手前のドンつきT字信号までに
スイマーくんとこわハゲさんに捕まりました。
やっぱり世の中は甘くないです(^^)
道の駅にて。
20091122207.jpg

グリーンロード最終ステージはMTBの和尚さんに続いて
コソっと出てきましたが、上りでスイマーくん、こわハゲさん、
ダークSG尾さん他みなさんにパスされます。

太子インターチェンジの信号は今回も上手い具合に青。
スイマーくん、こわハゲさんに続いて信号を通過。
トンネルの手前で、前を走ってるクルマを
スイマーくんこわハゲさん抜いていく(^^)
え~マジっすか? って、自分も置いていかれたくないので行ったけど(^^)

しばらく3番目でラクさせてもらって、
先の微上りで掛けて前に出させてもらう。
でも下って上り返しですぐまた抜き返される(^^)ホント逃げる脚がないねー。

最後の微上りでまた掛けて出させてもらったら、
もうひとつ上りが残ってました(^^)
あっさりまた抜いていかれます。と、ここでダークSG尾さんが...
で、最後においしいとこ持ってくところがダークですねーやっぱり(^^)
ずっと余裕で前を引いてくれてたスイマーくんと
こわハゲさんは流石ですホント。

で、お店に到着。
帰路途中でマシンがトラぶったebisuさんの救援に、
また和尚さんが戻って行きました。
和尚さん漢やねぇ。
みなさんお疲れさま&ありがとうございました。
日本音楽大全集VOL.2
MIX CDってのは自分が関わる音楽とは別の世界のものだと思ってたんで
積極的に自分から手を伸ばして聴いてみる事はなかったんです。

もうクラブ(おぢさん達が若い頃は「ディスコ」ですが^^;)とか
行く歳じゃないしね。

縁あって聴いてみる事になったMIX CD
DJ HISADA(旗本退屈男)氏による
「日本音楽大全集VOL.2」
2009112101.jpg

いいですよコレ。
変な先入観を持たずに素で聴けばスルっと入ってくる。
取り上げた楽曲が自分のツボにはまったってこともあるけどね。

どんなのが収められてるかってーと、
山下達郎氏はまぁわかるとして、レアなところで
AB'Sの「Deja-vu」とか(知ってる?)
YMOは出てくるわ、極めつけは
鹿取洋子さんの「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」
まぁよくもこんなの掘り起こしてきたなーって感じ。

こういうの聴くと、自分でもMIXしたくなるね(^^)

SOUNDS OF THE UNIVERSE
http://www.soundsoftheuniverse.com/

↓こちらで試聴できます
http://www.soundsoftheuniverse.com/releases/?id=17600
WIN アルペンスノーボードバイブル
この時期になると、昔のスノーボード関連の書籍を引っ張り出してきて
通勤時に読むようになってきます。ひとつ紹介しましょう。

「WIN アルペンスノーボードバイブル」
1997-1998シーズンに発刊されたものです。
これ持ってる人はもうほとんど居ないんじゃないでしょか。
CARVE以外にも、こんなアルパイン専門誌があったんですよ。
2009112001.jpg
しかし...レーシングワンピースとはいえ、
今じゃこんなウェア見かけませんね(^^)

中味はアルパインボードのカタログやらインプレやら、
トレーニングのしかたやら...
もちろんこういったハウトゥものもね。
今や簡単に映像が手に入るけど、通勤時の地下鉄の中では、
やっぱりこういうのがいいんよね。
2009112002.jpg

先日手に入れた激安アルパインボードのインプレ記事がありました。
グラフィックが違うから別年代のものだけど参考になります。
テストライダーによって、全く真逆の感想を書いてるのが面白い。
乗り方やら体格によって印象はガラっと変わるんやね。
(クリックすれば大きくなります)
2009112003.jpg

こうして徐々にアタマを雪モードに切り替えていってます。
IBS石井スポーツさん復活のようだけど
この夏に「閉店のお知らせ」が届いていたIBS石井スポーツさんですが、
閉店は撤回して「新生」リニューアルオープンだそうです。
2009111901.jpg

「この度、急遽、メーカーおよび関係各位からのご協力が得られ」
たんだって。
2009111902.jpg

何年にも渡って「もうあかん やめます!」
の垂れ幕とともに閉店セールをやり続けてる
北区の某靴屋さんみたいなことじゃないんだろうけどね(^^)

ま、↑を引き合いに出したのは冗談として、
また営業してくれるならなによりです。
近隣の好日山荘さんやロッジさんは複雑な心境かもだけどね。

...ところが、DMのチラシを見ると、
スキー関連は引き続き取り扱うようなんだけど
スノーボードに関しては、アルパイン系どころか
フリースタイル系も含めて一切記載がない...
2009111903.jpg

ってことは、やっぱりもうハードブーツのインナーとインソール
焼いてもらえないんやね...
2009111904.jpg

んー、こっちが複雑な心境だわ(^^)
なんちゃってバイクラック
冬~春は作業部屋がスノーボードのワクシングルームとなり、
とっても手狭になってしまうため、
デッドスペースに自転車を保管することにしました。

市販のバイクラックはちょっと高価なので、
今回利用したのは「ベランダ用突っ張り物干し台」
これを作業部屋の一片に沿って設置。
こんな感じです。
2009111801.jpg

物干し竿掛けをそのまま利用してホイールを掛けてます。
樹脂なのでアルミのホイールに優しい(はず)
2009111802.jpg

突っ張り棒はきちんと垂直に立てないと倒れる恐れがあるので
水準器とメジャーを使って時間を掛けて設置しました。
それでも、本来の用途ではない使い方をしてるので
同じようにしてみようと思う方はくれぐれも自己責任でね。
落っこちて自転車壊しても責任持てませんから(^^)
リフト待ち考
あくせるがマイナースキー場フェチな理由のひとつに
「リフト待ちがキライ」
というのがあります。

例えばある日の妙高杉ノ原スキー場...
2009111701.jpg

例えばある日のひだ舟山スノーリゾートアルコピア...
2009111702.jpg

もうこうなると精神的にダメなんですよ。
なので自然と「リフト待ちの少ない=人気の無い」ところに足が向きます。

よくここで話題にする、かつての一色国際スキー場。
ハイシーズンの連休などはたまにこんなことがありましたが
2009111703.jpg

これは行儀良く2列に並んでるから列が延びてるけど
それほどの待ちではありません。
↑これと違って最悪なのは扇状に広がって群がるパターンね。
列が絞られていくと必ずトラブルになるし。

通常の一色国際スキー場のリフトはこんな様子でした。
人間が待つんじゃなくてリフトが待ってくれてる(^^)
2009111704.jpg

リフト待ちの少なさとスキー場の経営・存続は
トレードオフにならざるを得ないけど
空いてるところで滑りたい、苦しくても営業は続けて欲しい
って、ホントわがまま言ってごめんなさい、な心境です。

2009111705.jpg
スクアドラ走行会(金剛山ロープウェイ)
寒くなりましたね。西の季節風が吹くようになって
これからは「往きはよいよい帰りは...」になります。

大和川堤防に出ると、フォローの風により
どんどんスピードが出てしまいます。
大和川~石川のサイクリングロード(サイクルライン)は
歩行者も多いため飛ばさないように自主規制しているので
この気持ちいい追い風にもブレーキを掛けることになります。
珍しく道明寺線の踏み切りに引っ掛かりました。
2009111601.jpg

石川サイクル橋に到着しました。
ここに来る途中でまごさんと合流。ここで和尚さんと合流。
中央奥の黄・青ジャージは三船元プロのとこで走ってる選手で
仮にドットコムくんとしておきます(^^)
2009111602.jpg

白木のコンビニに移動してきました。
なぜかこの日は行儀良く2列に並んでる(^^)
このあとの行き先は金剛山ロープウェイとなりました。
2009111603.jpg

水分のト字路を左折、すぐに右折してグリーンロードで金剛山方面へ。
ここからちょこさん、まごさん、猿丸キャプテン、ドットコムくん、チムさん達が
出て行きます。あくせるは上りは管轄外(というか単に遅いだけ)
なのでイーブンペースで淡々と上ります。
まごさんもちょこさんもドットコムくんの後塵を拝したとのこと。
自分のほうは、後ろからK山さん、よっちゃんが追いついてきたので
そのまま3人で固まって上ります。鼻水垂らしながらようやく到着。
2009111604.jpg

グルペットな人たち(またもや失礼)も到着。
しかーし、MTBの和尚さんに前引かしたらアカンやろ(^^)
2009111605.jpg

一気に下り、グリーンロードへの分岐からまた掛け合いが始まります。
2009111606.jpg

ちょこさん、まごさん、ドットコムくん、猿丸キャプテンが出て行きます。
アップダウンになり、ここからだと多少は絡めるので自分も少しずつ前へ。
水分の分岐から白木のコンビニ方面へ向かいます。
そこまでなんとか頑張って、
コンビニを右折して展望台に向かう頃にはまたチンタラ走り(^^)
やがて持尾展望台に到着。もう冬の雰囲気やね。
2009111607.jpg

まだまだ掛け合いは続きます。
持尾展望台を後にし、トンネルのところでちょこさんが前へ。
後を振り返るとドットコムくんとまごさんがピッタリ来てる。
トンネルを出て下って、先の上り返しでちょこさんをかわしてみる。
また下って次の上り返しで今度はまごさんとドットコムくんに抜かれる。
あ~、ウルトラマンの3分程度も持たないこの貧脚情けなし...orz
やがて太子の道の駅へ。

太子の道の駅からは最終ステージ(^^)
例によって最初の上りをチンタラ上ってるとちょこさんにパスされる。
下って橋を渡って上り返し(ここいちばんキライ)
ちょこさんがワザとらしくゆっくり上ってるのが見える(^^)
下り出してちょこさんをパス(させられる)
太子インターの信号が見え始めたらたら
歩行者用信号が点滅してないのを確認して下りをさらに踏んで突っ込む。
信号を越え、下りながら右に緩く曲がってトンネル。
向かい風がハンパなく強い。行ける所まで頑張ってみるけど、
上り返しに差し掛かってまごさん、ドットコムくん、ちょこさんにパスされる。
猿丸キャプテンも来てましたが自分はここまで。
あとはタラタラヘロヘロとチョーヤの梅酒前へ。

しかしドットコムくん流石にムチャクチャ速いです。
もうこの時期は追い込まないらしいんだけど
それであれだけ走っちゃうんだもんね。自分とは住む世界が違いすぎ(^^)
ちょっとでも絡ませてもらってよかったです。

その後の大和川堤防の向かい風もハンパなくキツかったです。
やっぱり「往きはよいよい帰りは...」でした。
みなさんお疲れさま&ありがとうございました。
レガシィやらエクシーガやら
レガシィが2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞
「Best Value」を受賞したってことで、記念モデルが発表されました。

そのうちの1車種、「2.5i L Package Limited」
2009111301.jpg

6月に
「2.5iはいいんだけど、16インチ60タイヤが凄くブサイク」
なんてこと書いたんだけど、
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-808.html
今回の記念モデルではしっかり17インチ50履いてるんよね。

さらに、フロントワイパーデアイサー、ヘッドランプウォッシャー、
リヤフォグ、ヒーテッドドアミラー等々の、
雪道走るならオプション装着するものが標準装備になってる。

これで、「2.5i」の約13万円高。んー、微妙な価格設定やねー。
いつか年改のときに限定モデルから標準モデルになるかもね。


でもまぁレガシィは大きくなってちょっと高くなったのは確か。
インプレッサも凄く魅力ある車種なんだけど、ロードバイク積んだり、
冬は荷室フラットにして寝ることを考えると、残念ながらキャパ不足。

エクシーガの5シーターモデルなんかがあればいいんだけどね。
7シーターなんて、使う機会滅多にないし。
大きさも価格もレガシィよりお手頃になんだけどねぇ。
2009111302.jpg


でももう暫く今のレガシィくんに頑張ってもらおう。もうすぐ走行18万キロ。
大事に乗るから、お願いだから壊れないでね(^^)
2009033101.jpg
せっちゃん、この曲どう料理する?
斉藤和義氏(以下せっちゃん)が、来年1月30日に公開される映画
「ゴールデンスランバー」のすべての音楽を担当するらしい。

で、その主題歌がビートルズの「Golden Slumbers」のカバー。
せっちゃんはジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」をカバーしてるし、
「レノンの夢も」って曲も書いてるくらいのジョン・レノン フリークだから、
ビートルズの曲をカバーするのは不思議じゃないけど
この曲をカバーするってのはちょっと驚き。
まぁ映画(小説)のタイトルになってるからねぇ。

ちなみにビートルズによるオリジナルはこれね。
Golden Slumbers : The Beatles


この曲はアルバム「アビーロード」に入ってるんだけど、
昔のレコード盤ではB面に入ってたんよね。
で、アビーロードのB面ってなんか暗い曲が多くて、
気が滅入りそうになるんで(^^)
B面1曲目のヒア・カムズ・ザ・サンが終わったら流して聴くことが多かった。
でもこうやって改めてちゃんと聴いてみるといい曲だねー。
アルバムではメドレーの中の1曲って感じでノーマーク(^^)でした。

せっちゃんは当然日本語詞をつけるだろうけど、どんな風になるんだろね。


[Golden Slumbers]
Once there was a way To get back homeward
Once there was a way To get back home
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

Golden slumbers fill your eyes Smiles awake you when you rise
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

Once there was a way To get back homeward
Once there was a way To get back home
Sleep, pretty darling, do not cry And I will sing a lullaby

[ゴールデン・スランバー]
かつて故郷に帰る道があった。かつて家に帰る道があった。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。

金の眠りが瞳を満たして、微笑が君の目を覚ます。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。

かつて故郷に帰る道があった。かつて家に帰る道があった。
泣かないで眠ってねダーリン。子守唄を歌ってあげるよ。


※日本語訳はてきとーです(^^)
硬いんです2
カラダがハンパなく硬いことは前に書いたとおりです。
http://accel63.blog86.fc2.com/blog-entry-941.html
で、それからちまちま体前屈と股割だけ毎日やってました。
自分の場合、メニューがたくさんだと
意志が弱いんですぐにやんなくなっちゃうんよね。

あれから4週間ですが
2009111201.jpg

マイナス17cm → マイナス8cm(爆)
まだマイナスですが...
まぁ元がとてつもなく硬いんでこれでも進歩ですよ。
あと1ヶ月で指先がつくことを目標にします(^^)


話は変わって、フィジークがサドル選びに新基準を出してきましたね。
その名もスパインコンセプト(Spine Concept)
脊椎の柔軟度でサドルの選び方が変わるってことで
(クリックすると大きくなります)
2009111202.jpg

左から柔→硬となってて、それを動物に例えて
 ・Snake(ヘビ)
 ・Chameleon(カメレオン)
 ・Bull(雄牛)
としてます。
自分は間違いなく、一番右の「Bull(雄牛)」ですね。


で、それぞれに適したサドルはこうなるんだって。
(クリックすると大きくなります)
2009111203.jpg

自分の場合はAliante(アリアンテ)が合うらしい。
んー、もしアリオネ使いたいんだったら、
もっとカラダ柔らかくならないとダメなんよね(^^)
雨ですね
1並びのこの日、雨ですねー。
ここ大阪も強い雨が降ってます。
今週は暫く雨が続くみたいですね。
2009111101.jpg

雨を題材にした歌って、たいていどのミュージシャンも持ってるようで
前にもせっちゃん(斉藤和義)のことを書いたような...

今回は別のミュージシャンですが、やはり渋めのをね。


柳ジョージ&レイニ-ウッド : 雨に泣いている(Weeping In The Rain)


ギターソロがね、カッコイイんですよ。
これ、ペンタトニックスケール一発なのに
メロディアスに聴こえるところが凄い。
音なんて5個あったら十分なんだなーを認識させられます。


雨に泣いてる
作詞/作曲:柳ジョージ

Weeping in the rain Weeping in the rain
Weeping in the rain Weeping in the rain

頬濡らすそぼ降る雨の優しさに
溺れることも できないで

Weeping in the rain Weeping in the rain
Weeping in the rain Weeping in the rain

哀しさに ふりむけないで
雨の中一人佇む この俺さ

Weeping in the rain Weeping in the rain
Weeping in the rain Weeping in the rain

全てをなくした今 ちぎれた心の糸が
身を縛り ああ俺一人

Weeping in the rain Weeping in the rain
Weeping in the rain Weeping in the rain

朝もやを一人 彷徨う
この俺に似合うブルース口づさむ

Weeping in the rain Weeping in the rain
Weeping in the rain Weeping in the rain
またまたまたDM
先週のJSBCスノーボード天国に引き続いて、またDM来ましたよ。
JSBC SNOWTOWN
http://www.jsbc.jp/snowtown/
2009111001.jpg

11月21~23の連休にオープニングイベントを打って、
そのまま翌年2月21日まで営業を続けるという例年通りのパターンね。
場所もそのまま京セラドーム大阪9階スカイホールです。

例の3,990円超激安アルパインボードもまた売られる模様(^^)
で、ハードブーツやハードバインディングも写真が出てる。
CATEKやらG-スタやらディーもUPZもニデもフォルクルも...
ほんまかいなぁ...釣りちゃうよね?
2009111002.jpg

ちゃんと「アルパインコーナー」まで設けられるのか。
「数々のお客様のご要望により、取り扱い開始!」
絶滅寸前のアルパインライダーがそんなに居るのか?...
でもありがたい話です(^^)
2009111003.jpg

オープニングイベント中はまた激混みで入場制限掛かるだろうから、
落ち着いた頃にチラっとのぞきに行くとしよう。
インテック対応のハードバインディング5,000円とかないかな?(爆)
スクアドラ走行会(金剛トンネル~水越峠)
この日はシクロあり他プライベートイベントありということで
参加者は少なめ。いつものように石川サイクル橋にて。
なにやら1台とひとりを取り囲んでます。
2009110901.jpg

あ、和尚さん。シクロ行ってるはずちゃうの?
諸般の事情(^^)で参加を取りやめこっちにきたそうです。
オニューのアンカークロモリMTBと共に。
このあと地獄が待っているとも知らずに余裕の表情ナリ。
2009110902.jpg

とりあえず金剛トンネル行きましょか。ということになりました。
ちっこいオッサン、まごさんと協議の上、
「白木のコンビニ寄ったらまたウダウダするから中佐備のコンビニで」
となったのですが結局またウダウダ(^^)
ウチのチーム、補給&休憩が長すぎるぞー。そろそろ考えよね(^^)
2009110903.jpg

いちおう手で顔を隠してますが、目を見ればわかりますねー。
お名前は伏せときますけど(^^)
2009110904.jpg

中佐備のコンビニから府道211号線を南下。
グリーンロードを経由してR310の鳩原へ。
ここまでのアップダウンが微妙にこたえます。
この時点で既に騙しあいが始まってるしね(^^)
もー、ペース一定でゆっくりサイクリングできんのかキミタチは(^^)
2009110905.jpg

金剛トンネルを越えて奈良側へ下ります。
田園のAコープで補給して、県道261&30を北上。
久留野あたりを過ぎるまでは上り基調のアップダウンで
これまた脚にくるんよねー。普通に走ればなんともないんだけど、
例によってウソツキども(^^)が
「もう脚残ってないからゆっくり走る」
とか言いながらピュ-っと行くからねぇ。
2009110906.jpg

そのまま北上して竹内峠か穴虫峠でラクして戻ろか、と思ってたんですが
なんせクルマの多さに辟易して、水越上って帰ろうということに。
いったん旧道入り口で待つクライマーと...
2009110907.jpg

やってきたグルペットな人たち(失礼(^^;)
2009110908.jpg

ピークに到着です。ここはグッドIS田くんが取った模様。
昨日の写真再掲です。
2009110909.jpg

全員揃ったところでお約束(^^)
2009110910.jpg

あとは下っていつものルートで戻りましたが、
例によって例のごとく普通には走らなかったことを付け加えておきます。
普通に走ればなんでもない100kmがこんなにシンドイって、
そりゃビワイチもこんな走り方してたらシンドイわ(^^)

みなさんお疲れさまでした~。
スクアドラ走行会とりあえず
2009110801.jpg
2009110802.jpg

僅か約100kmながら今日もよく揉んでもらいました(^^)
詳細はまた明日レポします。
荘川IC近辺スキー場考
スキー場考シリーズ3回目、
今回は岐阜県荘川ICからアクセスするスキー場を考えてみます。

●荘川高原スキー場(以降「荘川」)
●平瀬温泉白弓スキー場(以降「白弓」)
●ひるがの高原スキー場(以降「ひるがの」)
 (ひるがの高原スキー場は、高鷲ICまたは
  ETC搭載車なら、ひるがの高原SAからもアクセス可)

◆オープン日(昨シーズン実績)
 荘川  :12月28日
 白弓  :12月末日
 ひるがの:12月26日

やはりこの界隈も昨シーズンはオープン延期でした。
ちなみにひるがのだけ人工降雪機を持ってます。
でも気温が下がらずコースを確保するまでには至らなかった模様。


◆1日券料金(休日・昨シーズン)
 荘川  :3,500円(リフト本数2)
 白弓  :3,000円(リフト本数1)
 ひるがの:3,900円(リフト本数4)

市場に出回る割引チケットでもう少しお安くなりますが
スキー場規模相応といったところでしょう。
( ()内のリフト本数参照のこと)


◆シーズン券(昨シーズン)
 荘川  :18,000円
 白弓  :25,000円
 ひるがの:30,000円

荘川はかなりお得に感じます。逆に白弓が割高に感じますね。
ひるがのはスキー場規模相応かな。


◆クローズ日(昨シーズン実績)
 荘川  :3月8日
 白弓  :3月8日
 ひるがの:3月21日

3スキー場とも予定を早めてクローズしました。
白弓は実質2月下旬から滑れなくなり、
3月8日にクローズ宣言をした格好。
ひるがのも下部コースのみで粘ってましたが延命ならずでした。
昨シーズンはホントどこも雪不足に悩まされましたね。


◆ゲレンデコースの好み(あくせるの全くの主観)
 ひるがの>白弓>荘川

ひるがのは幅広の緩中斜面がアルパインボードにはおいしいです。
駐車場からゲレンデへのアクセスが良いことから
ファミリーを中心としてやや混雑します。
さらに、駐車料1000円が痛い。
やはり高鷲界隈のビッグゲレンデに近いから、そちら寄りなんでしょう。

白弓はリフト1本ながら上部から段々と斜度変化を持たせてます。
(リフトは初心者用の中間降り場あり)
混雑とは無縁なので黙々と練習するには最高のスキー場。
ただし、アイスバーンの時はハンパなく硬い。
逆に、埋まるほどのパウダーをここで経験したこともあります。

荘川は横に広いものの、上部を使っても縦の滑走距離が不足。
さらに、いちばんおいしいところにいつもポールを張って
占有されてるのがちょっと気になるところ。
自分が行ってた時はいつも空いてたのですが、
近隣の一色国際スキー場の閉鎖により、
昨シーズンは激混みだったとのY谷さんからの情報もありました。

このあたりを踏まえて総合的に判断すると
 白弓>ひるがの=荘川
になるかな。(くどいようですがあくせるの主観です)

荘川高原スキー場
20091107a1.jpg

平瀬温泉白弓スキー場
20091107a2.jpg

ひるがの高原スキー場
20091107a3.jpg
マキュアンふびん
前に「ふ」さんが、
「リドレーのバイクよろしいよー」
ってコメントをくれたんで、ちょっと思い出したんですが...

自分も一時期リドレー欲しい! と思ったことがあったんです。
なんでかってーと、自分の中では
「リドレー=マキュアン」
なんですよ。そう、ロビー・マキュアンね。
2009110601.jpg

この人の、上りがダメダメなとことか、
ゴールスプリントでちょっとムチャやるとことか好きでねー。
でも今年は早々に怪我してパッとしないもんで、
どーしてるかなぁとググってみた。

単純にGoogleで「マキュアン」って入れただけなんだけど...
2009110602.jpg



「他のキーワード」に出てくるのがまぁなんと言うか...
2009110603.jpg

「頭突き」「ただ乗り」...orz
マキュアンファンには周知の事実だけど、
このキーワードの組み合わせで検索する人がそんなに多いとは...
マキュアンふびんです(>_<)

確かにね、
「ゴール前で下げんかったら頭突きくらわすぞゴルァ!」
みたいな顔してますわ。(当時の)チームメイトも含めてね。
2009110604.jpg
サンタの板 検証
超お買い得だったサンタクルズのビンテージ(^^)アルパインボード。
まだ乗ってみることはできないんですが、
見た目その他をザックリ検証してみましょう。
2009110501.jpg

板に表記されてるディメンジョン。
(あとでF2 SPEEDSTER GTSと対比します)
サンタクルズはアメリカンブランドだけど、
10年前の板で、この色合いでドイツ製とくれば、
フォルクルが作ってたのかな? とか思っちゃう(^^)
2009110502.jpg

インサートホールパターンは4×4です。
2×4に比べてアバウトになっちゃうんで、
自分の適正スタンスが取れるかどうか。
2009110503.jpg

一見サンドイッチ構造かと思いますがキャップです。
2009110504.jpg

ソールに貼り付いてた注意書き。
「スラロームレーシング用に特別にデザインしたよん」
「グルーミングされたバーンのクルージングを楽しめるよん」
「P-Tex2000のソールでキミが望む以上に速く滑れるよん」
     :
だそうです(^^)
2009110505.jpg

これまで愛用してきているF2 SPEEDSTER GTSと
ディメンジョンを比較してみましょう。

        | F2-GTS | SANTA
--------+--------+--------
全長      |  166cm |  167cm
有効エッジ長  | 1470mm | 1460mm
接雪長     | 1430mm | 1450mm
ノーズ幅    |  253mm |  236mm
ウエスト幅   |  200mm |  190mm
テール幅    |  253mm |  236mm
サイドカット径 |  9.8m  | 11.8m
オフセット   |   20mm |   30mm

サイドカット径を見ると、今の解釈では
SL用とは言えないしGS用とも言えないですねー。
今のSL板は163cmあたりが主流だし。
でも昔は166cmとか167cmのSL板乗る人も結構居たから、
やっぱりその当時を反映してるよね。
逆に今フリーライディングに使うのにちょうどいいかも。
むちゃくちゃ強いて言えば(^^) F2シルバーファイルの
ディメンジョンに近い気もする(超強引)

しかし超お買い得価格で購入した古い板なのに、
意外な程にちゃんとしてる。
ソールもいちおうシンタードベースだしね。
まだ滑ってみる前の段階だけど、
これだけ購入欲や所有欲を満たしてもらえて大満足です(^^)
10月度減量のまとめ
また月が変わったので体組成計の写真をつらつらと...

2009051301.jpg
2009062601.jpg
2009080101.jpg
2009090201.jpg
2009100101.jpg
2009110301.jpg

先月に引き続き微減です。なんとか75kg台後半に突入。

自転車のほうは...

●自転車実走 742.4km(POLAR CS200cadによる)
●ローラー台トレーニング 00.00km(後輪測定のサイコンによる)

10月は実走のみとなりました。ちと仕事忙しくて平日ローラー踏めずです。

11月終わりの目標は体重75kg台前半。
かなり弱気な目標ですが、減り幅もだんだん少なくなってくるからねぇ...
スノーボード天国とサンタの板
昨日、仕事が終わってから行って来ましたよ。
JSBCスノーボード天国。

平日の月曜日だし、着いたのは午後8時だから空いてると思ってたのに
入場制限が掛かってて長蛇の列(>_<)
2009110201.jpg

目指すは一ヶ所のみ。ドラ7さん、Y谷さん、ルマンさん、M田さん
(見てくれてたらね)...
もうお気づきでしょう。これです。
2009110202.jpg

まさかの3990円アルパインボード(爆)
10年落ちのサンタクルーズです。
2009110203.jpg

ちなみに167cmが2本、155cmが4~5本出てました。
通りかかる人が
「お、安いやんこれ~」
     :
「あ、アルペンやんけー、アカンわ~」
ってな感じなので、余裕で残ってた模様(^^)

でもね、モノは意外とちゃんとしてたんですよ。
なので2本を長々と吟味して良さそうな1本をお買い上げしました(^^)

板の引渡し待ちの間、スキー場の出展ブースで抽選会巡りします。
2009110204.jpg

んで戦利品の数々。
2009110205.jpg

白鳥高原スキー場の1等賞「平日宿泊パック」なんてのが当たったんだけど
使用条件がうるさくて
(4名一室でないとアップチャージとか、必ず2名以上でとか...)
こんなのオクでも売れそうにない...
2等賞の一日券のほうが良かった...orz
九頭竜~荘川~桧峠 紅葉ツーリング
FK井さんにお誘いいただいて紅葉ツーリングに行ってきました。

坂バカ(^^)FK井さんのコースプランはいつもハンパない山岳コースです。
最後にコースプロフィール図を載せますが、上ってるか下ってるかばかりで
平らなところがありません。この日もそれはそれは苦しめられましたよ。

メンバーはFK井さん、Nさん、Hさん、そしてあくせる。
NさんとHさんはFK井さんのツーリングのお仲間です。
福井県は越前下山にある「平成の湯」そばの公共駐車場に集合しました。
2009110101.jpg

8時39分スタート。まずはR158を東進して九頭竜ダムを目指します。
アップ代わりの微上りをこなして9時11分九頭竜ダム到着。
石積みのロックフィルダムをバックに撮影タイムです。
2009110102.jpg

9時17分リスタート。九頭竜湖北岸を東進し旧道で油坂峠に上ります。
ピークのトンネルをくぐって...
2009110103.jpg

10時6分、標高780mの油坂峠到着。この先は岐阜県となります。
眼下に広がるのは白鳥の町並み。
そこまで標高差約420mを一気に下ります。
2009110104.jpg

白鳥に降りてからは、またジワジワ上りが始まります。
阿多岐ダムから次第に上りもきつさを増し...
2009110105.jpg

やがて、冬場のスノーボードの行き帰りによく通るやまびこロードへ。
ここを雪の無いときに自転車で走ることになるとは思わなかった(^^)
2009110106.jpg

明野高原からひるがの高原にかけては文字通り「高原」です。
景色はいいながらも、
直線的なアップダウンを繰り返すので脚にこたえます。
標高は800m~950mあたりで推移します。
2009110107.jpg

牧歌の里から郡上高原スキー場方面へ道を変えます。
ゴルフ場から先は道がガラッと変わってクルマも来ない狭小路。
2009110108.jpg

やがてピークに到着。ここで標高が1080mほど。
2009110109.jpg
2009110151.jpg

荘川に向かって下ります。
2009110110.jpg

12時52分荘川の道の駅に到着。
一色国際スキー場に通ってた頃は、冬場毎週ここに来てました。
懐かしいやらちょっと悲しいやら...
2009110111.jpg
2009110152.jpg

13時15分リスタート。この林の中を通る道は、
過去にあくせるブログでもたびたび登場してたんですが...
2009110112.jpg

はい、一色国際スキー場に続く道だったのです。
昨年から営業を取りやめ、今は牧場になってます。
駐車場に渡る橋と、駐車場の小屋はそのままですが、
食堂もリフト券売り場もリフトもなくなってます。
すっかり変わった様子を見て涙するあくせる...
2009110113.jpg

気を取り直して(^^)リスタートします。一色国際スキー場跡から
南に抜ける道は冬期通行止めになるのですが、今の時期は通れます。
が、ここも直線状に上ってて、ピークらしきものが見えてたどりついたら
また先に上る道が見えるという、肉体的にも精神的にもこたえる道です。
2009110114.jpg

しかもピーク付近は道もガレガレに荒れてます。
シッティングで上れなくなって腰を上げると後輪がズリズリすべるし、
拷問のような上りを経て13時51分ようやくピーク到着。
ここの標高が1200mほど。金剛山の頂上より高い(^^)
2009110115.jpg

13時58分リスタート。荒れた路面に気をつけて下ります。
2009110116.jpg

14時18分正ヶ洞の集落に到着。このあとの最後の難関である
桧峠の上りに供えて最後の水分補給です。
ちなみに今回のコースは途中にコンビニは全くありません(^^)
2009110117.jpg
2009110153.jpg

ウイングヒルズ白鳥リゾートや白鳥高原スキー場、
イトシロシャーロットタウンなどに滑りに来たことのある人は
ご存知でしょうが、桧峠への上りはハンパじゃありません。
途中で遥か上方にツヅラ折れに上る道が何度も見えて気持ちが萎えます。
ここまでクライマーのFK井さんHさんになんとかくらいついていきましたが、
この上りでついに切れてしまいました。
やっぱり上りダメダメあくせるです(>_<)
2009110118.jpg

15時18分桧峠到着。もう上らなくて済むと思うと気持ち晴れやか(^^)
2009110119.jpg

石徹白方面に向けて下ります。赤い矢印は
ウイングヒルズ白鳥スキー場の人工雪ゲレンデ。
桧峠への上り途中でも、滑り終えた人のクルマとたくさんすれ違いました。
乗ってる人は「こんなとこ自転車で上ってきてアホちゃうか」
って顔してましたけど(^^)
2009110120.jpg

石徹白川に沿って九頭竜方面へ。
ここもクルマがほとんど来ない快走路です。
2009110121.jpg

途中の紅葉ベストショットポイントで撮影タイム。
2009110122.jpg
2009110154.jpg

そして16時37分に無事帰着しました。
2009110123.jpg

今回のルートです。(クリックで大きくなります)
2009110124.jpg

今回の高低図です。(クリックで大きくなります)
2009110125.jpg

今回、距離こそ短かったものの苦手な上りに苦しめられました。
でもまぁトラブル等何も無く無事終わって何より。
みなさん、お世話になりありがとうございました。
またよろしくお願いします。


走行距離:130.4km
走行時間:5時間57分31秒
平均速度:21.8km/h
最高速度:64.3km/h
消費カロリー:不明(心拍計動作不良により)
最大心拍数:不明(心拍計動作不良により)
平均心拍数:不明(心拍計動作不良により)

(記録はPOLAR CS200cadによるもの)
紅葉ツーリングとりあえず
2009110190.jpg
2009110191.jpg
2009110192.jpg
2009110193.jpg
2009110194.jpg
2009110195.jpg
2009110196.jpg
2009110197.jpg
2009110198.jpg
2009110199.jpg

詳細は明日レポートします。